2013/01/06

最後の観戦記

彼の決断を期に前から行きたいと思っていた

松井ベースボールミュージアムへ。

といってもやっぱりこの時期寒いだろうしどうしようかと思っていて、
正月二日に実家に帰った時に親父を誘ってみたら二つ返事でのってきたので
じゃあ行こうかと。
二日の時点でアプリの乗り換え案内で新幹線で米原で特急しらさぎに
乗り換えて小松に行こうとチケットを買って、いざ東京駅から乗ったら
米原付近が吹雪で10分程到着が遅れるとのアナウンスがあって
そもそも乗り換え時間はどれくらいかと調べてみたら9分。
アウト!と思っていっそ京都まで行っちゃおうか、名古屋で降りて
そこから別のしらさぎに乗るか迷っていて
車掌さんも対応中で数えたら30人くらい乗り換えする人がいるとのことで
でもしばらくしたら天候が回復して遅れは3分で済みそうとのことで
なんとかスケジュール変更は回避。。
でも全然ゆっくりできなかった。
さらに親父の話だと埼玉から金沢までの入場券は途中下車可能で
都内から金沢までは途中下車不可とのことで気をつけろと。
でも小松に着いたら自動改札じゃなくて駅員さんも特に区別無く
普通に途中下車できました。
天候は東京晴れ、名古屋晴れ、米原曇り、福井雪、小松曇りって感じで
米原駅を降りたときもそこまで寒いとは。
小松駅もそこまででもなく、駅の蕎麦屋で天ぷらうどんとおにぎりを食べて
タクシーでいざミュージアムへ。
10分2000円で到着。
住宅街の中の広い家、みたいな感じでついに来たかと。
松井少年の像に出迎えられいざ館の中へ。
さらに手形諸々
これがなかったらどうなってたんだろう。
広い駐車場に10台くらいの車で、中も3、40人はいたかな。
小学生低学年くらいの男の子が松井の活躍VTRをやってるモニターの前で
静かに見つめてるのをみてこんな子も応援してたんだなあと。
三周くらいあちこち見て写真撮って、もう存分だと思ってて、
家に帰ってパンフ見たら受付の後ろ側にショップコーナーが!
全く目に入らなかった。。
でもこの空気感とたくさんのファンの思いが感じられて充分満足でした。
この頃何を見ていたのかな 。
受付の人にタクシーを呼んでもらって小松駅に。
帰り道は随分裏道ぽくて200円くらい安かった?
で、駅についた途端に雪が。
ここから金沢までは各駅停車で行こうと思ったら雪で15分くらい遅れてて
結果1時間くらい掛かったかも。。
で、ようやく金沢駅に。
ホテルは駅の隣のビルだったけど、入り口手前で屋根付き通路が切れてて
雪の中を歩くことに。
17時前に着いてちょっとのんびりしてバスに乗って近江町市場へ。
でも市場自体はもう閉店ガラガラで二階にあった寿司割烹のお店に。
俺は握りで親父は海鮮丼で熱燗を。
シャリが小さめで親父の丼のご飯をちょっと貰って。
ネタ的には普通だったかな。。
なぜか二人の祖父の話になったんだけど、聞いてみたら二人とも
飲んでる最中にポックリ逝っちゃったらしくて。。
まあその頃はあんまり延命措置みたいなことは出来なかったみたいだけど
それはそれでありだったのかなと。。
でも父方は俺が産まれるちょっと前、
母方は俺が生まれた三ヶ月後なので。。
そして戻って大浴場に入って雪見露天。
体は温かいけど顔だけ雪が当たって寒い寒い。
ちょっとテレビ見て22時前に寝たけど、
なんとなく目が覚めたのが23:30。。
そこからもう一度寝ようと思ったけど親父のいびきで全然眠れない。。
さらに5:30過ぎにもう親父は起きてきて6時過ぎには完全に起きる。
朝風呂入ってバイキングの朝食を取って8時前に出発。
金沢の兼六園を見て帰るか、京都に行くか迷ったけど、
雪で電車がどうなるか分からなかったので即京都に行くことに。
みどりの窓口で京都経由の特急券とのぞみのチケットを買ったんだけど
京都駅で経由外れで追加料金取られて。。
500円の一日券を買ってバスでこの前入れなかった平安神宮へ。
神苑内にも行ったけどやっぱり雪景色が見たかった。。
そしてこれも行けなかった三十三間堂に。
ホント何体あるんだ、って千一体?
で、新幹線の時間まで後二時間弱で、もう京都駅で飯食って帰ることに。
この前も駅ビルの飲食店街はどこも満杯で、今回は即前に行った
地下街の洋食屋東洋亭へ。
10人くらい並んでたけど、10分ちょっとで順番来たので
早速定番のハンバーグセットにフェアをやってたボトルワインを。
冷やしトマトと蒸かしジャガイモにホイル入りのハンバーグ。
これって「つばめグリル」のパクリ?
お店はこちらの方が古かったけど後で調べたらここの店長がどうも
つばめグリルで一年修行してたらしくて。
まああちらは関東でこちらは関西だから問題ないのかな?
そしてちょっとお土産を見て、余裕を持って新幹線に乗って
今回は問題なく東京へ。
あっという間だったけど、まあ楽しい旅だったかな。
でもパンフレットとか時刻表とかはやっぱり見ておいた方がいいって
改めて実感したかも。。
なるようになる、ってのもあるけどやっぱり事前の確認って必要。
とりあえずこれが最後の観戦記となるかな。
あちこちで松井の看板を見たり、ミュージアムでVTRを見てる人達の
顔を見て、愛されているんだなあと実感して、ちょっとウルッと。
次はヤンキースタジアム最後の打席?
行きたいなあ。

| | コメント (1)
|

2012/12/30

ことしのバカやつら会

今年は奴が帰ってくるということで例年通り招集を掛けるも

30日ではなく29日を指定してきてちょっと感覚が違って。

7時開始予約で15分前に集合を掛けるも結果きっちり揃わずに
15分遅れのスタートに。。
お店の位置が地図上ではパチンコ屋の4Fだったんだけど
入り口が分かりずらくて。。
5人席の丸テーブル二つに別れての席取りでちょっと分離されたけど
お店の雰囲気はなかなかよく、店員さんの対応も。
他の団体さんがかなり五月蝿かったのがあれだったけど。
鶏料理専門店だけあって鶏づくしのメニューだったけど
生、焼き、手羽、もも、鍋と、堪能できました。
二次会は奴が予約してて、こちらは完全個室のひとテーブルで
かつての同級生の話題で盛り上がりました。
女性陣は結構途中で辞めていったけど、男性陣は最初のメンバーが
最後まで残っていたことを思い出して。
そして宴会終わり間際に去年行った雀荘に連絡して席を確保して
二年振りの対決の場へ。
と思ったら奴が腹が減ったと言い出して先に行ってろと。。
今回は面子が5人集まったのでとりあえず4人で始めて。
でも戻ってくるなり待ち番は嫌いだとか言い出して。。
二回連続リーチを掛けてから二回連続で三ピンを振っての悪スタート。。
そのままビリで次の半荘も三位。。
またいつものペースかと思いきや、奴がコーラを飲んでるのを見て
普段ほとんど飲まないコーラを飲みだしてから
あれよあれよと流れが良くなってかろうじてのトップから
三回連続、二回は箱にしてのもの。
次は三着になるも最終半荘は奴を箱にしてのトップ終了。
結果一人勝ちのトップ勝利を勝ち取ることに!
一気通貫の高めのツモ、鳴いて鳴いて揺さぶってからのロン、
相手のオープンリーチをかわしながら奴に振り込ませてと、
申し分の無い勝利でした。
その後定番の吉野家で今回は牛丼ではなく焼き鳥丼、
トップの奢りをさせていただきお開きの運びに。
今年はギリギリのところをかろうじて生き延びた感がありましたが
なんとか踏みとどまれて最後はいい思いをさせていただきました。
松井秀喜の引退、という一大ニュースがありましたが、
少しずつ噛み締めながら来年を迎えたいと思います。
来年は書きたくなることがあるかな?
それではよいお年を。

| | コメント (1)
|

2012/12/28

きょうの区切り

久々の記事がこのニュースというのは本当に残念だけど、

やっぱり書かない訳にはいかずに封印を解くことに。

昨日の新聞報道でちょっと衝撃が和らいでしまったけど

ついにこの日が来てしまった。

彼とは社会人になった年が一緒で、彼の転機になった年に母が亡くなり
メジャーに挑戦を始めた年も個人的な転機を迎えて、
そして今年、自分自身も一時は引退を考える年になって
色々なリンクがあった人物であったと改めて感じました。
親父の影響で好きになった巨人を嫌いになりかけながらも
彼の打席だけはかかさず見続け、ヤンキース入団後は都合三度の渡米、
でも実際に彼の打席を見られたのは最初の機会だけだったのは
本当に残念ではありました。
それでも仕事が忙しい中、
あのワールドシリーズを生でテレビ観戦できたことは
松井秀喜を見続けたファンの一人として本当に嬉しかったです。
彼の中ではやっぱりヤンキースの一員であることが誇りであり、
そこから出た後は正直余生になってしまっていたのかとも思います。
巨人、阪神、中日、ダイエーからドラフト指名され、
あの伝説の引きによって長嶋巨人軍に入っていなかったら。
というのはやっぱりありえないことだったのだろうと思います。
一番の思い出が「長嶋監督との素振り」というのが
二人の関係性を表していたと思います。
トーリ監督の話がなかったのはちょっと意外でしたが
それだけ長嶋監督への思いが強かったのかなと。
彼を追いかけることでヤンキースを好きになり、
そのチームメートを好きになり、ライバル球団の選手も好きになり
MLB自体を好きになるという相乗効果がありましたが
その根幹が無くなることで今までのような熱さを野球というスポーツに
持てなくなるということも非常に残念なことです。
でも、彼という存在をリアルタイムで体感できたことは
本当に幸せだったと思います。
彼を通してブログやTwitterで様々なファンとも出会えて
私自身の人生の幅を広げてくれた存在でした。
あの放物線、放り投げられたバット、キャプテンに頭を小突かれる場面、
一生忘れないと思います。
久しぶりにあの試合を再見したいです。
「もう少しいい選手になれたかもね」
この向上心が彼の全てだったのかも知れません。
マヤ暦の様に一つの区切りは終わりましたが
また新たな暦が始まります。
これからも彼を追い続けるのは変わりません。
ひとまずはお疲れさま、いままで本当にありがとうございました。

| | コメント (1)
|

2012/02/04

きょうのお知らせ

今年初の記事が今日って。。

おそらく2006年の今日、このブログを立ち上げて

かれこれ丸6年。

(2006年4月までしか過去ログが見れないってなんで?)

まさか彼の去就が未だに決まっていないなんて。。

Twitterを始めてからすっかりおろそかになったこのブログ。

さらに彼も完全なレギュラーから外れてきて

関連記事も少なくなって

去年はほとんど読了記事のみ。

そして今年はそれも無くなって。。

最近はすっかりpickにはまってて、ホントにこちらをほったらかし。

とりあえず閉鎖はしないまでもひとまず休止しようかと。

このブログではたくさんの方と知り合い、実際にお会いし、そしてお別れも。。

彼をもう一年見たい、という思いが届くのか。。

誰かさんも何かを決意したみたいで、当分は連絡も取れないそうなので。。

まあ、また突然復活するかもですし。

長らくのご愛顧、ありがとうございました。

また逢う日まで。

(ってTwitterもpickも続けますが)

| | コメント (1)
|

2011/12/31

今年のばかやつら会

そもそもそいつが帰省するから集まっていたばかやつら会。

4月末に会って6月に父親が亡くなり11月には母親が亡くなって、

今年は欠席に。。

メールでいつも通りに誘ったらその返信でそのことを知って。。

今回は男子6人、女子4人+遅れてきた1人。

毎回年末も働いてて何度も誘いながらも来れなかったのが今年は久しぶりに。

基本水曜と日曜が休みとのことで次回は考慮しようかと。

一次会はぐるなびで探した全席個室のお店だったんだけど、

入った途端に安宿の食堂を壁で仕切ってるだけ、って感じで

料理も既に並べられてて、スタートしたらどんどん出てきて。。

テーブルも横に二列になっててふたグループに別れる感じになって。

話題はやっぱり既婚者組は子供の話になって、独身組とはホントに環境が違う感じ。

飲み放題コースにしたんだけど、女子は殆どノーアルコールで

男子も二人くらいしか酒好きがいないからこれもどうなんだろうと。

料理も油物が多くて。。

今回はホント失敗だなあと。。

で、二時間で終了で、それから二次会を手配したんだけど

結局同じビルの一階上の店に。

今回はコースは断って、部屋の雰囲気もまあまあでこちらにすれば良かった?

でも料理はなんか微妙な感じで。。

そして、去年行った雀荘をチェックしといて電話予約したら大丈夫ということで

他のメンバーはココでお開きに。

ちょっと時間オーバーして5分遅れで雀荘へ。

最初の一回戦は何気に上がってトップに立ったんだけど、

いつもの常連がいないからイマイチルールを完璧に把握してるメンバーがいなくて

逆回りで牌を取ってて、当たっても点数計算が曖昧で。。

二回戦目でようやくいつもの流れを思い出したらそこからはこちらもいつも通りに

負けがこんで。。

終わってみればハコを三回くらい食らっちゃって。。

やつから上がることもできなくて大分消化不良な感じでした。

何度もリーチを掛けながら悉く追っかけリーチに上がられて、

正直どうしようもなかったです。。

そしてこれもいつもの吉牛に。

一応トップに奢ってもらう形だけど、結局自腹と同じなんだよね。。

来年はいつ開催すればいいのか悩みどころだけど、

なんとか集めたいと思ってます。

結局今年は何回このブログ更新したんだっけ?

来年こそ松井の記事をもっとアップしたいなあ。

これが最後の年かもしれないし。。

常連さんにも見放されたかもしれないけど

細々とやっていきますので来年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)
|

2011/11/12

きょうの読了「ガリレオの苦悩」

ガリレオの苦悩 (文春文庫)

最近めっきり読書時間が減って、ようやくの読了。。

テレビで先にやってた話があって、

思わずまた持ってた本を買い直しちゃったかと。。

てっきり長編小説化と思ったら、短編集だったので、やられた、と思ったけど、

今はこれくらいがちょうどよかったかも。

それにしても、何が人に影響するかなんて誰にもわからないんだろうね。。

ちょっとした指摘がその人間の一生を左右するなんて、

言った本人にも言われた本人にも。。

で、ドラマ編で柴咲コウが演じてた内海薫もすっかり定着しちゃったのかな?

草薙はすっかり影を潜めた感じで。。

本来最初の頃は彼が主人公じゃなかったっけ?

原作がドラマに影響される、なんて珍しいケースだよね。

でも世間的にも有名人になっちゃったガリレオ博士だけど、

続編はどんな感じになるんだろう。

ちょっとネタ切れっぽい気もするけど。。


| | コメント (0)
|

2011/11/07

きょうの鑑賞「悪人」

悪人 (特典DVD付2枚組) [Blu-ray]

面白そう?とは思ってたけど、やっぱり重そうで敬遠してたけど、

まあテレビでやるっていうんで見たんだけど

後悔はしてない。っていうか興味深かった。

結局主人公?が悪人、っていう訳じゃなくて、悪人とは何か?っていうのを

問おてたのかな?

そもそも悪人は自分で自分を悪人だとは思わない。

善人ほどちいさなミスで自分を悪人だと思いがちかなと。

まあさすがに殺人はちいさなミスとは言えないけど。。

でも立場によって善悪ってコロコロ感じ方が変わるんだなあ。

確かに勝手に彼女気取りで言いたい放題な女も悪いけど

山道で車から蹴りだして置き去りにする、その後逃げ回って

無罪放免になった途端に悪友に武勇伝?を吹聴。

でも彼にとってはあの女自体が悪で自分は善。

その女の親から見れば、娘は全く悪くはなく、置き去りにした男は悪。

悪徳商法の販売員は勿論悪だけど、やってる方は引っかかる馬鹿が悪。

殺人犯の親を密着するマスコミは自分達は善人気取りで取材をして

親も同罪で悪人扱い。

運行の邪魔をするマスコミはバスの運転手から見れば大悪。

で、ここまでは結局相対的な善悪。

で、この作品では絶対的な善悪は描いてないかなあ。。

明らかに主人公の殺人犯は衝動的な犯行だし、

ボンボンを殺そうとして最後は思いとどまった父親もだし、

まあ悪徳商法業者は完全な悪ではあるけどそこまで絶対的ではないし。

そうなるとこの監督にとっての「悪人」ってなんなんだろう。。

原作ではその辺は描かれてるのかなあ。

やっぱりこれは読まないと。

ピーチクで呟きながら見てたけど、

最後に主人公がいきなり彼女を殺そうとした場面で

「やっぱり只の殺人狂だった」みたいな感想を呟いてる人がいて、
 
彼が彼女を「共犯者」から「単なる被害者」に見せかけようとして

とった行動だということを

全く理解していなくて、それじゃこの作品を見てる意味が無いと。。

全ての人が同じ感覚で見てるわけじゃないんだってことが改めて分かって

よかったような残念なような。。

で、相変わらず唐突なCMインに恐らく強引なカットもあった感じで、

もう一度ノーカットで見てみようかな。

「告白」にもチャレンジしてみよう。

| | コメント (0)
|

2011/10/29

ここまでの道のり

発売当日のSoftBankのドタバタ劇を見て、

やっぱりあれはない、と思って、でもauが売ってる雰囲気がなくて

調べたら取扱店が絞られてるのが分かって、

16日にようやく予約を。

そして水曜日に有楽町のビックカメラに立ち寄ったら

「在庫あります」の文字が。

木曜日に並んでみようかと思ったら既に1時間待ちとのことで

再々度金曜日に行ってみたら一人しか並んでなかったので。

15分ちょっと待って受付のコーナーに。

あれこれ記入して説明を聞いて、黒の32GBを分割で。

ポイントで6000円引きで本体価格は実質14000円。

それが済むまで30分で、端末セットに後45分。

そういえば有楽町ルミネがオープンということで見に行ってみると

入場規制する程の混雑ぶりで諦めて。。

時間になってちょっと待ってようやく実機をゲット!!

6:30から8:00で一時間半か。まあそれなりの時間かな?

地下鉄に乗ってちょっと試してみたけど、駅と駅の中間くらいは途切れるけど

それ以外は繋がってるかな?

家に帰ってアドレス帳とメール設定してアプリもインストして

後は弄る弄る弄る。

写真のレベルが半端ないし、画像保存もあっという間。

でも3GSでiOS5にしてたから新し実は薄かったかな?

そしてSoftBankの方だけど、

今解約すると実機の残りと解約金合わせると3万くらいで

今入ってるパケットフリーのコースを制限無しから使わなければ安め、

ってのに変えると後8ヶ月乗り切ってもトントンっていう計算結果になって、

とりあえず解約は見送ることに。

きょう新橋のSoftBankに行ってきたけどまあまあ大人の対応。

俺がauに切り替えてるの薄々気付いてたかなあ?

で、その後銀座のAppleStoreに行ったけど、やっぱり行列が。

ていうか、最新ガジェットをゲットしようと思ってる人達が、

なんで今頃こんなところに並んでるのかと。。

カバーを探してみたんだけど4S用は売ってなくて、

東急ハンズでとりあえず柔らかめのカバーを買って。

ギリギリPASMOカードが入りそうなので、これで通勤しようかな?

3GSはWi-Fiオンリー端末と化して、でも使い道あるかなあ。。

次に機種変するのは5Sかな??

| | コメント (0)
|

2011/10/14

今後の展開

きょうのドタバタ劇を見て、やっぱりソフトバンクはない、と確信し、

さらにauの回線の速さが話題になって、

次のiPhoneはauで買うことに決定しました。

でもauで普通に買えるようになるにはまだまだ時間が掛かりそうで、

その間に確認しないといけないことが。。

まず、ソフトバンクのiPhone用のアドレスをいろんなもののIDにしてるから

それを簡単に変更できるのか。

MNPでもないから今のiPhoneの情報をそのままauのiPhoneに移行できるのか。

まずはauで機種変更して、様子を見てからソフトバンクを解約する、

ていう流れになるのかな?

まさかのiPhone二台持ち?

何はともあれ早く安定供給してくれ。。

| | コメント (0)
|

2011/10/01

きょうの鑑賞「ゴールデンスランバー」

ゴールデンスランバー [Blu-ray]

別番組見てて30分過ぎからになっちゃったけど、

かつての友人宅に飛び込んだところからの鑑賞。

結果的には「たいへんよくできました」かな?

お気に入りの作家の映像化で満足できる作品が殆どないなか、

話のポイントを逃さず、キャストも大外れすることなく、

色んなピタゴラスイッチが決まった感じで心地よく見られました。

まあ原作読んでない人にはちょっと「?」な部分もあったかも、だけど。。

個人的には晴子の娘の七美と青柳の親父さんかな。

伊東四朗は頑固親父がよく似合う。

でもあのレポーター達を恫喝するシーンだけでも

この映画を見る価値はあったかも。

子役の燦來(さんご)ちゃん、名前はあれだけど、演技的にはイメージどおり。

そういえば福くんもでてたのね。。

キルオもなかなかすっとぼけててよかった?

もうちょっと残忍さが表にでてきてもよかったけど。

で、あの超人刑事ってなんて名前だっけ?

俳優さんの名前も思い出せない。。

カットされてる場面もあったみたいで、

完全版を改めて見てみようかな。

他の伊坂作品、どうなんだろう。。

| | コメント (0)
|

2011/09/25

きょうの鑑賞「ブラック・スワン」

ブラック・スワン 3枚組ブルーレイ&DVD&デジタルコピー(ブルーレイケース)〔初回生産限定〕 [Blu-ray]

結局ブラックスワンは誰が踊ったの?

どこまでが妄想でどこからが現実なのか。

敵役が本当はホントにいい奴だったのかも?

それにしても結局「魅せる」為には全てをさらけ出さないといけないのかな。

抱きたくなるようじゃなきゃ、最終的には人を惹き付けられないの?

ニナと母の関係はアマデウスとその父の関係に見えたのは別?

でもやっぱり女性の世界は怖い。。

(最後までポートマンを抱きたいとは思えなかったのは

失敗作だったってことじゃないよね?

とりあえずピアニストは交代して。。練習風景だとしても下手過ぎ。。)


» 続きを読む

| | コメント (3)
|

2011/09/24

きょうの鑑賞「SP 革命編」

SP 革命篇 DVD通常版

ドラマから見続けて、ようやく完結。

野望編の方はかなりアクション要素が多かったけど、

革命編は爆破シーンが凄かった。

それにしても井上だけじゃなくてあの四人のSPチーム自体強かった。

昨日の慈雨と比べると雲泥の差だったけど、

逆に映画版を見てみたいかも。。

国会議事堂での公開裁判、是非今の政権でもやって欲しい。

で、あの後日本は変わったのかな?

それでも変わらないのが日本なのかも?

結局尾形は何者だったのか、イマイチ分からなかった。

自殺に見せかけられて殺された議員はお父さんじゃなかったんだよね?

それともあの二人が兄弟なの?

そこがすっきりしてなくて。。

で、あの掃除屋さんは誰の命令で動いてるの?

まだ隠れた黒幕がいるの?

これって続きはあるのかな?

次にこういうドラマは出てくる?

なんか疑問符ばかり。。

まあ山本がドMだ、ってことだけははっきりしたか。

原川さんだけがちょっと心配。。

(「めんどくせえなあ」発言がツボだった。)

| | コメント (0)
|

2011/09/18

きょうの読了「チャイルド44」

チャイルド44 上巻 (新潮文庫)チャイルド44 下巻 (新潮文庫)

それにしても読むのが辛かった。。

読むこと自体が拷問なんじゃないかと思わせる、陰惨極まる描写の連続で、

何度止めようかと思ったか。

何が正しくて、何が求められてて、何が生死を分けて、

何の為に生きているのか。

兄に探し当てて貰うためだけに子供を殺し続ける。

そういった事件が連続して起こっているのに、

そんなことはなかった、として、社会の不適合者にその罪をなすりつけ

真犯人は何事も無く殺人を繰り返し続ける。

それが物語のなかだけでなく、今の日本社会にも当てはまる、ってことが

その恐ろしさに拍車をかける。

認識されないものはそもそも存在しない、という概念。

事故など起こりえ無い、というのが前提の世界。

それを正そうとするものが闇に葬られる世界。

本作がシリーズ第一作らしいんだけど、この先読んだ方がいいのかな。。

まあ、読んじゃうんだろうなあ。

で、ホントに44で済んだのかな。この数字に意味はあるの?

| | コメント (0)
|

2011/09/03

きょうの読了「黒の狩人」

黒の狩人(上) (幻冬舎文庫)黒の狩人(下) (幻冬舎文庫)

結構久しぶりの大沢作品。

これって「狩人」シリーズでいいの?

一応三作目で前の二作も読んではいるけど、大分前で覚えてない。。

でもやっぱり大沢作品は別格。

色々警察小説も出てるけど、ここまで風呂敷を広げても

きっちり大団円に纏め上げるのはさすがです。

前に読んだ「9・11倶楽部」と頭の中がこんがらがって

今の時代はどうしても中国社会との関係を無視できないのかな。

そしてタイムリーでもある893との関わりも。。

前の二作も再読しないと。

で、実際のマル暴っていまどんな感じなのかな?


| | コメント (0)
|

2011/08/15

きょうの読了「ファントム・ピークス」

ファントム・ピークス (角川文庫)

犠牲者は何を恨めばいいのか。。

"それ"自体も自分の本能に従っただけだし。

でもその元を作ったのは明らかに人間。

その報いといえばそれまでだけど、何故彼女らだったのか。。

真の恐怖の前には人間は本当に卑小な存在なんだなあ。

片割れの行方が本当に気掛かりです。

続編はいらない。

 

マスゴミに対しての生駒社長の反撃が、唯一スッキリした場面。

でも震災後、ああいうヒステリーな取材って減ってきてるのかな?

俺が見てないだけ?


| | コメント (0)
|

2011/08/07

きょうの読了「大延長」

大延長 (実業之日本社文庫 堂場瞬一スポーツ小説コレクション)

野球の神様かあ、いるんだろうなあ。。

勝利の女神はどちらに微笑んだんだろう。

「野球に比べたら、俺たちの存在なんて」

でも時に、野球の存在以上の「存在」になる選手達がいるのも確か。

その瞬間だけを求めるのもありだし、その後の栄光を掴むために

その瞬間を拒否するのもあり。

でも、どちらを選んでも結局後悔することになるんだよね。。

そういう意味では神様というか悪魔なのか。。

最高の投手と最高の打者の最高の状態での最高の見せ場での対決って、

どれくらいの確率なのかな?

その場面に立ち会えるだけでも。

今年の夏も暑くなりそう。


| | コメント (0)
|

2011/07/30

きょうの読了「9・11倶楽部」

9・11倶楽部 (文春文庫)

都知事に復讐するには何が一番効果的なんだろう。

都庁を襲ってもその場にいなけりゃ関係ないだろうし。

一番の肝はなんなんだろう。

激怒の極地の心境にさせて急性心臓マヒとかか?

恵まれてるから優れた能力が開花するとは限らないし、

恵まれてないからこそ研ぎ澄まされる感覚がある。

テロを起こすのがいいとは言わないけど、

暴動も起こせないような国は国とは言わないのかも知れない。

って、こういうのって言葉だけで何かの検索に引っかかったりするのかな?

困ってる人を救えなくて何が公僕なのか。

人を救おうとすると法に触れるって誰の為の法なのか。

彼らの思いは少しは解消されたのかな?

(彼を追っていた刑事たちが一番の被害者なのかも。。)


| | コメント (0)
|

2011/07/28

最近のお楽しみ

Hm011

録画予約をする。

携帯チェックをする。

Twitterでお仲間の叫びを聞く。

勝ちを知る。

家に帰る。

シャワーを浴びる。

録画した試合を見る。

 

この一連の流れを当たり前のように行えることが奇跡であることを

改めて知る。

現在の順位も、今までの打率も、そんなことは関係ない。

この試合をどう戦い、どう勝ち進むか。

それだけを考えて行動する。

7月のトレード期限?

優勝の可能性?

そんなものはいらない。

今のこの雰囲気を楽しむだけ。

ただそれだけの幸せ。

| | コメント (0)
|

2011/07/23

今日の新作

1311399746304.jpg

このブログを開始した時に買った眼鏡が壊れて

後継を買いに銀座へ。

松屋じゃなくて松坂屋だった。。

前にzoffでフレーム付きのを買ってたので

今回はフレーム無しを。

結局初代?と同じスタイルのを。

色はヤンキーブルーです。

一段階だけ度を上げて、ちょっと部屋が

小さく感じるかな?

今度は寝る前には外さないと。。

| | コメント (0)
|

2011/07/21

きょうの三本

Hm012

それにしても長かった。。

松井が打って、アスレチックスが勝つ。

これが揃うのにどれくらい掛かったのか。

キャプテンの3000本フィーバーには及ばないけど

3安打3打点で久しぶりに勝利に貢献出来た形。

追加点タイムリー(内野安打)、勝ち越しホームラン、勝ち越しタイムリー。

「だいぶ時間がかかったけど、あす以降、

ようやくそういう質問をされないので良かった。

こんなにかかるのなら意識すれば良かった。

(そうすれば)もっと早く出たかもしれない」

「光栄なことではある。見ている方が喜んでくれればいい。

早く501号が出ればいい」

「特別は特別。一番最高な結果なわけですから、本塁打は。

でも、そこを目指して打席に入ることはない」

「一塁コーチが(捕った)ファンと交渉してくれたけど、決裂しました。

できれば実家に送りたいと思ったが、打ったバットがあるので、

そちらを送りたい」

キャプテンの記念ボールはきちんと帰ってきたんだけどね。。

ファンもそこは考えてくれないと。。

まあ早く501号が見たい。勿論生で!

| | コメント (0)
|

«きょうの読了「殺してもいい命」