« きょうの落差 | トップページ | おとといのおすすめ »

2006/04/18

きょうの怒

トリノ五輪で活躍したカーリングチーム「チーム青森」の2選手が所属していた青森市文化スポーツ振興公社の主幹が職員互助会費450万円を着服していたことが分かり、同公社は18日、着服した小島健一主幹(51)を懲戒免職にしたと発表した。横領容疑などで刑事告訴も検討している。

 公社によると、互助会費を一人で管理していた小島主幹は04年4月から今年2月にかけ、職員が福利厚生のため積み立てる互助会費の銀行口座から30回以上、計450万円を引き出していた。内部調査で発覚し、既に420万円は返還させた。互助会費は「チーム青森」の主将を務め、3月末に退職した小野寺歩選手(27)らも積み立てていた。

彼女たちがどれだけ切り詰めた生活を送りながらオリンピックに出場してたか、

こいつは知ってるのか?

|
|

« きょうの落差 | トップページ | おとといのおすすめ »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

このての着服騒動って、きりがないほどありますね。
監査ってしてないのかなぁ・・・・

そして、詐欺か横領か知らないけど刑が
驚くほど甘いんですよね。

投稿: まるこ姫 | 2006/04/19 21:22

もう金は返したし、免職もしたから
これで終わり、って感じじゃないですか。

それこそ一年間便所掃除とかやらせれば
いいんですよね。
(って清掃員の仕事を奪っちゃう?)

投稿: 樹里亜 | 2006/04/19 21:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/1462497

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの怒:

« きょうの落差 | トップページ | おとといのおすすめ »