« きょうのモナコ(怒) | トップページ | きょうのヤンキース »

2006/05/29

今後の松井

【ニューヨーク27日】左手首骨折で戦列を離れているヤンキースの松井秀喜外野手(31)が、7月下旬をメドに復帰する計画を立てていることが、明らかになった。親しい関係者に話しているもので、現段階では、担当医からも驚異的な回復を認められている。ペナントレースの山場になる夏の盛りに、ゴジラが復帰する可能性が出てきた。

 外出は食事だけで、ほとんどの時間は自宅のマンションで過ごしている松井。だが、自室で手首を動かしたり、患部に刺激を与えない程度の運動を重ねることは怠らない日々を過ごしている。それもこれも、すべては早期復帰のため。「7月下旬には、戻りたいと話していた。そのためにもできる限りのことをしようとしているみたい」ヤ軍関係者が、松井の思いを代弁した。

 当初の予定では、骨がくっつくまでの術後6週間は、本格的なリハビリは開始できないとされていた。だが、抜糸も予定期間の最短となる10日間で済む順調な回復ぶりに、担当医からは「ランニングをしてもいい」という異例の許可が下りているという。慎重な球団側から「それはまだ時期尚早」という声が上がり、実際にはまだランニングは行っていない状況だが、トーレ監督が考えていた「早くても復帰には3か月」という予測は、崩れつつある。

 松井が離脱した日から、チームは8勝8敗と波に乗れないまま。宿敵の首位レッドソックスには、2ゲーム差をつけられている。松井の代役だったクロスビーも右太もも痛でDL(故障者リスト)入り。ポサダも左ひざ痛で、4試合連続スタメンから外れている。左手首痛から戻ったシェフィールドは復帰後は17打数3安打と当たりを取り戻していない。松井の穴を埋める左翼手として、ルーキー・カブレラが奮闘しているのは明るい材料だが、ジーターが「彼(松井)ほど頼りになる男はいない」と評価する“打点男”の復帰を、チームのみんなが待っている。

 そんなチーム状況にも刺激を受けるのか、早期復帰に意欲を見せる松井。自宅療養を開始した14日以降は、日本から呼び寄せた個人トレーナーとマンツーマンでのリハビリも行っている。ペナントレースが佳境に入る7月下旬、驚異的な回復力で、松井がグラウンドに戻ってくるかもしれない。

やはりというかさすがというか、無理しないでと思いつつ、早く帰ってきてというのが

本音のトコロではあるけど。

もしかしたらオールスター明けのシアトル戦とかで復帰してもらえると。

そうなったとしたら、何とかしてニューヨークに行きたいな。

|
|

« きょうのモナコ(怒) | トップページ | きょうのヤンキース »

「松井秀喜」カテゴリの記事

コメント

松井頑張ってますね!
もしかすると皆が心配してるよりもずっと早く帰ってくるかもですね~
無理だけはしないでほしいです。
早く松井のヤンキース戦を観にいけるといいね。

投稿: aoi | 2006/05/30 21:33

aoiさんこんばんは。

予想通りではありますが、ちょっと今の状況があまりにも
我慢できそうに無いので、一日も早くベンチ入りするだけでも
いいので復帰して欲しいです。
(メッツ戦はカズオ無しで放送しますかね)

マリナーズ戦で復帰できるなら、なんとかして見に行きたいです。

投稿: 樹里亜 | 2006/05/30 21:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/1982929

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の松井:

« きょうのモナコ(怒) | トップページ | きょうのヤンキース »