« きょうの勘違い | トップページ | あのひの前日 »

2006/05/26

あしたのあさ

毎週末、当たり前のように8時に起きて、ヤンキース戦を見ていた。

あしたのあさは早起きする必要が無い。

オフシーズンでならしょうがないが、まさにシーズンにヤンキースの試合が見られない。

そんななか、

「野球をテレビで見るというのは楽しいね」。ヤンキースの松井秀はそう言って笑う。
 ニューヨークの2チームがぶつかる「地下鉄シリーズ」に、伝統のライバルのレッドソックス戦と、ヤンキースにとって全米注目のカードが2つ続いた。だが、左手首骨折の松井秀の姿はグラウンドにはなく、ファンと同じようにテレビの前で戦況を見つめていた。 初めての体験はどういう感覚なのだろう。「応援しながら客観的に見られるんだよね、テレビは。出られないことはもちろん悔しいんだけど」
 試合中にクラブハウスで映像を見て相手投手をチェックする選手も多いが、松井秀はこれまで見ようとしなかった。「実際に見てイメージが違うのが嫌。違うと試合中に修正するのが、けっこう大変なんだ」
 今のところテレビの前で「なるほど」とひざを打つようなことはないという。「自分の映像を見るんだったら、全然違った見方になるんだろうけど…」。何よりも自分の目を信じてきた松井秀が、日々のテレビ観戦から何を得るのか。逆に楽しみではある。

松井も勿論見たいけど、もうすでにどっぷりヤンキースファンになっているわたし。

ジーターのクラッチぶりに、ジアンビの選球眼、シェフの豪快な引っ張りに

バーニーへの声援、カノーの笑い顔、ポサダのリードにムースのナックルカーブ、

マリアーノの切れのある球。(Aロッドのどうでもいいとこのホームランも)

そしていつも落ち着いた表情のトーリ監督。

松井だけではない魅力がヤンキースというチームにはある。

それだけに松井選手が出ていないということだけで、放送されないなんて。

結果だけでは満足できない。試合を生でみたい。

だれかつなぎでいいから日本人選手がヤンキースに入らないかな。

(ってそんなわけないね・・・)

|
|

« きょうの勘違い | トップページ | あのひの前日 »

「日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/1949712

この記事へのトラックバック一覧です: あしたのあさ:

« きょうの勘違い | トップページ | あのひの前日 »