« ことしのランディ | トップページ | きょうの世代格差 »

2006/05/16

きょうの松井

左手首骨折で戦列を離れた松井秀がけがをした後、英文のコメントを発表した。監督の配慮に感謝すると同時にチームメートに謝罪する内容。チーム関係者があらためて松井秀の人柄に感心していることをニューヨーク各紙が報じた。
 「ここ数年、わたしの連続試合出場記録を考慮してくれたトーリ監督に心の底から感謝しています。申し訳ないと思うと同時に、チームメートを落胆させたことに、わたしも失望しています」
 負傷した選手が、こうしたコメントを出すこと自体がまれな上に、松井秀が使った「フロム・ザ・ボトム・オブ・マイ・ハート(心の底から)」という表現が、誠実な態度と映ったようだ。
 各紙は、キャッシュマン・ゼネラルマネジャーの「マツイは特別だ。選手としてだけではなく、人間として素晴らしい。すべての選手が彼のようであってほしい」との言葉を紹介している。

彼にとっては当たり前のコメントだけど、非を認めないアメリカ人には

とてつもないことに映るのかな。

それにしても戻った時のヤンキースの順位は。。。

|
|

« ことしのランディ | トップページ | きょうの世代格差 »

「松井秀喜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/1820394

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの松井:

« ことしのランディ | トップページ | きょうの世代格差 »