« きょうの距離感 | トップページ | きょうの勘違い »

2006/07/18

きょうの会見

胃の手術を受けたプロ野球ソフトバンクの王貞治監督(66)の容体について、担当した慶応大医学部の北島政樹教授らが18日午前、東京都新宿区の慶応大信濃町メディアセンターで記者会見し、王監督が早期の胃がんだったことを明らかにした上で、手術は成功したと語った。
 がんは胃の上部から中部にかけて約5センチ。医師団は「リンパ節1カ所に転移していたが、切除した。肉眼上は(他の臓器への)転移はない」と説明し、一般的には10日前後で退院可能という。
 王監督は18日朝に集中治療室から病室に戻って室内を歩き、医師の問い掛けに「特に痛みはない」と語るなど、経過は順調という。17日の手術は午前9時40分から始まり、午後6時47分に終了。出血は72ccと少なかったとしている。

思ったより早い復帰が見込めそうだけど、ちょっと余裕を持って休んだ方がいいかも。

いないことで逆にチームに一体感が生まれる事もあるし。

|
|

« きょうの距離感 | トップページ | きょうの勘違い »

「プロ野球」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/2708384

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの会見:

« きょうの距離感 | トップページ | きょうの勘違い »