« きょうの手術 | トップページ | きょうの会見 »

2006/07/18

きょうの距離感

イチローが試合前に必ず1人で行う運動のため、グラウンドに姿を現したのが午後3時35分。松井はその21分後にベンチからグラウンドに入った。イチローの存在には気づいた様子だったものの、そのまま普段通りに右翼へと向かった。広いスタジアムに選手はたった2人。左翼にイチロー、右翼に松井、両者の距離は約150メートル。何とも不自然な光景が11分間も続いた。最後は後輩が先輩への義理で渋々駆け寄っていった。

6年連続オールスター出場でメジャーの顔となったイチローにとって、松井の格は明らかに下。今春のWBC出場の一件もある。イチローの心の中に自分から松井へ歩み寄る意識など全くない。

 一方の松井も、自らの報道対応について「彼の犯した罪は重い」と間接的に批判されて以来、イチローを快く思ってこなかった。このわだかまりがグラウンド上での奇妙な11分の空白を生んだ。

写真だけではわからない真実?があるのかな。。。

ヒーローはやっぱり一人ってこと。

|
|

« きょうの手術 | トップページ | きょうの会見 »

「松井秀喜」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

え?二人の仲は悪かったんですか?
まだ、WBCが始まる前に二人で対談をやってる場面があって
けっこう仲が良いじゃんと思ってたのに。

スポーツマンでも、なんか確執があるんですね。
ちょっと、がっかり!
ヒーローは孤独なんですね。

>Re:樹里亜

WBCに出る出ないで、出て無い奴はダメ、みたいなことを
イチローが言ってて、暗に松井批判と取られてたみたいで、
そういうことが引っかかってるみたいよ。

同じ日本人だからこそのライバル心っていうのもあるだろうし。

投稿: まるこ姫⇔樹里亜 | 2006/07/18 20:47

樹里亜さん
ネタ元は夕刊フジですよ。
火のないところに煙を立てる自家発電メディアです。
あまりまじめに読まない方がいいと思います。

>Re:樹里亜

そう考えるとそうですね。
でもちょっとそう思っちゃった自分もいるので、
そう簡単に批判もできませんが。

難しい世の中ですよね。何を信じたらいいのか。。。

あとで記事にしたいです。

投稿: やんけ⇔樹里亜 | 2006/07/19 08:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/2708346

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの距離感:

« きょうの手術 | トップページ | きょうの会見 »