« きょうのヤンキース(マイルストン) | トップページ | きょうの松井 »

2006/07/06

きょうの読了「ブレイブ・ストーリー」(下)

ブレイブ・ストーリー (下)

+16日掛かってようやく全てを読了。

宮部作品は、完全なる善というのはなく、必ずその中に悪の要素を取り入れる。

一面では悪であっても善な部分を持たせたり、善側の人間に悪意を抱かせたり。

このお話のテーマも人間あるいは社会は善だけでできているのではなく、

必ず悪の要素が存在し、その対極として善の存在がある、といっている。

そのバランスをいかにとって生きていくか、ということが人生のキーになっている。

そしてそのバランスが崩れた時にそれを気づかせてくれる存在がいるかいないか、

ということが人生を踏み外すか踏みとどまれるかの境目になっているんだと思った。

読み進める内にだんだん自分がミツルになっていることに気が付いて、

その最後の姿に愕然としたけど、気が付けばミーナやキ・キーマ、カッツのような

存在がいることも思い出せた。

イアンソープもいってるけど、他人は変えられなくても自分は変えることができる。

自分の意思で。

次の作品が何になるかわからないけど、すぐまた”再びあいまみえる時まで”。

(とりあえず映画公開前に読み終えたけど、映画はどうしようか。。。)

|
|

« きょうのヤンキース(マイルストン) | トップページ | きょうの松井 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

初め読み進めていく上で、なかなか登場人物が想像
できなかった、トカゲのようなとか、
イマジネーションが沸かなかったから、勝手に自分なりに
作り上げちゃいました。

アッ、今TVで映画の宣伝をしていましたよ。
ミツルって、ちょっと斜に構えた子ですよね。

しかし、ここはサクサクですね、うらやましい(;_;

>Re:樹里亜

わたしは読み始めのころから結構CMが始まっていて、
キキーマはあの顔で”読んで”ました。

でも映画はやっぱり見ないかな?
っていうか最近全然映画館に行ってない。

それにしてもやっぱり宮部作品は泣けますね。
偽善だけじゃなく真悪?についての意識があるところが
真実味を呼ぶんですかね。

投稿: まるこ姫⇔樹里亜 | 2006/07/07 21:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/2529268

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの読了「ブレイブ・ストーリー」(下):

« きょうのヤンキース(マイルストン) | トップページ | きょうの松井 »