« 最後の日米野球 | トップページ | きょうの訃報 »

2006/09/24

きょうの。。。

「自分に管理職は向かない」と、学校の校長や教頭が一般教員への降格を自ら申し出る「希望降任」が全国で増えている。

 多忙で精神的なプレッシャーの大きい職責に耐えきれず、思い悩んだり、体を壊したりする例が多いようだ。

 文部科学省によると、全国の公立小中高校などで2005年度に自ら降格を申し出た管理職は71人。01年度の26人から3倍近くに増加した。このうち、教員にとって「初めての管理職」である教頭の降任が62人を占め、最も多い。自治体別では東京都(18人)、北九州市(7人)、神奈川県、大阪府、広島県(各4人)などが多かった。

 希望降任はもともと、制度がなくても、地方公務員法上は可能だったが、「多くの管理職が降格できるとは知らず、悩みを抱え込むことが多かった」(文科省幹部)ため、01年度前後から各教委が相次いで制度を導入した。05年度末現在、都道府県や政令指定市の計50教委が制度を導入済みだ。

わたしも実務者から管理者へと仕事がシフトしつつあるけど、

必ずしも実務者のベテランが管理者になれるわけではないんだよね。

実務者のスペシャリストもいれば管理者のスペシャリストもいる。

現役時代の成績はイマイチでも監督になって開花する人もいれば

現役時代にスターだった選手が監督ではダメな場合もあるし。

終身雇用もなくなりつつあるいま、そろそろ単純に年功序列でポジション異動する

やり方は辞めた方が社会にも個人にもいいんじゃないかな。。。

|
|

« 最後の日米野球 | トップページ | きょうの訃報 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

やはり公務員と言うか、先生方は社会を知らないから。。。
自信がないって、甘えているのでは?

民間交流をして、世の荒波にもまれたら、ちょっとは考え方も
変わるかもしれません。
公務員は未だに年功序列って生きてるのでしょ?
管理能力も無いのに試験に受かれば、校長や教頭になる。
荷が重いですね。

>Re:樹里亜

医者も裁判官も教師も、「先生」と呼ばれる人は
違う分野の経験も積んだ方がいいですね。

それにしてもこんなんで日本は大丈夫?

投稿: まるこ姫⇔樹里亜 | 2006/09/26 20:53

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/3562520

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの。。。:

« 最後の日米野球 | トップページ | きょうの訃報 »