« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006/10/31

きょうの僕歩

パブロフの犬のようにこのドラマを見るとココアが飲みたくなって、

ちょうど牛乳があったのでチンしてココアを作って飲む。

それにしてもこのドラマはきっちり作られている。

自分のことしかせず、頼まれてからやる、っていうフリを再三見せて、

一番して欲しいことを一番のタイミングでさせる。

そこでまた、「絶対待ってる」っていうシチュエーションで、「離婚した」と言わせる。

見てる側の思う方向に持って行きつつ、一番のタイミングでずらす。

この演出に引き込まれる。

このドラマの最後に流れる「ありがとう」と、歌番組で聞く「ありがとう」は別物だと思う。

本来はドラマが中盤に入ったくらいに売り出したほうが売れたのではないか。

やっぱりあの流れを引き継いで聴くこの曲はなぜか自然と口ずさんでしまう。

来週はどんな「裏切り」があるのか。楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/10/30

きょうののだめ

交響曲第7番イ長調 作品92 交響曲第7番イ長調 作品92

販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2006/03/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

私の中のベストベト7はカラヤンベルリンフィルの演奏。

しかし時期が違うと別人のカラヤンなので、ご注意願います。

わたしは全集のCDを持っていますがこちらのDVDは持ってません。

最後のクライマックスでも乱れない正確無比の弦に、弾けまくっているホルンとラッパ。

後年の演奏ではありえない情感あふれる演奏で、一度聴いたら忘れられません。

ベト7はある意味ベートーベンの交響曲の中で一番カッコイイ曲だと思います。

(きょうは結構メジャーな曲なので今度はもうちょっとマイナーな曲だと面白いんだけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの決断

KDDIは10月30日、番号ポータビリティ(MNP)を利用して他のキャリアからauに転入したユーザーと、auから他のキャリアに転出したユーザーの速報値を公表した。

 10月24日から29日までの6日間で、番号ポータビリティを利用してauに転入した契約の数は10万1200件と10万件を突破。一方、auから転出した契約の数は2万600件で、MNP利用者はトータルでは8万600件の純増となった。

 10月28日と29日には、ソフトバンクモバイルでシステム処理遅延障害が発生し、ソフトバンクからの転出およびソフトバンクへの転入作業が滞ったが、その影響も含んでの結果となっている。

そして、

実際にゴールドプランで契約した場合、本当に2880円で使えるのか見てみよう。

 まず、2007年1月15日までの「大創業祭キャンペーン」期間中に加入すること、あるいは11年以上契約していることが第1条件だ。これで基本料金が2880円になる。

 上述の通り、メールやWebを使うには、S!ベーシックパックが必要。この契約は事実上必須なので、ほとんどの人は2880+315円=3195円以上払うことになる。

 パケットし放題/スーパー安心パック/スーパー便利パックを契約した場合、最初の2カ月の最低支払い料金は3195円だが、パケットし放題やスーパー安心パック、スーパー便利パックの無料期間が終わる5カ月後以降、これらのオプションを解約していなければ月々の最低支払料金は5220円(3G端末の場合)となる。また、請求書が郵送であれば105円追加で5325円。電話をかける相手がソフトバンク以外だったり、テレビ電話をかけたり、ソフトバンク端末以外とメールをやりとりすればこの他に通信料がかかる。

一番分かりにくいのは、「新スーパーボーナス」だろう。ゴールドプランに入るには、新スーパーボーナスへの加入が必須になっている。新スーパーボーナスとは、ソフトバンクの携帯電話代金を、頭金ゼロ、24回の分割払いで支払う仕組み(12回、18回払いプランも追加予定)。新スーパーボーナスは、ユーザーにとっては頭金ゼロで端末を購入でき、ソフトバンクにとってはユーザーの短期間での機種変更を防げるというメリットがある。

 ソフトバンクは端末代金のうち一定の金額をユーザーの利用料から割り引くため、ユーザーは1つの端末を2年間使い続ければ、最低限のコスト負担で端末を入手できることになる。機種によっては、ユーザーの端末負担代金はゼロになる。半面、ユーザーが途中で契約を解除したり、短い期間で機種変更したり、水没などで携帯を壊してしまった場合には、分割払いの残りの代金を支払う必要が生じる。

結局0円っていうのをイメージとして強調しておいても、ようは長期契約で縛って

でも料金はいずれ今まで通り(今まで以上?)のレベルになっちゃうってことだよね。

それでも結構引っかかって応募者殺到で手続き停止みたいな状態になるんだから、

CM効果はあったのかな?

まあわたしはこれで「SB→au」の仲間入りを決めました。

もうちょっと落ち着いたら切り替えます。

(やっぱりあの男は信用できない)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/10/29

きょうのロードショー「亡国のイージス」

亡国のイージス プレミアム・エディション

見てる途中でいろんなレビュー記事を見てしまって、賛否両論だったので

実際どうなのかと思ってみてたけど、面白かったというか考えさせられたかな。

最近どうしてもレビューを見てから見る、みたいな癖がついてしまったけど、

実際自分の目で見て感じて、自分としての感じ方で作品に向かい合わないと

意味が無いなと思い出してきました。

原作を先に見た人には物足りないみたいでしたが、十分伝わるものはありました。

結局生き続けないといけない、ていうこと。生きていれば何か次の行動が起こせる。

生きなければそこで終わり。

毎回こういう映画を見るけど、結局モールス信号とか手旗信号が最終的には

有効で現実的な伝達手段なのかな?今でもそういう研修はあるのかな?

「戦争のはざまに平和がある」

いまは単なる「はざま」なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

こんかいの日米野球

【ファン投票辞退選手】
投手(中継ぎ)=藤川 球児(阪神)
三塁手=岩村 明憲(東京ヤクルト)
指名打者=松中 信彦(福岡ソフトバンク)
外野手=SHINJO(北海道日本ハム)
投手(先発)=松坂 大輔(西武)
外野手=福留 孝介(中日)
【監督推薦辞退選手】
投手(先発)=斉藤 和巳(福岡ソフトバンク)

※なお、北海道日本ハムの3選手はアジアシリーズに出場の場合は、変更になります。

そしてきょう、

ソフトバンクの川崎が日米野球(11月3-8日)への出場を辞退することが29日までに濃厚となった。
 秋季キャンプ中の28日に右手薬指を痛めた川崎は「3、4日でひくような痛みではない」と説明した。

で結局誰が出るの?

ファン投票選出選手は、馬原、阿部、藤本、青木の4選手のみ。

こんなんならファン選出なんかするな。

最後の日米野球なのに、何を楽しみにして見ればいいのか。。。

きょうチケットを発券したんだけど、始めは安いと感じた三千円が急に高く感じられた。

初戦0-10とかになったらWBCも意味がなくなるんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの予想外

携帯電話のソフトバンクモバイルは28日、新規加入や解約の受け付けを同日午後5時45分に停止したことを明らかにした。この日は携帯電話会社を変えてもこれまでと同じ番号を使える番号継続(ポータビリティー)制度が始まって最初の土曜日となり、利用者の動向が注目されていた。同社によると、「(ソフトバンク加入者間なら通話やメールが無料になる)新料金プランが好評で、顧客情報を管理するコンピューターシステムの処理能力を超える申し込みが殺到したため」という。通常は店頭の営業が終わる午後8~9時ごろまで受け付けている。また24時間受け付けのインターネットを通じた申し込みも取扱いを停止した。
 ソフトバンクによると、同社への乗り換え申し込みが午後から急増。午後4時半過ぎ、KDDI(au)とNTTドコモに「手続きができなくなった」と連絡し、携帯電話の移行手続きを止めた。
 番号継続制度による申し込みだけでなく、既存のソフトバンクの顧客が新しい料金プランに変更する申し込みも多かったという。未処理データを順次処理し、29日は通常通り受け付ける予定だが、申し込みが殺到すれば、再び停止する可能性もあるという。

こんなこと当然の様に言われても。。。

それをちゃんとやるのが仕事じゃないの?

それも「予想外」?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006/10/28

ことしのワールドチャンピオン

St3

「我慢の勝利」

結局は、少ないチャンスを最大限に活かし、ミスを最小限に抑え、

選手が一丸になれるかどうか。

これしかないのかも知れない。

MVPがエクススタインになるっていうことが今年の流れを象徴しているのかもしれない。

井口に続いて田口にチャンピオンリングが渡るっていうことで、

来年こそは松井の指にも、とも思うけど、

今は田口選手とカーディナルスの選手たちの喜びを見守りたい。

それにしても優勝が決まってすぐに選手の家族がグラウンドに入ってくるっていうのは

いい光景だね。やっぱり家族あっての選手っていうのが実感できる瞬間なのかな?

田口Jrもこの瞬間を微かにでも記憶していて欲しいね。

田口の「信じられない」は信じられるね。

おめでとうございます。

(最後のプレイバックでなぜだか涙が込み上げてきた。

また一年が終ったんだな。本当に4月が待ち遠しい。。。)

| | コメント (1) | トラックバック (9)
|

2006/10/27

きょうのDEATH NOTE

DEATH NOTE 1

最初はアニメから。そしてきょう映画を。

やっぱり漫画を実写化するのは難しいね。

映画は万人に分かりやすくっていうのが根底にあるから、どうしても説明が必要になる。

実際に原作を読んで無いからなんともいえないけど、やっぱりちょっとこちらのキラは

傲慢すぎるキライがする。

アニメのキラのほうが抑制されていてある意味現実的だと思う。

設定自体はホントに分かりやすいはずだけど、原作はどうやって複雑になってるのかな。

どうしてこうただただエピソードを羅列するだけなんだろう。。。

こういうことだから映画版で違うエンディングとかやっちゃうんだろうね。

それにしても原作、アニメ(テレビドラマ)、映画と、どれを先に見るか、

どれかしか見ないか。永遠のテーマ?だね。

結構アニメくらいがちょうどいいのかもね。まだこの先をアニメで見て無いから

ここで見るのを止めるっていう選択肢もあるけど。。。

で、Lはなんで運動もしないであんなに甘いものばかり食べていてあんなに痩せてるの?

ってどーでもいーですね♪

それにしてもなんで「ぽんぽこ」を一番のCMに持ってくるの?

日テレ主催ならもうちょっと雰囲気を大事にできないの?

まあすこしは映画館より「劣る」ってことにしとかないと金払って見る人いなくなっちゃう

ってのも分かるけど、ホントに視聴者をバカにしてる。

でもほんとにキラは「死神以上に死神だ」って、台詞のまえにそう思った。

ていうかこれって後編を見て欲しいが為の2時間半の長いCMだったっていうの?

それとも「ぽんぽこ」の大掛かりなCM?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/10/26

きょうの引退試合(日本一)

Ts2

日本一決定試合というより新庄の引退試合という意味合いの方が強いなんて、

ちょっと変な感じではあるけど、それだけのことは実際にしていたと思うし。

それにしてもこれほどの舞台で引退できる選手なんて、

ある意味長嶋以上の栄誉だろうね。

まあ本当に新庄の作戦勝ちってことになっちゃったね。

インタビュアーは北海道放送かなにかだったのか、ちょっと感動しすぎだったけど、

きょうの勝利は「信じられる」と思うよ。

それにしても森本がウイニングボールを取ってそのまま新庄の元に向かった場面は

やっぱり忘れられないね。(背番号1は新庄からヒチョリへ?)

ほんとうにお疲れ様!(ミスターファイターズ田中幸雄、ミスターバント川相もね)

揺れるセンターカメラ。ファンの地鳴りがテレビのこっちにまで伝わってくる。

このファンを裏切ることはできないってことをコミッショナーは分かってるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2006/10/25

さいきんのメル友?

「今近くにいるんですけど、ちょっとでも会えませんか?会ってもらえるならこのまま待ってます。
少し時間かかるなら一回家に帰ってからまた来るけど、どうかな?

もし今日余り時間ないなら少しだけでも大丈夫だから!一緒にごはん食べに行きませんか?だってさみしいから…
連絡はメールでも電話でもコメントでも平気です!

http://masses-xxxxxxxx

今から待ってるから、一度こっちからコメントください。携帯に直接コメントは届くから、外に居ても安心なんです(^^)
メッセージに番号書いててくれたら私の方からそのまま電話しちゃいますね。

私、半年くらい彼氏もいなかったから。。実は毎日さみしくて
今日は会って貰えるなら本当に嬉しいな。。期待して待ってるね」

「会ったその日にHって経験ありますか?
私は10代の頃に飲み会で知り合った人とそれっぽくなっちゃった事はあるけど、こうやってメールから知り合った人って始めてだから
今凄く緊張してるんです…会ったらもっとドキドキしたりするのかな。そのドキドキを会って感じたいの…だめ?

私、Hな気持ちが無いって言ったら嘘になるから、始めにそれだけ伝えておこうと思いました。
緊張すると話とかも余りできなくなっちゃうタイプだから、、今日会えるなら食事しながら少しお酒でも飲みたいなって思ってるんです!!そしたら緊張もほぐれると思うし、そして一緒にできたらなって、思うんです。


http://masses-xxxxxx

ここで番号わかるようにしておけば大丈夫ですか?
なるべく時間掛けたくないから一番やりやすい方法を言って貰えれば合わせますからね!
電話は今すぐにでも大丈夫です!おねがいします」

「まだ待ってるのに、、今どこにいるんですか??
私、ずっと待ってたんだよ!!ひどいよ・・・せめて連絡くらいは欲しかったし、チャント信用出来る人だと思ったから番号だって教えたのに。
もしかしてまだブログの書き込みも確認して貰ってないんですか?

もしそうなら今から見てください。ブログへのいたずら対策セキュリティの参加ボタンだけ押せばすぐみれますから!
携帯から私も確認したから大丈夫ですから…ほんとにお願いなんです。。

http://pictures-xxxxxx

コメント送ってくれれば返信メールも直ぐに届くから、携帯でもパソコンでも確認出来るからね!

今日は本当にずっと待ってたから、このまま帰るなんてやだよ!
1時間でも2時間でもいいから会いたいな

返事まってるから、場所とか時間とか教えてくれれば向かいますから…連絡ください」

こんなメールが毎日届く。これで5人目?

いい加減もう分かったから。

いつになったら諦めてくれるの?

と思ったら、今度は

「最近は元気でやってますか!?連絡先教えてくれたけど、メールも電話もなかったから心配です。
そういえばちょっと前にもメールしたつもりだったんですけど届いてなかったですか?
このアドレスだと解らないかな??アドレスは間違ってないよね??

待ってるメールってこんなにドキドキするんですよね。


http://pictures-xxxxxx

今写真とか載せながら日記書いてるから見に来てほしいな!直接メールも届くし。
もしね、これから!…会えそうならメール貰ってもいいですか??ちょうど今出るところなので、時間あるなら会いましょ!

返事待ってるね。」

またまた新たな刺客?

もうメアド変えようかな。。。

ちなみにメアド教えた覚えなんか全くない!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

きょうの金返せ!

来月3日から東京ドームなどで開催される日米野球の大会事務局は25日、監督推薦で選ばれていた斉藤和巳投手(ソフトバンク)が右肩の治療のため出場を辞退すると発表した。

もう誰が投げるんだよ!

全く見る気が無くなった。でもチケット返却できないんだろうな。

日本人プロ野球選手にはファンの気持ちなんか関係ないんだろうね。

もう本当に愛想が尽きた。。。 

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2006/10/24

きょうの僕歩

「僕いき」「僕カノ」ときて「僕の歩く道」はどう略そう。。。

とりあえず「僕歩」とします。

誰でも自閉症の症状を示す場面はあると思うし、子供の頃は多かれ少なかれ

自閉症だと思う。大人でも。

でも、言われたことをそのまま実行して、約束したことを守る、っていうのは

当たり前のこと。でもそれが段々できなくなる。

それができるってことはそこら辺のオトナよりずっと「優れている」のかも知れない。

臨機応変な対応も必要だけど、着実に一つのことをやり遂げることも

やっぱり大事だと思う。

結局多面的に物事を評価できるかどうかが大事で、一つの基準で全てを決めよう

と思うこと自体が間違っているのかもしれない。

(ベンチの真ん中に座ったのは臨機応変?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうの?

ニューヨーク・ヤンキースの公式ウェブサイトは23日、ファンからの質問にチームの番記者が答える形式の記事を掲載。その中で、「松井秀喜外野手の一塁転向はあり得る?」との質問が取り上げられた。

 この質問は、松井が一塁へ回れば、今季ブレークした若手のメルキー・カブレラ外野手をベンチでくすぶらせずにすむのでは、という主旨。これに対してマーク・フェインサンド記者は、今季終盤に外野から一塁へコンバートされたゲリー・シェフィールド選手の失敗例を出し、近い将来での松井のコンバートはないだろうと答えた。

 また同記者は、23歳の若さで130試合に出場して打率2割8分、7本塁打、50打点を残したカブレラは立派だが、松井が万全な状態に戻ればこれを上回る成績を残せると分析。カブレラの走力や強肩を評価しつつも、松井も外野手として劣っているわけではないとした。

なんか事あるごとにカブより松井の守備力が劣るみたいなコメントを聞くけど、

そんなに松井って下手なイメージがあるのかな?

まあイチローとかとは違うとは思うけど、クッションボールの処理とか

走者に次の塁を取らせない処理は目に見えないけどしっかりやってると思うし、

打球への向かい方も無駄が無いし、全く問題ないと思うんだけど。

カブの肩が強いのは認めるけどそこまでコントロールがあるとも思えないし。

センターコンバートはありうるけど1塁は全く無い。

カブこそまだまだレフト固定にすることもないと思うけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/10/23

きょうののだめ

ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番&第9番 ベートーヴェン:ヴァイオリンソナタ第5番&第9番

アーティスト:オイストラフ(ダヴィド)
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:2005/06/22
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ベートーベンってイメージより明るい曲が多いんだね。

それにしてもドラマの中で聴いてると、よりいい演奏?を聴きたくなる。

これをきっかけにクラシック音楽を聴き始める人も多いんだろうね。

私も最近あんまり聴かなくなってきたけど、また聴き始めようかな?

それにしても「きょうの曲目」くらい紹介したらどうなの?不治テレビ!

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

きょうの残留

巨人の李承☆内野手(30)が来季も巨人でプレーすることが23日、決まった。この日、代理人を通じ、球団に残留の意思を伝えた。

 米大リーグ挑戦は2008年以降に持ち越し。同内野手は「残って日本一を目指すことに決めた。必ず原監督を胴上げしたい」と談話を発表。4番打者の引き留めに成功した原監督は「心強いメンバーを得た思い」とコメントした。年俸は今季の1億6000万円から3億円程度に上がるもよう。

 球団によると、李承☆は、この日手術を受けた左ひざの抜糸、12月中旬から本格的な練習を再開するという。(金額は推定)

(注)☆は火へんに華

有難い事なのか、単に条件が合わなかったのか。

まあ松井と同じ道を歩いてくれれば。でも難しいとは思うけど。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/10/22

きょうの?

Gt1

ガ茶

なかなかやるね?商売上手。

またムックが羨ましがるかな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2006/10/21

きょうのスピンオフ(第3弾)

容疑者 室井慎次 プレミアム・エディション

警察の不祥事に群がるマスゴミ。

これからはこういうシーンはなくなるのかな?

前は鬱陶しく感じてたけど、それ以前に情報操作されて群がる事も出来なくなったら、

この世界はみんな政治家官僚といった支配階級のやりたい放題になっちゃいそうで。

それにしてもみんな声が小さくて聞き取れない。。。

(映画館で見てたらちゃんとみんな聞こえてたのかな?)

人権侵害とかいうけど、そっちもプライバシーの侵害に侮辱罪じゃないの?

フィクションだとしてもムカツクあの弁護士軍団。

金持ちの娘って一体。。。どうせ大した罪にもならずに何事もなかったような人生を

送るんだろうね。

結局誰の娘だったのかな?あの警察OB老の孫とか?

それにしても最後まで振り回されただけだったね、室井さん。

「弁護士 灰島秀樹」はどうしようかな。。。

どうしても好きになれない。こんどはなにをするのか気にはなるけど。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの選択

20日、翌21日から始まるワールドシリーズを前にセントルイス・カージナルスのトニー・ラルーサ監督が記者会見。その中で、田口壮外野手を初戦で先発起用する意向を示した。

 初戦はア・リーグ王者デトロイト・タイガースの本拠地コメリカ・パークでのゲームということで、指名打者(DH)には誰を起用するのかと問われたラルーサ監督は、まだ決めていないと返答。DHと左翼については元打点王のプレストン・ウィルソンやスコット・スピージオ、クリス・ダンカン、そして田口が先発候補だとし、「ソウは外野で使うと話した」と語った。

 田口は今プレーオフでいずれも途中出場ながら、計4打数4安打、2本塁打、4打点の好成績をマーク。特に13日に行われたニューヨーク・メッツとのナ・リーグ優勝決定シリーズ第2戦では、メッツの守護神ビリー・ワグナー投手から値千金の決勝アーチを放っている。

嬉しい事だと思うけど、いままでの起用法を変えることはいいことなのか?

いい方の結果を期待するけど、どうなるかな?

Tr1

金の卵を産む鶏を捌くことにならないように。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/10/20

きょうのスピンオフ(第2弾)

交渉人 真下正義 プレミアム・エディション (初回限定生産) DVD 交渉人 真下正義 プレミアム・エディション (初回限定生産)

販売元:ポニーキャニオン
発売日:2005/12/17
Amazon.co.jpで詳細を確認する

どうやらこちらの初回限定版にきょうの「逃亡者 木島丈一郎」が付いてるんだって。

仕事的にはこちらの方が仕事してたんじゃないの、真下軽侮?(階級あってる?)

あの後ちゃんとあの不祥事が報道されたかは定かではないけど。

(現実には有耶無耶の内に終るんだろうね)

それにしてもあの子の変わりようはちょっとね。

真下は指輪を渡せたみたいだけど木島さんはちゃんと渡せたのかな?

そして明日は「容疑者 室井慎次」。

見ちゃうんだろうな。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの歓喜

St2

これで完璧にサブウェイシリーズはなくなりましたね。ってありえないか。

4打数4安打4打点で、ワールドシリーズもこの記録は更新され続ける?

セントルイス・カージナルスは19日、敵地でのナ・リーグ優勝決定シリーズ最終戦でニューヨーク・メッツと対戦。同点の9回にヤディエル・モリーナ捕手が値千金の勝ち越し2ランを放ち、3-1で接戦を制した。田口壮外野手は守備のみの出場だった。これで対戦成績を4勝3敗としたカージナルスは2年ぶりのリーグ優勝。21日からのワールドシリーズでア・リーグ覇者デトロイト・タイガースと対戦することになる。

 田口は8回から左翼の守備に。しかし打席は回らず、今シリーズは3打数3安打、1本塁打、3打点という成績で終えた。

 カージナルスは1点を追う2回に1死一、三塁から8番ロニー・ベリヤード二塁手のスクイズで同点とする。初回に四球と長短打で1点を失った先発ジェフ・スーパン投手も、2回以降は5四死球を与えたものの降板するまで1安打も許さない好投を披露。そして9回、1死一塁で打席に入ったモリーナが、メッツの3番手アーロン・ハイルマン投手からレフトフェンス越しに勝ち越し2ランをたたき込む。

 その裏、メッツもカージナルスのクローザー、アダム・ウェインライト投手に対して連打と四球で2死満塁と一打同点のチャンス。しかし最後はカルロス・ベルトラン中堅手が見逃し三振に倒れ、万事休した。

たまたま昼休みに電気屋にいてみてたんだけど、bshiは12:40に放送終了で、

それまではほとんどの画面でやってたのが一斉に切り替わっちゃって、

だれかがbs1に切り替えた1画面で見ることに。

融通きかないbshi。。。

| | コメント (0)
|

きょうのガッカリ

「イオン日米野球2006」(11月2-8日、東京ドームほか)の大会事務局は20日、ファン投票の先発投手1位で選ばれていた松坂大輔投手(西武)が出場辞退したと発表した。9月19日のソフトバンク戦で打球を受けた右ひじが万全でないためという。
 また、監督推薦で新たに斉藤和巳投手、大村直之外野手(ともにソフトバンク)、ダルビッシュ有投手、八木智哉投手(ともに日本ハム)、新井貴浩内野手(広島)が選ばれた。 

日本の最後の登板が見られると思ってたのに。。。

なら斉藤に投げて欲しいな!

(っていうのが単純な野球ファンとしての意見だけど、

まあいろいろ裏事情はあるよね。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/10/19

きょうのリンク

Sa1

耐震強度偽装事件にからみ、国から確認検査機関の指定を取り消されたイーホームズの見せ金増資事件で、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の罪に問われた社長の藤田東吾被告(45)の判決が18日、東京地裁であった。青柳勤裁判長は「業績をあげるためには脱法行為もいとわず、安易で身勝手な考えが読み取れる」と述べ、懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。一連の耐震偽装事件の裁判で判決は初めて。

 青柳裁判長は、耐震偽装と見せ金増資の因果関係について、「証拠上明らかでなく、量刑にあたり考慮すべきではない」と述べ、否定的な認識を示した。

 検察側は立証にあたって、イーホームズが構造計算書の偽造を見逃していた背景に同社の不十分な検査態勢や利益を優先する被告の経営姿勢があったとの構図を描き、見せ金増資事件を耐震偽装見逃しの「主要な原因」と位置づけていた。

 これに対し判決は「検査機関の指定を受けるため資本を偽った犯行と、構造計算書の偽造を見逃した問題との間には、業務拡大に伴う組織や人の拡充程度、国交省認定の構造計算プログラムの変更など、様々な要素が介在している」と述べた。

 藤田被告は公判で起訴事実については全面的に認めたが、「偽装の見逃しとは全く関係ない」と主張。弁護側も「検察官は見逃しの結果だけを指摘している。自治体などほかの審査でもすべてが偽装を見逃し、不可抗力だった」としていた。

(朝日新聞)

耐震強度偽装事件に絡み、会社の資本金を不正に多く見せかけたとして、電磁的公正証書原本不実記録などの罪に問われた民間指定確認検査機関「イーホームズ」(指定取り消し)の社長・藤田東吾被告(45)の判決公判が18日、東京地裁で開かれた。

 青柳勤裁判長は「事業を早く立ち上げ、業績を上げるために、法令を逸脱することもいとわないという安易かつ身勝手な犯行で、酌量の余地はない」として懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役2年)を言い渡した。

 一連の耐震強度偽装事件では元1級建築士・姉歯秀次被告(49)ら6人が起訴されたが、判決が言い渡されたのは初めて。

 判決によると、藤田被告は2001年に、国土交通省から確認検査機関の指定を受けたいと考え、知り合いの司法書士などから借りた2700万円を見せ金として増資して、同社の資本金を約5000万円超に見せかけた。

(読売新聞)

「罰は受けるが、本当に悪いのは国だ」。耐震データ偽造事件を巡る初の判決で、18日に東京地裁で有罪を宣告された民間の指定確認検査機関「イーホームズ」社長、藤田東吾被告(45)は判決後の会見でまくしたてた。一方、耐震偽装マンションの購入者からは改めて、やり場のない怒りの声が上がった。【高倉友彰、篠田航一】
 午前10時、東京地裁506号法廷。グレーのスーツ姿で出廷した藤田被告は時折、天井を仰いだほかは表情を変えず、裁判長の判決文朗読にじっと聞き入った。有罪と認定された見せ金増資と耐震偽装との因果関係を判決が否定すると、判決後、弁護人と硬く握手し、笑みを漏らした。
 元1級建築士の姉歯秀次被告(49)=建築基準法違反などで公判中=による多数のデータ改ざんを見逃しながら、昨年10月に国土交通省へ事件を通報したと「功績」を強調。公判でも確認制度の不備を訴え、自らは責任がないとする主張を続けてきた。
 会見では「検察官が主張した耐震偽装との因果関係を判決は否定した。それで十分。非常にうれしい」と控訴しない考えを表明。さらに「国が(データを偽装しやすい)認定プログラムを作ったのが問題だ。国もマスコミも間違いに気付くだろう」と声を荒げ、一連の経緯を記した「暴露本」を出版することも明らかにした。
 一方、イーホームズの建築確認を受けたマンション「グランドステージ東向島」(東京都墨田区)の元住民男性(33)は「怒りのぶつけようがない。偽装を見逃した検査機関の責任をきちんと裁けなかったのは法の落ち度ではないのか。残念だ」と沈痛な面持ちで話した。

(毎日新聞)

耐震強度偽装事件に絡み、偽装を見逃した指定確認検査機関イーホームズ(東京)の架空増資をして検査機関の指定を受けたとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪に問われた同社社長、藤田東吾被告(45)の判決公判が18日、東京地裁であり、青柳勤裁判長は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。一連の事件で起訴された6被告のうち判決は初めて。

 青柳裁判長は「人命の安全に直結する建築確認制度の重要性にかんがみ、指定要件を厳格に定めた法の趣旨を損なった犯行で、軽視できない」と指摘。「事業の早期立ち上げには法令違反をいとわないという動機は安易で身勝手」と述べた。

 一方、検察側が「元一級建築士、姉歯秀次被告(49)=公判中=が構造計算した37物件の偽装を見逃した背景には、架空増資が一因の検査態勢不備がある」と主張した点については「犯行と偽装見逃しの因果関係は明らかでない」と指摘。「量刑で考慮すべき事情とはいえない」とした。

(日本経済新聞)

耐震強度偽装事件で、架空の増資をしたとして電磁的公正証書原本不実記録、同供用の罪に問われた民間検査機関イーホームズ社長藤田東吾被告(45)の判決公判で、東京地裁の青柳勤裁判長は18日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。耐震偽装をめぐる一連の裁判では初の判決。同被告は控訴しない方針。
 青柳裁判長は「事業を早期に立ち上げ、業績を上げるために法令の逸脱もいとわない甚だ安易で身勝手な犯行」と非難。「人命に直結する重要な制度にかんがみて、検査機関の要件を厳格に定めた法の趣旨を損なった」と述べた。 

(時事通信)

耐震強度偽装を見逃した確認検査機関「イーホームズ」の架空増資事件で、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の罪に問われた同社社長の藤田東吾被告(45)に、東京地裁は18日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 判決後、藤田被告は会見。判決が架空増資と耐震偽装に因果関係がないとしたことには、「それで十分」と納得。判決を受け入れるとしたうえで、国やマスコミに対して約15分間、“ブチギレ”した。

 「何で、イーホームズが悪いのか。これは大臣認定プログラム、建設業法、宅建業法の問題だ」。同被告は自身の逮捕の理由として、ホテルやマンションを展開するA社の名前を挙げ「同社の偽装を隠ぺいする目的で、藤田東吾を黙らせるためだった」と“暴露”した。

 今年2月、藤田被告はA社の手がける、これらの物件の構造計算書改ざんを発見、国交省に通告したという。だが、A社の代表が安倍首相の有力な後援者ということもあり、事実は隠ぺいされ、自身が逮捕されたという主張だ。なお、A社では、この日の“藤田発言”について、「事実無根」としている。

 さらに同被告は具体的なマスコミ名、これまでの報道内容を挙げ、名指しで「~を絶対許さない」などと大噴火。「ニセモノなんていらない時代なんでしょ? hitomiの歌じゃないけれども!」と真顔で爆発した。

 あまりの独自理論とキレっぷりに、会見場もあっけにとられた雰囲気に。「少し、激高してしまいました」と言いながらも不満の収まらない藤田被告は、すでに「耐震偽装」の本を執筆済みで今後、出版する予定だという。

(スポーツ報知)

ココにきてようやくA社の表記が。そして、

「国がどうやって真実をねじ曲げてしまうか、みんな知らない」。耐震強度偽装事件の“登場人物”の一人とされ、東京地裁で十八日、有罪判決を受けた民間確認検査機関「イーホームズ」(廃業)元社長藤田東吾被告(45)が判決後、記者会見で「爆弾告発」をした。「アパグループの物件でも偽装が行われた」。藤田被告は激高した口調で、国や捜査当局を「耐震偽装を隠ぺいするために私を逮捕した」と批判、マスコミに真実を追及するよう訴えた。

■首都圏マンションなど

 藤田被告は判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、「イーホームズが確認検査をしたホテル・マンション大手『アパ』グループの三つの物件でも耐震強度の偽装があった」と述べた。

 アパは今年六月、「イーホームズより構造計算書に一部不整合があるとの報告を受け、検証中」と明らかにしていた。

 藤田被告によると、イーホームズが偽装を確認したのは(1)埼玉県鶴ケ島市のマンション「アップルガーデン若葉駅前」(2)千葉県成田市のマンション「アパガーデンパレス成田」(3)川崎市内の物件-の三物件。偽装に気付いたのは今年二月。アパグループの物件の構造設計を請け負っている富山市内の設計事務所の代表がイーホームズに来社し、藤田被告に打ち明けたという。

 この後、アパの役員らがイーホームズを訪れ、計画の変更を要請。「アップルガーデン」と「ガーデンパレス」は「計画変更も再計算も適切ではない」と判断し、工事は現在中断しているという。

 藤田被告は「国に通報して、アパの物件を調査するように要請したのに、担当者は『関知しない』と取り合わず、アパは工事を止めなかった」と述べた。

 その上で「本質は確認検査ではなく、偽装が可能なレベルの構造計算プログラムの問題だ」と主張。「その責任は、プログラムの運用プロセスを認定した国土交通省と同省の天下り団体である『日本建築センター』にある」と訴えた。

(東京新聞)

このニュースを伝えたのは東京新聞のみ。そして、

アパマンショップネットワーク <8889> が前引け前にかけて一時、前日比2400円(5.17%)安の4万4000円まで下落して急落する展開となったが、株価は後場に入ってからは切り返し、大引けでは前日比500円(1.08%)高の終値4万6900円で小幅反発となった。

きょう18日付けの「きっこのブログ」でイーホームズの藤田東吾元社長が逮捕されたのは「国が、アパのマンションやホテルの偽装を隠蔽するため」だったとする記事が掲載されたことが株価急落の原因となったものとみられている。

しかし記事を良く読むとこの「アパ」とは「アパガーデンパレス成田」の販売した「アパグループ」と書かれており、ヘラクレス市場に上場しているアパマンショップネットワークとはまったく関係のない企業と判り、後場に入ってからは買い戻しが入る流れとなった。

Apa1

アパグループ 

前から怪しいとは思ってたけど、直感って大事だね。

きっこのブログ

このブログサイトを見てから、一般に知られる事件事故についてどこまで真実が

伝えられてるのかが信じられなくなって、積極的には事件事故についての記事を

書かなくなったんだけど、

今回は書かなければ、広めなければと思ってリンクさせていただきました。

「東京地裁での判決に際して、マスコミの皆様へ、そして国民の皆様へ」

今日、東京地裁で、僕に対する判決が出ます。
耐震偽装事件に関係した裁判では一番最初の判決です。
僕は、この裁判の容疑や内容については、話す意味がないと思いますのでコメントはしません。

僕を逮捕した本当の理由は、国が、アパのマンションやホテルの偽装を隠蔽するために、藤田東吾を逮捕して黙らそうとして、行なったものと考えています。

イーホームズでは、平成18年2月に、アパグループのマンションの偽装を発見しました。アパのマンションやホテルの構造設計を一手に行なっていた、田村水落という設計事務所の水落代表がイーホームズに来社して、「こんな偽装の手法は、姉歯より俺が先に初めた」と豪語しました。「建築確認を早く取るために、構造設計にかける時間が少ないから構造計算書を偽装(改ざん)するなんて、他(の構造設計士)にも沢山いるよ」と平気で言いました。実際に、田村水落がイーホームズに申請をしていた3件の物件に偽装が発見できました。その他の物件は、役所や他機関に提出してきたと言いました。その後、アパの取締役や責任者の方が来社して、アパに関する偽装の隠蔽や計画変更を要請しました。全く、ヒューザーの時と同様です。

イーホームズで受け付けていた3件の物件の内2件は、イーホームズでは計画変更も、再計算も適わないと判断したので、現在、工事は止まったままです。取り壊しもしていません。事件が風化したら、工事を再開して、販売するのかもしれません。「アップルガーデン若葉駅前」と「アパガーデンパレス成田」です。他の1件は、川崎市の物件で、川崎市で計画変更の処理がなされました。しかし、本当に重要なことは、住民や利用者の命に被害を与える可能性であり、それは、工事中のマンションやホテルではなく、既に完成して入居済みの物件です。

僕は、国交省に対して、イーホームズで受け付けた以外のアパの物件を調査するように糾弾をしてきました。国は関知しないと言いました。アパは工事を止めませんでした。これも、ヒューザーの時と同様です。この状況が、4月まで続いた中で、4月26日に僕は逮捕されました。逮捕自体の「見せ金」の容疑は、たとえお金はすぐに返済して誰に迷惑をかけなかったとしても、違法を行なった者として罰を受けなければいけないことだと反省しております。

多くの国民の皆様から激励のお手紙を頂きましたが、僕は以上の経過をずっと黙ってきました。もし、言ったとしても、国は隠蔽するために何をするのか分らなかったし、社員もいたので、安全を優先しました。また、アパの元谷会長が、安倍晋三官房長官(当時)の後援会である、安晋会の副会長を務めていたことも、当時は知りませんでした。
今、イーホームズの社員は、全員、再就職が決まり、新しい道を歩んでいます。そして、僕は一人になりましたが、僕が知る真実をここに語ることは、イーホームズを創業した者として、代表を務めた者として、そして21世紀に日本に生きる者としての責任だと思います。よって、ここに発表を致します。

耐震偽装事件の本質は、決して、ヒューザーやアパだけの問題ではありません。また、法的には、確認検査制度の問題ではなく、大臣認定制度の問題のはずです。構造計算書が、偽装(改ざん)可能なレベルで、構造計算プログラムの運用プロセスを評価/認定した、財団法人日本建築センター(国の天下り機関)と国土交通省住宅局建築指導課に責任はあります。アパやヒューザーは、この観点からは被害者です。但し、デベロッパーとして、自らが作ってきたマンションやホテルの、住民や利用者の命の安全を無視してはいけません。平成18年5月22日に、北側国土交通大臣も同様の発言を国会で行ないましたが、この発言はマスコミが取り上げませんでした。官僚がマスコミを情報操作の一手に使う表れだと思っています。

よって、僕は、日本の建築行政を担ってきた一員として、この真実を公表いたします。

また、僕は、「耐震偽装」と題して、僕が知る真実を本に書きました。ペンの力によって、耐震偽装が何であったのかをお伝えするべきだと思ったからです。既に原稿は、ある出版社に入れてありますので近く出版されると思います。たとえ、僕の身に何があったとしても、イーホームズの理念であった、『21世紀の住環境の質の向上に貢献する情報提供』を果したと、僕は思っています。

最後に、結果として、国民の皆様には、構造計算書に関わる国家の不正を公表したことで、不安と混乱をいたずらに招いてしまったことを、ここに深くお詫び申し上げます。

申し訳ありませんでした。

平成十八年十月十八日  藤田東吾

こんなことが起こっていたとはいつものブログを見るまで知らなかった。

でも絶対に知っておかなければいけないことだと私も思って、転載しています。

キタチョウセンの格問題がこの事件の「印ぺい交錯」だとしたら、と思うとちょっと

恐すぎるけど、ありえなくもないのかと。

(漢字変換は意図したものです)

今報道ステーションをみてますが、なぜか空しく思えてきます。

見せられる事件と見せられない事件。

それをメディアが勝手に決めて報道?してるなんて。。。

何も信じられません。

もしかして今回の故故櫓愚メンテって、

きっこのブログ対策(リンク貼りまくり事前対応)だったのか、

それともこの記事に対して少しでも掲載を遅らせようという

故故櫓愚の謀略だったのかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうの集会

Dj35

場所が場所だけにあまりコメントはしませんが、ちょっとヤバイ雰囲気が。。。

若頭と組長、そして裏会計士。

これ以上は言いません。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの読了「少し変わった子あります」

少し変わった子あります

文藝春秋に連載されていたものが一冊になったらしいけど、

これをリアルタイムに読んでたら次が待ちどおしくてしょうがなかっただろう。

こんな出会いが本当にあったらやっぱり嵌っちゃうんだろうな。

この本はなかなか説明してオススメするのは難しいけど、やっぱり読んでみて、

っていいたくなる作品です。

いつもどおり全部は説明しないけど、そこを補うのが読者の力?なのかも。

それにしても一度でいいからこんな食事をしてみたいかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/10/18

きょうも書けず。

15時にメンテ終了っていっても結局夜も更新できず。

終ったなんていうな!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006/10/17

きょうあすお休み

以上

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/10/16

きょうからのだめ

のだめカンタービレ(1)

ベト7が主題歌って、信じられない。

この時間帯にこの曲がドラマ主題歌?で流れるなんて。

ドラマデビューなので原作大好き人間にとってどういう反応なのかわからないけど、

わたし的には”どハマリ”な感じ。

竹中を見るとみんな同じテイストになっちゃうのが唯一の欠点だけど、

樹里ちゃんのバカさ加減と天才加減が絶妙で、千秋のサリエリ振りも楽しい。

さっそく原作を読みたくなりました。

でもとりあえずドラマを見終わってから改めてそのギャップを楽しむっていう手も。

今クールはドラマの当たり回かな?

ちなみに、

[cantabile][cant.]伊
カンタービレ
[cantando]伊
カンタンド
[cantante]伊
カンタンテ
歌うように
表情をこめて
同語源:カンタータ.カンツォーネ

<追記>

モーツァルト:2台と四手のためのピアノ作品集 モーツァルト:2台と四手のためのピアノ作品集

アーティスト:ラビノビチ(アレクサンドル) アルゲリッチ(マルタ)
販売元:ワーナーミュージック・ジャパン
発売日:2004/01/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ドラマをみて早速注文したら一週間後になって、

「商品の発送が1~2週間ほど遅れます」

だって。。。

もう絶対待っても手に入れる!

みんな注文しないでね!

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

今回の辞退

日米野球(11月2-8日)の大会事務局は16日、藤川(阪神)岩村(ヤクルト)松中(ソフトバンク)の出場辞退を発表した。

「イオン日米野球2006」の日本チーム監督を務める楽天・野村克也監督(71)が苦言を呈した。「こっちがまだ選んでもいないのに、辞退してきている選手もいる。自己中心の選手が多すぎる。ペナントレースで普通にやっていて何が体調不良だ」と出場辞退者が続出しそうな現状を憂えた。

 「やるからには喜んで出てくれる選手でやるのが一番。何なら楽天対メジャーでやってやろうか」と皮肉った。

ほんとうにそうだね。。。まあやる気の無い選手はみたくないけど。

そして、

今オフのメジャー移籍が確実な西武・松坂大輔投手(26)が、日米野球第1戦(11月3日、東京ドーム)の先発に指名されたことが15日、分かった。これが日本での“お別れ登板”になる可能性がある。

 これが松坂の“お別れ登板”になる!? この日、日米野球・日本チームの投手担当で、フェニックス・リーグ(宮崎)視察中の巨人・尾花投手総合コーチが「第1戦(の先発)は、やはり松坂でしょう」と明かした。すでに関係者を通じ、本人にも要請しているという。

 ただし、松坂は日米野球の出場について「体が万全じゃない。トレーナーと相談しながら、出場するか決めたい」と態度を保留中。それでも、尾花コーチは「出場するかどうかは聞いていないが、メジャーに行きたい投手ですから、出場してくれるのではないか」と期待を寄せている。

 松坂は日米野球での登板について「(先発したら)最後まで投げきりたい」と完投を宣言しているだけに、残りの試合では登板しない可能性が高い。日米野球での登板が実現しても、第1戦が最初で最後になることが濃厚になった。

やっぱり最後になると思うし、「出るべき」だと思う。っていうか絶対出て!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/10/15

きょうの誕生日

東京タワー

昭和33年(西暦1958年)のきょう、竣工。

正式名称は「東京電波塔」。自立式鉄塔としては世界最高の333m。

ちなみに同じ年にデビューした長嶋茂雄の背番号も3。

どうせなら3月3日とかにできなかったのかな?

それにしてもHPもなかなか面白い。

ところで東京の人ってどれくらい東京タワーの展望台に登ったことがあるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのけじめ

13日に左ひざ内視鏡手術を受けた巨人李は14日、都内の病院を退院。報道陣の前に松葉づえをついて現れ「ジャイアンツで優勝したい気持ちがある。いい仲間、いい選手。自分が引っ張って、頑張りたい気持ちがある」と話した。事実上の残留宣言だった。
 4年連続V逸からの巻き返しを図る原巨人に、まずは吉報だ。李は「1人だけの問題じゃない。1週間くらい考えたい」と慎重だったが、気持ちは揺るぎない。「お金の問題で残る、残らないじゃない」。自らの去就問題が長引くことで、チームに迷惑をかけたくない。年俸アップの駆け引きに、メジャー移籍をほのめかせているわけでもない。だから「早期決断」という結論を出した。
 球団は3年、約10億円の大型契約を用意しているが、李はメジャーの夢を、完全にあきらめてはいない。代理人を務める水戸重之弁護士は「単年契約もある」という。今後、契約内容の細部を詰めていくが、複数年契約となった場合も、2年目以降の契約解除の決定権は李サイドが保有する形になる可能性がある。
 同弁護士は「巨人は温かく迎えてくれる。あとは、彼の心の問題。『1週間考えたい』と話しているが、ひとつの節目になるだろう」と話した。今月中にも、正式決定となりそうだ。

ちょっと意外だったけど、これでまた男を上げた?

松井のように日本一にしてから堂々とメジャーの舞台へ行って欲しい。

その為にも球団も選手も頑張らないと。

そんななか、

3年連続プレーオフ敗退のソフトバンクが、チーム補強第1弾としてFA権を持つ巨人小久保裕紀内野手(35)を「3年総額10億円」の好条件で獲得に乗り出すことが13日、明らかになった。小久保はFA権の行使を明言していないが、ソフトバンクではFA宣言の可能性が高いと判断。正三塁手不在のチーム事情に加え、リーダー役として高く評価している。将来の監督候補、また03年オフに「無償トレード」で移籍するまでの背番号「9」も用意。王監督も小久保の復帰を望んでおり、宣言した場合は真っ先に名乗りを上げる方針だ。
 ソフトバンクがチーム再建のキーマンに指名したのは、かつてのチームリーダー小久保だった。FA権を保有している小久保は、今季限りで巨人との3年契約が切れる。権利行使については明言を避けているが、ソフトバンクは水面下の調査で宣言の可能性が高いと判断した。「宣言すれば、獲得に乗り出すのは間違いない」と複数の球団関係者は明言しており、そのときに備え球団内で“復帰”準備を着々と進めてきた。

これに関しては何もいえない。

ホークスにも言いたい事はいっぱいあると思うけど、小久保はやっぱりホークスへ

返すべきだよね。

確かにキャプテンの存在は大きいけど、今度こそ由伸がしっかりしないと。

そして、

桑田は13日、右ヒジ検査のため渡米。去就は、「日本シリーズが終わってからになると思います」と長期化する様相。「辞めるならとっくに辞めてるよ」と引退する気はさらさらなく、「やれることはやってみたい」と、12球団合同トライアウトを受けることまで視野に入れている。

 ところが、巨人で現役を終わらせたいと考えている球団は、退団を認めていない。戦力外として発表されておらず、他球団との交渉もできない。

 獲得に前向きな姿勢をみせていた楽天が撤退を表明。事態急変に桑田は、「(巨人から)圧力がかかったんじゃない? いろいろ言われてますけど、全くどことも接触していないし、話し合いも持ってません」と不信感を募らせている。

 異常な状況にOBも気にかけているようで、広岡達朗OB会副会長は、「“お世話になりました”“今までありがとう”できれいに別れて、行きたいところがあれば、行かせてやればいい。お互いに悪口は言わないことだ」と首をひねる。

 桑田は、「巨人とケンカしてるわけでも、嫌いになったわけでもない。その辺はご理解ください」と何度も繰り返したが、このままでは泥仕合になりかねない。

お互いに何やってんだかって感じ。。。

こんなことやってるから選手もやる気にならないんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/10/14

きょうのスピンオフ(第1弾)

交渉人 真下正義 スタンダード・エディション

最近はこのパターンが多い。

映画館にもいかず、レンタルもせず、ひたすらテレビでやるのを待つ。

でもそれで十分だからね。

それにしても不治テレビも太っ腹だね。

10月14日(土) 『交渉人・真下正義』
10月20日(金) 『逃亡者・木島丈一郎』
10月21日(土) 『容疑者・室井慎次』
10月28日(土) 『弁護士・灰島秀樹』

全部見られるかは分からないけど、やっぱりみちゃうかな?

それにしても織田雄二は肩身狭いね。。。

結局作品というかこの世界観がみんなに受け入れられてたわけで、

彼が出てるからっていうのは二次的なことだったのかな?

結局ネゴシエイターとしてはあんまり仕事になってなかった気が。。。

先回りしてなにかを掴んだ訳じゃないし、全て犯人主導でヒントを貰った形だし。

「ボレロ」ってことはやっぱり最後のクライマックスでの音量ってことだよね。

シンバルの波形?なかなか凝ってるね。

「羽田裕一」って織田雄二への当てつけ?

あのサンタのシンバルは何?結局シンバルが鳴らなかったから爆発しなかったの?

シンバルが鳴らないのってそんなにみんな気づくものかな?

拍手がおこらないのってちょっと不自然な感じ。

最後は自爆って本当にユウレイだったの?

結局犯人の目的は?爆発は食い止めたけど、テロとしては成功だと思うんだけど。

やっぱり犯人が捕まって犯行理由とかが分からないとなんとなくすっきりしない。

まあ二回みることはないかな。

でも面白かったのは事実。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうのコメント

ニューヨーク・ヤンキースの地元紙ニューヨーク・ポスト(電子版)は13日、ヤンキース傘下のケーブルテレビ局「YES」でチームの専属アナウンサーを務めるマイケル・ケイ氏が、テレビ番組の中でヤンキースに関する質問に答える様子を掲載。その中でケイ氏は今オフのメジャー移籍が確実視されている松坂大輔投手(西武)の獲得を強く主張した。

 同紙は、もしヤンキースのGMだったら誰を獲得するかという質問に、ケイ氏が松坂だと答えたことを紹介。その根拠として、ケイ氏は松坂の投球を見たことはないがと前置きした上で、26歳という若さと、エースになれるタイプの投手だということを挙げた。

 さらに同紙によると、ケイ氏はプレーオフでの不振から不要論が噴出しているAロッドことアレックス・ロドリゲス三塁手について、本人のためにも放出するのがベストと提言。その理由として、デレク・ジーター遊撃手という希代の勝負強さを誇る打者と比べられる現在の状況は良くないと語り、チームがトレードを仕掛ける上でAロッドは非常に価値のある交換相手となると語ったという。

なりぽん師お気に入りの彼の意見だけど、どれくらい影響力があるのかな?

松坂、ショボともどちらも同意見だけど、どちらも実現するかは?

来年は一年(勿論10月末まで)ずっとあの「セイヤ!」が松井の打席で聴けることを

祈ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのアリガト

追い込まれてからも、冷静だった。途中出場の田口が、同点の9回に勝ち越しソロを放ち、勝利の立役者となった。プレーオフに入ってからは、まだ先発出場がない。それでもベテランは終盤まで集中力を切らさず、勝負強さを発揮した。
 大リーグ屈指の抑えワグナーとの対戦は、過去5打数無安打。しかし、ラルーサ監督は「ソウ(田口)は終盤にいい働きをする」と、起用を迷わなかった。田口も最初のファウル(2球目)で「(タイミングは)大丈夫だと思った」。球が見えていることを確信すると、粘った末、9球目を見事にとらえた。
 プレーオフでの2打席連続本塁打にも、37歳は「(打撃で)特に変えたことはない。プレーオフに入れば緊張感は高まる。自分のスイングをすることだけ考えた」。大舞台に浮足立つことなく、指揮官の期待に応えた。
 試合後は、主として活躍した選手が呼ばれる記者会見へ。現地の記者の質問に、英語で「何が起こったか分からない。誰も本塁打は期待していなかったと思う」。汗だくになりながら、必死に言葉を探していると、ラルーサ監督から「ドウモ、アリガト」と日本語でねぎらわれた。会見後、ヒーローは「試合よりよっぽど緊張した」と冷や汗をぬぐいながら、会心の笑みを浮かべた。

見たり見なかったりで結構得点場面を見られたんだけど、このホームランもたまたま

見てて、完璧な当たりだったので吃驚。

これで2打数2安打2本塁打って凄いね。

あまり見る機会がないけど、同年代選手として頑張って欲しい。

(メッツが勝ってマンハッタンパレードされるのだけは勘弁して欲しいので、

カージナルスとタイガースに頑張ってもらわないと)

St1

ソウⅢ公開なるか?

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2006/10/13

きょうの読了「東京タワー」

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~

年明けに手に取って、さくじつ漸く読了。

それにしてもここまで掛かるとは。。。

あまりにもいろんな人の”オススメ”で、そうなると天邪鬼な気性が災いして、

手に取るまでも結構かかって、漸く手に取ってからもなかなか読み出せず。

やっと読み出したと思ったら、なぜかなかなか話が見えず、なんでみんなあんなに

「泣ける」っていってるのかと不思議で、また中断してしまう。

ボストンにも持っていったんだけど、そこでも少ししか進まず、

こちらに戻ってから漸く真剣に読み出して、それからはあっという間に読了。

マー君とオカンが同居した辺りからだんだんと、「ああ、ここからが泣き所なんだ」と

思うと同時に、自分の境遇にだんだんと近づいてくる感じがして、

これがなかなか読み進めなかった原因だったのかと。

マー君もオカンもどちらも本当に苦しい時期を経て最後を迎えたけど、

わたしの場合結局最後まで本当に辛そうな場面をみることなく逝ってもらって、

それも「オカン」の配慮だったのかと、改めて感謝の思いを胸に、

その場面を読みました。

病室でナイターを見たこと。

大好きだったお寿司をお土産に持っていったこと。

マッサージを気持ちよさそうに受けていたこと。

たくさんの癌関連の本。

たくさんのCD。嫌いだったたれパンダ。

元気だった頃よくいった美術館。

弟が買った、車椅子が乗れるような大きなワゴン。

結局は生きて乗ることがなくて病院から家まで送る為だけになったワゴン。

最後の夜、兄弟3人で四本線の川の字で寝たこと。

その場面は電車の中だったので、号泣とまではいかなかったけど、

いろんなことが思い出されて、逆にそういう経験の無い人の方が泣けるのかな、と

ある意味冷静に読めたのかと。

「確実に訪れることがわかっている恐怖。ボクが一番恐れていること」

今もまだ実感が沸かないけど、その恐怖を和らげてくれたのもやっぱり

母親の愛情だったのかな。

わたしの歩き方がいつも変だ変だと言われたことがなぜかずっと気になっていて、

それ以来どうしたら綺麗な歩き方になるか、日々努力?して、

今では少しはサマになってるかなと思ってるんだけど、どう見えるかな?

お母さん。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの衣替え

思いの外ヤンキースのシーズンがはやく終ってしまったので、

思い切って衣替え。

やっぱり青を基調にしたものを選んでしまいます。

いつまで続くかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006/10/12

きょうの日ハム

巨人戦には大分行ってないけど、

日ハム戦は年に一度は東京ドームに見に行っている。

元々は安くて空いてて近場だから、という理由だったけど、

気が付くと日ハムを応援していた。

今年もたまたま最後の東京ドーム、最後の新庄の姿を見た。

そしてきょう、25年ぶりにパリーグを完全優勝で制覇した。

ホークスは本当に可哀想だけど、今回は完全優勝だから何も文句を言えない。

これで少しは野球の秋を楽しめそうだ。

Ts1

新庄、日本一になって「死んで」くれ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの衝撃

米国東部時間の午後2時45分ごろ、マンハッタンの高層ビルに小型飛行機が衝突し、少なくとも2人が死亡する事故が起こった。死亡者の1人はニューヨーク・ヤンキースの先発右腕コリー・ライドル投手(34)で、飛行機を操縦していたと見られる。

 ニューヨーク市消防局によると、機体は50階建てのビルの40階に激突後、地上に墜落。事故現場でライドルのパスポートが発見されたという。ライドルは飛行機の操縦士免許を取得しており、自身の操縦でカリフォルニア州の自宅に帰る計画を立てていた。

携帯の一行ニュースで、「NYでビルに小型機衝突」と出てて、昼休みに

MLBニュースサイトを見てこの事件を知って本当に吃驚した。

「驚いています。悲しいです。ライドルは投手としてだけなく、人間としても素晴らしい人だった」松井

「ものすごいショックです。私がそのニュースを聞いたとき、ロン・ギドリー投手コーチとリー・マジリ・ベンチコーチと一緒にいて、驚くばかりだった。コリーがヤンキースで過ごした時間は短かったが、良きチームメイトであり、偉大な投手だった。今は、彼の家族の気持ちを思うばかりだ」 トーリ

「コリーも奥さんも18年前から知っており、彼の息子の成長も見てきた。高校ではチームメートだったし、その後の野球人生でも縁は続いていた。今年ヤンキースで再会できたことを喜んでいたところなので、今はものすごいショックとしか言いようがない」ジアンビー

「コリーは飛行機の操縦に夢中で、そのことばかり話していた。(今回の計画を)聞いて『無理だ』と言ったが、彼は安全に気を使っていたし、インストラクターもついていたはずだ。とにかく今は信じられないの一言だ」
ガイエル

「本当に悲しいよ。悲劇だ。(事故は)まさにここ、ニューヨークで起き、球界の仲間が亡くなった。とても辛いことだし、言葉が出ないよ。全ての野球人にとって悲しいニュースだし、家族にとっては残酷なニュースだ」カルロスデルガド

「ヤンキースの組織全体ががく然となる、非常にショッキングな悲劇。遺族の方々に深くお悔やみ申し上げたい」スタインブレーナー

Cr1

ご冥福をお祈りします。

(失念していましたが、貴重な一勝をありがとう。)

| | コメント (2) | トラックバック (6)
|

こんかいの24(シーズン4)

24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス 24 -TWENTY FOUR- シーズン4 DVDコレクターズ・ボックス

販売元:20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
発売日:2005/11/25
Amazon.co.jpで詳細を確認する

シーズン1からフジテレビの集中放送を続けて見てきて、

何度かレンタルしようかとも思ったけど、見出したら途中で貸し出し中とか

ありえない状況になるので、確実に見られるこの方式でシーズン4まできた。

こんな24時間を4度も経験して、まだ5度目もあるかと思うと、どこまでツイテナイ

人間なんだろうと心底可哀想に思えるジャックだけど、彼がいなかったら本当に

アメリカは終ってるだろうけど、後継者はいないんだろうね。

4度目ともなると見る側も大体こういう状況ならこういう展開になるっていうのが

段々分かってきて、トニーの偽装死亡もジャックのもなんとなくそうだろうなっていうのが

分かっちゃって、まあそれもしょうがないかなとも思うけど、やっぱりシーズン1の

衝撃があまりにも強烈だったので、あれを求めるのは酷だね。

でも今回もトニーの出現、ミッシェルの登場、パーマーの復活とそれぞれ驚いたけど、

今回も最後の最後にでてきた謎の女はシーズン5でもやっぱり出てくるのかな。

それにしても今回の登場人物の中のワーストはあの副大統領(後の大統領)。

あそこまでダメダメで困った時だけ人に頼って最後はいいとこ取りって。。。

ところでパーマーはなんで大統領辞めたんだっけ?

なにしろそれぞれのシーズンのブランクが長いから、思い出すのに時間が掛かる。

毎回思うけど今回は結局何人死んだのかな?きっと数えてる人いるよね?

シーズン5を見るのはいつになることやら。それまでは絶対ノーインフォでないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/10/11

今後の大輔

西武・松坂大輔投手(26)が米大リーグに移籍することが確実になった。球団側はポスティング・システムでの移籍を容認する方向とみられ、早ければ来週にも両者の話し合いが行われる見通し。球団の太田秀和社長は「ファン、本人、球団にとって一番いい方法を考えたい」と、柔軟な姿勢をみせた。

あの年の夏は会社の同期と八丈島にいた。

昼飯を食べに入った食堂で、「昨日凄い試合があった」と聞かされ、

そばにあったスポーツ新聞をみて、PL学園との延長17回の死闘を知り、

決勝戦は帰りの飛行機に乗る直前に空港でみんなで固唾を飲んで

早く決まれと思いながら見ていた。

それから8年。いよいよ大輔がメジャーの舞台に立つ。

できればピンストライプがいいけど、真の日本のエースがまたひとり彼の地へ!

Dm1

またこの笑顔が見られる?

| | コメント (0) | トラックバック (3)
|

2006/10/10

こんかいの僕の道

死期の迫った教師、エリートサラリーマン、そして自閉症の男。

3部作の最後となる「僕の歩く道」

それにしても同じようなキャスティング、同じようなBGM。

それが不思議と安心する。

でも基本的にはBGMがない。これが落ち着きもするし、不安にもさせる。

でもやはりどの作品も初回はとても不安な気持ちにさせる。

でもこの不安があるから最終回までの上昇がより上のレベルに引き上げる。

また火曜日が楽しみになる。(でも火曜はぷっすまもあるんだよね。。。)

(小学生の時にこんな子がいたなあ。。。どうしてるだろう、こばちゃん)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

今後のヤンキース(スタータ)

コネチカット州の地方紙ハートフォード・クーラント(電子版)は9日、ニューヨーク・ヤンキースの来シーズン先発陣に関する記事を掲載。現在のローテーションで安泰なのは王建民投手のみで、今オフに去就が注目される西武ライオンズの松坂大輔ほか先発1投手の獲得に動くとの見解を示した。

 同紙は現在のローテーション投手のうち、まずベテラン左腕のランディ・ジョンソンは痛めている腰を手術することになれば来季の構想外になると懸念視。球団側に来季契約の選択権があるマイク・ムシーナとジャレット・ライトについては、これを行使しないとの見通しを示している。また今シーズン途中加入し、オフにフリーエージェントとなるコリー・ライドルは退団が有力で、ここ2年故障に泣いているカール・パバーノも復活は難しいと予想した。

 また同紙は、ヤンキースが成長株のメルキー・カブレラ外野手を交換要員として先発投手を獲得することもあり得ると伝えた。このほか、若手有望株フィリップ・ヒューズ投手がシーズン半ばにもローテーション入りするのではとも予想している。

「松坂大輔ほか先発1投手の獲得」じゃあ全然足りないジャン。

王しか残らないとしたらあと少なくとも3人は必要で、怪我人が出ることも考えれば

4人は必要だよね。

乱爺はしょうがないとして、ムースは勿体無い気もするけど。

それにしても本当にこのメンバーでよく地区優勝できたもんだね。

始めからプレーオフまで持たないのは分かってたことだけど、なぜか大丈夫だと

毎年勘違いしちゃうんだよね。

でもミルキーが出ちゃうのはツライね。まあ代打ってタイプじゃないし、

活躍できる場所に行った方が本人の為でもあるし。

なりぽん師の記事でトーリは残留がきまったみたいで、こちらは一安心だけど、

打撃陣は誰が残るのか。

まだ早いとも思うけど、それくらいしか興味がもてないのはちょっとツライね。。。

Jt8

とりあえず交代はなしよ!

| | コメント (0)
|

2006/10/09

きょうのTブーS

先日の亀田戦で「このあと」表現は止めるっていってたはずなのに、

きょうもまた「このあと」を連発し、結局1時間以上経ってからようやくその試合が。

でも3分もかからずにあっという間に終了。

引っ張る意味も分からないし、試合自体も騒いだ価値もないどうでもいい試合結果。

ホントに学習能力がない放送局だね。年末はどうするつもりなのか。

こういう放送の仕方をしてると格闘技自体への興味もなくなる。

あとあの名前表示いつまで続けるのか。鬱陶しくてしょうがない。

(秋山はおめでとう)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今後のヤンキース

デーリー・ニューズはヤンキースの補強は投手陣に集中すると分析。サイ・ヤング賞左腕のバリー・ジト投手(アスレチックス)と並んで松坂を獲得候補に挙げ、ヤンキースがすでに松坂の元チームメートをスカウト陣に加えるなど、獲得の準備を進めていると報じた。

 またニューヨーク・タイムズも、ジトやジェーソン・シュミット(ジャイアンツ)、元ヤンキースのアンディ・ペティット(アストロズ)らとともに松坂の名前を列挙。西武が松坂のメジャー移籍を認めれば、ヤンキースはジトら以上に興味を示すかもしれないと伝えた。

もう節操ないって言われてもいいから、最高の投手陣を作ってください。

ショボ1人放出すれば3人くらい簡単に取れるでしょ。

さすがにもうヤンキースではプレイできないだろうし。

もうどうでもいい時に活躍するだけの選手はいらない。

巨人でも証明されたし、ヤンキースでも確定したし、やっぱり打線はバランスが大事。

4番バッターを並べても勝てない。

出塁する人、送る人、返す人、それが最高の配置で並んで機能して初めて点が入る。

やっぱり懐炉みたいな存在も必要になってくるんだろうね。

でもあの(機能すれば)最強打線を一度見ちゃってるからね。。。

投手陣も、安定して3勝1敗くらいのバランスで一年間トータルに投げれるスタータが

最低でも3人、できれば4人いて、セットアッパの核が2人、ワンポイントが1人、そして

クローザもリベラ2世を作る体制を取らないと。

スピードもいいけどやっぱりコントロールと「度胸」のある投手を。

そしてやっぱり「故障しない」っていう条件は必須!

実績より今の状態。

バーニーやシェフも捨てがたいけどこういう状況では難しいね。

でも監督については、オーナーも軍団についてもコントロールできるのは

トーリしかいないと思っているし、やっぱりヤンキースというチームは他のチームとは

「質」が違うので。オーナーも分かってると思うし。

ちょっとはこれまでの総括でもしようかと思ってたけど、ヤンキースに過去は関係ない。

常に前を見て常にワールドチャンピオンになることが宿命である。

その為の準備は既に始まっている。

ロン・ギドリー投手コーチとトニー・ペーニャ一塁ベースコーチはトーリ監督の手腕をたたえる。「今季のジョーに勝る仕事をできる監督など誰もいない。さまざまな問題や選手の故障を見事な手綱さばきで乗り切った」とペーニャ・コーチが言えば「誤った判断をしないためにも、監督の功績を見直すべきだ。今年の監督の仕事はこれまでの中でも最高だと思う」とギドリー・コーチも大々的に続投希望をアピールした。

 またセットアッパーとしてトーリ監督を支え続けたスコット・プロクター投手は「チームの敗退は監督の責任ではない。選手が力不足だっただけ。監督からはこのチームでやっていくために多くを学ばせてもらったし、何とか戻ってきてほしい」と痛切な表情。9月に守護神マリアノ・リベラ投手の不在を埋めたカイル・ファーンズワース投手も「監督に不満は一切ない。勝つことだけを考えていたし、シーズンとしてはうまくいった」とコメントしている。

 なおトーリ監督の去就がいつ定まるかはまだ明らかでないが、週明けにもヤンキー・スタジアムで会見が行われるものと見られている。

Jt7

来年こそお願いします。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006/10/08

きょうのロードショー「香港国際警察」

香港国際警察 NEW POLICE STORY

きょうはリタイア続きだったのでスカッとした映画でもと思って久々にジャッキーの映画を

見たんだけど、これまた悲惨な内容で、見ていて悲しい気持ちに。。。

ちょっと「踊る~」に影響されてる感じだったけど、ここまで罪悪感無しに人が殺せる

人間がいるっていうことに悲しみを誘われ、ジャッキーのダメダメ人間振りにも

演技以上の悲壮感が漂って、最後に婚約者がってところはさすがにそこまで

やるかって感じでしたが、生きてて良かった。。。

相棒の若造がどうしても劇団ひとりに見えてしまったんですが、

本当に空しい気分の映画でした。

相変わらずのジャッキーの殺陣(たて)に、カーアクションに飛び降り?にと、

楽しめる部分もありましたが、気分的にはちょっと人を殺しすぎって感じで、

きょうの気分にはちょっと重かったです。

それにしてもジャッキーって今何歳?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

最後の鈴鹿

Msfa

ミカエルまさかのエンジントラブル、アロンソ10-0での優勝、

ホンダのバトンは4位で表彰台ならず、トヨタ6,7位ダブル入賞、

スーパーアグリダブル完走。

初のハイビジョン放送での中継ということで、やはり綺麗な全画面での映像は

美しいけれど、シューマッハの最後がここで決まってしまうとは。。。

実際にはあまりの強さにそこまでファンではなかったけど、同年代ということで

最後はチャンピオンで引退してほしかったので、ヤンキースと合わせて残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのヤンキース(終戦。。。)

二人の祖父は生まれた時に既に他界。

二人の祖母は亡くなってから御通夜を本当に傍で見送る。

母も一歩病院に間に合わず。

そしてきょう、試合時間を9時だと勘違いし、起きた時には既に試合終了。

「夜爪を切ると死に目に会えない」

まるでショックを和らげる為に神様が計らってくれたかのような配慮なのか。

Hm39

これでことしが終わりなんて、まだ信じられない。。。

10月のスケジュール みんな灰色に変わってる。早い、早すぎる。。。

<追記>

この記事で最高のトラバとコメント数って、ちょっと複雑です。

| | コメント (4) | トラックバック (8)
|

2006/10/07

きょうのヤンキース(逆王手)

Dj34

何故4番がショボなの?!

1番CF:デーモン
2番SS:キャプテン
3番RF:アブちゃん
4番3B:ショボ
5番1B:兄貴
6番CH:ポサーダ
7番LF:松井
8番DH:バーニー
9番2B:ロビン

シェフがお休みで兄貴が1BでバーニーがDH、そしてショボを4番ポサーダを6番に、

って何故?

案の定2アウト2塁で簡単にショートゴロでまたもや初回のチャンスを逃す。

これできょうも打てなくて負けたら本当に戦犯はトーリってことになる。

ランディはいきなりヒットを打たれたけどなんとか後続を抑えて失点無しで初回を終える。

2回ポサーダは相変わらずの好調をキープしてレフト前ヒットでランナーを置いて松井。

2-3まできて最後の球が最高の球で見逃し三振に取られバーニーもサードライナー。

0-2からのストレートを打って欲しかったけどちょっと欲張ったかな。。。

そしてシリーズ好調の先頭ギーエンにヒットを打たれ絶不調のパッジにも

ライト前に運ばれノーアウト1,3塁。アブちゃんちょっとハンブルしたけど

やっぱりあそこは突っ込めないよね。

続くケイシーのセカンドへの当たりがロビンもう一歩届かずタイムリーに。

パッジもサードまで走ってショボがタッチできず?またもや1,3塁で1点先制される。

印字はなんとか三振に切って、グランダーソンのセンター前抜けそうな当たりを

ロビンがスーパーキャッチしてダブルプレーを狙うも足が速くてパッジが返って2点。

けん制をものともしない盗塁の後にセンター前ヒットがでて、とうとう3点目。

グランダーソンの9番起用が効いてるね。彼の足で2点損してる。

3回こちらの9番にもようやくヒットがでて上位打線へ。

デーモン打ち上げちゃってランナー進めず、キャプテンの第二打席。

9球粘るもセカンドゴロでダブルプレー。嫌な雰囲気に。。。

しかしその裏はランディが三者凡退に抑えて次の回がカギになる。

アブちゃんよく見て四球を選んで、ショボの打席。

なんとかランナーを進めて欲しいところで結局センターフライで又又ランナー進めず。

兄貴は三球三振で完全に調子がでてきたケニー。ヤバスギル。。。

ポサーダももう一歩のセンターフライでまた松井は先頭打者。

やっぱりショボ4番はハズレだった、って言ってる状況じゃない。。。

ランディの方はなんとか調子が出てきたのか4回も三者凡退に抑えて、

松井からの打撃。

左中間を破ってのダブルでいつもの口火を切る。

外角高めを引っ張らずに強く左に撃つ、という目指していた打撃だった。

これを活かさなければというところで、バーニーはもう少しでホームランという

ファールの後落ちる球で三振、ロビンも同じ球で三振と、全く続かない。。。

デーモンもショートゴロに倒れて結局ランナーも進めず0点。

みんな落ちる球でやられてるのをわかっているのに振ってしまってる。

5回裏1アウトからレフト線上の当たりをファールと誤審?も結局四球で同じ結果に。

線審の目の前で白い粉が舞ってるのに何を見てるのか?

あんなんじゃ線審なんていらないじゃん。

二度目のけん制は怪しいながらもセカンドタッチアウトで3イニング0で抑えるランディ。

先頭キャプテンのピッチャーの顔へ向かったライナーをケニーが両手で止めて、

ますます闘志が漲っちゃってる。

でもやっぱり手に当たった影響か、乱れたボールも出てきて、でも落ちる球の切れは

なくならずにアブちゃんも三振。

せっかく追い込んだところでショボにHBPとはもったいないケニー。

これがどういう結果に向かうのか。

兄貴はファーストゴロに倒れて結局0点。続かない。。。

6回のランディはいきなり四球を出すもサードゴロダブルプレーでこの回も、と思ったら

キャプテンもう一歩及ばずショート内野安打でイバンに三塁線を破るダブルがでて

とうとう4点目。ランナーのリードとスタートが良すぎる。

ケーシーにも右中間タイムリーでとうとうランディ降板。。。

なんとか持ってたと思っていたところツーアウトからの3連打。

痛すぎる。。。

代わったブルーニーが三振に切って、ようやく6回が終了。

先頭のポサーダがセンターオーバーのダブルで、チャンスに松井の打席。

セカンドゴロに打ち取られるも初めてランナーが進塁する。

これがきっかけになるか。

バーニー一球は見送るももう一球は見逃せずにまたもや三振。

ロビンもファーストゴロで、ってもう書けない。。。

Kr1

敵ながら天晴れ!

<追記>

なんかみんな終戦モードだけど、わたしは全く悲観してません。

最終打席のキャプテンのいつもどおりの笑顔を見て、まだまだ諦めてないことを

確信してます。

明日は絶対に勝つ。そしてニューヨークに帰っても勝つ。

勿論その後も!

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2006/10/06

きょうのヤンキース(打てない。。。)

Hm38

きょうは3-4と大当たりも、全てランナーなしの場面。

やっぱり松井が活躍してもチームが勝たなければ意味は無い、ってことなのかな。。。

まあ松井自体はあまり心配してなかったけど、ロビンとショボはヤバイね。。。

もう松井6番、ショボ7番とかにしないと。

短期決戦はやっぱり点が取れるときに取らないと勝てないのを実感した試合。

結局デーモンのスリーランの3点しか取れないんじゃ勝てないよね。

それにしてもズマヤって何者?普通に160km投げて164kmであの外角低めに

投げられたらサスガノ?ショボも打てないか。。。

まああのクリーンナップをあそこまで容赦なく打ち取れたら誰でも打ち取れるよね。

もしNHKで生中継してたら寝ないでみようと思ってたから、録画でよかったのかな?

そして、

地元紙『デイリー・ニュース』は5日、1995年からヤンキースのプレーオフ全試合出場を続けていたウィリアムズの記録が第1戦で途絶えたことを報じた。さらに、ジョー・トーリ監督の「ポストシーズンでのバーニーの役割はDHもしくは代打となるだろう」というコメントを伝えた。

 ウィリアムズは、プレーオフ最多の120試合出場、22本塁打、80打点、83得点の記録をマーク。まさにポストシーズンのヤンキースの顔とも言うべき存在だった。

そうだったんだね。こちらも連続試合出場が掛かってたんだ。

でもいつか彼の力が必要になる場面が絶対あると思うので。

あしたの乱爺は爛示威になれるのか!

| | コメント (2) | トラックバック (3)
|

2006/10/05

きょうの読了「メデゥサ、鏡をごらん」

メドゥサ、鏡をごらん

彼の作品は岡嶋二人名義の「クラインの壺」以来二作目となるが、

この結末は。。。な感じで、「えっ、これで終わり?」って感じで、あまりにも消化不良。

ネタばれ覚悟で書きますが、結局これは呪いなの?誰の誰に対する?って感じで

全く意味が分かりません。ジャンル分けできない作品とのことですが、

やっぱり結末を読者に求めちゃダメな気がするのはわたしだけでしょうか。

作品の中で「主人公」が言ってる不可思議なことは何一つ解決してないし、

これを読者に委ねたとしたら反則というか職場放棄。

確かにあの文字フォントの違いのトリックはちょっと吃驚したけど、

肝心の謎が全て有耶無耶で、これでは評価のしようが無い。

答えを求めない寛容な方にはオススメしますが、

池波志乃さんの意見には賛同できません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうのヤンキース(中止)

Ys12 

お客さんの気持ちが浮き出たような写真。

この試合を楽しみにしていてこんな結果だったらホント泣きたくなるだろうね。。。

きょうは松井が先発かどうかだけチェックしたくて携帯チェックしたら雨で遅れてる

とのことで、録画時間は5時間か6時間か、いつから始まるといつまで録画できるか

ずっと計算してたら結局中止。

それにしてもムースはよくよく天気運?がない?

「始まったと思ったらまた中断、なんてのはごめんだけど、これならたいした問題じゃないよ。パソコンを見てたから、天気の状況もわかってたしね」とコメント。「先発が3回投げたところで雨、なんて事態は双方とも避けたかっただろうからね」と、余裕を見せた。

ってことであしたもそのまま登板みたいね。もう慣れっこになってるのかな?

ところでそのあしたの試合の中継は?

bs1は元々アメフトの枠でbshiは放送休止で総合は再放送枠なんだけど

やってくれないのかな。。。

(あしたの9時から録画だそうです。。。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006/10/04

きょうの松井(。。。)

Hm37

いつもの写真サイトできょうの試合の写真は10ページにも登ったけど、

松井の写真はこれ1枚。

この表情が全てを表してるのかな?

きょうは先日のトラブルの残骸が発見されて、またまた緊急対応を迫られて、

今の時間にようやく見られる状態。。。

携帯チェックも控えていたけど結局見てしまって、勝ちと凡退を知る。

今から録画を見出すけど、なかなか複雑な気分。。。

以前の変形一喜一憂度でいくと悪い評価ではないけど、決していい結果ではない。

簡単に次頑張れば、っていうわけには行かないので、ますます複雑な気分。

とりあえずあしたの先発出場を祈るしかない。

「すごかった。彼にとっては驚くことではないのかもしれないけど」。無安打に終わった松井秀はキャプテンの活躍を振り返る。そして「今日は(自分は)いないも同じだった」

 3年続けてポストシーズンで本塁打を記録している背番号55が、勝負強さを発揮するのは何戦目か。ジーターの5安打は、2004年の松井秀以来となるポストシーズン最多タイ記録だった。

(試合結果はあえて書きません。。。)

<追記>

打撃を見たけど、結果は結果として、内容的にはそんなに悲観する状態では

無い気がしました。

トーリもちゃんと見ていてくれると思います。

ロビンも4タコだし、ショボも4-1だし、キャプテンが別格なだけだったと。

最後の1塁から3塁への進塁の姿をみれば、

「いないも同じ」ってことはないんじゃない?

やっぱり結果だけじゃなくて”試合”を見なくちゃダメだね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)
|

2006/10/03

あしたのヤンキース(いよいよ本番!)

「何か一つだけというのは嫌。全部良くないと。弱点のある選手は絶対にいいところで打てない。いい数字を残しても、チームにとってためにならない。そういう選手には、なりたくない」。変わらぬ姿勢の裏に、強い思いがある。生き残りをかけた身を削るような戦いの中でこそ、その思いが形となる。

ちょっと誰かを思い出させる言葉だけど?まあ本心だろうし。

松井秀はタイガース(中地区2位、ワイルドカード)と対戦する3日(日本時間4日)の第1戦の先発メンバーで  7番左翼に名を連ねた。

とりあえず一安心だけど、勝ちに貢献して始めて戻ってきた意味を持つ。

そして、

「何番だろうと気にしない。ジョー(・トーリ監督)に直接聞かされたし、僕にとっては大した問題じゃないよ」と話したロドリゲスだが、2004年にヤンキース入りして以来、6番を打つのはこれが初めて。今シーズンは2番、3番、5番でも起用されたが、半数以上の88試合に4番で先発していた。この件に関しトーリ監督は、真意をぼかしつつも「アレックスがまじめなのはみんな知っているが、なんでも自分でやろうとしすぎるところがあるから、もう少し肩の力を抜いたほうがいいように思う」などと、ロドリゲスへの配慮をのぞかせている。

これにはちょっと驚いた。まあ妥当といえば妥当だけど、トーリも本当に勝ちに行ってる

ってことだね。

そしてフルメンバーは

1番 中堅 ジョニー・デーモン
2番 遊撃 デレク・ジーター
3番 右翼 ボビー・アブレイユ
4番 一塁 ゲリー・シェフィールド
5番 DH ジェーソン・ジアンビ
6番 三塁 アレックス・ロドリゲス
7番 左翼 松井秀喜
8番 捕手 ホルヘ・ポサダ
9番 二塁 ロビンソン・カノ
    投手 王建民

これがどういう結果になるのか、でもAロッドが前の方が、打点が入るチャンスは

多いと思うし。

Ys11

みんなの目線は上しかない?

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/10/02

今年の最終戦(レギュラーシーズン)

Bw12

きょうはなんとバーニーが「一日監督」だったようで、最後は「代打俺」で

ツーベースを決めて、ってことはやっぱりことしで終わりってことなのかな?

試合はファンズが2ランを打たれて負けちゃったみたいだけど、

おもしろい演出を考えるもんだね。

Bw14

これが本当に最後ってことなのかな。まあまだプレーオフも残ってるけど、

やっぱり淋しいね。。。

そして

Rj20

ジョンソンは「背中に張りがあり、腰を自由に曲げられないときもあった」と完全な状態ではないことを認めながらも、「(首脳陣は)みんな満足していたし、問題ないと思う」。練習を見たロン・ギドリー投手コーチも「フォームは完ぺき。腕がよく振れていた」と、実戦から1週間遠ざかっているとは思えないベテラン左腕の投球に満足していた。

だって。まあ実際にみた監督がOKを出したんだから何にも言わないけど、

ライト、ライドルは怪我はしてないけどどうなの?やっぱりカーステンズとブルーニーは

なしなの?

そして、

松井については「カブレラとどちらをレフトで先発させるか、まだ決めていない」というトーリ監督のコメントを引用し、DHで起用される可能性もあると報じた。

ホントに?まあここ何試合か打ててないけど、デーモンはどうなの?ミルキーセンターは

ないの?

まあああだこうだ言ってもあさってになれば全てはっきりするけど。

そしていよいよ最初の相手が決まった。

5月中旬にア・リーグ中地区の首位に立ち、一度もその座を譲らなかったデトロイト・タイガース。しかし皮肉にも初めての首位陥落をレギュラーシーズン最終戦で味わうことになった。

普通ワイルドカードのチームって勢いがあってある意味優勝チームより強い、

っていうイメージだったけど今回は珍しいケースかもね。

これが吉と出るか凶と出るか。まあヤンキースが本来の実力を出せば問題ないけど。

(キャプテン残念でしたが、MVPなのは間違いないから)

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2006/10/01

今後のメンバー

ニューヨーク・ヤンキースのジョー・トーリ監督が、地区シリーズでベンチ入りさせる25選手を決めた。その中には9月に左手首の骨折から4カ月ぶりに復帰した松井秀喜外野手や、ファーストでの起用が予想されるゲリー・シェフィールド選手らも名を連ねている。

 ベンチ入りするのは、野手が捕手2人(ホルヘ・ポサダ、サル・ファサノ)、内野手7人(シェフィールド、ジェーソン・ジアンビ、ロビンソン・カノ、アレックス・ロドリゲス、デレク・ジーター、アンディ・フィリップス、ミゲル・カイロ)、外野手5人(松井、ジョニー・デーモン、ボビー・アブレイユ、メルキー・カブレラ、バーニー・ウィリアムズ)の計14人。

 投手は、王建民、マイク・ムシーナ、ランディ・ジョンソン、ジャレット・ライト、コリー・ライドル、ロン・ビローン、ブライアン・ブルネイ、マイク・マイヤーズ、スコット・プロクター、カイル・ファーンズワース、マリアノ・リベラの11人。ただし腰を痛めているジョンソンが地区シリーズ第3戦に先発できないようならば、ジョンソンの代わりにジェフ・カーステンス、ダレル・ラズナー、ショーン・ヘンの若手3投手のいずれかがベンチ入りする可能性も残されている。

カーステンズ、ブルーニーはメンバーに入ってないの?ブルネイって誰?

打撃陣はスタメンはいっぱいいるけど、ここぞの代打っていう選手がいないんだよね。

やっぱりバランスが肝心なんだろうね。この中で誰が「ラッキーボーイ」になるのか?

まあみんな既にそうだっていえばそうだけど、かつてのシエラやブーンみたいな

ここぞの一打が出るか出ないかで決まることが多いから。

まあそれはまさに松井の仕事だけどね!

Hm36

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

きょうのヤンキース(別バージョン)

Dj33

1 CF:ミルキー
2 2B:ロビン
3 SS:キャプテン
4  3B:Aロッド
5 1B:シェフ
6 RF:アブちゃん
7 LF:松井
8 DH:バーニー
9 CH:ファサーノ

これをしたくてきのう松井を引っ込めてミルキーを使ったのかな?

まあこの1,2,3番はお試し版って感じで、デーモンの調子と首位打者争いの

二人にチャンスをっていう配慮だろうけど。

でもミルキーを生かすにはこれしかないのかな。っていうかデーモンも松井も

ちょっと不調になれば簡単に代えていくってことになるのかな?

それにしてもなかなかきょうは編集部泣かせな試合展開?

Jk2

ミルキーのセンター背走のナイスキャッチに始まり、カー捨てんズの4回パーフェクトに

Ar32

Gs8

Aロッドとシェフの連続ホームランも飛び出して、

Hm35

松井もまたまた1安打ってところでガイエルに交代で、きょうはミルキーがスタメンだから

4打席いくかと思いきやの交代で、またまたテンション低めになるかと思いきや、

キャプテンの必死の走塁で稼いだ3-3での.345と、

ロビンを抜いての首位打者争いもいよいよあしたで決まるとこまできて、

すんなり勝つかと思いきや、マイヤーズ、ビーム、ベラスと打ち込まれての逆転で、

せっかくのカースの好投をぶっ潰して、でも最後はリベラもきっちり投げて、

終ってみれば5-6での敗戦と、

調整試合のはずがこんなに盛りだくさんな内容になって、

全然まとまってないねこの記事。

乱爺の調整の様子が出てたけど、かなり難しい状況だったね。

でもどうしても出たいって言ってるみたいだし、なんとかプレーオフ内で調整して、

ワールドシリーズで復活、なんてことにはならないかな?

それにしてもキャプテンの執念にはロビンもやっぱり負けちゃうね。でもあした2-2で

ようやく舞うアーに追いつくって事みたいだから、状況的には難しいけど、それでも

それを跳ね返すのがキャプテンだから、4-4とかで逆転首位打者獲って欲しいね!

でもやっぱりもうちょっと松井の打席が見たかったのは事実。。。

あしたの最終戦はbshiのみの中継で録画もできないけど、キャプテンのチェックだけは

見逃さないようにしてます。

Mb1

役得?アメリカもこういうのあるんだね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »