« こんかいの日米野球 | トップページ | きょうの決断 »

2006/10/29

きょうのロードショー「亡国のイージス」

亡国のイージス プレミアム・エディション

見てる途中でいろんなレビュー記事を見てしまって、賛否両論だったので

実際どうなのかと思ってみてたけど、面白かったというか考えさせられたかな。

最近どうしてもレビューを見てから見る、みたいな癖がついてしまったけど、

実際自分の目で見て感じて、自分としての感じ方で作品に向かい合わないと

意味が無いなと思い出してきました。

原作を先に見た人には物足りないみたいでしたが、十分伝わるものはありました。

結局生き続けないといけない、ていうこと。生きていれば何か次の行動が起こせる。

生きなければそこで終わり。

毎回こういう映画を見るけど、結局モールス信号とか手旗信号が最終的には

有効で現実的な伝達手段なのかな?今でもそういう研修はあるのかな?

「戦争のはざまに平和がある」

いまは単なる「はざま」なのかな?

|
|

« こんかいの日米野球 | トップページ | きょうの決断 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/4001142

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのロードショー「亡国のイージス」:

« こんかいの日米野球 | トップページ | きょうの決断 »