« きょうの集会 | トップページ | きょうのガッカリ »

2006/10/19

きょうのリンク

Sa1

耐震強度偽装事件にからみ、国から確認検査機関の指定を取り消されたイーホームズの見せ金増資事件で、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の罪に問われた社長の藤田東吾被告(45)の判決が18日、東京地裁であった。青柳勤裁判長は「業績をあげるためには脱法行為もいとわず、安易で身勝手な考えが読み取れる」と述べ、懲役1年6カ月執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。一連の耐震偽装事件の裁判で判決は初めて。

 青柳裁判長は、耐震偽装と見せ金増資の因果関係について、「証拠上明らかでなく、量刑にあたり考慮すべきではない」と述べ、否定的な認識を示した。

 検察側は立証にあたって、イーホームズが構造計算書の偽造を見逃していた背景に同社の不十分な検査態勢や利益を優先する被告の経営姿勢があったとの構図を描き、見せ金増資事件を耐震偽装見逃しの「主要な原因」と位置づけていた。

 これに対し判決は「検査機関の指定を受けるため資本を偽った犯行と、構造計算書の偽造を見逃した問題との間には、業務拡大に伴う組織や人の拡充程度、国交省認定の構造計算プログラムの変更など、様々な要素が介在している」と述べた。

 藤田被告は公判で起訴事実については全面的に認めたが、「偽装の見逃しとは全く関係ない」と主張。弁護側も「検察官は見逃しの結果だけを指摘している。自治体などほかの審査でもすべてが偽装を見逃し、不可抗力だった」としていた。

(朝日新聞)

耐震強度偽装事件に絡み、会社の資本金を不正に多く見せかけたとして、電磁的公正証書原本不実記録などの罪に問われた民間指定確認検査機関「イーホームズ」(指定取り消し)の社長・藤田東吾被告(45)の判決公判が18日、東京地裁で開かれた。

 青柳勤裁判長は「事業を早く立ち上げ、業績を上げるために、法令を逸脱することもいとわないという安易かつ身勝手な犯行で、酌量の余地はない」として懲役1年6月、執行猶予3年(求刑・懲役2年)を言い渡した。

 一連の耐震強度偽装事件では元1級建築士・姉歯秀次被告(49)ら6人が起訴されたが、判決が言い渡されたのは初めて。

 判決によると、藤田被告は2001年に、国土交通省から確認検査機関の指定を受けたいと考え、知り合いの司法書士などから借りた2700万円を見せ金として増資して、同社の資本金を約5000万円超に見せかけた。

(読売新聞)

「罰は受けるが、本当に悪いのは国だ」。耐震データ偽造事件を巡る初の判決で、18日に東京地裁で有罪を宣告された民間の指定確認検査機関「イーホームズ」社長、藤田東吾被告(45)は判決後の会見でまくしたてた。一方、耐震偽装マンションの購入者からは改めて、やり場のない怒りの声が上がった。【高倉友彰、篠田航一】
 午前10時、東京地裁506号法廷。グレーのスーツ姿で出廷した藤田被告は時折、天井を仰いだほかは表情を変えず、裁判長の判決文朗読にじっと聞き入った。有罪と認定された見せ金増資と耐震偽装との因果関係を判決が否定すると、判決後、弁護人と硬く握手し、笑みを漏らした。
 元1級建築士の姉歯秀次被告(49)=建築基準法違反などで公判中=による多数のデータ改ざんを見逃しながら、昨年10月に国土交通省へ事件を通報したと「功績」を強調。公判でも確認制度の不備を訴え、自らは責任がないとする主張を続けてきた。
 会見では「検察官が主張した耐震偽装との因果関係を判決は否定した。それで十分。非常にうれしい」と控訴しない考えを表明。さらに「国が(データを偽装しやすい)認定プログラムを作ったのが問題だ。国もマスコミも間違いに気付くだろう」と声を荒げ、一連の経緯を記した「暴露本」を出版することも明らかにした。
 一方、イーホームズの建築確認を受けたマンション「グランドステージ東向島」(東京都墨田区)の元住民男性(33)は「怒りのぶつけようがない。偽装を見逃した検査機関の責任をきちんと裁けなかったのは法の落ち度ではないのか。残念だ」と沈痛な面持ちで話した。

(毎日新聞)

耐震強度偽装事件に絡み、偽装を見逃した指定確認検査機関イーホームズ(東京)の架空増資をして検査機関の指定を受けたとして、電磁的公正証書原本不実記録・同供用罪に問われた同社社長、藤田東吾被告(45)の判決公判が18日、東京地裁であり、青柳勤裁判長は懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。一連の事件で起訴された6被告のうち判決は初めて。

 青柳裁判長は「人命の安全に直結する建築確認制度の重要性にかんがみ、指定要件を厳格に定めた法の趣旨を損なった犯行で、軽視できない」と指摘。「事業の早期立ち上げには法令違反をいとわないという動機は安易で身勝手」と述べた。

 一方、検察側が「元一級建築士、姉歯秀次被告(49)=公判中=が構造計算した37物件の偽装を見逃した背景には、架空増資が一因の検査態勢不備がある」と主張した点については「犯行と偽装見逃しの因果関係は明らかでない」と指摘。「量刑で考慮すべき事情とはいえない」とした。

(日本経済新聞)

耐震強度偽装事件で、架空の増資をしたとして電磁的公正証書原本不実記録、同供用の罪に問われた民間検査機関イーホームズ社長藤田東吾被告(45)の判決公判で、東京地裁の青柳勤裁判長は18日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年)を言い渡した。耐震偽装をめぐる一連の裁判では初の判決。同被告は控訴しない方針。
 青柳裁判長は「事業を早期に立ち上げ、業績を上げるために法令の逸脱もいとわない甚だ安易で身勝手な犯行」と非難。「人命に直結する重要な制度にかんがみて、検査機関の要件を厳格に定めた法の趣旨を損なった」と述べた。 

(時事通信)

耐震強度偽装を見逃した確認検査機関「イーホームズ」の架空増資事件で、電磁的公正証書原本不実記録・同供用の罪に問われた同社社長の藤田東吾被告(45)に、東京地裁は18日、懲役1年6月、執行猶予3年(求刑懲役2年)の判決を言い渡した。

 判決後、藤田被告は会見。判決が架空増資と耐震偽装に因果関係がないとしたことには、「それで十分」と納得。判決を受け入れるとしたうえで、国やマスコミに対して約15分間、“ブチギレ”した。

 「何で、イーホームズが悪いのか。これは大臣認定プログラム、建設業法、宅建業法の問題だ」。同被告は自身の逮捕の理由として、ホテルやマンションを展開するA社の名前を挙げ「同社の偽装を隠ぺいする目的で、藤田東吾を黙らせるためだった」と“暴露”した。

 今年2月、藤田被告はA社の手がける、これらの物件の構造計算書改ざんを発見、国交省に通告したという。だが、A社の代表が安倍首相の有力な後援者ということもあり、事実は隠ぺいされ、自身が逮捕されたという主張だ。なお、A社では、この日の“藤田発言”について、「事実無根」としている。

 さらに同被告は具体的なマスコミ名、これまでの報道内容を挙げ、名指しで「~を絶対許さない」などと大噴火。「ニセモノなんていらない時代なんでしょ? hitomiの歌じゃないけれども!」と真顔で爆発した。

 あまりの独自理論とキレっぷりに、会見場もあっけにとられた雰囲気に。「少し、激高してしまいました」と言いながらも不満の収まらない藤田被告は、すでに「耐震偽装」の本を執筆済みで今後、出版する予定だという。

(スポーツ報知)

ココにきてようやくA社の表記が。そして、

「国がどうやって真実をねじ曲げてしまうか、みんな知らない」。耐震強度偽装事件の“登場人物”の一人とされ、東京地裁で十八日、有罪判決を受けた民間確認検査機関「イーホームズ」(廃業)元社長藤田東吾被告(45)が判決後、記者会見で「爆弾告発」をした。「アパグループの物件でも偽装が行われた」。藤田被告は激高した口調で、国や捜査当局を「耐震偽装を隠ぺいするために私を逮捕した」と批判、マスコミに真実を追及するよう訴えた。

■首都圏マンションなど

 藤田被告は判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見し、「イーホームズが確認検査をしたホテル・マンション大手『アパ』グループの三つの物件でも耐震強度の偽装があった」と述べた。

 アパは今年六月、「イーホームズより構造計算書に一部不整合があるとの報告を受け、検証中」と明らかにしていた。

 藤田被告によると、イーホームズが偽装を確認したのは(1)埼玉県鶴ケ島市のマンション「アップルガーデン若葉駅前」(2)千葉県成田市のマンション「アパガーデンパレス成田」(3)川崎市内の物件-の三物件。偽装に気付いたのは今年二月。アパグループの物件の構造設計を請け負っている富山市内の設計事務所の代表がイーホームズに来社し、藤田被告に打ち明けたという。

 この後、アパの役員らがイーホームズを訪れ、計画の変更を要請。「アップルガーデン」と「ガーデンパレス」は「計画変更も再計算も適切ではない」と判断し、工事は現在中断しているという。

 藤田被告は「国に通報して、アパの物件を調査するように要請したのに、担当者は『関知しない』と取り合わず、アパは工事を止めなかった」と述べた。

 その上で「本質は確認検査ではなく、偽装が可能なレベルの構造計算プログラムの問題だ」と主張。「その責任は、プログラムの運用プロセスを認定した国土交通省と同省の天下り団体である『日本建築センター』にある」と訴えた。

(東京新聞)

このニュースを伝えたのは東京新聞のみ。そして、

アパマンショップネットワーク <8889> が前引け前にかけて一時、前日比2400円(5.17%)安の4万4000円まで下落して急落する展開となったが、株価は後場に入ってからは切り返し、大引けでは前日比500円(1.08%)高の終値4万6900円で小幅反発となった。

きょう18日付けの「きっこのブログ」でイーホームズの藤田東吾元社長が逮捕されたのは「国が、アパのマンションやホテルの偽装を隠蔽するため」だったとする記事が掲載されたことが株価急落の原因となったものとみられている。

しかし記事を良く読むとこの「アパ」とは「アパガーデンパレス成田」の販売した「アパグループ」と書かれており、ヘラクレス市場に上場しているアパマンショップネットワークとはまったく関係のない企業と判り、後場に入ってからは買い戻しが入る流れとなった。

Apa1

アパグループ 

前から怪しいとは思ってたけど、直感って大事だね。

きっこのブログ

このブログサイトを見てから、一般に知られる事件事故についてどこまで真実が

伝えられてるのかが信じられなくなって、積極的には事件事故についての記事を

書かなくなったんだけど、

今回は書かなければ、広めなければと思ってリンクさせていただきました。

「東京地裁での判決に際して、マスコミの皆様へ、そして国民の皆様へ」

今日、東京地裁で、僕に対する判決が出ます。
耐震偽装事件に関係した裁判では一番最初の判決です。
僕は、この裁判の容疑や内容については、話す意味がないと思いますのでコメントはしません。

僕を逮捕した本当の理由は、国が、アパのマンションやホテルの偽装を隠蔽するために、藤田東吾を逮捕して黙らそうとして、行なったものと考えています。

イーホームズでは、平成18年2月に、アパグループのマンションの偽装を発見しました。アパのマンションやホテルの構造設計を一手に行なっていた、田村水落という設計事務所の水落代表がイーホームズに来社して、「こんな偽装の手法は、姉歯より俺が先に初めた」と豪語しました。「建築確認を早く取るために、構造設計にかける時間が少ないから構造計算書を偽装(改ざん)するなんて、他(の構造設計士)にも沢山いるよ」と平気で言いました。実際に、田村水落がイーホームズに申請をしていた3件の物件に偽装が発見できました。その他の物件は、役所や他機関に提出してきたと言いました。その後、アパの取締役や責任者の方が来社して、アパに関する偽装の隠蔽や計画変更を要請しました。全く、ヒューザーの時と同様です。

イーホームズで受け付けていた3件の物件の内2件は、イーホームズでは計画変更も、再計算も適わないと判断したので、現在、工事は止まったままです。取り壊しもしていません。事件が風化したら、工事を再開して、販売するのかもしれません。「アップルガーデン若葉駅前」と「アパガーデンパレス成田」です。他の1件は、川崎市の物件で、川崎市で計画変更の処理がなされました。しかし、本当に重要なことは、住民や利用者の命に被害を与える可能性であり、それは、工事中のマンションやホテルではなく、既に完成して入居済みの物件です。

僕は、国交省に対して、イーホームズで受け付けた以外のアパの物件を調査するように糾弾をしてきました。国は関知しないと言いました。アパは工事を止めませんでした。これも、ヒューザーの時と同様です。この状況が、4月まで続いた中で、4月26日に僕は逮捕されました。逮捕自体の「見せ金」の容疑は、たとえお金はすぐに返済して誰に迷惑をかけなかったとしても、違法を行なった者として罰を受けなければいけないことだと反省しております。

多くの国民の皆様から激励のお手紙を頂きましたが、僕は以上の経過をずっと黙ってきました。もし、言ったとしても、国は隠蔽するために何をするのか分らなかったし、社員もいたので、安全を優先しました。また、アパの元谷会長が、安倍晋三官房長官(当時)の後援会である、安晋会の副会長を務めていたことも、当時は知りませんでした。
今、イーホームズの社員は、全員、再就職が決まり、新しい道を歩んでいます。そして、僕は一人になりましたが、僕が知る真実をここに語ることは、イーホームズを創業した者として、代表を務めた者として、そして21世紀に日本に生きる者としての責任だと思います。よって、ここに発表を致します。

耐震偽装事件の本質は、決して、ヒューザーやアパだけの問題ではありません。また、法的には、確認検査制度の問題ではなく、大臣認定制度の問題のはずです。構造計算書が、偽装(改ざん)可能なレベルで、構造計算プログラムの運用プロセスを評価/認定した、財団法人日本建築センター(国の天下り機関)と国土交通省住宅局建築指導課に責任はあります。アパやヒューザーは、この観点からは被害者です。但し、デベロッパーとして、自らが作ってきたマンションやホテルの、住民や利用者の命の安全を無視してはいけません。平成18年5月22日に、北側国土交通大臣も同様の発言を国会で行ないましたが、この発言はマスコミが取り上げませんでした。官僚がマスコミを情報操作の一手に使う表れだと思っています。

よって、僕は、日本の建築行政を担ってきた一員として、この真実を公表いたします。

また、僕は、「耐震偽装」と題して、僕が知る真実を本に書きました。ペンの力によって、耐震偽装が何であったのかをお伝えするべきだと思ったからです。既に原稿は、ある出版社に入れてありますので近く出版されると思います。たとえ、僕の身に何があったとしても、イーホームズの理念であった、『21世紀の住環境の質の向上に貢献する情報提供』を果したと、僕は思っています。

最後に、結果として、国民の皆様には、構造計算書に関わる国家の不正を公表したことで、不安と混乱をいたずらに招いてしまったことを、ここに深くお詫び申し上げます。

申し訳ありませんでした。

平成十八年十月十八日  藤田東吾

こんなことが起こっていたとはいつものブログを見るまで知らなかった。

でも絶対に知っておかなければいけないことだと私も思って、転載しています。

キタチョウセンの格問題がこの事件の「印ぺい交錯」だとしたら、と思うとちょっと

恐すぎるけど、ありえなくもないのかと。

(漢字変換は意図したものです)

今報道ステーションをみてますが、なぜか空しく思えてきます。

見せられる事件と見せられない事件。

それをメディアが勝手に決めて報道?してるなんて。。。

何も信じられません。

もしかして今回の故故櫓愚メンテって、

きっこのブログ対策(リンク貼りまくり事前対応)だったのか、

それともこの記事に対して少しでも掲載を遅らせようという

故故櫓愚の謀略だったのかな。。。

|
|

« きょうの集会 | トップページ | きょうのガッカリ »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/3885680

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのリンク:

» 何故か消されている?東京新聞の記事 [飛語宇理日記]
google newsで耐震偽装関係の記事を探したところ東京新聞の記事だけが閲覧できなくなっていたが、【夕刊JanJan】で発見。 藤田社長は判決後、東京・霞が関の司法記者クラブで記者会見を行った。 【「国がどうやって真実をねじ曲げてしまうか、みんな知らない」。..... [続きを読む]

受信: 2006/10/20 17:37

« きょうの集会 | トップページ | きょうのガッカリ »