« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006/11/30

きょうの布石

ニューズデー紙は、松坂と実力を比較した大リーグスカウトの談話として、『松坂は一番の投手。井川は私が見た限りでは圧倒するような実力の投手ではない。しかし、使いやすい選手なので、先発4番手投手だと思う』と実力を見切っている。

 さらに、ヤンキースは井川を先発4、5番手投手として獲得すれば、ローテーション5枠がちょうど埋まることになるが、実はヤンキースはさらにFA市場の先発投手の獲得を続けるもようだ。バリー・ジト(アスレチックス)、テッド・リリー(ブルージェイズ)ら大物左腕との契約はあきらめておらず、1人でも先発補強がまとまれば、井川の先発の座は途端に窮地に追い込まれる。

 ヤンキースとの駄洒落で『YAN-KEI』という見出しで井川交渉権落札を報じたニューヨークポスト紙は、『落札金と4年契約として1600-1700万ドルを加えればリリーを獲得できる金額だ。しかし落札金は課徴金制度に換算されない。ヤンキースは他の投手の獲得も狙っているが、井川の存在が保険になると感じている』と報じた。

 井川への入札は、課徴金制度(ぜいたく税、チーム年俸総額が一定基準を超えた場合、税金を支払う制度)を念頭においた算段があり、とりあえずの“キープ君”だったというのだ。

 また、表紙を使って最も井川交渉権獲得大きく報道したニューズデー紙の見出しは『Consolation Prize(残念賞)』。あまりにも直接的で失敬だが、『彼は松坂ではない。しかしヤンキースは25ミリオンドルで井川を落札した。井川に対する巨額の応札は野球界を驚かせた。なぜならスカウトたちはあまり彼の印象がなかったからだ』と分かりやすく説明している。

 また、ニューヨーク・タイムズ紙も同様で、『値段は松坂の半分。実力も半分?』などと松坂のハズレくじだったという印象を強く与える記述になっている。

 ニューヨークのメディアは辛辣で知られる。大阪の熱烈な阪神ファンの叱咤激励に鍛えられてきた井川にとっても難敵だ。仮に今は残念賞で、ハズレくじだったとしても勝負はこれから。残り物に福があるということもあり、本当にハズレかどうかはシーズンが始まってみないとわからない。

随分な言われようだけど、今の段階での低評価はこれから上がる一方な半面、

松坂は今の好評価をキープできるか下がるかしかないと思う。

そういう意味では井川は松坂に比べれば気楽にいける気がする。

マサに当たりかハズレかは試合結果で分かりますからね。

第二の王になるか、ライトになるか。それは井川自身の努力に掛かってる。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/11/29

きょうの本命

プロ野球・阪神は29日午前、ポスティングシステム(入札制度)を使った米大リーグ移籍を目指している井川慶投手(27)を、ニューヨーク・ヤンキースが落札したと発表した。落札額は2600万194ドル(約30億円)。日本人の入札金としては松坂大輔投手(西武)の約5100万ドル(約60億円)に次いで史上2番目の額となった。
 井川投手との30日間の独占交渉権を獲得したヤンキースは、松井秀喜外野手が所属する名門チーム。契約が成立した場合、落札額が移籍金として阪神に支払われる。阪神は28日、落札球団名に先立って米コミッショナー事務局から連絡があった最高落札額を受諾。井川投手は29日午前、大阪市内のホテルで会見し「(ヤンキースは)伝統があり、メディアにも注目されている。(阪神)タイガースと同じ。スターター(先発)として働きたい」と笑顔で話した。
 入札制度による大リーグ移籍は今オフ3件目で、松坂投手がボストン・レッドソックス、岩村明憲内野手(ヤクルト)はタンパベイ・デビルレイズと入団交渉中。
 ▽ヤンキースのキャッシュマン・ゼネラルマネジャー 我々は井川の日本での実績を高く評価している。交渉を始める機会を得て、興奮している。(ヤンキースタジアムのある)ブロンクスに来れば、ファンは歓迎する。阪神ファンは献身的だと多くの人から聞くが、ヤンキースも情熱的なファンと一緒になって、同じように彼を支援する自信がある。

ある意味こっちが本命だったのかも?

ジトより安く、松坂より安く、左腕でもあり、28歳という若さ。

イメージ的にはボストン向きかとも思うけど、逆に化ける可能性も。

髪の毛も切らなきゃならないだろうし。デーモン以上のイメチェンになる?

それにしてもヤンキース対レッドソックスで、松坂対井川という対決が見られるなんて。

まさに「シンジラレナーイ!」状態。

そんななか、

レッドソックスは、日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言した岡島秀樹投手(30)との契約交渉を進めていることが28日、明らかになった。米スポーツ専門局ESPNの電子版が報じたもの。すでに具体的な契約条件も提示されており、2年契約となる可能性が高い。

 来日中のルキーノ球団社長は、松坂との契約交渉だけでなく、岡島との契約も進める目的があった。松坂のレッドソックス落札をスクープしたバスター・オニール記者の情報として、同局は、『レッドソックスは、もう1人の日本人選手との契約交渉の最中だ。岡島と2年契約のシリアスな交渉を行っている』。岡島には複数の大リーグ球団からの打診があり、在京球団移籍とともに検討を続けていたが、すでに家族とともに渡米する決心を固めているという。

巨人を辞めるといいことづくめってことかな?

でもまさかこんなことになるとはね?

そして、

レッドソックスの60億円応札はさまざまな反響を呼んでいる。28日付のボストン・ヘラルド紙はレ軍と西武との間の“裏交渉”の可能性を指摘した。レ軍側は西武に支払う約5111万ドル(約60億円)の入札額の一部を返却してもらい、それを松坂の契約に充てることが可能であるとし「ルキーノと西武の会談は契約締結へ重要な意味を持つ」とした。

 同紙は27日に契約交渉について、レ軍は年平均700万~800万ドル(約8億1200万~9億2800万円)を提示、松坂の代理人ボラス氏は1500万ドル(約17億4000万円)を要求していると報じたばかり。その差を埋める手段として「レ軍は年俸900万ドルが限界と考えていて交渉で5年、年平均1100万ドルで手を打ったとした場合、西武に入札額のうちの1000万ドルを充ててもらえば、その差額は埋められる」と具体例を挙げた。

 松坂の年俸捻出への“ウルトラC”といえそうだが、これが本当ならポスティング・システム(入札制度)を定めた日米選手契約協定の禁止事項に抵触する可能性がある。米コミッショナーは「入札過程を注視する必要がある」との方針を示している。

ホントにそんな技が使えるんなら、100億でも200億でも値をつけるよね。

それをやっちゃーオシメーよ、ってことだよね。

そして、

レッドソックスの主砲ラミレスが今週中にトレードで放出される可能性が出てきた。関係者が「土曜日(12月2日)までにトレードが成立しても驚かないだろう」と語った。レ軍はボラス氏が代理人を務めるFAのドルーとの交渉が最終段階に突入。今季ドジャースで20本塁打、100打点をマークした外野手で、獲得に成功すれば、ラミレスのトレード交渉が一気に加速するとみられる。スポーツ専門局ESPNは移籍先はジャイアンツが有力と伝えた。

レッドソックスはお金があるのかないのか。。。

それにしてもニュース盛りだくさんな一日でしたね。

| | コメント (0) | トラックバック (4)
|

2006/11/28

きょうの僕歩

「あるがまま」

今の時代あるがままに生きる人は多い。

でもそれは自分の思うがまま、という意味で、本来あるべき姿、という意味ではない。

性善説っていう訳ではないけど、本来社会通念として、こういう場面ではこうするべき、

ということが行われない。

本来思ったことをそのまま言うことができない。

おかしい、と思ったことが注意できない。

そういう積み重ねが今の無秩序な社会を作っているのかもしれない。

そういった社会に現れた「テル」のあるがままの姿に、あるがままに生きられない

大人たちが刺激されていく。

政治家は国民、市民のためになりたいと思ってそれを志すものではないのか?

公務員はおおやけの下僕という意味ではないのか?

先生方が間違った行動に走ったときにそれを「間違っている」といえない社会。

「ありがとう」と「あるがまま」。

益々有難しものになっていってしまうのか。。。

「自分ができることを精一杯やる」

私が松井選手を好きなのも、彼が「野球選手」として「あるがまま」であるからだと、

昨日の特集を見て、改めて思いました。

松井選手が怪我で戦列を離れた時に「申し訳ない」といった言葉が

アメリカ人に奇異と賞賛の評価を得た事をマイケル・ケイも言っていましたが、

ディマジオやルースと並ぶヤンキースの伝統的な精神に通じていたと。

それが本心で出てきたものであるから、その後の復帰試合で

「スタンディングオベーション」で迎えられたのだと思います。

有難き、でもあるがままの存在。

それが松井選手の原点なのかもしれません。

(でも園長先生ももうちょっと動物のことを勉強しないとね。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

あすの発表

ポスティングシステム(入札制度)で米大リーグ移籍を目指す阪神の井川慶投手(27)の入札が、日本時間28日午前に締め切られた。大リーグ機構から日本のコミッショナー事務局を通じて最高入札額が伝えられた阪神球団は、午後に受諾を発表する。早ければ29日にも落札球団が明らかにされ、同投手と30日間の独占交渉権を得る。
 今オフ、ポスティングシステムを利用し、応札があったのは西武の松坂大輔投手(レッドソックスが落札)ヤクルトの岩村明憲内野手(デビルレイズが落札)に続き3人目。
 大リーグでも左の先発投手は不足しており、日本で5年連続2けた勝利の井川にはカブス、インディアンスなどが興味を示していた。またAP通信はヤンキース、メッツも興味を持っていると伝えた。入札球団数、入札額は明らかになっていない。

ヤンクスは獲る気でいったのかな?

まあ西武みたいに待たされることはないみたいだから良かったけど。

とりあえず15億くらいかな?

でも松坂よりお買い得なのは確か。

| | コメント (1) | トラックバック (2)
|

きょうの想定内?

両者の差は太平洋ほど広い? ボストンの地元紙ボストン・ヘラルドは27日、関係者筋の情報として松坂大輔投手の代理人スコット・ボラス氏とレッドソックス双方の提示条件に大きな開きがあることを報じた。
 同紙コラムニストのトニー・マサロッティ記者の署名記事によると、ボラス氏側が年俸1500万ドル(約17億4000万円)前後を要求しているのに対し、レッドソックス側は年俸700万ドルから800万ドルでの契約を持ち掛けているのではないかという。契約年数についても、3年でFA資格が獲得できるようボラス氏側から要求があるはずだとしている。
 今オフのレッドソックスは先発投手陣のほか救援投手陣の再編成、攻守とも力のある内野手獲得などが重要課題。今後も積極的なメンバー入れ替えが予想されるが松坂の契約がそれらの動きに大きな影響を与えそうだという。

随分と又離れた見解だね。まあそんなことになるんじゃないかと思ってたけど。

本当に契約されてからいろいろ考えましょう。

それにしても松坂自身はどう考えてるのかな?

とりあえず金額も年数も、まずは一年やってみて、の方がいいと思うんだけど。

まあ60億円かけて一年契約って訳にはいかないけどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/27

きょうののだめ

ブラームス:交響曲第一番/第二番

ブラームス交響曲第一番、通称ブライチ。

4曲あるブラームスの交響曲の中でなぜか一番興味が沸かない曲なんだよね。

順番的には4>3>2>1の順番。

でも20年かけて作っただけのことはある曲。

ブラームスは何枚持ってるか分からないくらいだけど、何度聞いても飽きない。

どうやらこの曲がこの漫画のメインテーマみたいだけど、

これもヒットチャートに載るのかな?

聴いた事無い人は是非一度聴いて欲しい曲であることは確か。

でもどの指揮者の演奏がいいかはなかなかこれっていうのはない。

4番だったらカルロスクライバーのウィーンフィルで決まりなんだけど。

今週はようやくのだめにも出番が回ってきたみたいだけど、

来週はどうなるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/11/26

きょうの動き(小さめ)

米大リーグ・マリナーズの地元紙シアトル・タイムズ(電子版)とニューヨーク・ヤンキースの地元紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が25日、そろってポスティング制度を利用し、メジャー移籍を目指す阪神・井川慶投手(27)を獲得候補として挙げていることを報じた。
 井川についてシアトル・タイムズは、マリナーズに落札のチャンスがあると報道。1000万から1300万ドル(約11億5000万から15億円)の入札金を用意しており、独占交渉権を得ることができれば3年1500万ドル(約17億3000万円)ほどの条件提示をするだろうとしている。

なんかメインはマリナーズで、ヤンキースはオマケみたい。

実際井川と松坂ってそこまで差があるかな?

井川自体それほどちゃんと見て無いからなんともいえないけど、

まあお買い得ではあると思うけど。

で、ヤンキースは獲るの、獲らないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/25

次の18番

巨人・清武英利球団代表(56)が24日、球団の納会ゴルフが行われた神奈川・大磯町で、桑田退団後の背番号18を、来季は空き番号とする意向を語った。エースナンバーが空席となるのは、堀内恒夫(現スポーツ報知特別アドバイザー)が84年に引退し、86年入団の桑田に引き継がれる間となった85年以来、22年ぶりのこととなる。

 巨人軍の18番は崇高なる背番号。簡単に継承できるものではない。清武代表の見解は明快だった。「つける人はいないんじゃないのか。つける資格があるなら、ウチの上原君。でも、19番に未練も執着も愛情もあるだろう。今オフは、ないと思うよ」2007年のシーズンを空き番のまま迎える意向を示した。

 藤田元司、堀内恒夫、桑田真澄…巨人のエースナンバーはここ49年間で、わずか3人にしかつけることが許されていない。投手としての実力はもちろん、スター性、野球に対する誠実な姿勢など様々な要素が求められる。「ふさわしい人でないと、つける本人も恥ずかしいだろうしね」と清武代表。来オフ以降、新人や移籍選手がつける可能性にも「よっぽどの人でないとね」と語気を強めた。だが空席である以上、現役投手にとって18番は最高の目標となる。修養を積み、実力で勝ち取る若き力の出現を、G党は待っている。

このまま違う意味で永久欠番になることもあるかも。。。

よそ者には付けてほしくないけど、下から上がってきてっていうのもなさそうだし、

やっぱり超大物新人がでてこないと。それも確実に活躍が期待できる投手じゃないと。

まずはそういう選手が来たい、と思えるような球団にしないとね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

きょうの予想通り?

西武の伊東勤監督(44)が19日、宮崎・南郷の秋季キャンプを打ち上げて帰京。フロントに60億円の“松坂資金”を活用しての補強を直談判する考えを明かした。

 ポスティングを適用した松坂の落札額はレッドソックスの約60億円。レ軍と松坂が正式契約を結び次第、球団に全額が振り込まれる。羽田空港に降り立った伊東監督は「(球団が)60億円をファンのために使うと言っているけど、具体的な話がない。まずチームを強くすることが一番のファンのため」と語気を強めた。松坂が抜けるが、フロントからは新外国人ら今後の補強について話はない。20日には埼玉・所沢の球団事務所で大学・社会人ドラフトに向けたスカウト会議に出席するだけに「球団と補強の話もする」と積極補強を訴える。

結局西武球団から親会社へスルーされるみたいで、球団には一円も残らないみたい。

球場も補強選手も今までどおりってことになりそう。

松坂も抜けて球団改革もできないとなると、益々ファンが離れそうだね。。。

来年はまた球団売却とか話がでてくるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/11/24

きょうの最終回

流石にあの展開で「カ・イ・カ・ン」とはいかなかったみたい。

でもそれがないと「セーラー服と機関銃」じゃないと思うんだけど。

なんか時間が余っちゃったから若頭を殺しちゃったみたいな感じで。

原作ってどんな感じだったんだっけ?確か実家にあったと思ったけど。

昔は赤川次郎ばっかり読んでたんだけどね。今でもまだ結構作品でてるのかな?

ところで赤川次郎って今何歳?

で、なんか放送回数少ないと思ったら、しずちゃんのドラマの為?

金曜10時の6チャンのドラマって、お笑いが出る枠じゃないと思うんだけど。

もうオトナの恋愛ドラマってないのかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの静観?

現時点で来季の先発ローテーション入りが確実なのが王建民とマイク・ムシーナの2人しかいないニューヨーク・ヤンキース。しかしブライアン・キャッシュマンGMは、現在ともに故障のリハビリ中であるランディ・ジョンソンとカール・パバーノの両投手も先発陣の一角として計算に入れていると明言した。

 これはチームの地元紙ニューヨーク・ポスト(電子版)が22日付で報じたもの。同紙によると、キャッシュマンGMは、ジョンソンには来季年俸1600万ドル(18億6000万円)、パバーノには2年総額2000万ドル(約23億3000万円)を払う以上、2人とも先発陣5人の中に入れると語ったという。その一方で同GMは、2人の状態に関わらずフリーエージェント(FA)獲得やトレード交渉は進めることも示唆したと同紙は伝えている。

 なお同紙は、ヤンキースはFA市場の目玉とされる左腕バリー・ジト投手(アスレチックス)や、獲得がうわさされているギル・メッシュ(マリナーズ)、テッド・リリー(ブルージェイズ)との契約には積極的ではないと指摘。一方でポスティング申請中の井川慶投手(阪神)には応札する可能性があるとしている。

まあパバーノは来年こそきっちり仕事してくれなくちゃね。

実際の実力はどうなのかね?結局今年は見ず仕舞いだったし。

ジトには興味ない?松坂が獲れなかったから井川?

なんだか中途半端というか、ホントにそれでやってけるのかな?

どうせまた途中で獲ってくればなんて考えてるのかな?

それにしても野手の面々もきっちり体調を管理して、一年仕事をしてもらわないと。

ところでショボの処遇はどうなったの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/23

きょうのオススメ

日本カーリング協会公認 みんなのDSカーリング

きょう届いて早速ゲームを。

2画面縦スクロールでストーンが滑っていって、なかなかの出来。

オリンピックで見ていたのでなんとなくルールや戦術も分かっているつもりだったので

難なくゲームに入っていけた?

もうちょっとナイスショットの時とかに喜ぶ映像とかが欲しかったけど、

最後は「かち」の文字にちょっと吃驚。

なぜかゲームの選手がグラマーな感じで、もうちょっと見ていたい?

まずは5セットでやったんだけど、10セットマッチで何試合もってなると

結構時間を取るかも。

ところでみなさんDSは普通に手で持ってやってます?

ペンを使いながらのゲームだと結構疲れません?

このゲームはペンがブラシ代わりなので、片手でDSをもって片手でブラッシングだと

結構長時間は辛いかも。

テーブルの上とかでやったほうがいいのかな?

でも意外とブラシを使う場面がないんだよね。

結構現実のゲームに即してるとは思うんだけど。

でも嵌る事は間違いない。ぜひお試しを。お値段も良心的だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの目が点

子どもへの方策

きっこのブログで紹介されていた、自民党の教育改革案だそうです。

これを本気で考えていて発表していたとすると、あまりの内容に驚愕します。

まずはご覧下さい。そして想像して下さい。未来の日本を。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/22

きょうの落胆3(最大級)

Dj36

ア・リーグMVPを決める記者投票で大本命と言われながら、ジャスティン・モルノー一塁手(ツインズ)に14ポイント差で敗れたデレク・ジーター遊撃手(ヤンキース)。今季リーグ2位の打率3割4分3厘、同4位の出塁率4割1分7厘を記録したほか、2番打者にもかかわらず97打点を挙げながら、僅差の次点に終わった理由はどこにあるのだろうか。

 ジーターは、得点圏打率も3割8分1厘でリーグ2位。この数字はモルノーの3割2分3厘、打点王でMVP投票3位の指名打者デービッド・オルティス(レッドソックス)の2割8分8厘を大きく上回っている。ヤンキースの主将に1位票を投じた記者は、「私が記憶している中では最も接戦になった。私は得点圏打率を決定要因にしていたのだが」と落選を惜しむ。

 一方のジーターは声明文を出し、「こういった賞は、(記者の)異なった意見や注目する数字によって結果が違ってくるのは分かっている」と今回の結果についてコメント。さらに「とはいえ、それらも野球が素晴らしいスポーツであることを示す要素。候補に挙がっただけでも光栄。ジャスティン・モルノーを心から祝福したい」と謙虚に語った。

 また、ジーターが引っ張ったヤンキースが8月下旬に早々と東地区優勝を確実なものにしていたのに対し、モルノーが所属するツインズはレギュラーシーズンの最後まで中地区の覇権を争っていた。その状況下でプレーしていた姿が、最終的に打率3割2分1厘、34本塁打、130打点をマークしたモルノーへの印象をアップさせ、票が流れたとも考えられる。

 モルノーに1位票、ジーターに2位票を投じた記者は、選考理由を次のように語った。「(序盤は低空飛行だった)ツインズが巻き返していたのと重なるように、モルノーは波に乗っていた。その活躍が、チームを優勝に導いた」

まあ数字的にはショウガナイかなとも思えるけど、早々に地区優勝したっていっても

その状況に持っていった最大の要因がキャプテンな訳で、

それもここまで負傷者続出の中での活躍な訳で、

優勝貢献度としてはピカイチだと思うんだけど。。。

来年こそ、とは簡単には言えない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (4)
|

きょうの落胆2

女子カーリングのチーム青森が21日、トリノ五輪後の新チームで初の公式戦となるパシフィック選手権(西東京市)に出場。「マリリン」こと本橋麻里選手(20)らの「カー娘」人気で、大会は初の都内開催、有料試合にこぎつけたが、チケットの売れ行きは低調そのもの。会場は、集客率20%と空席ばかりが目立った。“初戦”に快勝したマリリンも「もう少し、お客さんが入ってくれたら」と笑顔控え目だった。

 寒かった―。氷のせいだけではない。チーム青森の新たな船出。ダイドードリンコアイスアリーナ(東伏見・約2500席)の動員人数(主催者発表)は、平日とはいえ、わずか539人。台湾に12―1で大勝も「会場が寂しかった? ん~。もう少しお客さんがいて、盛り上がった方がプレーしやすいですね」と、試合後のマリリンの表情はさえなかった。

大会事務局によると、10月から発売した前売り券の売り上げは、21日まで全席の約3割と極度の不振。会場使用費だけで約900万円かかるとあって、興行自体が黒字になるには7割以上の集客が必要だが「現状では厳しい」(同局)。期待がかかる当日券も、問い合わせは1日50件程度と伸び悩んでいるという。

 不運は重なる。チーム青森の初戦の相手だった豪州が、チーム事情で突然の不参加。主役を欠き、この日午前の開幕試合の観衆は、約50人と寂しいものだった。

 同局関係者は「カーリングの普及、振興が願い。今回は赤字でも構わない」と話すが、土、日曜の終盤まで大会を盛り上げるには、チーム青森の予選突破が絶対条件。斎藤寛之カーリング協会会長は「選手たちもかわいいだけじゃダメ。勝たないとね」とゲキを飛ばす。

やっぱり一時のブームだったのかな?

でもそこまで閑古鳥なら逆に見に行ってみようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの落胆

「選手を大事にしない巨人で大丈夫か」――。フリーエージェント(FA)で巨人移籍を22日公表した北海道日本ハムファイターズの主砲、小笠原道大選手(33)に道内の日本ハムファンからは落胆と不安の声が上がった。44年ぶりの日本一の立役者でチームの顔。去就が注目される中で残留を望む多くの声が寄せられたが、小笠原選手の決断は冷徹だった。
 「最近の巨人は素晴らしい選手を何人も獲得して駄目にしている。小笠原選手はそうならず、活躍してほしい」。日本ハムファンでつくる応援作戦会議の長谷川裕詞代表幹事(37)は複雑な心境を隠さない。小笠原選手の功績を「寡黙だが、やることをやってくれるお父さんのような存在だった」と高く評価し、「小笠原選手の野球に対する姿勢を他の選手がしっかり引き継いでほしい」と注文した。
 小笠原選手は97年、ドラフト3位で日本ハムに入団。99年からレギュラーに定着し、今シーズンは本塁打、打点の2冠とパ・リーグMVPに輝いた。愛称は「ガッツ」。イルカで有名な東京都小笠原村の観光親善大使の顔も持ち、打席に入る度にファンが振る「青いイルカ」は札幌ドームの名物になった。
 札幌市豊平区のスーパーで22日開かれたダルビッシュ有投手らのトークショーに来ていたファンにも落胆の波紋が広がった。中央区の主婦、小玉るみ子さん(34)は「寂しさと来季の不安でいっぱい。選手を大事にしない巨人では可哀そう」。南区の主婦、横地愛子さん(31)は「奇麗系の選手が多い中でガッツはサムライ魂を発揮した。ファイターズの魅力が半減です」と話した。
 そんな中で豊平区の大学2年、土田周作さん(20)は「小笠原選手が決めたことなのだから尊重したい。北海道で過ごした3年間を忘れないでほしい」とエールを送った。

かつてはみんな巨人の選手になることに憧れていたのに、

いまではこんな風に言われるなんて。。。

広沢、清原、江藤、野口、豊田、そして何人来たか分からない使えない外国人選手。

見る目もないし育てる目もない。

わたしも「小笠原来ない方がいいんじゃない?」と思っていた口なので、

来たからには本当に活躍してもらわないと日本ハムのファンにも申し訳ない。

ところで一番の理由は家族がこちらにいるってことなのかな?

他にはないの?お金じゃないよね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006/11/21

きょうの僕歩

本当にズルイ。

ここまで伏線を張りまくって、最後にあの笑顔の絵。

泣かない訳にいかない。

本当にウマイ。

こうして欲しい、こうなって欲しい、っていうことを、全く無理なく自然にやらせる。

一滴の雫が池全体に波紋となってじわじわ広がる感じで、

反発していた人にも少しずつ少しずつ意図的でなくいい方に影響していく。

毎回毎回一つづつ限界を広げていって、それに伴ってまわりの人間にも

無意識のうちに影響を与えていく。

次回もまたいろいろ障害があるみたいだけど、またそれを乗り越えるんだろうね。

今の世の中、健常者って存在するのかな?

障害者って言われている人たちの方が正常だったりして。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの会見

シドニー、アテネ両五輪の計5個の金メダルを獲得した競泳男子のスーパースター、イアン・ソープ(24)=オーストラリア=は21日、シドニーで記者会見し、「競技者として、水泳をやめるという非常に困難な決定をした」と述べ、現役引退を発表した。
 まず来年3月の世界選手権(メルボルン)に出場しないことを決め、その後、さらに引退することを決めたと説明し、「この決定を非常に誇りに思う」と述べた。
 引退の理由について「『水泳がなければ、わたしの人生は何なのか』という疑問がわいた。他のことを試さなければならないと思った。わたしは次の段階を見ている。わたしは、自分が行う最も重要なことを分かっている」と述べた。将来の復帰の可能性については「私は何事も排除しない。しかし、そういうことは起きないだろう」と語った。
 ソープは地元開催の2000年シドニー五輪で400メートル自由形などで3個の金メダルを獲得。04年アテネ五輪では200メートル、400メートル自由形で金メダル2個を獲得。200メートル、400メートル自由形は現在も世界記録を持つ。しかし、アテネ五輪後、体調不良などで主要競技会に出ていなかった。

それにしてもまだ24歳だったんだね。

新庄よりも早い引退宣言だけど、彼なら他のスポーツでも超一流になれると思う。

次は球技に挑戦?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年のMVP(ナ・リーグ)

Rh2

「まるで大きくなりすぎた子供がリトルリーグのワールドシリーズでプレーしているようだ。こんな選手は見たことがない」。フィラデルフィア・フィリーズの年間本塁打記録(48本)を持っていた殿堂入りの名三塁手マイク・シュミット氏は9月、記録を塗り替えたライアン・ハワード一塁手をこう評した。

 そのハワードは本塁打数を両リーグトップの58まで伸ばし、ホームランと打点のメジャー2冠を獲得。そしてフィリーズではシュミット氏(1980、81、86年)以来となるナ・リーグ最優秀選手(MVP)に輝いた。

 19日に27歳になったばかりのハワードは「いい誕生日プレゼントになった。光栄だ」とコメント。昨季のMVPアルバート・プホルス一塁手(カージナルス)を破っての受賞については、「彼は素晴らしい選手なので、同じ栄誉を受けたこと自体が特別だ」と喜んだ。

 個人的には間違いなく最高のシーズンを送ったハワード。しかしチームは惜しくもプレーオフ進出を逃した。「(来季も同じ活躍ができるかどうかは)分からない。ただ練習を怠らず、来季に向けて準備し、優勝争いができるようチームに貢献したい」と早くも気を引き締めていた。

日米野球で初めて見て、シーズン中は全く見てなかったので、来年は是非みたいと

思ってるんだけど、松坂もア・リーグだし、益々ナ・リーグ中継はないだろうな。。。

ヤンキースvsフィリーズってあるのかな?

それにしても、

「まるで大きくなりすぎた子供がリトルリーグのワールドシリーズでプレーしているようだ」

ってまさにそんな感じだよね。

(写真は60年代のコメディアンみたいだね?グラウンドとは別人だね)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの帰国

米大リーグ4年目のシーズンを終えたヤンキースの松井秀喜外野手が21日、帰国した。レッドソックスとの交渉期間に入っている松坂大輔投手とほぼ同時刻の成田空港到着に苦笑いしながら、予想される来季の対戦について「いい試合ができればいいですね」と期待を膨らませた。
 今季は5月に左手首を骨折し、治療に時間を費やした。帰国の心境は例年と違うかと問われると「そんなことはない。帰るときはいつも来年のことを考えている」と平然として言った。故障した個所の強化については「ほとんどしない。練習は去年までと基本的に同じ」と不安を打ち消した。
 今後は、年末年始を石川県の実家で過ごす以外は東京都内でトレーニングし、来年2月中旬に渡米する予定。

ちょっとバッドタイミングだった?

まああんまり騒がれない方が嬉しいかもね。

そして、

大リーグ公式ホームページは20日(現地時間)、ヤンキースが今季セットアッパーとしてチーム最多の83試合に登板したスコット・プロクターの先発転向を考慮していると報じた。また同記事は、ジョー・トーリ監督がプロクターの先発投手としての能力を高く評価しているとし、プロクター自身も「春のキャンプでは先発ができるように準備するつもりだ」と先発転向へ乗り気である様子を伝えた。

 ここ数年、ヤンキースは投手陣の不調がプレーオフ敗退につながっている。来季も、今のところ先発として計算できるのは、王建民ただ一人。FAで大物投手を獲得しても、先発の建て直しは急務だ。このような状況から、プロクターの先発転向が考慮されていると思われる。

まあスタミナはあるだろうけど、じゃあプロクの代わりのセットアッパーは誰がやるの?

そして、

AP通信は20日、ニューヨーク・ヤンキースがフリーエージェントとなっていた先発右腕マイク・ムシーナ投手と2年2300万ドル(約27億円)で再契約に基本合意したと報じた。21日の身体検査を経て正式契約となるもよう。

  ムシーナ残留が決まったことで、来季のヤンキースは王建民、ランディ・ジョンソンの両投手を合わせて先発3本柱が確定。同通信社によると、ブライアン・キャッシュマンGMはカール・パバーノ投手が故障から復帰することを期待しており、最後の一枠にはスコット・プロクター投手をリリーフから転向させる可能性を示唆しているという。

まあこれでとりあえず3人で、乱爺はどうなの?パバーノはホントに復帰するの?

でもこれで終わりじゃないよね?現金男さん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/20

きょうの先手

ポスティングシステム(入札制度)で米大リーグ移籍を狙う西武の松坂大輔の入札に参加したものの、レッドソックスに敗れたメッツは、補強を早くも大物FA左腕に方向転換したようだ。

 地元紙『デイリー・ニュース』は18日(現地時間)、メッツの補強ポイントに先発投手を挙げ、オマー・ミナヤGMがこれから本格的にアスレチックスのバリー・ジト獲得に動くとの見方を示した。ジトの代理人は、松坂と同じスコット・ボラス氏が務め、年俸1500万ドル(約17億円)程度の複数年契約を望んでいるとみられる。また同紙は、メッツがトレードによる補強を行う可能性も示唆し、その場合、マーリンズのドントレル・ウィリス、パドレスのジェイク・ピービーらが候補になるとしている。

 来季は、ペドロ・マルティネスが右肩手術の影響で開幕に間に合わず、15勝を挙げたトム・グラビンのFAでのブレーブス行きの話もあるメッツにとって、先発補強は来季へ向けた最重要ポイントにほかならない。一方で今オフのFA市場は不作と言われており、松坂を逃したという事実はメッツの戦力補強に大きな影響を及ぼすことが予想される。

メッツもそうだけど、ヤンキースこそ松坂無き後ジトを獲らないと獲るものが

なくなっちゃうでしょ?

全然その辺聞こえてこないけど、ちゃんとやってるんだよね現金男さん?

お金は丸々余ってるんでしょ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの60億+100億

シカゴの地元メディアによると、大リーグ、カブスは19日までに、フリーエージェント(FA)宣言したナショナルズのアルフォンソ・ソリアーノ外野手(30)と、8年契約、年俸総額1億3600万ドル(約160億4800万円)で合意した。
 トリビューン紙(電子版)によると、健康診断を経て20日にも正式発表される。カブスでは中堅を守り、1番打者で起用されるという。
 ソリアーノは今季、46本塁打、41盗塁で史上4人目の「シーズン40本塁打・40盗塁」を達成した。このオフのFA市場では、野手の目玉選手の一人。

とうとうここまできたんだね。

ところで広島の時の年棒はこれの何百分の一?

1998年、広島は4万5000ドルを提示するもソリアーノは16万5000ドルを要求。年俸調停を申し立て球団と揉め広島東洋カープ任意引退選手扱いとして退団。ドミニカに戻り野球に興じていたソリアーノの素質をニューヨーク・ヤンキースが見抜き1998年の9月、広島に310万ドルを支払い契約した。

ってことはどういうこと?

でも8年契約って本当に守られるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのいちゃもん?

米ニューヨークのニューズデー紙は19日付で、西武・松坂大輔投手との交渉権獲得のためにレッドソックスが約5100万ドル(約60億円)を応札したポスティングシステム(入札制度)には見直す余地があると報じた。同紙のダビドフ記者は、日本のいい選手を米国で早く見たければ、日本球界の思惑通りにしなければならないと主張している。
 これに対し、セリグ・コミッショナーは「非常に興味深い結果で、しばらく注目したい。しかし、それは何か事を起こすという意味ではない」。ヤンキースのキャッシュマン・ゼネラルマネジャーも「今回は明らかに西武に有効に働いた。横にらみの応札は難しい。しかし、日米コミッショナー間で練り上げられた仕組みである以上、それに従う」という。
 ダビドフ記者は、見直し論は日本選手から起こるのが自然としながらも、日本の選手会は大リーグの選手会ほど影響力がないと伝えている。

さすがにニューヨークの記者だけあって、日本の事情も良く分かってる?

まあこんなことがこれから繰り返されるって訳じゃないからね。。。

松坂が特別なだけ。

次の松坂はなかなかいない。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/19

きょうの始まり「SAW」

SAW ソウ DTSエディション

前々から評判は聞いてたんだけど

やっぱり恐そうだなと思っていて見てなかったんだけど

評判どおりだね。

確かに見たくないシーンもあるけど、ナルホドよく考えてるな、って思って、

でもこんなことを考える事自体恐いことだなと。

「24」をみてからなんとなく「その場面」が起こっても、次の展開を予想してしまって

純粋に「驚け」なくなってしまった感はあるけど、伏線が読めないオバカサンにも

なりたくないし。バランスが難しいよね。

今回は犯人は分かったことになってるけどシリーズ化されてるってことは

真犯人はまだってこと?やっぱりこの展開はズルイよね。。。

(あのピエロ?の仮面はマイケルダグラスの「Game」のパロディなのかな?)

でもこの作品は2,3も面白いみたいだから、2はレンタルして見てみようかな。

それにしてもこういう残虐なことを考える監督って実際どうなのかな?

自殺予告をした人がこういう状況に置かれたら、生きてる事に感謝できるのかな?

それにしてもいろんな意味で「スゴスギ」

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうの決戦

ほんとうにウザイ!CM見てる時間の方が長いんじゃないのか。

中継中にCMコメント&CMって、本当にスポーツを楽しもうと思っている視聴者無視の

番組演出?って、本当にムカつく。

確かにマラソン中継って長いし間延びする場合もあるけど、

きょうの決戦はマサに一騎打ちっていう感じで、天候も益々悪くなっていって

どんな結末になるのか目が離せない状況の中、ここまでアカラサマなCMコメント、

放送をする立場として何が伝えたいのか、全く理解できない。

ここまでされて、益々独弧喪には絶対変えないって決意しました。

レース展開に関係なく挟まれるCM。その間に怒涛のスパートがあったら、

録画でお届けするの?

前半にCMを消化して後半はCM無しにするくらいの意気込みがなかったら

マラソン中継なんかするな!って言いたい!

全くレース内容よりちゃんと「その場面」が生で見られるかの方に神経を使わなきゃ

ならない状況ってなんなの?

で案の定やっぱりスパートの瞬間を逃す。。。

まさか土佐の方が先にスパートをかけるとは。

それにしてもなにこの中継割り込みCMは。

これで私も怒弧喪にしよう、って思う人間の気持ちが分からない。

結局高橋はそのまま土佐を抜くことなく、逆に3位の尾崎にあの坂で抜かれて

3年前は暑さに、ことしは寒さに負けたのか・・・

2:26:14で土佐礼子選手の優勝。

2:28:51で尾崎が2位。

2:31:21で高橋が3位。

デビュー戦を除いて初めて日本人選手に敗れた高橋。

それにしても毎回天候に左右される東京国際女子駅伝。

でもその中で結果が出せるかがやっぱり重要になるんだよね。

それにしても早くインタビューを終らせてあったかいところに行かせてあげたかったね。

タイムは基準には満たなかったみたいだけど、そもそも毎回環境が代わるマラソンに

基準タイムなんてありえないと思うけど、ほんとうに寒い中選手は頑張ったと思います。

でも4位以下の選手は放送時間に間に合わなかったのかな?

土佐選手優勝おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/18

きょうの有難し

All the Right Reasons

かず坊さんと雪娘さんからの情報でようやく判明しました。

今年のMLB中継のエンディングテーマ。

こちらの「All the Right Reasons 」というアルバムの

「10. Someone That Youre With 」

試合のハイライト映像と共に流れる曲を聴くと、あの短い時間にもう一度見たい

名場面がなんとも気持ちよく思い出されて(勿論勝ち試合ですが)、

曲自体も大好きになって、でも曲名もアーティストも分からず、

それを雪娘さんがゲットしたと聞いて、思わず教えて伝言をして、早速の返信に

まずはitunesに行ったらカバーの曲はあったけど、なぜかスローで

アマゾンに行ったらありました!

他の曲も何曲か視聴しましたが、なかなかだったので早速購入。

来年のエンディング曲が変わるかどうか分かりませんが、できれば続けて欲しいです。

かず坊さん、雪娘さん、ありがとうございます。

(なりぽんさんもおじゃましてすいませんでした)

| | コメント (1)
|

ことしも恒例の?

毎オフのようにトレードのうわさが流れる、通算470本塁打のマニー・ラミレス外野手(レッドソックス)。17日の時点で、今オフのフリーエージェント(FA)市場で最大の目玉と言われるアルフォンソ・ソリアーノ(ナショナルズ)、カルロス・リー(レンジャーズ)両外野手の獲得交渉が不調となっている球団のいくつかが、レッドソックスに対しラミレス獲得の交渉を申し入れている模様だ。

 ラミレスとレッドソックスの契約期間は2008年シーズン終了時まで。残り2シーズンで3800万ドル(約44億7000万円)に上る高額年俸に、これまで獲得に二の足を踏んできた各球団の関心も、いよいよ現実味を帯びてきた。あるナ・リーグ球団のGMは、「ウチのほかにも、ラミレス放出の可能性を尋ねているチームがある。ラミレスは態度や行動に問題もあるが、試合に出れば結果を残すのは分かっている。これ以上のバッターは見つからない」と地元紙の取材に答えたと言う。

 レッドソックスは、松坂大輔投手(西武)との独占交渉権獲得に5111万ドル(約60億円)の大金を注ぎ込み、年俸1000万ドル(約11億7000万円)以上の契約は堅いと見込まれている。さらに、FAとなったフリオ・ルーゴ遊撃手やJ.D.ドリュー外野手(ともにドジャース)らの獲得にも名乗りを挙げていると見られ、条件次第ではラミレス放出の可能性が一層高くなりそうだ。

 ただし、ラミレスはメジャー在籍通算10年、同一チームに継続して5年所属という資格を満たしていることから、いかなるトレードも拒否できる権利を有している。

今年ばかりは事情が事情だけに、可能性もあるかな?

でも魔ニーまでレッドソックスを出ちゃったらもうレッドソックスと戦ってる感じが

なくなっちゃうよね。。。

まあガセであることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの想定内?

松坂大輔投手(26)との独占交渉権を落札したレッドソックスの地元紙ボストン・ヘラルドは、17日付で、レ軍と松坂側の交渉が難航すると予想する記事を掲載した。
 同紙によると、松坂の代理人ボラス氏は早い時期のFA権取得を目指し、2-3年の短期契約を望んでいるのに対し、レ軍側は約60億円という落札額に応じ、4-5年の長期契約を求めると推測。複数の大リーグ関係者の話として「両者の隔たりは大きい。最大の問題は松坂側が受け入れる契約年数を見つけ出すことだろう」と解説した。
 また、ボラス氏は契約満了後に松坂がFA権を取得できる条項などを盛り込みたいとし、球団側がそれを認めるかどうかも交渉の駆け引きの1つになるとした。
 またボストン・グローブ紙は、ヤンキース・松井秀の例を出し、松坂の入団で巻き起こる日本メディアのフィーバーにレ軍が対応できるか、という記事を掲載した。

まあなんとなく簡単には決まらないと思ってたけど、やっぱりね。

確かに60億円で引っ張ってきて2,3年で他のチームに行かれたらねえ。。。

(それがヤンキースだったらなおさら)

代理人にとってはトレード回数が多ければ多いほど交渉回数が増えて手数料も。

結局は松坂自信がどう思ってるかで、代理人に振り回されなければいいけどね。

(で、これからも「レ軍」でいくの?「赤軍」じゃないしね。。。いい言い回しはないかね?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうのパレード

18日は、テレビもハム一色-。札幌駅前通りで18日に行われるプロ野球日本ハムの優勝パレードが、北海道内テレビ5局で生放送されることが13日までに決まった。午前11時から同11時40分に行われるパレードを中継するため、午前9時30分から正午にかけて特別編成を組んだ。日本ハムにゆかりのあるゲストの登場や、YOSAKOIソーラン祭りに匹敵する規模での中継で放送するなど、各局の趣向が凝らされた内容になる。

◆NHK 総合テレビで全道に生放送する。実況担当の上野速人アナは、1位通過したレギュラーシーズン最終戦のテレビ中継と、プレーオフ第1戦のラジオ中継の実況を担当。同局広報は「揺れる札幌ドームの興奮を経験したアナウンサーによる中継をたっぷり届けたい」とPRしている。

さっきチラッとフジテレビでやってたけど、「最後のユニフォーム姿の新庄」

っていいながら実際にはコートを着てて中もユニフォームではないみたい。

それにしても元々ファイターズは東京がフランチャイズだったわけだし、

ファイターズファンは北海道だけにいるわけじゃないし、もうちょっとこちらでも

放送してもいいんじゃないかな。

(それにしてもジャイアンツの銀座パレードはいつの話だっけ。。。

もう一度出来る日は来るのかな。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうのブーイング

水曜日(11月15日)、ワールド・ミュージック・アワーズでパフォーマンスしたマイケル・ジャクソンだが、たったの4ライン歌っただけでステージを後にし、客席からブーイングが巻き起こった。およそ9年ぶりのパフォーマンスだった上に「Thriller」など3曲をプレイするといわれていただけに、オーディエンスの失望は大きかったようだ。

『Daily Mirror』紙によると、ティーンエイジャーのゴスペル・コーラスとともにステージに上がったマイケルは、「We Are The World」をプレイし始めたものの4ライン歌ったところで声がかすみ、後は客席に向かい「アイ・ラブ・ユー、アイ・ラブ・ユー」とシャウトするだけだったという。

これには25万ポンド(約5,000万円)をかけて彼を招待した主催者も、100ポンド(約2万円)のチケットを買ったオーディエンスも大憤慨しているそうだ。BBCによると、チケットの払い戻しを要求しようと考えているファンも少なくないという。

ジャクソンはこの夜、1億枚のセールスを上げたアーティストに贈られるダイアモンド・アワーズを受賞。「彼がいなかったら、わたしは歌ってなかった」というビヨンセから賞を受け取ったマイケルは「心の底からファンに感謝している。英国を愛している」とコメントした。

ちなみに、マイケルがプレイすると噂されていた「Thriller」は、クリス・ブラウンがパフォーマンスしている。

それこそいろいろ契約書を交わしてると思うけど、どうなるのかな?

それにしても2万円も払ってでも見たいっていう熱狂的なファンなら

その怒りも半端じゃないだろうね。

代わりに歌ったクリスブラウンもとんだ被害者だね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/17

きょうの出遅れ

Wii

予想はしてたけど、きょうから予約開始だったみたいだけどあえなく在庫切れ。

こっちはどれくらい出荷するのかな。

こっちは絶対手に入れたいと思ってるので。

ゼルダを絶対やりたいと思っているので。

でも並ぶのはやだしなあ。。。

でもDSも未だに売り切れ中だし。

初回を逃すと当分買えない状態になるのかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/16

きょうの恐怖「ロードキラー」

ロードキラー〈特別編〉

何気なく見ていて青春映画かなにかか、主演の人は確か「ワイルドスピード」にも

出てたから車関係の映画かなと思ってみてたら、「激突」のリメイク?のような

恐怖映画だった。

それにしてもこういう映画って決まって犯人は捕まらなくて続編へ、

って感じになるんだよね。

でアマゾンで見たら特典映像に「4つのエンディング」

それは有り過ぎだろ。

それにしてもよく出来てたね。でも人間技じゃないよね。

こんな目にあったらもう二度とイタズラする気は起こらないだろうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの待ち遠しい!

W44s

携帯電話初「デジタルラジオ」に対応
高音質な音楽番組が盛りだくさんの新たな放送サービス「デジタルラジオ」に対応。これまでのアナログラジオ放送 (AM・FM) にはない、映像、音声、データ放送などのサービスもお楽しみいただけます。また、TOKYO FMとfm osakaが放送するチャンネルにて提供される放送インフラを利用したファイルダウンロードサービスにも対応。放送波を利用したファイルダウンロードのため、パケット通信料無料 (注1) で番組DJがリコメンドする楽曲の「着うたフル®」やビデオクリップを入手できます。また、携帯電話の通信機能との連携により、番組で紹介したお店まで道のりを「EZナビウォーク」で案内したり、データ放送から直接コンサートチケットやCD/DVDなどの購入が可能になるなど、双方向サービスもご利用いただける予定です。

こういうのを待ってたんだよ!

でもこれってラジオの機能?

他にも、

対応機能一覧
LISMO
EZ「着うたフル®」(注4)
EZ「着うた®」(ハイクオリティステレオ) (注4)
EZ待ちうた
EZ・FM
EZチャンネルプラス
EZテレビ
EZナビウォーク (声de入力・電子コンパス)
EZ助手席ナビ
安心ナビ
EZニュースフラッシュ
EZ FeliCa
EZケータイアレンジ
EZブック
EZアプリ (BREW®) (注5)
デコレーションメール
Hello Messenger
グローバルエキスパート
PCサイトビューアー
赤外線通信
バーコード
遠隔オートロック
バイリンガル機能
ペア機能
でか文字
MSミュージック

ってフル機能だよね。はたしてハウマッチ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのあれこれ

今季でニューヨーク・ヤンキースとの6年契約が終了し、去就が注目されているマイク・ムシーナ投手。チーム残留が濃厚であることを本人が認めた。

 ヤンキースはこの日、ムシーナとの来季の契約オプション1700万ドル(約20億円)を正式に破棄。チームの地元紙ニューヨーク・ポスト(電子版)は、両者が年俸総額2250万ドル(約26億5000万円)の2年契約に合意したと報じた。

 この報道に対してムシーナは、「1週間以内にまとまるはずだと話したが、それはあくまで自分の希望だ。まだ契約していない」ときっぱり否定。ただし「もう少しのところまではいっている」と契約間近であることをほのめかし、伝えられている条件についても「近い」と認めた。

 12月で38歳になるムシーナは、かねてからチーム残留を希望。この日も「(交渉は)あと少しで終わりそうだ。希望がかなうといいんだが」と契約締結を心待ちにしていた。

現状ではやっぱりいなくなってもらっては困る存在だからね。

ムースにはヤンキースで野球人生を終えて欲しいね。

そして、

メジャーリーグ機構は15日、ポスティングシステム(入札制度)によるメジャー挑戦を目指す東京ヤクルトスワローズの岩村明憲三塁手(27)との独占交渉権を、タンパベイ・デビルレイズが獲得したと発表。

 獲得可能選手として、メジャー全30球団に公示された岩村。入札は10日(日本時間11日)に締め切られ、デビルレイズが最高入札額を提示した。米メディアによると、そのほかの球団としてはこれまでパドレスやインディアンス、レッドソックスなどが入札したと伝えられていた。

なんかますますアリーグ東地区が熱くなりそうだね。

じつはナリーグの試合もみたいんだけど、ますますアリーグ中心になりそう。。。

そんななか、

米大リーグ、レッドソックスが約5111万ドル(約60億円)で松坂大輔投手(西武)の独占交渉権を獲得したことが発表された15日、巨人の清武英利球団代表は「野球界にとっては大きな損失。球団は一時的に潤うかもしれないが、長期的には自分の首を絞めることになる」と人材流出への危機感を募らせた。

 巨人は当初からポスティングシステム(入札制度)での移籍は認めない方針で、上原浩治投手の要望も退けてきた。清武代表は「ポスティングは不公平で欠陥がある。保有権(の期間)が選手によって違ってしまう」と訴え「うちは選手をお金で売らない」と続けた。

すっかり忘れられた存在の上原だけど、FAまでは無理そうだね。

ところでFAまであと何年?それまで我慢できるのかな。。。

| | コメント (1) | トラックバック (2)
|

2006/11/15

きょうの想定外

レッドソックスが松坂との交渉権を得るためだけに費やす落札額の約60億円は、日本球界の数字を例に出せば、いかに飛び抜けているかが分かる。
 今春に選手会が発表した12球団の今季の年俸調査結果(外国人除く)によれば、球団別の年俸合計のトップは巨人の34億5446万円で、今回の落札額に遠く及ばない。最下位の楽天(14億8940万円)ならば、4年分を賄える計算になる。743選手による総額の約279億円を対象にしても、選手会に加入するプロ野球全選手による1年間の年俸総額の約22%にも相当する。
 2004年にソフトバンクがダイエーから球団を買収した際の総額は約200億円だったが、球団株98%の取得にかかった費用は約50億円。また、西武球団の年間赤字は約20億円といわれ、単純に3年分のマイナスが埋め合わせできる。ある球界幹部は「(西武も)想定外だったようだ」と数字の価値を説明した。
 巨額な落札額を生み出すポスティングシステム(入札制度)に対し、以前から日米で賛否両論がある。しかし、一流選手の米球界志向が強まる中、FAによる移籍と違い、同制度は球団そのものが「代理人」となって落札額という代償を手にできるシステムでもある。松坂のような超一流選手は単純な比較対象にならないが、損得勘定によって同制度の活用が加速する可能性がある。

自衛隊PKO業務の年間予算は約60億円。

関東大震災の被害総額が60億円。

三菱自動車の2006年3月期の連結営業損益は、60億円。

松井秀喜外野手(31)との4年契約年俸総額は5100万ドル(約60億7000万円)。

諫早湾干拓事業では農水省の要求どおり60億円の事業費。

日本のプロ野球へ新しく加盟するのには、60億円。

いくら並べてみても実感が沸かない。。。

それにしてもまだ独占交渉権を獲得しただけで、契約が成立したわけではない。

ボラスは契約金はどれくらい取る予定なのかな。

結局ボストンは松坂一人にいくら懸けるの?他の選手は獲らないの?

| | コメント (3) | トラックバック (5)
|

きょうの怒り

SPIRIT<スピリット> コレクターズ・ボックス (完全予約限定生産) SPIRIT<スピリット> コレクターズ・ボックス (完全予約限定生産)

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ
発売日:2007/03/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

確か9月くらいに予約して本当なら11月中頃に発売の予定だったのに、

いつの間にか3/9に変更になってる。

しかもそのことは全く連絡なく。

そしてそのことに文句をいっていた「カスタマーレビュー」がいつの間にか消されてる。

悪評?についても載せてるから信頼して信用していたのに、全く裏切られた。

それじゃ不治テレビのコメント爛と一緒じゃん!

まあ多分中村指導?というか警告?の影響かなと思うけど。。。

作品の評判が高いだけに残念。そしてアマゾンの対応にもガッカリ&怒り!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/14

きょうの落札

プロ野球の西武ライオンズは14日午前、埼玉県所沢市内で球団取締役会を開き、ポスティングシステム(入札制度)で米大リーグ移籍を目指す松坂大輔投手(26)に対する最高入札額への回答を決定し、日本コミッショナー事務局に通知した。受諾を決めたのは確実とみられ、15日午前10時(日本時間)に日米で同時に正式発表され、落札球団などが判明する。
 この日は決定内容を公表しなかったが、太田秀和球団社長は取締役会後の会見で「金額の発表は今後検討する」などと述べた。球団はこれまで、松坂投手の大リーグ移籍の希望を実現させたいと繰り返し表明しており、取締役会での結論も「満場一致」だったという。
 太田社長は「日本コミッショナー事務局から発表を差し控えるよう強い要望があった。一番の理由は、日米で同時に発表することになったため」と説明。松坂投手にも内容は伝えていないという。意思決定が回答期限(15日午前7時)直前までずれ込んだ理由は「情報が錯そうしていたため慎重を期したことと、日米同時発表の調整に時間がかかった」と話した。
 一方、大リーグ公式ホームページは13日、レッドソックスが落札した模様だと伝えた。複数の米メディアの報道を米球界の幹部が認めたという。落札額は米スポーツ専門テレビ「ESPN」が13日、4200万ドル(約50億円)と報じたほか、5000万ドル(約59億円)に近い額とする報道もある。落札球団は松坂投手と30日間の独占交渉権を獲得し、年俸などの契約交渉を始める。

とりあえずメジャーリーガー松坂は確定した模様。

落札チームもほぼBに決まりみたいだけど、落札額は公表されないのかな?

それにしても結構みなさん振り回されたのかな?

個人的には最近はワイドショーもみないし、スポーツ新聞も週刊誌も自分からは

見ようとしないから、ネットでのニュースくらいで、それも話半分くらいにしか

信じてないから、今回の加熱憶測報道は殆ど気にしてませんでした。

まああしたの10時っていうのは確定みたいだからそれを待ちますか。

(もう裏取引とかはないよね。。。)

<追記>

ポスティングシステム(入札制度)で米大リーグ移籍を目指している西武の松坂大輔。レッドソックスが4200万ドル(約50億円)で落札したと報じられるなど、依然として移籍先に関する報道は加熱している。しかしその一方で、松坂への入札額高騰に対して疑問を投げかける見方が一部のメディアで浮上してきている。

 米スポーツ専門局『FOXスポーツ』のホームページ(HP)は13日(現地時間)、松坂獲得がうわさされるレッドソックスに対して記事の中で、「球団資金の使途について、より賢明な判断が必要である」と、高額入札に苦言を呈した。

 同HPは松坂獲得の利点として、日本企業による広告やタイアップ商品開発など新たなマーケット拡大につながることや、宿敵ヤンキース戦での切り札になることなどを列挙。その反面、本拠地フェンエイ・パークの観客動員は従来から常に満員で、チケット売り上げによる増収にはつながりにくいこと、また野手であるイチローや松井秀喜らとは違って、先発投手のため、常時出場するわけではないことなど、必ずしも利点ばかりではないと伝えた。さらに最大の懸念事項として、高校時代からの投球過多による蓄積疲労が、けが発症のリスクを高めているとも指摘した。

 同HPは、敏腕代理人として知られるスコット・ボラス氏の働きもあり、レッドソックスが松坂と高額で長期契約を結ぶ可能性が高いと報じている。レッドソックスは1998年、ペドロ・マルティネスと6年7500万ドルの大型契約を締結。結果的にマルティネスは1年間の契約延長も含め、レッドソックスに在籍した7年間で117勝を挙げるなど十分な実績を残した例もある。松坂はその系譜に名を連ねることができるのか。その契約金額とともに、周囲の松坂に対する期待が膨らんでいることは間違いない。

まあ確かに高すぎといえなくもないよね。観客動員はこれ以上できないし、

チケット代も1人の選手のせいで上がるとも思えないし。

でも日本人ファンが増えることは確実だけど。そうなると余計にチケットが入手困難に。

結局ヤンキースに行かせたくないっていうのが一番の理由なのかな?

それだけのための高額入札だとすると。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/11/13

きょうののだめ

ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調 ラフマニノフ/ピアノ協奏曲第2番ハ短調

アーティスト:アシュケナージ(ウラジミール)
販売元:ユニバーサルクラシック
発売日:1995/04/21
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アシュケナージのピアノ、ハイティンク指揮のコンセントヘボウって凄いね。

自分のなかではアシュケナージも指揮者なんだけど、

指揮者でピアニストって結構いるんだよね。天才は二兎も追えるってこと?

ところでドラマの方はのだめより千秋がメインで「千秋カンタービレ」になってない?

で、なんでマングースなの?

ラプソディ・イン・ブルーもCD持ってたと思ったけど、誰の指揮だっけかな。

実家にあるけど今聞きたい。。。

こっちも売れてるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの電撃

モンゴル力士のパイオニア的存在の東左前頭10枚目旭鷲山(大島=33)が、13日に引退届を提出することが12日、分かった。九州場所初日のこの日夜、旭鷲山本人が明かした。1年前から心臓の病を患っており、相撲への影響が限界に達したことを実感し、決意した。13日に福岡県内の病院で精密検査を受け、師匠の大島親方(元大関旭国)と相談の上、日本相撲協会に引退届を出す。引退後はモンゴルに帰国し選挙に出馬する予定で、日本との人脈を生かす日本担当大臣を目指す。

旭鷲山「心臓が腫れて、医者からは『たまに止まったりすることがある』と聞いている。九州でも2、3回、病院に行っているけれど、変わらなかった。1年前から辞める覚悟はしていた。今日も土俵上で苦しかった。明日(13日)病院にまず行って、最終的に診てもらって、親方とも相談して引退届を出すかもしれない。今月中には1度モンゴルに帰るかもしれない」。

引退後は、モンゴルに戻り政治家に転身する予定だ。「選挙に出るよ。外務大臣とかできればいいね。日本担当になれば、今までの人脈も生かせる」。自国ではビジネスマンとしても成功しており、国民の100%近くが知っているほど知名度が高いだけに、出馬すれば当選する可能性は高い。大相撲の開拓者として「ジャパニーズドリーム」を実現させた功績は、母国で高い評価を受けている。

「年齢的には、まだまだやれるのに、こんな形で辞めるのは残念です。でもこれで日本との縁が切れるわけではないからね」。どの力士も、避けて通れない引退への道。左右どこからも繰り出せる華麗な技は、もう見られない。旭鷲山が波瀾(はらん)万丈の土俵人生に別れを告げる。

アスリートの突然の病気って恐いね。

それだけギリギリのことをやってるってことなんだろうけど。

それにしても政治家になるっていうのは吃驚。

外務大臣になって朝青龍に記念品を贈る、なんてことがあるのかな。

とりあえずお大事に、そしてお疲れ様。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006/11/12

今年最後の試合

とうとうこれで今シーズンが終りました。

きょうは「シンジラレナーイ」とはならなくて良かったです。

それにしても1-0での勝利と、苦しいことには違いなかったけど、

そこを勝てるところに力の差がある、っていうことだと思います。

MVPがダルビッシュっていうのもうなずける、というか打撃陣から出なかった、

っていうのが今回の特徴だったのかと思います。

彼もいろいろあったけど、元々力はある選手だったので、変な方向へ行かなくて

本当に良かったと思います。

まあ来年もあるかどうか分かりませんが、色んな試みをしてその中で

一番面白い形に結実してくれればと。

その為にはNPBと選手会がきちんと考えていかなければならない、

っていうことを肝に銘じて欲しいと思います。

一年間日本ハムの選手お疲れ様でした。そしておめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうの?

巨人がオリックスからトレードで獲得した谷佳知外野手(33)の背番号が「8」に決まった。原辰徳監督(48)が10日、明かした。秋季キャンプを行っている宮崎から、練習中に電話で谷に伝えられた。原監督も背負った思い入れのある背番号を託し、新エイトマンに攻守で外野陣の起爆剤になるよう期待を寄せた。

 思い入れのある背番号だ。入団した81年から、現役としてプレーした15年間、苦楽をともにした「8」。引退翌年から仁志が背負い、その仁志は6日に横浜に移籍した。「まぁ、愛着はありますけどね。中心選手が付けてくれるのは、願ったりです。大いに暴れ回ってもらって、ファンの人たちを喜ばせてもらいたい」と、エイトマンの先輩としてもエールを送った。

 背番号8は水原茂から始まり、高田繁、原辰徳らが受け継いできた伝統の番号だ。谷は今キャンプでは合流しない予定。春のキャンプでの「原さんが大好きで、野球をやっていた」と公言する新エイトマンにふさわしい状態での合流が待たれる。

背番号っていうのはそれを付けていた選手にもそうだけど

ファンにとっても思い入れっていうものがあるわけで、

まして一桁台の番号を外様に渡すっていうのは。。。

谷選手のことは別に嫌いではないけど、やっぱりそれは生え抜きの選手に、

っていうのはもう古いのかな。。。

まあもう清原や小久保の例があるからイマサラではあるけど。

過去では中畑の24がドラ1の選手に渡ったけどパッとしないままいなくなって

相当ガッカリしたけど由伸が付ける事になってホッとしたと思ったら現状は。。。

な感じだから、生え抜きが一番っていうのが絶対って訳じゃないのも分かるけど。

でも谷じゃやっぱり弱いよね。。。それならまだ亀井の方が。

名前負けならぬ番号負けにならないことだけ祈ってます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006/11/11

あしたの相手

「KONAMI CUP アジアシリーズ2006」3日目の第2試合、サムスン(KBO)vs.LA NEW(CPBL) の一戦が11日、東京ドームで行われ、LA NEWが3-2で逆転勝利を収めた。この結果、対戦成績を2勝1敗としたLA NEWの決勝進出が決まり、12日の決勝で“アジア一”の座を懸けて北海道日本ハムと対戦することになった。

 試合は1点を争う好ゲームとなった。LA NEWは2点を先行された4回、無死二、三塁のチャンスで4番チェン・ジンフェンがセンター前に2点タイムリーヒットを放ち、すぐに同点に追いつくと、6回には3番リン・ジシェンがレフトに特大のソロ本塁打を放ち、勝ち越しに成功。投げては先発のウ・スヨが5回2/3を2失点に抑える力投を見せると、その後はファン・シュンジョン、シュ・ジファ、モレイと継投し、サムスンの反撃を許さなかった。

 一方のサムスンは、ヤン・ジュンヒョクの2ランで先制したものの、初回2死満塁のチャンスで無得点に終わったのをはじめ、再三のチャンスにあと1本が出ず10残塁を記録。リードを許してからは必勝継投の“KOパンチ”ことクォン・オジュン、オ・スンファンの2投手を投入して打線の援護を待ったが、最後まで打線のつながりを欠いた。昨年のアジアシリーズでは決勝戦で千葉ロッテと“アジア一”の座を争ったサムスンだったが、ことしは決勝にたどりつくことなく敗退した。

今年こそと思ってただろうサムソン。

それが決勝へ出られないなんて。

でも日本ハムとしてはこちらの方がヤバイかも。

ますます「絶対に負けられない」状況に。

でもスポーツに絶対はないからね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの合意

ソフトバンクは11日、巨人からフリーエージェント(FA)宣言した小久保裕紀内野手(35)との契約が合意に達したと発表した。同日、本人から連絡があった。2003年以来の復帰となる。
 王貞治監督らが9日に同内野手と入団交渉し、「4年契約、年俸総額12億円プラス出来高払い」の条件を提示。さらに、チーム在籍時の背番号「9」を用意していることなどを伝えた。同選手は事実上これを受け入れる意向を示していた。
 小久保は都内で取材に応じ、「人生最大の決断だった。王監督の下でもう一度野球をやりたいというのが、復帰を決めた最大の理由。来年優勝するためなら何でもするという覚悟で福岡に戻りたい」と語った。巨人で一度も優勝争いができなかったことを心残りとする一方で、「違った角度から野球を見られたのは今後プラスになるという確信がある」とも話した。
 王監督は「今のホークス魂をつくり上げてきた仲間であり、また一緒に戦うことができてうれしい。来季こそ優勝、日本一をつかみ取りたい」と期待感を表明した。 

決まったからには頑張って欲しい。

それにしてもこうなった以上来年こそ優勝しないと。

そして、

今週中にも誕生するとされていた“メジャー松坂”が、来週への持ち越しになったことには“演出”があるようだ。

 週明けの14日には、都内のホテルで球界のオフの公式行事である「プロ野球コンベンション」と、今春の力投で世界一&MVPに輝いたWBCの祝勝パーティーが開かれる。

 西武としては13日に「受諾」の最終決定を下した後、MLBサイドにその旨を通告。これを受けたMLBが最高額で応札した球団にその旨を通知すると同時に、気になる落札球団とその額が米国内で判明。そのニュースが太平洋を渡り、球界の晴れ舞台である14日の各セレモニーで披露される-というシナリオだ。

 「西武のみならず、日本の球界の宝として、送り出してあげたい」(太田球団社長)。それゆえの、セレモニージャック。短いオフシーズンで米国移籍を果たす松坂のスケジュールを考慮する意味もあるようだ。

 さらに、8年間支えてくれたファンに対しても恩返しはバッチリ。11月23日にインボイス西武ドームで行われるファン感謝デーなどの球団行事には参加し、改めて「メジャー松坂」のお披露目を華々しく行うという。

 日米ともに箝口(かんこう)令がしかれているため、米メディアのスクープ合戦だけが先行するが、週明けには間違いなく“メジャー松坂”が誕生する。

ちょっと引っ張りすぎとも思うけど、まあ日本のエースの船出だからね。

今年最後のお楽しみということで。

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

きょうのサヨナラ&ようこそ?

ニューヨーク・ヤンキースが1300万ドル(約15億円)の来季契約オプションを行使したものの、移籍のうわさが絶えなかったゲリー・シェフィールド外野手(37)が、結局かつての「恩師」であるジム・リーランド監督が指揮を執るデトロイト・タイガースへトレードされた。

 タイガースはシェフィールド獲得の見返りに、若手有望株の3投手をヤンキースへ放出。さらに来季で切れるはずだったシェフィールドとの契約を2009年まで総額2800万ドル(約33億円)で延長した。

 1997年にフロリダ・マーリンズでワールドシリーズ制覇を達成したリーランド監督、デーブ・ドンブロウスキGMと再開することになったシェフィールドは、「最高の気分だ。この10年間、常に敬愛してきた人たちと再会できるんだから。彼らは尊敬できる人物だし、10年を経て再開できたのは神様の祝福のおかげだよ」と喜びをあらわにした。

 シェフィールドは昨季まで3年連続で30本塁打、120打点をクリア。ヤンキースで中軸打者として活躍していたが、今季は故障でわずか39試合の出場にとどまり、離脱中にチームが獲得したボビー・アブレイユ外野手に右翼の定位置を奪われる形になっていた。

いろいろあったけど結局こういう結果に。あの夢の打線も一夜限りってことなのね。

まあ来るものがあれば去るものもある、ってことですかね。

そして、

今季終盤は一塁も守ったゲリー・シェフィールド外野手をデトロイト・タイガースにトレードしたニューヨーク・ヤンキース。ニュージャージー州の地方紙ニューアーク・スターレッジャー(電子版)が10日付で伝えたところによると、ブライアン・キャッシュマンGMは一塁を守れる右打者を探しており、その候補としてノーマー・ガルシアパーラ一塁手(ドジャース)が候補に挙がる可能性があるという。

 本来は遊撃手のガルシアパーラは、長年ヤンキースの宿敵であるボストン・レッドソックスの中心選手として活躍。しかしドジャースでプレーした今季は一塁へ転向し、122試合の出場で打率3割3厘、20本塁打、93打点の好成績をマークしたほか、守備でもわずか4失策と安定していた。

 なお同紙は、キャッシュマンGMが左の強打者ジェーソン・ジアンビ一塁手について、来季は主に指名打者として起用する予定だと語ったことも合わせて伝えている。ちなみにガルシアパーラはすでにフリーエージェント(FA)を申請済みで、ヤンキースは昨オフもFAになったガルシアパーラの獲得に興味を示していた。

またボストンの勇者がニューヨークに?なんてことになるのかな。

ドジャースでの奇跡をまたヤンキースでも、ってことになればいいね。

さらに、

米スポーツ専門テレビ局「ESPN」のウェブサイトは10日、ポスティングでのメジャー移籍を目指す松坂大輔投手(西武)に対し、ボストン・レッドソックスが4500万ドル(約53億円)の最高値をつけて交渉権を獲得した模様だと報じた。

 同サイトは、メジャーリーグ機構関係者の話として、レッドソックスが3800万ドル(約45億円)から4500万ドルの高額で応札したと伝えた。その一方で、3000万ドル(約35億円)で松坂に落札したと一部で報じられたテキサス・レンジャーズの応札額は2200万ドル(約26億円)だという関係者の話を紹介している。

 当初は3000万ドル前後と見られていた松坂の正確な落札額は現時点では不明で、一部では事前の予想額を下回る1300万ドル(約15億円)あたりではないかとの報道もある。なお西武が提示された額での移籍を承諾するかどうかの決定は、13日以降になる見通しとなっている。

冗談で50億とか言ってたら実際にそうなるかも?

でもボストンにだけは行って欲しくないんだよね。。。

まあまだ確定ではないので。はやく結果が知りたいけど。

(でも松井vs松坂っていうのを見るには別のアリーグチームに行った方が、

っていう考え方もあるしなあ。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2006/11/10

きょうの訃報

テレビのクイズ番組でも活躍した漫画家のはらたいら(本名・原平)さんが10日、肝不全のため死去した。63歳だった。告別式は15日午前11時30分、東京都板橋区板橋1の48の13新板橋駅前ホール。自宅は文京区小石川4の18の7の807。喪主は妻、原ちず子さん。

 高知県出身。高校卒業後上京し、20歳の時、「新宿B・B(ベベ)」でデビュー。「ゲバゲバ時評」「モンローちゃん」など、ナンセンスな社会風刺と清新なお色気で売れっ子になった。1977年から92年までクイズ番組「クイズダービー」のレギュラー解答者を務め、甘いマスクと7割を超える正答率で「はらたいらさんに3000点!」などの流行語を生んだ。ニュース司会やCMタレントとしても活躍、読売国際漫画大賞の選考委員なども務めた。92年から発病した更年期障害と向き合った「はらたいらのジタバタ男の更年期」などエッセーも多数。

子供の頃に当たり前の存在として見てきた人が、暫く見てないことも忘れてて

突然訃報を聞くと、実感が沸かない。

いつの間にか63歳になってて、そしていつの間にか亡くなっていたなんて。

今でも顔が思い浮かぶけど、もう面影は違うものなのかな?

未だに何であんなに物知りだったのか。謎のまま去って行ってしまうんだね。。。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/09

きょうのサヨナラ

巨人からフリーエージェント(FA)宣言した小久保裕紀内野手(35)は9日、獲得に名乗りを上げた古巣ソフトバンクと、同球団の王貞治監督を交えて東京都内のホテルで入団交渉に臨み、「前向きに考えて決断したい」などと語り、ソフトバンクへの復帰が確実な情勢となった。
 交渉には王監督のほか、ソフトバンクの笠井和彦オーナー代行、竹内孝規球団常務、角田雅司球団代表が出席。「4年契約で年俸総額12億円プラス出来高払い」の条件が提示され、ソフトバンク時代に小久保が付けていた背番号「9」をそのまま空けて用意していることも伝えられた。
 今夏に胃がんの手術を受けた王監督に「また一緒にやろう」と声を掛けられた小久保は、「体力の回復に努めていらっしゃる時に直々に足を運んでいただいた。僕の人生において非常に影響力の強い方。グッとくるものがあった。気持ちは固まっていると思ってもらってもいい」と話した。
 王監督は「絶対来てくれるだろうと思っている」と手応え十分の様子。その上で「彼はリーダーの資格を十分持っている。松中と2人で競い合って、互いに成績と選手寿命を延ばしてほしい」と言葉に力を込めた。
 小久保は7日に巨人との残留交渉に臨んだが、態度を保留した。

まあいままでがオカシナ状態で正常な状態に戻るだけだけどね。

ホークスは出ても出ても育ってるからね。

かたやこれでまたキャプテンがイナクナル虚人。。。

由伸はどうなの?今度こそキャプテンにならなくちゃ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/08

ホントに最後の日米野球

結局いい投手は簡単には打たれない。

二流の投手は確実に打たれる。

日本の一流投手はとりあえず一回りは抑えられる。

でも一年通して相手になるかは分からない。

メジャーの選手がホントに本気になれば、やっぱりこういう結果になる。

和田や馬原レベルの投手がきっちり揃ってれば1勝くらいはデキタカモシレナイケド、

勝ち越すのはまだまだ難しいと思った。

個人レベルで一回りっていうのはなんとかナルと思うけど、

一試合をフルに抑えるのは難しい。

ハセも言ってたけどまああのメンバーが揃うこと自体ありえないことだけどね。

日本の打撃陣は今回あまりにも小粒って感じだったのであまり評価できないけど、

改めて華のある選手が少ないなあ、と思った次第。。。

まあハワード、マウアー、ライトの打撃が見られただけで十分満足だったけど。

もうあんなメンバー揃うことはないんだろうね。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

ことしのゴールドグラブ

投手      川上憲伸 中日         松坂大輔    西武
捕手    谷繁元信  中日         里崎智也    ロッテ
一塁手  シーツ      阪神         小笠原道大 日本ハム
二塁手  荒木雅博  中日         田中賢介    日本ハム
三塁手  岩村明憲  ヤクルト    今江敏晃    ロッテ
遊撃手  井端弘和  中日         川崎宗則    ソフトバンク
外野手  福留孝介  中日         森本稀哲    日本ハム
         青木宣親  ヤクルト    SHINJO       日本ハム
         赤星憲広  阪神         稲葉篤紀     日本ハム

やっぱり優勝チームから選出されることに。

それにしてもパリーグの外野手は納得だね。

でも今年で最後もいるっていうのもちょっと寂しいね。

(虚人はここにもいない。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/07

きょうも恐るべし。。。

Rh1

この男は何者なんだ。

3打席ノーヒットできょうこそ抑えたか、と思ったら、2球目のフォークをきっちり見送り、

掛布に「負けました」と言わせた後の甘くは無い外へのフォークを、

右中間の一番深いところへまさに”運ぶ”。

長谷川と二人で「笑うしかない」状況にしたあの打球、あのフォーム。

崩れているけど崩れてない、あの場面で最適の崩れ方。

本当に三冠王獲って欲しいと本気で思えた選手。

来年は一試合でもいいから見てみたい。

(できればヤンキースに、なんてことは言いません。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうの?

あるテレビ局関係者は、「原監督が8番をつければ話題になる。今は若い番号の監督も多いし、おかしくはない。他の局とも、そういう話はしています」と熱望。球団内からも、「原監督のグッズの売り上げはダントツで、選手よりも売れている。8番をつければ、さらに売り上げが伸びるのは間違いないでしょう」と、期待の声が上がる。

 監督の背番号といえば、今はロッテ・バレンタイン監督が「2」。オリックス・コリンズ監督が「1」。楽天・野村監督も現役時代の「19」。若い番号はトレンドといえる。

 巨人では「8」の他に、ディロンの「5」、FA移籍が予想される小久保の「6」まで空き番になりそう。

 仁志のトレードに原監督は、「巨人で11年間選手として“私の8”を背負ってくれた」と振り返ったように、8番に深い愛着を持っている。

 まさか8番をつけたいから、仁志をトレードに出したわけはないだろうが、タイミングはドンピシャ。原監督は12年ぶりに8番を背負うことになるのだろうか。

それはなんでも、って感じだけど。

一桁はやっぱり選手に分けてあげないと。多くても9人しか選ばれないんだし、

巨人はもう1番3番は無いわけだし、8番はそれなりの選手に着けてもらわないと。

でも5番6番も空きになる状況じたいが虚人の現状なのかも。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのトレード

オリックスの谷佳知外野手(33)と巨人の鴨志田貴司投手(22)、長田昌浩内野手(22)の1対2での交換トレードが成立し、7日に両球団から発表された。実績のある右打者を狙う巨人と、2選手の将来性を評価するオリックスの思惑が一致し合意に達した。
 神戸市内のホテルで記者会見した谷は「報告を受け素直に受け止めた。10年間やらせてもらい、オリックスがなければ成長はなかった。球団に感謝している」と落ち着いた表情で語り、新天地の印象には「原監督は小さいころからあこがれていた。巨人は勝ち続けなければいけない。強い意識を持って貢献したい」と話した。
 また、女子柔道五輪金メダリストの亮子夫人からは「早くジャイアンツ愛の空気になれて優勝に貢献してほしい」と言われたと明かした。
 谷は香川・尽誠学園高-大商大-三菱自動車岡崎を経て、1997年にオリックス入り。2001年から4年連続で打率3割をマークする活躍を見せたが、この2年間は右足首や右ひじなどの故障に悩まされ、今季は118試合の出場で打率2割6分7厘、6本塁打だった。

またまたパリーグからの引き抜きになるけど、

これくらいの選手が復活して新たな魅力を出すっていうことがないのが虚人だからね。。。

とりあえず怪我で出られないってことだけはやめてね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

きょうの受賞

プロ野球生みの親、故正力松太郎氏の願いは“世界に追いつけ、追い越せ”だった。WBCでの世界一が評価されての受賞に、王監督は「選ばれてびっくりしたが、選考理由を聞いて初めて納得した。これからも野球界の役に立てればと思う」と穏やかな笑みで話した。
 1977年の第1回受賞は“世界記録”の756号が決め手だったが、99年と2003年はチームの日本一が評価された。「今回もWBCでみんなが頑張ってくれたことで、わたしが代表していただいたと受け止めている。みんなの気持ちの結集」。受賞を素直に喜びながらも、選手やスタッフへの気遣いを忘れなかった。
 現役時代の一本足打法は好不調の波が激しかったという。「WBCも(胃がんで手術した)体のことも思いもよらなかった。毎年波瀾(はらん)万丈だが、波の大きさからすれば、かなり激しかった。わたしらしいといえば、わたしらしい」。公私ともに激動だった今年を選手時代と重ね合わせていた。

今年はまさに激動の年でしたね。

WBC優勝に始まり、癌の発覚、手術、リハビリ、ホークス3年連続優勝できずと、

いろいろありすぎて自分自身もうWBCの事を忘れていたのかも。

それにしても4度目の受賞というのは凄い。

次こそホークスでの日本一での受賞を。っていうことだよね。

まああんまり無理はせずに末永く”生き続けて”下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/06

きょうの残留&トレード

黒田がFA権を行使せずに広島に残ることを決断した最大の理由は、自分を育ててくれたチームへの強い愛着だった。
 FA宣言して、他球団の評価を聞きたい気持ちは確かにあった。しかし「入団当時は誰もここまでの投手になると思っていなかったと思う。他の球団のユニホームを着て、広島市民球場でカープ相手に目いっぱい投げられる自信がなかった」という言葉が表すように、制球難だった入団当初から、期待して見守ってもらった恩を返したいという思いが上回った。
 来季からプレーオフ制が導入されることも広島には追い風だった。また今季終盤に黒田の残留を求め、本拠地の右翼席を赤く染めたファンの盛り上がりも一因となった。「多くのファンの前で、優勝を争う緊張感の中で投げたい」という黒田の希望が現実味を帯びたことが決断を後押しした。
 球団側の「戦術」も奏功した。FA宣言後に他球団とのマネーゲームとなれば勝ち目はほとんどないだけに、宣言の期限までを勝負と見ていた。8月末から9度にわたって話し合いを重ね、年俸換算では球団史上最高額となる4年総額12億円の条件を提示。前例を覆してFA宣言後の残留も認めたほか、将来の米大リーグ挑戦も容認するなど、黒田の意向を最大限受け入れて慰留したことが実を結んだと言える。

残って欲しいという気持ちがお金に勝ったっていうことなのかな。

これでさらに成績アップしたら本当に素晴らしいことだね。

そして、

楽天の礒部公一外野手は6日、今季取得したフリーエージェント(FA)権を行使せずにチームに残留することを明らかにした。この日、球団を訪れ、米田球団代表に意思を伝えた。
 「ここ2年間満足できる成績を上げていない。(消滅した近鉄から)楽天に移籍した経緯もあるし、もう一回頑張るという意味で残ることを決めた」と話した。

こちらは引きとめ工作もなく残留するしかないっていう感じみたい。

さらに、

巨人の仁志敏久内野手(35)と横浜の小田嶋正邦内野手(27)プラス金銭での交換トレードが成立し、6日に両球団から発表された。出場機会を求めて移籍を志願していた仁志に対して巨人が受け入れ先を調整し、合意に達した。
 東京・大手町の巨人球団事務所で会見した仁志は「感謝している。横浜ではチームの底上げの力となり、もう一度上を目指したい」と意気込みを語った。桑田真澄投手に続く生え抜き選手の退団に、巨人の清武英利球団代表は「チームを立て直すために、血の入れ替えは必要だ」と話した。
 仁志は茨城・常総学院高-早大-日本生命を経て、1996年に巨人入り。1年目から主力として活躍したが、今季は64試合に出場し、打率1割8分5厘だった。小田嶋は巨人の原辰徳監督と同じ東海大出身で、捕手もこなせる。

いつの間にか35歳だったんだね。巨人の8番は誰が引き継ぐのかな?

そして、

ソフトバンクの竹内孝規球団最高執行責任者(COO)は6日、フリーエージェント(FA)の権利行使を明言している巨人の小久保裕紀内野手について「8日に公示されて、(交渉解禁は)9日以降になる。その日に電話で連絡を取りたい」と、できるだけ早く交渉の席に着きたいとの考えを示した。
 5日に米国から帰国したばかり小久保は、11月中に結論を出したいとの意向を示している。

こちらは相思相愛というか規定路線だからね。

今度こそホークスを引っ張って欲しい。

で、巨人を引っ張るのは誰?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/05

きょうの残留(李)

巨人は5日、李承☆内野手(30)と4年契約で合意したと発表した。総額30億円の大型契約で、来季年俸は今季の1億6000万円から7億円に大幅アップする。メジャー志向の李に対し、チームが日本一を達成した場合には、メジャー移籍の話し合いに球団が応じる付帯条件も加えられた。また、背番号が今季の33から25へ変更することも決まった。
 東京・大手町の球団事務所で会見した清武英利球団代表は「やや変則的な契約は、李の原巨人を日本一にしたいという強い希望と大リーグ挑戦の2つの夢を補完するもの」と説明。李は「わたしの人生でメジャーの舞台は重要だが、現段階では巨人が重要。優勝してから話をしたい」と話した。
 また球団は、韓国プロ野球からコーチを研修生として受け入れるという李の提案にも合意した。(金額は推定)
 (注)☆は火へんに華

巨人首脳陣はどこまで日本一になる可能性を考えてるのかな。

4年以内に日本一って今の状況では考えられないけど。

李が一年でも早くメジャーに行けることを祈ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのリラックス

4日の日米野球第2戦を前に、家族と観光を楽しんだライアン・ハワード一塁手(フィリーズ)。浅草の観音様をお参りし、仲見世で買い物、そして水上バスで隅田川下りと新鮮な風景を満喫した。しかし日米で所が変わっても、球場の中でのハワードの存在感には一切変化がなく、第2戦では2本のアーチ。特に450フィート(約135メートル)にも及ぶバックスクリーンへの特大の一発は、チームメートにとってこの遠征の土産話のひとつになりそうだ。

 今回の遠征について、「ここまでチーム一体となって素晴らしい時間を過ごしている。ただリラックスしてプレーするだけでいいからね」と答えたハワード。滞空時間の長い一打は、日本のファンにも強烈な印象を残した。「日本に来て一番最初に聞かれたのが、『日本で何発打つ予定か』だった。日本のファンの期待は大きいが、地元フィラデルフィアでもそうなので慣れている。期待されるのはうれしいし、自分のホームランが勝利につながればそれこそ最高だ」と、スラッガーとしての心構えも一流だ。

こういうリラックスは全然OKだけど、辞めた後に家族観光して帰った誰かさんとは

大違いだよね。

結果をだせばなにも文句は無い。きょうも打って!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/11/04

最後の日米野球(第2戦)

きょうの方が面白そうだった。。。

それにしてもやっぱりこの投手陣じゃ、日本選抜を率いてる気がしないよね、ノムさん。

西村の次に楽天を自由契約になった小倉を出さざるを得ない状況って。。。

本気モードのMLBに対して本当に失礼な話だよね。

でもノムさんのことだから、1,2戦でMLBのやる気をなくさせて、3,4,5戦を

騙し騙し勝つっていうのを狙ってるのかな。

それもある程度選手がいればの話だからね。せっかくまともな”采配”ができると

思ってたんだろうけど、楽天の監督と同じような状況って可哀想過ぎ。。。

そして試合の延長はあるって話だけど中継の延長はなし。。。

せっかく追い上げたのにまた虚人の投手がいきなり打たれて、って

虚人と楽天の投手しかいないような印象。

仕方が無いのでmlb.comのgamedayを久々に。

東京ドームは本当に左右対称なんだね。

結局粘りながらもきょうも接戦で負け。

まあハワードのあの当たりが見られて良かった?ってことで。

これで小笠原もいなくなってあしたの4番はカツノリ?

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/11/03

最後の日米野球

分かってはいたけどやっぱりガッカリなNPBのメンバー。

ホークス、ドラゴンズからは選手が出ず、唯一日ハムから出た小笠原に助けられ、

25人もの辞退者の為に野村監督が苦肉の策で選んだ楽天選手ばかり目立つような

選手の顔ぶれに、改めて選手たちのファンへの裏切りを感じた。

入場ゲートで金属探知機を使ったボディチェックまでさせられ、何でなのかと思ったら

始球式に某首相が出てきて、こいつの所為かとちょっとムカついたけど、

ろくにキャッチャー城島まで届かず、前の首相とはやはりパフォーマンスの面では

負け負けだと感じて少しだけ気が晴れる。

試合のほうは内海がヒットを9本も打たれるも何とか3点に抑え、あの三振をしない

マウアーから空振り三振を獲って、何とか仕事はできたかと。

でもあのダイの一発は綺麗だった。あれがなかったらメジャーも残塁の山で

どうなっていたか。

でもそれぞれの打球が鋭くてやっぱりメジャーだなっていうのは十分に感じられた。

一方NPBは小笠原のタイムリーと吉村の犠牲フライ(あれが入ってれば。。。)の

2点に抑えられて。

やっぱりここぞの代打がいないのは寂しい。。。

これが第一戦っていうことはこの後はどうなるのって感じだけど。

それにしてもメジャーは本気で勝ちにきてたみたいで、最後はクローザのネイサンまで

出してきて、最後のいい当たりもレイエスに好捕されて。

どうせ負けるなら昨日みたいな一発連発で負けて欲しかった。

でもきょう勝てなかったってことは。。。

あしたは誰が投げるの?誰が打つの?

Nb

こんなメンバーの時もあったみたいです。

凄すぎ!?

(中日は優勝パレード、ホークスはファン感謝デー。そっちの方が勿論大事

ってことですか。

まあ中日はいいとして、斉藤も川崎も元気そうでなによりです(皮肉です))

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

ことしのクラッチャー

捕手 ジョー・モウアー    ツインズ
一塁 アルバート・プホルス  カージナルス
二塁 レイ・デュラム     ジャイアンツ
三塁 デービッド・ライト   メッツ
遊撃 デレク・ジーター    ヤンキース
左翼 カール・クロフォード  デビルレイズ
中堅 カルロス・ベルトラン  メッツ
右翼 ジャーメイン・ダイ   ホワイトソックス
DH デービッド・オルティス レッドソックス
先発 ヨハン・サンタナ    ツインズ
抑え ジョー・ネーサン    ツインズ

こんなメンバーが並んだらそれだけで戦意喪失って感じだね。

きのうはこのうちの二人がならんでたんだから、あの結果も頷けるよね。

ちなみのこちらのメンバーは

並みいるメジャーリーガーたちの中でも、特に勝負どころで真価を発揮する選手たちが

選ばれる「ペプシ・オールクラッチ・チーム」だって。

このチームの監督はなにもしなくても勝てそうだね。

(来年は松井にもぜひこのチームに入って欲しいね。ってこんなんばっか。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

ことしのゴールドグラブ

<ア・リーグ>ゴールドグラブ賞受賞者
    名前            チーム         選出回数      失策数
投手 ケニー・ロジャーズ    タイガース      3年連続5度目  5
捕手 イバン・ロドリゲス    タイガース      2年ぶり12度目  2
一塁 マーク・テシェイラ       レンジャース    2年連続2度目  4
二塁 マーク・グラジラーネク ロイヤルズ     初選出        4
三塁 エリク・チャベス      アスレチックス   6年連続6度目  5
遊撃 デレク・ジーター       ヤンキース     3年連続3度目 15
外野 イチロー           マリナーズ     6年連続6度目  3
    トリー・ハンター       ツインズ      6年連続6度目    4
    バーノン・ウェルズ    ブルージェイズ 3年連続3度目   4

当然の結果ではあるけどみんな凄いね。

キャプテンは3年連続だけどそれまではなかったんだね。意外?

(ちょっと失策数が多めだけど。。。)

ていうかケニーが3年連続だったなんて知らなかった。

6年連続6度目っていう選手が3人もいるってことは、

その守備位置の他の選手はある意味可哀想だね。

(松井が選ばれる日は来るのかな。。。)

<追記>2004/11/03 の記事より

この日、ゴールドグラブ賞のア・リーグ受賞者が発表され、遊撃手部門ではニューヨーク・ヤンキースの主将デレク・ジーターがタイトルを獲得した。1957年から制定された同賞だが、名門ヤンキースの遊撃手がこの栄誉に輝いたのは、今回が初めて。

 ジーターは今季、145試合以上ショートを守ったア・リーグの遊撃手では3位の守備率9割8分1厘、13失策と堅実なフィールディングを見せた。また7月1日のボストン・レッドソックス戦の延長12回には、左翼線付近に上がったフライを全力疾走で追いかけランニングキャッチ。その後、客席に飛び込んで顔に打撲傷を負ったが、そのファイト溢れる姿勢はファンの感動を呼んでいた。

 初選出の知らせを受けたジーターは、「とても光栄に思う。自らの守備に誇りを持っているし、進歩するために一生懸命練習を重ねてきた。ア・リーグには華麗な守備を見せる遊撃手がたくさんいるが、その中からゴールドグラブ賞として認められるなんて格別だ」との声明文を出している。

そういうことだったんだね。こちらも意外。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/11/02

きょうのメジャーvs巨人(1.5軍)

これだから野球は分からない。

かつて巨人ファンだった自分でも知らない選手ばかりの巨人のメンバー。

果たしてメジャーリーガーで知っている選手がいるのか?

井口や城島も知らない選手がほとんどだろう。

由伸も小久保も李もいない。上原も工藤も桑田も?いない。

ここまで対メジャー選抜と6敗1引き分けだったのがなんときょう初勝利?

以前のようにメジャーの選手が手を抜いているわけでもない。

確かに阿部はよく打ったけど、それ以外の選手でこれは、というような

活躍をした選手がいたわけでもない。

っていうのを9回2アウトの場面で書いていたら、

マウアーのヒットの後ディビッドライトに同点ホーマーがでて7-7の同点に。

流石メジャーとしかいいようがない展開。

この二人が並んできたら野間口には重荷すぎだよね。

最後は阿部も討ち取られて結局勝てず。。。

まあ一方的な試合になると思ってたので予想外ではあったけど、

やっぱり最後に追いつかれちゃうところが虚人なんだろうね。

まあメジャーの力が本物だっていうのが分かったので、少しあしたの試合が

楽しみになってきた。

ところであしたの先発は?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006/11/01

今回の辞退

打者だけでなくて、投手もいない。巨人が日米野球のメンバーをめぐって大混乱に陥っている。10月31日、辞退者続出の日米野球で日本ハム・ダルビッシュ、八木に代わり、巨人から久保、西村が出場することが発表された。

 しかし、この2人は巨人がMLBと対戦する親善試合(2日)での出場が予定されていた投手。巨人は辞退した選手のあおりを食らった格好だが、上原、高橋尚ら主力はオフに入っているため、MLB相手に投げさせるレベルの投手がいなくなってしまった。

 2日の先発は後半戦活躍した姜が登場するものの、2番手以降は木佐貫、真田、鴨志田、三木、福田といった、今季大半が二軍暮らしだった投手になる見込みだ。

 今回、全日本の投手コーチを務める巨人・尾花投手総合コーチは、2年前の大会で調整不足の投手をキャッチボールを見ただけで見抜き「オマエら練習してこなかったやろ。オマエらは使わん。ギャラは新潟中越地震の被災者に募金しろ」と激怒したという。

 日米野球の格を重んじ、MLBや観客に失礼のないようなメンバーを構成しようと考えているだけに、この人選には複雑な思いがあるようだ。

 打者も小久保、高橋由、李承ヨプ、木村拓の不在に加え、仁志、脇谷、鈴木、矢野も欠場が濃厚。この寒いメンバーに球団内からも「高い入場料を払って来るお客さんに失礼だ」という声が上がっている。

 ちなみに、日米野球の最も高いエキサイトシートは、シーズン中より4100円も高い1万円(!)。今から尾花コーチの歯軋りが聞こえてきそうだ。

予想はしてたけどここまでとは。。。

もう試合自体辞退したら!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »