« 今年最後の試合 | トップページ | きょうののだめ »

2006/11/13

きょうの電撃

モンゴル力士のパイオニア的存在の東左前頭10枚目旭鷲山(大島=33)が、13日に引退届を提出することが12日、分かった。九州場所初日のこの日夜、旭鷲山本人が明かした。1年前から心臓の病を患っており、相撲への影響が限界に達したことを実感し、決意した。13日に福岡県内の病院で精密検査を受け、師匠の大島親方(元大関旭国)と相談の上、日本相撲協会に引退届を出す。引退後はモンゴルに帰国し選挙に出馬する予定で、日本との人脈を生かす日本担当大臣を目指す。

旭鷲山「心臓が腫れて、医者からは『たまに止まったりすることがある』と聞いている。九州でも2、3回、病院に行っているけれど、変わらなかった。1年前から辞める覚悟はしていた。今日も土俵上で苦しかった。明日(13日)病院にまず行って、最終的に診てもらって、親方とも相談して引退届を出すかもしれない。今月中には1度モンゴルに帰るかもしれない」。

引退後は、モンゴルに戻り政治家に転身する予定だ。「選挙に出るよ。外務大臣とかできればいいね。日本担当になれば、今までの人脈も生かせる」。自国ではビジネスマンとしても成功しており、国民の100%近くが知っているほど知名度が高いだけに、出馬すれば当選する可能性は高い。大相撲の開拓者として「ジャパニーズドリーム」を実現させた功績は、母国で高い評価を受けている。

「年齢的には、まだまだやれるのに、こんな形で辞めるのは残念です。でもこれで日本との縁が切れるわけではないからね」。どの力士も、避けて通れない引退への道。左右どこからも繰り出せる華麗な技は、もう見られない。旭鷲山が波瀾(はらん)万丈の土俵人生に別れを告げる。

アスリートの突然の病気って恐いね。

それだけギリギリのことをやってるってことなんだろうけど。

それにしても政治家になるっていうのは吃驚。

外務大臣になって朝青龍に記念品を贈る、なんてことがあるのかな。

とりあえずお大事に、そしてお疲れ様。

|
|

« 今年最後の試合 | トップページ | きょうののだめ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは~

え?旭鷲山って廃業しちゃうんですか?
それは知りませんでした。
モンゴルからは、続々出てきてますけど
初めて日本に来るときのの勇気って、大変な
ものがあるのに、彼は立派でした。

しかし、有名になって政治家って?
どこの世界も一緒ですね。

新庄はならないでしょうね?

>Re:樹里亜

わたしもニュースをみて吃驚。

でもパイオニアですからね。
野茂みたいな感じ?

ただの政治家っていうより外務大臣ってのは
なかなか合ってそうで、架け橋になってくれそうです。


投稿: まるこ姫⇔樹里亜 | 2006/11/13 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/4173303

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの電撃:

« 今年最後の試合 | トップページ | きょうののだめ »