« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月

2006/12/31

ことしの感謝

Hm24_1

ことしの2月から始めたとは思えないほどいろいろな方との出会い、

そしてこのブログに書いたことにより実現したこと。

本当にブログを始めてよかったと思えた一年でした。

言葉だけのやりとりなので、思わぬ形で嫌な思いをしたりさせたりしてしまって、

言葉の意味合いと表現の仕方を改めて考え直した一年でした。

どんなスタイルで書こうか、いろいろと悩みました。

一日一件、じっくり練って書く方。

本当に書きたい題材がある時だけ書く方。

なんでもかんでも手当たり次第に書く方。

いろいろな方達のブログを見て、

自分にはできないなあ、とか、

そんなことがあったの?とか、

自信がなくなるようなレベルの差を見せつけられる思いがたくさんあり、

だんだん書くジャンルも絞り込まれていたりして。

でも一番大事なのは自分の感性をありのままに表現していくことだと思っているので

これからも自分の感性に引っかかったものをどんどん記事にしていきたいと思います。

そしてもっともっと多くの人と知り合い、刺激しあって生きたいと思っています。

来年も同じ願いである、ヤンキースのワールドチャンピオンは勿論ですが、

やはり一年を通して松井選手の活躍を見られることが一番の願いであることに

変わりはありませんし、今年は本当にそのことを実感した一年でした。

まだまだ未熟者ですが、ご苦言ご助言賜りまして

一歩一歩皆様に楽しんでいただける記事を書いていきたいと思います。

今年一年本当にありがとうございました。

来年もまたよろしくお願い致します。

| | コメント (5) | トラックバック (1)
|

きょうの後継者

Hm41_2  

米大リーグ、ヤンキース・松井秀喜外野手(32)が30日、金沢市内の石川県立音楽堂を訪れ、地元交響楽団「オーケストラ・アンサンブル金沢(OEK)」が31日に開く「カウントダウン・コンサート」のリハーサルに出席。本番では、松井秀がアンコール曲で指揮者を務めることも決まった。
 この日は、OEKが演奏する松井秀の公式応援歌「栄光(ひかり)の道」のレコーディングも行われた。自身の応援歌を初めて聴いた松井秀も「力強さと軽やかさと両方が出ている。背中を押してくれる非常にいい曲」と絶賛した。
 OEKの音楽監督で、日本を代表する指揮者だった岩城宏之氏が今年5月、松井秀が左手首を骨折したのを機に応援歌作成を発案。だが、完成を見ることなく今年6月に73歳で死去した。
 岩城氏と親交があり、故障離脱中には同氏から励ましの手紙をもらった松井秀は「この曲はそれ(手紙)以上に励ましてもらえる気がする。岩城さんの思いがこもっている」と感慨深げ。31日のコンサートでは、岩城氏の遺品である愛用のタクトを使用。また、来季はこの曲を打席でのテーマソングに使用する。
 岩城氏の悲願は、OEKのニューヨーク進出だった。松井秀の応援歌がニューヨークでも認知されれば、それが実現する可能性もある。「秀喜が地元とアメリカの懸け橋になればいい」と父・昌雄さん。感謝の思いタクトに込めて、松井秀が06年を締めくくる。

まさかこの二人が繋がっていたとは全く知らなかった。

でも来年は毎日この曲が聞ける訳だね。

OEKは本当に最善最高のアンサンブルだと思っていたし、これからも続いていって

欲しい楽団だと思うし、是非この演奏を見たいなあ。

ニューヨークで彼らの演奏が聴けたら最高だなあ。

その時は絶対に見に行きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ことしの大賞(新人賞)

三日月

昨晩は恒例の同窓会忘年会で録画していてさっき見終わったんだけど、

もういいんじゃないかと思う日本「レコード」大賞。

それでも最後の反撃?なのか、ど頭の楽曲は絢香の「三日月」。

もうこの曲がレコード大賞でオシマイでいいんじゃないかと思ってたけど、

それから延々出来レースの始まり。

そして話題づくりだけのエビちゃんモエちゃんコンビのダメダメ司会。

新人賞受賞の曲紹介の咬み咬みっぷりは本当にシラケてしまって

今すぐこの場から去れ!って思ったほど。

そして始めから決まっていた「レコード」大賞。樋川清。

浜崎あゆみが連続で取り出した頃からおかしくなった大賞だったけど、

もう本当に今年で終わりでいいんじゃないかと思います。

でも私の中では今年の大賞は「三日月」で決まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/30

きょうの変更

携帯のデザインに合わせて、年末年始バージョン?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/29

きょうの圧勝

Mao

フィギュアスケートの第75回全日本選手権最終日は29日、名古屋市総合体育館で行われ、女子は浅田真央(16)=愛知・中京大中京高=が初優勝した。
 前日のショートプログラム(SP)で首位に立った浅田真は、フリーで大技のトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を成功させるなど、女子で初めて200点を突破する211・76点で圧勝。来年3月に東京で開催される世界選手権への初出場を確実にした。
 SP2位の安藤美姫(19)=トヨタ自動車=は転倒して2位にとどまり、中野友加里(21)=早大=が3位。2年連続6度目の優勝を狙った村主章枝(25)=avex=は4位に終わった。

あれほどの綺麗なトリプルアクセルは彼女自身初めてだったのではないかと

思える程の素晴らしいジャンプ。

それだけではないスケーティングにしなやかなスピン。

演技中にでた小さなガッツポーズに、終わった後の大きなガッツポーズ。

そして緊張が思わず溶けたあの涙。

そして目標を大きく上回る211.76という点数。

ここ一番という場面でここまでの結果が残せるアスリートがいるだろうか。

解説席にいた荒川も「辞めてよかった」と思っていたのではないか?

それにしても彼女にはこれから何回驚かされるのだろう。

簡単に「次はもっといい演技を」と言っていたが、本当にそれが期待できる選手

なのも確かなんだよね。

まずは優勝おめでとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの契約(残念)

Zt01

米大リーグのアスレチックスからフリーエージェント(FA)を申請していたバリー・ジト投手(28)が、ジャイアンツへ7年総額1億2600万ドル(約149億8千万円)で移籍することで合意したことが28日、分かった。複数の米メディアが報じた。米大リーグの公式ホームページによれば、1億2600万ドルは史上6番目に並ぶ巨額契約で、投手としては過去最高額となる。
 ジトは通算102勝63敗、防御率3.55の左腕で、2002年には23勝5敗でア・リーグのサイ・ヤング賞(最優秀投手)を受賞。鋭いカーブを武器に01年から6年連続で2ケタ勝利、200投球回をマークしている。
 今季も16勝(10敗)をマーク。今オフのFA市場では最大の注目投手で、レンジャーズ、メッツ、マリナーズも獲得に乗り出していると伝えられていた。 

ヤンキース参戦が引き金になったのか、元々のシナリオだったのか。

それにしても凄すぎる金額。。。

一体鯔巣はいくら儲ければ気が済むのか。。。

これが乱爺放出にどう影響するのか。

井川にとってはラッキーとなるのか。

ヤンキース首脳陣は若手投手陣をどう使っていくのか。

まあナリーグ西部地区っていうのは一番縁がないとこに行っちゃって、

ジトの投球が殆ど見られなくなるのはちょっと残念だったけど、

又又マネーゲームの好例になっちゃったね?

でもアスレチックスは第二のジトをもう物色してるのかな。

今までの利益率はどれくらいなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/28

きょうの再会

ヤンキース松井秀喜(32)とSMAP中居正広(34)の対談が実現した。中居がフジテレビ「誰も知らない背番号55~独占密着 松井秀喜 復活への125日~」(27日深夜1時15分放送)のナレーションに初挑戦することになり25日、都内のスタジオで録音を行った。対談は松井がスタジオに激励に訪れる形でスタート。左手首を骨折した松井を中居が「心配で泣きそうでした」と言うと、松井も「痛くて泣きそうでした」と返す明るい雰囲気で3年ぶりの再会を楽しんだ。中居は「0泊2日で試合を見に行きます」。松井は「クリスマスに録音していただき逆に申し訳ありません」。

映像的にはそんなに目新しいものはなかったけど、

テーマ曲があのグループだったのがちょっといい印象をまず与えて、

両手打ちの許可を得た日の表情が、「ナイスですねー」という台詞が、

いつもの松井に戻ったサインだったのかも知れない。

今年の総試合数が「55」だったのは知らなかった。

(ラストソングはnickelback のfar away。これもいい曲)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/27

きょうのお知らせ

ここのところ迷惑トラバが大分減ってきたので、

再度コメント&トラバの公開待ちを止めます。

やっぱり投稿して反映されないと嫌ですよね。。。

これをやってからやっぱりコメント数も減ってる気がして、

思い切ってまた公開しちゃいます。

のでコメント&トラバお待ちしております。

(って再開するとまた来るんだろうな。。。)

って予想以上の反響(96件もの迷惑トラバ。。。)で再び閉鎖。。。

マジムカツク ムキィィィィイ━━━━━(#`Д´)凸

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの?

米スポーツ専門誌「スポーツイラストレーテッド」(電子版)は26日、大リーグで来季、活躍が予想される若手10人を特集し、レッドソックスに加入した松坂大輔投手を1番手に挙げ、少なくとも15勝をマークし、防御率は3・50ぐらいと予想した。
 特集の中で、1年目は長いシーズン、短い登板間隔、強打者ぞろい、言葉と文化の違いなど、さまざまな困難が待ち受けるが、松坂は今が全盛期の始まりと紹介。通算194勝を挙げたデービッド・コーン(ヤンキースなど)の若いときに似たタイプで、力と駆け引きに優れていると評価した。

一番の期待選手ってことでどれだけ期待されてるのかと思ったら、

15勝の防御率3.5って普通じゃないの?

それぐらいで満足できる金額じゃないのはみんなも分かってると思うんだけど。

まあ期待するっていうなら20勝、防御率2点台は最低ラインだと思うんだけど。

(こんなこと言えるのは今のうちなんだからね。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの思惑

ニューヨーク・ヤンキースの地元紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は26日、左腕ランディ・ジョンソン投手(43)をトレードで放出するとのうわさがささやかれているチームが早々にジョンソンを手放した場合、フリーエージェント(FA)のバリー・ジト投手(アスレチックス)の獲得に乗り出す可能性があると報じた。

 2002年にサイ・ヤング賞を受賞している28歳のジトだが、実績ではサイ・ヤング賞に5度輝き通算280勝を誇るジョンソンに遠く及ばない。しかし同紙は、ジトがジョンソンよりも15歳も若く、故障など肉体的な問題も少ない点に着目している。

 現時点でジトにはニューヨーク・メッツ、サンフランシスコ・ジャイアンツ、テキサス・レンジャーズ、シアトル・マリナーズなどが獲得の名乗りを上げているが、ヤンキースの争奪戦参戦は代理人スコット・ボラス氏にとって理想的な展開だと同紙は報じている。かつてボラス氏は、クライアントであるカルロス・ベルトラン外野手がFAになった2004年オフにヤンキースとメッツを争わせようとしたが、ヤンキースが興味を示さずメッツ入りが決定したという経緯があるという。

 トム・グラビン、オルランド・ヘルナンデスという40代の両先発投手を抱えるメッツとしては、ジトという若い戦力はなんとしてもほしいところ。ヤンキースの参戦は、そんなメッツにとって大きな障害になると同紙は結んでいる。

まだジトは決まってなかったんだ、と思ったら代理人が鯔巣っていうのは。。。

でもこれで値段が上がればヤンキースにとっても悪い話ではないかな?

まだまだお金的には余裕があるし、乱爺の分も余るわけだし。

でも乱爺の引き取り手がないと話しにならないしね。。。

そんななか、

AP通信によってトレード話の進行が伝えられた先発左腕ランディ・ジョンソン投手(ヤンキース)の移籍先候補に、サンディエゴ・パドレスが急浮上した。チームの地元紙デーリー・ニューズ(電子版)が26日付で報じている。

 同紙によると、ブライアン・キャッシュマンGMがジョンソンの兄弟の死去についてお悔やみの電話を入れた際、ジョンソンは家族と一緒にいることの重要さを強調。キャッシュマンGMはそれをトレード志願ととらえたという。現時点では家族が住むサンディエゴを地元とするパドレスがジョンソンにとって最良の地となるが、ロサンゼルス・ドジャース、ロサンゼルス・エンゼルス、アリゾナ・ダイヤモンドバックスも移籍先候補に挙がっていると同紙は伝えている。

 また同紙は、ヤンキースが43歳のジョンソンの見返りにパドレスから獲得するならば、かねてから目をつけていたリリーフ右腕スコット・ラインブリンク投手に狙いを定めて動き出すだろうとしている。30歳のラインブリンクは今季、73試合すべてに救援登板して7勝4敗2セーブ、防御率3・57、68奪三振の成績。

三角トレードってことなのかな?

まだまだ目が離せないってことは確かだね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/12/26

きょうの合意

巨人の上原浩治投手(31)は26日、東京・大手町の球団事務所で代理人とともに契約更改交渉に臨み、3000万円減の年俸3億1000万円でサインした。

 今季は5月に右太ももの肉離れで約1カ月間戦列を離れ、シーズン終盤には右ひじも痛めた。2年続けて2けた勝利を逃す8勝9敗の成績に「チームも自分も結果が良くなかったから当然でしょ」と、納得した様子。

 中日の川上が25日に年俸3億4000万円で契約を更改し、日本人投手最高年俸の座は明け渡した。上原は「同級生で同い年なので、抜かれたのは悔しい。逆に強い気持ちになった」と、巻き返しを誓った。

 また、昨年の契約更改の席で断念を表明したポスティングシステム(入札制度)による米大リーグ移籍については、「正直なところ行きたいが、巨人は認めないと言ってるんだから、負ける勝負はしない」と、あらためて明言した。

今年はまったくピッチングを見なかったような。。。

8勝9敗かあ。。。これじゃ言う事も言えないよね。

実力的には全然松坂に引けをとらないと思ってるのに、やっぱりやる気がでないのかな。

でもあと来年末にはFAじゃないのかな?

ちゃんと自慢できるような結果を残さないと誰にも声を掛けられないからね。

来年は最多勝を狙うくらいじゃないと。

でもね。。。こういうのを見ると。。。

選手の立場

言いたいことは分かるけど、やることやってからじゃないとね。。。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2006/12/25

最後ののだめ

Sh

この絵が民放のドラマで見られるとは夢にも思わなかった。

大学時代は飽きるほど行ってたけど最近は思い出せないくらいで。。。

それにしてもベト7が月9で流れるなんて、今でも信じられない。

でもこれがきっかけになって色んな人がクラシック

(このネーミングもなんとかならないかと思ってはいるんだけど)

ファンが一人でも増えてくれて、もっともっと色んな演奏家が

日本にやってきてくれたらと思います。

演奏後の間だけはちょっと頂けないんだけど

(あの曲は終った途端に「ブラボー」の声がかからないとダメだと思うんだけど)

それ以外は最高の演奏でした。

クラシックを聴いて涙を流したのは久々だと思います。

もうこれで終わりなのは本当に残念ですが、またスペシャル版で、

今度はウイーンのムジークフェラインザールで演奏して欲しいです。

<裏ネタ>

本ドラマは原作コミックスの第1巻から第9巻までの内容を基に制作している。

主演は上野樹里タイトル・ロール)と玉木宏の2人で、共に今回が月9ドラマ初主演となる。

本作のドラマ制作は以前にも話が進行していた。同じ上野樹里主演でTBS2005年秋(10月~12月)に金曜ドラマ枠で放映する予定であったが、ストーリー改変や主題歌の問題で一部出演者の芸能事務所と原作者サイドの意向が大きく異なり、製作サイドの調整にも不備があって決裂に至り、土壇場で製作中止に追い込まれることになった。(代わりに急遽製作されたのがドラマ版『花より男子』である)

その後フジテレビが映像化権を獲得し、1年後ドラマ化にこぎつけた。TBSドラマで上野と共演するはずだったジャニーズ事務所からは誰もキャスティングされていない。なお、TBS版の千秋役はV6の岡田准一で、演出は映画監督犬堂一心だったという説もある。これらの経緯からフジテレビ版では原作者の意向を取り入れられ、TVドラマとしては異例なほどストーリー展開もキャスティングも原作に忠実な作品になった。また、主題曲も原作サイドの要望通りとされるクラシックに決定している(本項「音楽」参照)。

クラシックの演奏シーンをよりリアルにするために主要キャストは担当の楽器を習い、サントラの演奏をするために「のだめオーケストラ(のだめオケ)」が公募の末 結成された(彼らはAオケ及びSオケ、R☆Sオケのメンバーとしても、画面にエキストラ出演している)。のだめオケの公募とサントラ音源の収録には、東京都交響楽団および、指揮者のジェイムズ・デプリーストが協力し、原作者とも交流のあるN響オーボエ奏者の茂木大輔、指揮者の梅田俊明らも音楽関連のアドバイザー、指揮指導をしている。(ただし黒木役として実際にオーボエの演奏をしているのはN響の池田昭子)。

まさかTBSでも話がすすんでたとは。

その後釜が「花より男子」だったとは。

でもこれでよかったんだろうね。岡田准一はちょっとイメージが。。。

(ジャニーズがいなかったのが勝因?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの?

キムタクの“賞レース辞退”が大きな波紋を広げている。
 巨匠・山田洋次監督の時代劇映画「武士の一分」に主演した木村拓哉(34)は、来年2月に行われる「第30回日本アカデミー賞」の主演男優賞の候補にノミネートされた。
 しかし、木村サイドは「ほかの優秀主演男優賞の方たちと競う場に立たせたくない」という理由で辞退を発表。“賞が欲しくて映画に出ているわけではない”という姿勢をアピールできたのだから、木村はさぞかしいい気分に違いない。
 だが、周りにとってはいい迷惑だ。
「『武士の一分』は木村以外にも優秀作品賞、優秀主演女優賞、新人俳優賞など、実写邦画に与えられる全13部門中12部門でノミネートされていますからね。そんな状況で木村だけがケツをまくったわけで、木村を絶賛していた山田監督にしてみれば、顔にドロを塗られたようなものだし、他の共演者も複雑な心境でしょう」(映画関係者)
 たとえ、いくつかの部門で最優秀賞に選ばれたとしても、受賞者は素直に喜べないだろう。
 そもそも、これまで木村は周囲を散々振り回してきた。
「木村サイドが“特別扱い”を要求するから、とにかく制約だらけなんです。木村サイドがマスコミを選別して写真の撮影や使用を拒否するから、配給会社は“本来のPRができない”とアタマを抱えている。映画を大々的にアピールしなければいけない映画祭でもそうでした。『武士の一分』の原作を出版している文芸春秋も、キムタク側から『本の帯でも写真はNG』と通達されています。木村のために、映画に関わっている周囲が右往左往しているんです」(マスコミ関係者)
 この調子では、ドラマはともかく、木村を映画に起用しようというケースはなくなっていくだろう。キムタク様の“絶対王制”はいつまで続くのだろうか――。

確かにまだ人気はあるんだろうけど、「木村サイド」って何?

これが本当に最高の選択なのかな?

色々噂は聞いてるけど実際にどうなのかな?

でもこれだけ言われてるってことは事実なんだろうね。

それほど嫌いなわけでもないんだけど、これは確かに周りのことを考えてないと

思われてもしょうがないよね。

もうそろそろオトナになってもいいんじゃない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの再会

巨人・阿部の結婚披露宴が23日、東京都内のホテルで行われ、米大リーグ、ヤンキース・松井秀喜外野手(32)と巨人・原辰徳監督(48)が同席した。
 披露宴後の記念撮影。原監督と松井秀は新郎新婦の両脇に立つと、原監督が松井秀の手を取ってリードした。4人でガッチリ握手を交わし、笑みを浮かべた。
 松井秀が、公の場で原監督とここまで接近したのは、昨オフのラジオ番組のイベント以来、約1年ぶりだった。
 松井秀は02年の日本一達成直後に巨人からFA宣言し、ヤンキース入りした。当時の原監督は残留するよう説得したが、実現しなかった経緯がある。
 だが、原監督は昨オフに「帰ってこないかなって、待ってるんだよ。背番号空けて。それが誠意でしょ」と松井秀の復帰を心待ちにしている心境を明かした。その言葉通り、松井秀が背負った背番号「55」は空き番号のままだ。
 松井秀も披露宴後に出演したテレビ収録の中で、日本球界の可能性について「その可能性はあると思います。今の環境で長くやるのがいいけど、必ずいつか実力が落ちてくるでしょうし。自分の気持ちが燃焼していないとすればありえる」と注目の発言をした。
 ヤンキースでまだ勝利の美酒を味わっていない松井秀だが、将来的に巨人復帰という選択肢がゼロでないことは確かなようだ。

それはちょっとリップサービスっぽいけど、まあ無理やりゼロにすることもないか。

でもヤンキースで完全燃焼してほしいけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうのトレード

ヤクルトが新外国人選手として、米大リーグ、ヤンキースのアーロン・ギエル外野手(34)の獲得交渉を進めていることが24日、分かった。年明けにも正式契約できる見込み。

 左打者のギエルは今季の7本塁打を含め、メジャー通算35本塁打。故障した松井秀の穴を埋める形で、今季途中にロイヤルズからヤンキースに移籍した。

 ヤクルト側は「スイングが速く、守備、肩、足もまずまず」と5番・右翼手として期待している。

私的にはガイエルだったんだけど、また見られて楽しみかな。

まあキャプラーみたいにはならないでね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/12/24

きょうのラストラン

Di

強い、強すぎる。。。

新庄もそうだけど、最後を優勝で飾るとは、本当に勿体無さ過ぎる。

去年の雪辱でもあったのだろうけど、全くそんなことは忘れさせる圧倒的な勝利。

競馬自体はやらないけど、そんなことは関係なく

やっぱり凄いものは凄いと感じさせる存在。

武豊騎手に「彼」と言わしめるディープインパクト。

それだけ「戦友」という意識があるのかもしれない。

いつも「彼」を褒めてあげて欲しいというコメントを残すけど、実感なんだろうね。

この有馬記念で7冠を達成してターフを後にする。

名馬が出るたびに「もうこんな名馬は出てこないだろう」という言葉がでるけど、

それでもまた新たな名馬は必ず誕生するんだろうね。

でも「彼」の偉業は誰にも破られないだろうね。

それにしても名は体を現す典型のケースだったね。

本当にお疲れ様でした。

(千夏ちゃんもお疲れ様。間に合ってよかったね)

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

きょうの勘違い

smokers' style

ソフトバンクのCMとあわせて、なんか違うなと感じるCMがJTのマナー広告?

どうみても、「携帯灰皿さえ持っていればどこで吸ってもいい」って言い訳をしてるとしか

思えないんだけど、違うかな?

灰皿がない、ってことはここでは吸ってはいけない、っていうことだと思うんだけど、

携帯灰皿さえ持っていれば吸っても文句は無いだろうっていういい訳作りを

助長している風にしか取れないのは私が吸わないからかな。。。

それにしてもいろんな地域で「歩きタバコ禁止」ってやってるけど、

相変わらず普通に吸ってる人が多いのは、もうしょうがないのかな。。。

JTは前に改善してます、みたいなことを言ってたけど、なにを根拠に言ってるのかな?

それと定食屋での食事してる隣でのたばこ。

お店の雰囲気としてしょうがないとは思うけど、あれもなんとかならないかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの抗議

ソフトバンクモバイル(本社・東京都港区)の携帯電話料金のCMに、「いじめを助長する」との抗議が相次いでいる。特定の時間帯なら同社の携帯電話同士の通話が無料となることをPRする中で、同社以外の携帯電話を使う人は仲間外れにされるともとれる部分があるため。同社は「CMは当初の予定通りに24日で終了する。ご意見は今後に生かしたい」と説明するが、いじめが社会問題化する中、不快に感じる視聴者が多かったようだ。
 11日から全国のテレビ局で放送されている同社の「ゴールドプラン」のCM。女子大生4人が登場し、「試合の件は電話して」「いいよ。私にかけるとお金がかかるし」「あ、そっか。ソフトバンクじゃないんだ」などと会話する。さらに、料金の説明とともに「友達は大切に」というテロップを流している。同社は苦情件数を公表していないが、「いろいろなご意見はいただいている」と話す。
 日本広告審査機構(JARO)には、「いじめを助長する」「やりすぎ」などの苦情が相次いでいるという。寄せられる意見は通常は週に30~50件だが、このCMだけで11~17日に250件以上あった。JAROは「これだけいじめが問題になっている中、問題と感じる人が多かったのでは」と推測する。ネット上では「通話料が無料じゃないと友達になれないのか」などという書き込みが殺到している掲示板もある。
 同社は「ターゲットは中高生や大学生で、『通話が無料なので、友達と交流を増やしてほしい』という思いを表現した。いじめを意識してつくったものではないが誤解を招いた。視聴者の意見を今後もCM制作に生かしていきたい」と話している。

確かにあれは引っかかるよね。

普通に考えて仲間はずれを助長する表現だと、みんなも感じたことに、

ちょっと安心しました。

それにしてもまたまた「やり逃げ」感を感じる対応。

ターゲットが学生であるならなおさらおかしな表現だと思うんだけど。

(まあそんなイメージが離れる理由にもなってるからもうどうでもいいんだけど)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/23

きょうの号泣

Gq

バルセロナが、ここ数日躍起になって探していた少年がついに見つかった。その少年とは、クラブワールドカップの決勝戦(インテルナシオナルが1-0でバルセロナに勝利)後に号泣し、12月18日付のバルセロナ寄りの『ムンド・デポルティボ』紙に一面トップで大きくそのシーンが掲載された日本人少年。バルセロナの敗戦を受け、号泣しているこの少年の反響は想像以上に大きく、20日にマスコミとの懇親会を持ったバルセロナのラポルタ会長自らが「この子を探し出してもらいたい。何らかの贈り物をしたい」と要請していた。これを受けたクラブは日本のソシオ(クラブ会員)や関係者にその少年を探し出すための協力を仰ぎ、21日にはそれが誰であったのか明らかになった。

 22日の『ムンド・デポルティボ』紙には「この少年にとって一番のクリスマスプレゼント」と題して1ページにわたる記事が掲載された。これによると、バルセロナがこの少年をカンプ・ノウの試合観戦に招待する意向であるとされており、マルク・イングラ副会長もその事実を認めている。また、この少年がロナウジーニョやバルセロナの選手と会った際には「ドウモアリガトウ」と言い、カタルーニャ語で「ありがとう」も言うだろうというストーリーも作られていた。

 この少年にとってはバルセロナからまさかのクリスマスプレゼントが贈られることとなったが、バルセロナにとっても日本の少年がバルセロナの試合結果に一喜一憂し、悲しみの涙を流している事実は敗戦の痛みを癒すものだった。クラブのみならずバルセロナの地元ファンにとっても、日本から届いた温かいクリスマスプレゼントとなって受け止められている。

こんな年でここまで思いいれられる対象があるって凄いことだね。

でも泣いてニュースになるのは愛ちゃん以来かな?

でもチームとしても衝撃だったんだろうね。

ファンの存在がここまで大きいのを再確認した思い。

(実際ロナウジーニョに逢う場面が見たいね。

意外とあっさりな感じなのかも知れないけど。。。)

| | コメント (1) | トラックバック (2)
|

2006/12/22

きょうの公募

西武が21日、レッドソックスに移籍した松坂大輔投手(26)の落札金約60億円の一部の使い道について、ファンに公募することを検討していることが分かった。

 落札金はファンのために使う。それなら生の声を吸い上げることが必要だ。太田球団社長は「今後は幅広く意見を聞きたい」と“松坂資金”の使途を公募する可能性を示した。法人税などで実際に使える額は約36億円で、約20億円は来オフから本格的に取り掛かる球場改修費に充てる。残りの資金については「具体的なプランは未定」と同社長。今後は球場内に“目安箱”の設置やインターネットでアンケートを実施する案を検討中だ。

 かつて松坂は「落札金はファンのために使ってほしい」と語っていた。怪物の“遺産”の使途をファンに公募することは、その意思にも通じる。

一時は西武ホールディングに還流しちゃうのかと思ってたけど、

ここまでやるってことは本気だってことだね。

まあ当然といえば当然だけど。

でも何かやろうとすると、これはこれで予算不足は否めないんだよね。。。

ファンに頼るのもいいけど、まずは自分たちで考えないと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/21

きょうの一枚

Ki01

ちょっと着膨れすぎない?

メジャー入りを目前にした左腕にとって、忘れられない日になったことだろう。井川がニューヨーク到着初日に、80年以上の歴史と伝統を誇る本拠地ヤンキースタジアムを見学。マウンドにも立ち、さっそくシーズンへ思いをはせた。
 午後4時に球場入りして約1時間後。濃紺に白地で胸にヤンキースのロゴが入ったジャンパーに身を包み、井川が姿を見せた。「(球団関係者に)いただきました」と話す表情が自然とほころぶ。
 ベーブ・ルースらが活躍し、幾多の伝説が生まれた球場を見学し「すごいところ。早くここで投げてみたい」。あふれる思いが、そのまま口から出た。
 この日は球場のほかにも、マンハッタンを散策し、夜は代理人のテレム氏と会食。21日には健康診断、球団との会食も予定されている。さらに「時間があれば」新居探しもするという。
 3泊4日の日程を井川は「滞在時間は短いけど内容を濃くしたい」と話した。その言葉通り、早くも大事な時間を過ごしている。(ニューヨーク共同)

結構地味な扱いって話だったけど、実際はVIP待遇だったみたいね。

でも太りすぎってわけじゃないよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

第二のデーモン?

ニューヨーク・ヤンキースが、宿敵ボストン・レッドソックスからフリーエージェント(FA)となっている巧打者マーク・ロレッタ二塁手の獲得に動いている。しかも、ロレッタを一塁手として起用する構えがあるという。ヤンキースの地元紙デーリー・ニューズ(電子版)が、20日付で報じている。

 ロレッタは今シーズン打率2割8分5分だったが、サンディエゴ・パドレス時代の2004年には3割3分5厘のハイアベレージを残した実績がある。同紙が球界関係者の話として伝えたところによると、大砲ジェーソン・ジアンビ一塁手を指名打者に固定したいヤンキースは、手薄な一塁をロレッタに守らせることを検討しているという。

 現在は二塁手のロレッタだが、メジャー12年のキャリアで一塁と三塁を171試合ずつ守った経験の持ち主。さらに、遊撃手としては二塁の731試合に次ぐ328試合のプレー実績がある。

 仮にヤンキースがロレッタを獲得した場合、ユーティリティーのミゲル・カイロ選手やチームひと筋16年のバーニー・ウィリアムズ外野手といった自軍からFAとなった選手とは再契約しない可能性がある、と同紙は伝えている。

またまたレッドソックスファンから猛烈なブーイングを受けそうだね。

でもそれでバーニーが残れないってのは困るね。ってまだやれるんだ?

懐炉もいざというときにはいてくれるとありがたいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/12/20

きょうの訃報

急性リンパ球性白血病のため闘病を続けていたお笑いコンビ「カンニング」の中島忠幸さんが20日午前11時46分、死去した。35歳だった。中島さんは、04年末に体調を崩して入院。06年夏ごろは骨髄移植の手術を行い、その後、一時は退院して自宅からの通院で治療を続けていた。中島とのコンビ復活を心底望んでいた相方・竹山隆範(35)の懸命なサポートも実らず、ついに帰らぬ人となった。

てっきり元気になってると思ってて、でもどうしてカンニングは復活しないのかなって

思ってたらこの記事でホントに吃驚。。。

カブトムシ竹山もホントにこれでピン芸人になっちゃったんだね。

そして、

個性派女優で、随筆家、童話作家でも知られる岸田今日子(きしだ・きょうこ)さんが、17日午後3時33分、脳腫瘍(しゅよう)による呼吸不全のため亡くなった。76歳。

 葬儀は近親者のみで行った。後日お別れの会を開く。連絡先は東京都台東区西浅草1の2の3田原町センタービル5階、演劇集団円。喪主は長女、西條(さいじょう)まゆさん。

 作家、岸田國士(くにお)の二女として東京に生まれ、1949年に自由学園を卒業。舞台美術家を志して文学座に入るが、翌年「キティ颱風(たいふう)」で女優デビューした。三島由紀夫作「薔薇(ばら)と海賊」、三島演出の「サロメ」などで鋭い感性と存在感を発揮し、地歩を固めた。

自分の中の印象ではホモオダホモオの母。

あの声は忘れません。

さらに、

放送作家、タレントとして高度成長期のお茶の間の人気を集める一方、95年の東京都知事選で無党派旋風を巻き起こすなど政治家としても活躍した前同知事、青島幸男(あおしま・ゆきお)さんが20日午前、骨髄異形成症候群のため東京都内の病院で亡くなった。74歳だった。葬儀は未定。自宅は非公表。喪主は長男利幸(としゆき)さん。
 1932年、東京・日本橋の仕出し弁当店の二男として生まれた。早稲田大学卒業後、テレビのコント番組「おとなの漫画」で放送作家としてデビュー。歌謡バラエティー「シャボン玉ホリデー」で売れっ子に。植木等の「スーダラ節」の作詞などを手がける一方、67年には、テレビドラマ「意地悪ばあさん」に主演し、タレントとしても一世を風靡(ふうび)した。81年に母親をモデルにした「人間万事塞翁が丙午」で直木賞を受賞した。
 芸能・文化面での活躍の一方、庶民の目線による政治の実現を標榜。68年の参院選全国区で2位当選(以後5回当選)し、政界入りした。この時のトップ当選は現都知事の石原慎太郎氏だった。
 71年の参院予算委員会で、当時の佐藤栄作首相を「財界の男妾」と呼んで批判し、92年には、5億円献金受領問題で金丸信自民党副総裁(当時)の議員辞職を求めてハンストをするなど、意表を突く手法で時の権力への対決姿勢を貫いた。
 95年の都知事では「反既成政党」を掲げ、政党相乗りの石原信雄・元官房副長官らを破って初当選。大阪府知事に当選した横山ノック氏と共に無党派層の時代を演出した。知事就任後は、開催が決まっていた世界都市博覧会の中止を実現させたものの、東京協和・安全の旧二信組の破たん処理への対応や自衛隊違憲発言、都の食糧費公開への消極的な態度などで批判を受けた。
 1期限りで知事を引退。04年の参院選に出馬したが、復帰はならなかった。

重なる時は重なるもんだね。。。

でもこれでもうあの「都知事と同じ青島です」っていう台詞は使えなくなったね。。。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

今後の評価

結婚式で巨人・高橋由と阿部の球団内で評価が大きく分かれた。

 高橋由は19日、契約更改を行い、4000万円減の2億8000万円でサイン。今季は2度の戦線離脱で97試合しか出場できず、自己ワーストの打率2割6分、15本塁打と、V逸の最大の戦犯となった。が、左脇腹と左肩のケガが公傷と認められ、13%減で止まった。

 「本来ならもっと下げられてもおかしくないと思っている。(来季は)仲間に勝たないと試合には出られない。まずはケガをしないのが第一。仲間との競争に勝ちたい」と高橋由は言うが、球団内での“株価”は下落に歯止めがかからない。

 先週(16日)、高橋由は1月に結婚した元日本テレビアナウンサーの(小野寺)麻衣夫人と披露宴を行い、長嶋終身名誉監督、原監督らが出席した。だが、マスコミはシャットアウト。夫人が勤めていた日本テレビですら取材依頼に難色を示され、断念したという。

 これには巨人の球団関係者もあきれ顔。「ヨシノブにはガッカリした。巨人に9年もいるのに、自覚がなさすぎる。長嶋さんまで呼んでおいて、こういう時だけプライベートと言っても通用しない。しかも相手が一般の人ではなくて、アナウンサーなんだから」と首をかしげるほど。

 一方で株を上げたのは阿部だ。10日にグアムで結婚式を挙げ、訪れたカメラマンの前で、ウエディングドレス姿の悠夫人をお姫様ダッコする大サービス。23日の披露宴も、ホテルに報道陣が待つ場所がないため、時間を指定して空いた控室で取材に応じる。

 こちらも長嶋終身名誉監督が出席予定。「披露宴はチームや球界関係者を招待するので夕方に終わらせ、友達や大学のチームメートのためにちゃんと二次会をやるという。その辺がシンノスケらしい」と、前出の球団関係者は感心しきり。婚約時に、巨人では珍しくマスコミに一斉に発表したのに続き、しっかりした対応をみせている。

 ヤンキース・松井の後継者になり切れず、年々成績が下がる高橋由と、年下ながら原監督に主将に指名された阿部。今や完全に立場が逆転してしまった。

由伸には本当に期待していたのに、本当に裏切られる事ばかり。

しんのすけとの二人がきっちり活躍すればこんな結果にはなっていないはず。

要は背骨がきっちりしていないから周りに筋肉ではなく贅肉が付いた状態に。。。

来年こそ、なんていってる余裕はないよ、由伸!

そして、

ニューヨーク・ヤンキースのOBである元強打者のダリル・ストロベリー氏が、デレク・ジーター遊撃手とAロッドことアレックス・ロドリゲス三塁手の関係改善が必要だと語るなど、クラブハウス内の雰囲気を懸念視している。AP通信が19日付で報じている。

 2001年以降、不仲説がささやかれているジーターとAロッド。ストロベリー氏は、ヤンキースのキャプテンであるジーターがAロッドに歩み寄る態度を見せるべきで、両者は関係を修復しなければいけない時期に来ているといったコメントを同通信社は伝えている。

 2003年オフにテキサス・レンジャーズからヤンキースに移籍してきたロドリゲス。球界最高年俸プレーヤーは今年、史上最年少で通算450本塁打を達成している一方、重要な場面で結果を残せていないこともあり、地元ファンからブーイングを浴びている。同通信社によると、この状況についてAロッドがよそ者扱いを受けており、本人も傷つきやすい性格だとストロベリー氏は擁護しているという。

いくら名前がストロベリーでも甘すぎ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今後の競演

アサヒビールは、米大リーグ、レッドソックスの松坂とヤンキース・松井秀喜外野手(32)をCMで起用すると発表。開幕前からCMの“競演”が見られそうだ。
 松坂と松井秀が、CMでひと足先に“競演”する。アサヒビールがビールブランドの「スーパードライ」で“松井編”と“松坂編”のCMを制作し、1月から全国で放映する。残念ながら共演はないが、来季ヤンキースとレッドソックスとメジャー屈指のライバル球団でプレーする2人が、早くも“火花”を散らすことになった。
 レ軍入りが決まった松坂は、CM業界から引っ張りだこだ。アサヒビールのほかにもトヨタ自動車や、コカ・コーラとも契約。所属事務所には出演依頼が殺到しており、事務所関係者は「本人の負担にならないように、厳選しないと」と話すほど。
 松坂は松井との対戦について「楽しみにしています」と心待ちにしている。グラウンド上でのレッドソックス、ヤンキースの最初の“競演”は3月12日のオープン戦。公式戦での初対戦は、4月20日に本拠地フェンウェイ・パークで組まれている。

アサヒもやるね。

今一番見たい競演をゲットするところはトップ企業の意地を感じます。

まあ「共演」ではないのは残念?だけど、実際の「競演」はいつになるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの不都合

auにして携帯で音楽が聴けるようになり、

又又CD音源をPCに取り込む作業をすることに。

今まではnetjukeとitunesに取り込んでいたんだけど、

それらの音源はそのまま今の携帯には取り込めないので、

結局またCD読み込みをすることに。

詳しい人ならいろんな変換ツールを使って取り込むんだろうけど、

いつになったら誰でも簡単にやりたいことができるようになるのか?

そして又又新たなACアダプタを買うことに。

こちらも今まではシャープの携帯を使っていたので使いまわしが出来てたんだけど

今回はソニー製の携帯を購入したため、また別に購入しなければならない羽目に。

このACアダプタ、色んな種類のものが今現在家に何個あるかわからないほど。

ドコモのCMでどこでも充電ができるようになる、みたいなのをやってるけど、

1つのアダプタで何でも充電できるようになるのはいつの日か?

ブルーレイか、HD-DVDかっていう大きな統一基準も大事だけど、

もっと身近なものの共通ツールって出来ないのかな。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2006/12/19

きょうの読了「川の深さは」

川の深さは

「亡国のイージス」読了後、古本屋にて福井作品を探していたところ、

「トゥエルブY.O.」を見つけ、その巻末解説を読み、これはこちらを先に読まねばと、

近くの本屋にこちらを捜し求めて手に取った次第。

でも探した甲斐がありました。

大沢在昌氏が惚れ込むだけのことはあると思い、そしてこれがデビュー作だと

いうことを忘れさせるほどの完成度、そして「亡国のイージス」へと続く基礎になった

作品ということで、改めて凄い作家だということを遅まきながら認識しました。

行と仙石を思い出す保と桃山の関係性、北の脅威と秘密組織の暗躍、

危機感の欠片も無い日本国民。

すべてがここから始まったことを知り、ますます今後の展開が楽しみになりました。

野沢尚著の「破線のマリス」に惜しくも江戸川乱歩賞を奪われるも

吉川英二新人賞を獲るのも納得。

明日からは「トゥエルブY.O.」を読む予定。

そのあとはローレライか。ちょっと他の人の作品も読まないとかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/18

きょうの表明

プロ野球の巨人を自由契約になり、米大リーグ挑戦を目指していた桑田真澄投手(38)は18日、東京・大手町の巨人の球団事務所で記者会見し、パイレーツ入りの意向を表明した。現時点で正式契約はしておらず、マイナー契約をしてメジャー昇格を狙うものとみられる。

 桑田は、レッドソックス、ドジャースからも誘いがあったことを明かした上で「監督、コーチが1番合っているんじゃないかと。レッドソックスが1番良い条件だったが、お金じゃないものもたくさんある」と語った。マイナーからの挑戦が有力だが、桑田は「一日も早くメジャーのマウンドに立つ、という目標しかない」と目を輝かせた。

 今季の桑田は、3試合で1勝1敗の不本意な成績しか残せず、巨人から戦力外を通告された。国内で獲得に名乗りを上げた球団はなく、巨人の協力を得て代理人とは契約せずに自力で米球団と交渉していた。

なんでも自分でやらないと気がすまない性質なんだろうね。

先は長いけど斉藤みたいなケースもあるから。

まずは第一歩ってことだね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/12/17

今後のショボ

ニューヨーク・ヤンキースのアレックス・ロドリゲス三塁手(31)が、ニューヨーク地区を除く全米120局で放送されたラジオ番組のインタビューで、現在の10年契約が切れる2010年シーズンを最後に現役引退を考えていると語っていたことが明らかになった。ヤンキースの地元紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)が16日付で伝えている。

 同紙によると、インタビューは9月中旬に収録され、同16日からオンエアされていたもの。ロドリゲス本人が現在の契約が切れた後も現役を続行しているとは考えにくいと語り、もし続行するとしてもほんの数年だろうと明かしたという。ちなみに番組のパーソナリティでスポーツアナウンサーでもあるボブ・コスタス氏は、オンエアの翌日は電話対応に追われると予測していたにもかかわらず、実際にはメディアの反応が全くなく拍子抜けしたと同紙に語っている。

 現在、通算464本塁打のロドリゲスは40歳までプレーすれば、バリー・ボンズ外野手(ジャイアンツ)が更新するであろう歴代最多本塁打の記録を破る可能性があるとされているが、同番組内では野球に対する情熱が薄れ、記録を破るために現役を続けることはないと答えていたという。コスタス氏はまた同紙の取材に対し、ロドリゲスの声には怒りはなく、当時の心境を正直に話してくれたとも指摘している。

 ロドリゲスの代理人であるスコット・ボラス氏は同紙の取材に対し、過去の会話のなかで一度もそのような話はなかったと発言内容を否定。最近会ったときには来季、そして今後に意欲を見せていたという。同紙は番組内でロドリゲスが、周囲の自分への要求度が並み外れて高いと認めたことを取り上げ、収録当時の切迫度合いを示すものと結んでいる。

やっぱり才能も大事だけど、モチベーションもそれ以上に大事だからね。

それにしてもあれだけの年棒を貰っててこんな発言をすること自体

プロ失格だと思うんだけど。

それにしても鯔巣もこっちでも金ズルを逃さない努力?を怠らない。

ある意味プロだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの?

Dt01

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナルは16日までロシアのサンクトペテルブルクで行われ、男子2選手、女子3選手が出場して期待された日本勢は男女とも優勝を逃した。

 男女ショートプログラム(SP)で2位につけた高橋大輔(関大)と安藤美姫(トヨタ自動車)は、ともに風邪のような症状でフリーは力を発揮できなかった。高橋は演技が進むにつれて動きが鈍り「滑っているときにおなかが気持ち悪くなり、寒気がしてきて、やめようかと思った」。安藤も腹の具合が悪く「試合に入ったらいけるかと思ったが、震えがきてしまった」と話した。

 高橋はフリー3位ながら銀メダルに踏みとどまったが、安藤はフリー最下位と崩れて5位に転落。6度跳んだ3回転ジャンプが2度しか決まらず「ふらっときそうになった。初めての経験だった」と控室で泣きじゃくったという。

 女子SP1位から逆転負けした浅田真央(愛知・中京大中京高)も鼻声。本人は「風邪ではないと思う」と変調を否定したが、日本チーム関係者は「彼女は頑張るけど、ちょっと様子がおかしかった」。女子4位となった村主章枝(avex)も「体調的に良くなかった。毎日眠れなかった」と話すなど、日本勢は謎の症状に襲われた。(共同)

今朝のニュースで既に結果を知ってしまって中継を見る気がなくなってたんだけど、

どういうことなのかな?

向こうで集団感染でも起こしたの?でも日本選手だけだったのかな?

前日はバスが遅れて試合のスタートも遅れたみたいだけど、

グランプリファイナルなんだからもうちょっと何とかならなかったのかな。。。

(それにしても夜の中継の視聴率ってどうなの?ここまで結果が分かっちゃうのも

なんとかならないのかな。)

<追記>

今実況を見たけどホントによく最後まで頑張ったね!

ホントに辛そうだったけど、あれでよく2位に食い込めたね。

それだけに体調が万全だったら、って思っちゃうけど。。。

まあまだ先はあるからね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

きょうの合意

ニューヨーク・ヤンキースの地元紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は16日、チームが交渉中の井川慶投手(阪神)と、5年2000万ドル(約23億6000万円)で契約確実となったと伝えた。身体検査の結果を待って17日にも正式契約となるという。

 ポスティングによるメジャー移籍を目指した井川については、先月ヤンキースが2600万円(約30億円)で独占交渉権を獲得。話し合いを続けていた。契約が完全にまとまれば、井川は松井秀喜外野手の同僚としてピンストライプのユニホームに袖を通し、ヤンキー・スタジアムのマウンドに立つことになる。

 なおヤンキースは昨季19勝の台湾人右腕、王建民を始め、ランディ・ジョンソン、マイク・ムシーナ、4年ぶり復帰の左腕アンディ・ペティットと先発ローテーション4人が確定的。井川は故障からの復帰を目指すカール・パバーノ、ジェフ・カーステンズやフィル・フューズら若手らと最後の一枠を争うことになりそうだ。

いよいよこれで揃い踏みかな?

松坂が突出してるから感覚が麻痺してるからかもしれないけど、

十分な評価だとおもうけどいいよね?

でもこちらも5年契約でやっぱり投手と野手は違うのかな?

今年のシーズンが終った時は来年のスタータはどうなるんだって心配してたけど、

あっという間に供給過多状態って不思議なものだね。

あとはジトとリリーと暮メンスか。。。

カーステンズとかにはもうチャンスはないのかな。

でも乱爺の状態も分からないし、パバーノは全くだし、

ムースの調子が悪くなる可能性もあるし、多いに越した事は無いか。

とにかく斉藤や大塚のように結果を残して自分の位置を掴み取るのがプロだから。

まあ楽しみは増えました。

(会見はどこで、どのくらいのレベルで行われるのかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/16

きょうの記憶「私の頭の中の消しゴム」

Photo_2

もう既にDVD化されてるのかと思ったらまだだったんだね。

(と思ったらアマゾンにないだけ?どういうこと?)

それにしてもこの病気は本当に残酷だね。

そこにまだちゃんと生きているのに生きていない。

両親の祖母も殆どボケとは無縁だったので、なかなか実感は沸かないけど、

全ての記憶が無くなるってどういうことなのか。

記憶喪失は部分的な記憶がなくなるけど基本的な生活はできる、見たいなイメージが

あるけど実際はどうなのか。

全てのことを覚えているわけにはいかないけど、

好きな人のことまで忘れてしまうっていうのはあまりにも。

家族性アルツハイマー病(Familial AD; FAD)
アルツハイマー型痴呆の中でもごく少数を占める。
常染色体優性のメンデル型遺伝パターンを示し、30~60歳代で発症するもの。 

冒頭に記したように、常染色体優性の遺伝をする、ごくまれな「家族性アルツハイマー病」(FAD)と、そうでないタイプがある。

FADは、常染色体優性遺伝、つまり片方の親がFADであれば子供は性別に関係なく2分の1の確率でFADに罹患するというものである。そうでない大部分のアルツハイマー型痴呆にも、遺伝的要因は少し影響する。ある調査では、80歳になると15%の人が何らかの痴呆性疾患に罹患するという。そのうちの何割かがアルツハイマー型痴呆であるとすると、80歳では数%の人が罹患することになる。親族にアルツハイマー型痴呆の患者がいる場合、多少罹患のリスクが上昇すると言われている。

忘れたくても忘れられない。それでも全てを忘れてしまうよりはどんなにいいか。

人は記憶によって成長し、記憶に慰められ、記憶に励まされ、記憶に嫉妬する。

自分が自分であることを忘れたら人は存在しないことになってしまうのか。

映画のラストは一時の再会で終っていたけど、実際にはどういう結末になるのか。

考えたくないけど考えてしまう。

(それにしても韓国の男は「男」してますね。正に韓国の福山雅治だね)

<追記>

Pure Soul ~君が僕を忘れても~

これがこの映画の元だったのね。そういう展開もあるんだね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのウワテ

トロント・ブルージェイズのバーノン・ウェルズ外野手(28)が、チームと7年総額1億2600万ドル(約148億7000万円)での契約延長に合意。金額ではメジャー史上6番目の大型契約となった。

 ウェルズは既に来季560万ドル(約6億6000万円)の契約を結んでいるため、今回の契約は2008~2014年までの7年間に適用。この1億2600万ドルは、2000年オフに当時シアトル・マリナーズの一員だったアレックス・ロドリゲス内野手(現ヤンキース)がテキサス・レンジャーズと締結した史上1位の10年2億5200万ドル(約292億円)から数えて、歴代6番目の記録となっている。

 1999年のデビュー以降、ブルージェイズ一筋でプレーするウェルズは今季、打率3割3厘、32本塁打、チームトップとなる106打点の好成績をマーク。センターを定位置とする守備でも3年連続のゴールドグラブ賞に輝いた。メジャー生活8年間の通算成績は打率2割8分8厘、141本塁打、501打点。

上には上がいるね。それにしても凄い評価だね。

そこまでして別のチームに行かせたくないってことなんだろうね。

でもショボが一位ってことはチーム移籍がないわけでもないし、

必ず活躍するわけでもないってことだからね。。。

とりあえずヤンキース戦では沈黙しててね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのテスト

早速携帯からブログ作成。
ちゃんと出来たかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/15

きょうの会見

Dm02_1

朝7時の生中継を見て会社に行き、今記事を書いてますが、

なかなか時間が経ち過ぎて。。。

感想としては皆さん言ってますが「通訳手抜き過ぎ!」

あれじゃ全く松坂の真意が伝わりません。

夢の話もあっさり飛ばされ、確かに質問の答えになってないケースもあったけど

あまりの意訳にそれはないだろって感じでした。

でもあの笑顔は十分伝わってるとは思うので言葉は後からってことで。

でもあのユニフォーム贈呈の場面で一言くらい挨拶があるのかと思ったら

すぐに質問タイムになってしまって、結局松坂の英語スピーチはお預け。

松坂自身は準備してたんですかね?

この瞬間が一番のピークにならないことだけ祈ってます。

──(会見前に)球場のフィールド、マウンドに足を踏み入れた感想は?
「テレビで観たことは何度もあるのですけど、まだ工事中にも関わらず、球場の長い歴史と美しさに感動しました。これが開幕の時に完ぺきな状態になっていると思うと、今から楽しみです」

──契約合意に至ったきっかけをひとつ挙げるとすると?
「やっぱり、自分にとって一番大切な家族のサポートをしてくれる、そこが一番の決め手になりました」

──ローテーションが何番目になるとか、考えることはあるか?
「まだ自分がどの位置に入るかなんて考えることはないですし、期待されているのは分かるので、とにかく先発投手のメンバーに入れるよう頑張ります」

──メジャーが夢だったと思うが、実現することについては?
「僕はもともと、夢という言葉が好きではないです。見ることはできても、かなわないものが夢だと思っていますので。 僕はここで投げられることをずっと信じてやってきたので、今、ここにいるのだと思います」

──レッドソックスとヤンキースのライバル関係について思うことは?
「お互いにすごい意識し合っている相手だとは分かっていますし、普通の試合ではないということが分かっています。日本でいうと、ジャイアンツとタイガースの試合みたいなものですかね」

──イチロー、松井秀喜と対戦することについては?
「非常に楽しみにしています」

──交渉の1カ月間、どんな気持ちで過ごしたか?
「非常に長く感じました。こっちでは期限ぎりぎりまで交渉というのが当たり前かもしれませんけども、なかなか長く我慢できない性格ですし、本当はもっと早く決めたかった。早く決断したかったです」

──メジャーでプレーするにあたって、何が一番大きなゴールか?
「日本のプロ野球に入ったときもそうでしたけど、まずはやってみなければ分からないので、1年間かけて判断してみたいと思います」

──1年目の目標は? また会うのが楽しみなチームメートは?
「とにかく、レッドソックスの一員として、しっかり開幕からメンバーに入ることをスタートとして、やっぱりワールドチャンピオンになれるよう、少しでも力になれるよう頑張りたいと思います。会ってみたい人は、カート・シリングです」

──交渉が破談に終わった場合、日本でプレーする可能性もあったが?
「できることなら、その選択は取りたくないとずっと思っていました」

ちなみに彼がかの人。

Dm03

| | コメント (3) | トラックバック (2)
|

きょうのNMP

とうとう長年お世話になったJ-PHONE、vodafoneとお別れして、

auに移転しました。

機種はもちろん記事で言ってたW44S。

色はブラックは指紋が気になるので止め、シルバーはちょうど在庫がなく、

結局オリーブに。でも結構いい色かと思ってます。

きょう是が非でも欲しいと思って新宿に行ったんだけど、ヨドバシ、ビック、さくらやと

どこも2万6,7千円でちょっと高いなと思ってたら、携帯ショップが目に入って

中に入るとホスト崩れみたいなにいちゃんが店員でどれも「0円」って書いてあって、

ちょっと危なそうだなと思ってそこは回避し、別のショップへ。

お店の一角にあるお店で、値段を聞くと2万800円ってことで即契約。

書類に記入して、30分くらい待ってもうOK。意外と簡単。

でも機種変更と違ってキャリアが違うから

これからアドレス登録をしなくちゃならない。。。

ゆっくり登録していきます。

とりあえずワンセグは見ましたが、自宅ではデジタルラジオはまだ受信できず。。。

まずは着うたフルを落としてみようかな。

<追記>

改めてアドレス登録してたら、登録メンバーの9割がドコモユーザー。

そんなに天邪鬼だったかな、自分。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/14

きょうののだめ(番外)

天才的なピアニストでありながら、ゴミためのような部屋に暮らす音大生「のだめ」こと野田恵を主人公にした漫画「のだめカンタービレ」。女性漫画誌「Kiss」(講談社)で連載され、じわじわと人気を呼んで、10月からフジテレビ系の月曜日午後9時のドラマ枠「月9」でドラマ化され、一気にブレークした。上野樹里さんのコミカルな演技でお茶の間でもすっかり人気者となった“のだめ”は実在しているという……。

 部屋を片付けられず、「ピギャー」「ぎゃぼー」など奇声を発する“変人”のだめが誕生したのは01年。二ノ宮さんが運営するホームページの掲示板に女性ファンの一人が「こんな面白い写真を撮りました」と、散らかった部屋の中でピアノを弾いている写真を掲載した。女性は現役の音大生で「野田恵」という名前だった。

 当時、新連載のアイデアを考えていた二ノ宮さんは、この写真からインスピレーションを得て、「だらしない女の子が主人公の音楽コメディー」というアイデアをまとめた。講談社の担当編集者も「クラシックとダメ女のギャップが面白い」とOKを出し、「のだめカンタービレ」の連載が始まったという。

 二ノ宮さんは、音大を卒業し、福岡県でピアノ講師をしている野田さんと電話で話しながら漫画のアイデアを練るといい、のだめが「もじゃもじゃ組曲」という曲を作るというエピソードでは、野田さんが電話口でピアノを弾いて、曲のイメージを作ったという。「のだめカンタービレ」のコミックスの巻末には「Special Thanks 野田恵」と必ず入っている。

まさかあのキャラにモデルがいたなんて。しかも名前そのまんまって。。。

で、ピアノの実力の方はどうなのかな?

まあ幼稚園の先生じゃないけどピアノ講師ってことはある意味夢が叶ってるのかな?

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

きょうの合意

Dm01

ポスティングシステム(入札制度)によるメジャー移籍を目指す西武ライオンズの松坂大輔投手と、5111万ドル(約60億円)で落札したボストン・レッドソックスは13日夜、総額5200万ドル(約61億円)の6年契約に合意した。スポーツ専門ケーブル局ESPNのウェブサイトをはじめ、複数の米メディアが報じている。

 同局が松坂の代理人スコット・ボラス氏のコメントとして報じたところによると、双方はボストン到着時に契約をまとめていたもよう。また、松坂はこの日のうちに身体検査も済ませたという。

 なお、正式発表は14日の午後5時(日本時間15日の午前7時)に行われる見通し。

米スポーツ専門ケーブル局ESPNのウェブサイトは14日、ボストン・レッドソックスと6年5200万ドル(約61億円)で合意に達した松坂大輔投手の年俸の内訳を報じている。

 同局によると、1年目の2007年の年俸は600万ドル(約7億1000万円)。2~4年目は800万ドル(約9億4000万円)で、5年目と6年目はそれぞれ1000万ドル(約11億8000万円)になるという。このほか、契約の段階で200万ドル(約2億4000万円)のボーナスも用意されているもよう。

 なおレッドソックスは、西武ライオンズへの落札額5111万ドル(約60億円)を合わせると、1億311万ドル(約121億円)を支出することになる。

なんとか決まってくれてよかったけど、ここまでやる必要があったのかな?

それにしても天文学的な金額だね。

このとおりに年棒どおりの活躍をしてくれればいいけど、そんな簡単なもんじゃないと

思うけど。

6年連続で一線級の活躍をするなんてなかなかできないからね。

まあ6年いるかどうかは全く分からないけど。

でもこれで縦じまのユニフォームを着る可能性は確実に0%に近づいたね。。。

| | コメント (1) | トラックバック (2)
|

2006/12/13

きょうの相棒

Hm40

これが共に戦った一品。

ヤンキースの松井秀喜外野手(32)が、5月に左手首を骨折した際にはめていたグラブやリハビリ中に使用していた三角きんなどの“大けがグッズ”を、23日から石川・能美市の『松井秀喜ベースボールミュージアム』で公開することが10日、明らかになった。野球人生初の“苦闘”を物語るグッズの数々は、8日に1周年を迎えたばかりの同館の新たな目玉になりそうだ。

 栄光だけではなく“負の遺産”も見てほしい。松井秀の故郷、石川・能美市にある『松井秀喜ベースボールミュージアム』に、新たな目玉コーナーが誕生する。

 5月11日(日本時間12日)のレッドソックス戦(ニューヨーク)で左手首を骨折したが、その際にはめていたグラブ、骨折後に使用していた三角きんやギプスなどのグッズが展示されることになった。

 「秀喜からそれらの品の入った荷物を送ってもらいました。今は23日からの展示に向けて準備を進めている段階です」

 同館の館長を務める父・昌雄さん(64)が23日からの展示計画を明かした。日本に帰国する前の11月上旬、ニューヨークで松井秀が自らこん包した荷物はすでに同館に届いている。

 段ボールの中に入れたのは黄色いグラブ、少し汚れた三角きんやギプス、さらに自宅で使用していた超音波治療器など数点。「なんか処分できないんだよね」と役目を終えたあとも大事にとってあった日陰の品に光があたる。

 「人生、どんなに苦しいことがあってもいつかは乗り越えられるということを、来場者の方々に感じていただければ…」

 昌雄さんは狙いを説明した。昨年12月8日に新装開館し、来館者総数が25万人を突破した同ミュージアムにはトロフィーや賞状、ユニホームなど多くの思い出の品が飾られているが、負の歴史を物語る展示物はない。

 思いだしたくない大けがのグッズを飾ること自体が異例だが、それも今後に向けたゴジラの強い決意の表れだ。

 たとえ失意のどん底にいても必ずはい上がれるから…。今季のゴジラを支えた“相棒”が、そんなメッセージを発する。

なんでも前向きに捉える松井らしい発想だね。

でもマジで臭そう?

まあオークションとかには出さないで欲しいけどね。

チャリティーならいいか。でも余程のマニアじゃないとね。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

最後の晩餐

西武の松坂大輔投手と米大リーグ、レッドソックスとの入団交渉は12日から13日未明にかけ、約16時間にわたって行われ、代理人のスコット・ボラス氏は「結論は出ていない。交渉は継続する」と語った。交渉期限の米東部時間15日午前零時(日本時間同日午後2時)が迫っているため、交渉を再開する13日が最後のヤマ場になるとみられる。

 ボラス氏と、レッドソックスのラリー・ルキーノ球団社長、テオ・エプスタイン・ゼネラルマネジャー(GM)らによる直接交渉は、当地近郊のボラス氏の事務所で12日午前から始まった。

 この交渉はいったん夜に終了。エプスタインGMは「われわれは13日にボストンに戻る。交渉継続は松坂次第だ」と語り、大詰めの段階でも難航していることをうかがわせた。

 しかし、その後、ボラス氏が日本人通訳とともに外出し、別の場所で交渉を再スタート。松坂本人も加わり、話し合いは13日未明まで続いたという。

 ボストン・ヘラルド紙(電子版)によると、レッドソックスが年俸800万ドル(約9億2000万円)の6年契約を提示したのに対し、松坂側は年俸1100万ドルを求めている。

結局何が決めてなのかな?

お金?契約年数?それだけ?

鯔巣は金額さえ上がれば後はどうでもいいと思ってるの?

金額だけなら松坂ももう「エイや!」で決めてもいいと思うんだけど。

十分に評価はされてると思うし、ゴネればゴネる程評価は下がる一方だと思うんだけど。

もうこれが最後だと思うけど、後悔だけはしないで欲しいね。ホントに。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうの間違い

かつて読売巨人軍でもプレーしたボストン・レッドソックスのゲーブ・キャプラー外野手(31)が現役引退を表明。チーム傘下の1Aグリーンビルの監督に就任することが決まった。

 1998年にデトロイト・タイガースでデビューした後、テキサス・レンジャーズとコロラド・ロッキーズを経て、2003年シーズン途中に外野のバックアップ要員としてレッドソックスと契約したキャプラー。翌2004年にはチームのワールドシリーズ制覇に貢献した。その後2005年に巨人入りしたが、38試合の出場で打率1割5分3厘、3本塁打、6打点と結果を残せず、レッドソックスに復帰。9月にアキレス腱断裂の大けがを負うまでプレーした。今季は72試合の出場で打率2割5分4厘、2本塁打、12打点の成績。

 キャプラーは日本行きについて、深く後悔しているようだ。「財政的な理由で日本に行ったのは間違いだった。もう二度とああいうことはしたくないね。今後は自分や家族、世の中の人たちの助けになったり、もっと価値のあることをしたい」

個人的にも間違いだったんだろうけど、巨人首脳陣にとっても清水選手にとっても

大間違いだったね。

ボストンに戻ってからもさっぱりだったし。

やっぱり金だけで動くとろくなことは無いってことだろうね。

松坂もちゃんと見習わないと?

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/12/12

きょうの最終通告

レッドソックスの最終オファーは年俸11億6000万円!! レッドソックスとの契約交渉が大詰めを迎えた。渡米中の西武・松坂大輔投手(26)の代理人、ボラス氏は11日、当地の郊外にある事務所内で、レ軍のオーナーのひとりであるワーナー氏、ルキーノ社長、エプスタインGMと入団交渉。席上、レ軍側は、推定年俸1000万ドル(11億6000万円)の最終提示を行い、13日が契約の最終通告と松坂側に迫った。

これがホントに最後みたいだけど、年棒1000万ドルってマジ凄いよね。

 11日、交渉を終えたルキーノ社長は、「われわれが2度も松坂さんを訪問したのは、日本の野球に対しても敬意を示すためだ。13日にはボストンに帰る。今回、乗ってきたプライベートジェットには、松坂さんのシートも用意してある。ぜひ、一緒にボストンへ行ってほしい」と口を開いた。

 レ軍側の契約交渉の責任者であるエプスタインGMは、「松坂さんの契約の大部分で、われわれは誠意をもって交渉を続けてきた。まだ、(ボラス氏からの)妥協案の提示はないが、当初の金額よりも上積みした金額でオファーをし直した。この金額はチームとして新人選手に記録的な金額といえるもの」と話した。

確かに新人選手に出す金じゃないよね。 

 一方、その交渉には、松坂は同席せず、ボラス氏ひとりが出席。記者会見したボラス氏は、交渉が難航している理由として、「一番問題にしているのは、応札額の5111万ドルをどのように契約金に反映させるかだ。ひとつ言えるのは、松坂はいつの日か大リーグでプレーする選手であり、日本のスーパースターである。彼(松坂)は来季、アメリカでプレーするかもしれないし、日本に帰る可能性もある」と説明した。

 10歳のころから抱いてきたメジャーで投げる夢を、安易な条件で実現させないように、ボラス氏が説得しているようだ。

なんで松坂は同席しないの?

うっかり「お願いします」って言われちゃうのを恐れてるのかな?

 最後にボラス氏は、「彼がいかなる決断をしても、それは満足のいく決断であると思う。なぜなら、それは彼自身が決断を下すことなのだから」と繰り返した。

本当にそうであって欲しいけど、本当にそうなのかな?

まあ成立した方が勿論手数料は多いはずだし、その後のマネージメントもあるし、

決裂だけはないと思うんだけどね。

でもこれ以上の要求はありえないと思うのは事実。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2006/12/11

きょうの連れ○ょん

米大リーグ、通算186勝のベテラン左腕アンディー・ペティットの復帰が決定したヤンキース。次なる標的はロジャー・クレメンスであるとの見方が浮上している。

 地元紙『ニューヨーク・ポスト』は9日(現地時間)、クレメンスの代理人を務めるランディ・ヘンドリクス氏の「ロジャーはまだ進路を決めていないが、アンディーの動向には注意を払っていた」というコメントを紹介。今回のペティットのヤンキース復帰により、ペティットと親しいクレメンスが続いてヤンキース入りする可能性を示唆した。メジャー通算348勝を誇る“豪腕”クレメンスだが、来季の去就については現時点では態度を保留している。

 王建民、ジョンソン、ムシーナ、ペティットの先発陣にクレメンスが加われば、ローテーションはほぼ確定となる。V奪回を目指すヤンキースにとって願ってもない布陣となるが、一方でポスティングシステム(入札制度)でヤンキース入りを目指す阪神・井川慶には、夢のメジャーデビュー前にチーム内での戦いが大きな壁となりそうだ。

動かない動かないと思ってたら今度は一転。

確かに名前的にはビックだけど実力はかつてのものでは無いからね。

それにしてもこういう展開になると井川は保険だった感じだね。。。

まあ実力でもぎ取るのがスタータだからね。

野茂や斉藤のように自力で地位を獲得するのがプロだから。

(タイトルはご想像にお任せします)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの懸念

レッドソックスと入団交渉中の西武・松坂大輔投手(26)が、ロサンゼルス空港に到着した。今回の訪米は代理人のスコット・ボラス氏(54)と交渉内容を最終的に確認するのが目的とみられるが、10日付のボストン地元紙は「現時点で交渉は決裂している」と報道。交渉期限の15日午前零時(日本時間同日午後2時)を前に緊迫感が増してきた。

 午前9時40分。空港の到着ロビーに姿を現した松坂は、関係者の「大ちゃん(リムジンは)こっち」の誘導に「はい」と返事をして素早く乗車。渡米時同様に無言を貫いた。

 今回の訪米の目的は、契約交渉の最終的な打ち合わせ。まずはボラス氏から交渉経過の説明を受け、交渉期限の15日午前零時に向けて、戦略などを話し合うとみられる。

 物々しい西海岸入りを象徴するかのように、東海岸のボストンではショッキングな報道があった。10日付の地元有力紙『ボストン・ヘラルド』は関係者の話として「交渉の状況が急転しない限り、現時点では交渉決裂」と掲載した。

 争点は金額面の温度差。1年平均で1500万ドル(約17億4000万円)前後を要求するボラス氏に対し、レ軍の提示額は800万ドル(約9億2800万円)前後。両者には約8億円の開きがあり、交渉は難航している。

 今後は、ロサンゼルス郊外にあるボラス氏の事務所を兼ねた自社ビルで最終ミーティング。11日夜(日本時間12日朝)には2人で会見を開く予定になっている。

 リミットまで1週間を切ったが、期限までに歩み寄れるのか。予断を許さない緊迫した状況になってきた。

きのうのなりぽんさんの記事を見て吃驚したんだけど、本当みたいね。

始めからこうなる可能性も考えていたので決まるまでは、と思ってたけど、

本当に松坂はどうしたいのかな?

まあまだ決まった訳ではないけど、決裂だけは避けて欲しい。

(それにしてもいろいろあるねえ。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/12/10

きょうの一本「ラストサムライ」

ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉

なんでこうまで「KEN WATANABE」って言われてるのかイマイチ実感がなかったけど

きょうようやくこの映画を見て、「なるほど!」と思った次第。

でも戦場でしか生きられない運命って何なんだろうね。

なんで同じ肌の人間同士で殺しあわなければならないのか。

ここまで殺らないと間違いに気が付かないのか。

人間は馬鹿なのか利口なのか。

結局勝元は何が守りたかったのか。

武士の意志?家族?村?仲間?

彼がもうちょっと考えればあんなにも無駄死にを出さなくて済んだのに。

あの戦いは何を目的にしていたの?

何を持ってして勝ちとしたの?敵の大将は誰?

自害するのに仲間を道連れにしたとしか思えない結果。

あの村は男がいなくなってあの後どうなったのか?

トムのハーレムにでもなったの?

結局この映画は何が言いたかったのか。

疑問だけが残った気がします。

(それにしてもこの村ってもののけ姫の村じゃない?)

(絶賛記事の嵐ですが、みんななんで疑問に思わないのかな?

確かにKENさんの演技は見事でしたが、戦う理由が分からない。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの現状

大相撲の元十両で、九州場所を最後に引退した五剣山(33)=本名五藤博之、香川県出身、貴乃花部屋=が10日、東京都内のホテルで断髪式を行い、師匠の貴乃花親方(元横綱貴乃花)ら約100人がはさみを入れた。五剣山は1989年春場所初土俵で、十両には通算11場所在位。

 これで貴乃花部屋の力士は7人となり、関取経験者もいなくなった。貴乃花親方は「ゼロからのスタート。3年先のけいこという思いで、弟子の育成にあたっていく」。

あの二子山全盛時代に比べて今は関取なしなんて誰が想像しただろう。。。

まああの親方の姿を見て任せようっていう親もいないだろうしね。

そもそも弟子自体どれくらいいるのかな?

曙といい横綱の権威ってどうなっちゃたのかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの実物(その2)

3インチ液晶+22ミリ薄型の“AQUOSケータイ 2nd Model”──「911SH」

同じ3インチ液晶のワンセグ携帯ってことで、画像は最高って話だったので

さっそく実物を見てきたんだけど、薄型とはいえやっぱり厚い。。。

長さも長めでこれが限界なのかな?

ソフトバンクの最後の決めてだったんだけど、これで問題なくauに移れます。

あとはあれが2万円切れば。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/09

きょうの?

大阪府吹田(すいた)、箕面(みのお)、守口の3市の住民4人に住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)からの「個人離脱」を認めた大阪高裁判決を受け入れ、上告を断念した箕面市が、原告住民(1人)の「住民票コード」を削除する検討を始めたところ、削除すると、ネット上で情報やサービスを提供するコンピューター(サーバー)がダウンする危険性があることがわかった。

 削除できても最大で3500万円の経費がかかることも判明。市は今後、専門家による検討会を発足させ、府や国と協議する。

 市情報政策課によると、住基ネットは、市から府のサーバーを経由して国のサーバーにデータが蓄積される。市と府のサーバーは30分ごとに交信し、転入転出などのデータ更新が行われており、原告の住民票コードを削除するには、市だけでなく府や国のサーバー内のデータも削除する必要がある。

一体どうゆう作りになってるの?

データ削除に3500万円って、もともと削除機能を出来ないように作ってあったとしか

考えられない。

と思ったら、

今回の判断により、個人のプライバシーを守りたいと訴えた箕面市民の女性は、住基ネットから逃れる自由を得たことになります。住基ネットは、住民基本台帳に記録されている個人に11桁のコードを割り当て、地方と国などで情報を共有できるようにしたシステムですが、プライバシー漏洩の恐れが高まるなどとして、全国各地で今回のような訴訟も相次いでいます。今回決断を下した箕面市の藤沢市長も、これに理解を示し、選挙の際、「個人の意見を尊重し、ネットへの接続を個人が選択できるようにする」と公約していました。今回の決定について、原告団は、「住基ネットの問題点を指摘した今回の判決の意図をくんだ英断だ」として高く評価しています。しかし、システム上、住民票コードの削除は考慮されておらず、箕面市の担当課では、「作業を進めれば、箕面市全体のデータがネットワークからはじかれる可能性もある」として、対応策の検討を始めています。

だって。それ自体おかしな話だよね?

それにしてもこの制度で誰が得してるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの出戻り

米大リーグ、ヤンキースは8日、アストロズからフリーエージェント(FA)になったアンディ・ペティット投手(34)と1年契約で基本合意した。AP通信によると年俸1600万ドル(約18億4000万円)で、2年目の選択権は同じく1600万ドルでペティットにあるという。
 ペティットは通算186勝の左腕。1995年から9シーズン、ヤンキースに在籍し、そのうち6度、15勝以上を記録。ポストシーズンで13勝を挙げ、4度のワールドチャンピオンに貢献した。
 これでヤンキースは王建民、ジョンソン、ムシーナ、ペティットと4人の先発が確定。阪神の井川慶投手が入団すれば、残り1枠を故障上がりのパバーノや、若手のヒューズらと競う高いレベルの先発争いになる。

なんか一気にスタータ争いが起こるなんておかしいね?

まあ投手陣はいくらいてもなにがあるかわからないからね?

プロクのスタータはどうなる?井川は?ヒューズの出番は?

これでジトはなくなった?乱爺は怪我を押して出る、なんてことはない?

まあパバーノの例もあるし、まずは開幕時にちゃんとロスターに載ってる事が

最低条件だけどね。

でやっぱりこれで打ち止め?

(そういえばカーステンズとかいいなあと思ってたんだけど、セットアップでも出番が

あるかどうかなのかな。。。)

<追記>

また、今季ア・リーグトップの83試合に登板した救援右腕スコット・プロクター投手は、ペティットについて「勝ち方を知っている投手。多くのことを学びたいと心から思う」とコメント。またペティット加入により、うわさされていた自身の先発転向の可能性はほぼなくなったが、「リリーフでも先発でも、チームが求める仕事を精いっぱいこなすだけ。目標はワールドチャンピオンだからね」と前向きな姿勢を見せた。

ってあっさりしてるね?

また来年もフル回転ってことかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/12/08

最近の難航

松坂大輔投手(西武)と入団交渉中のボストン・レッドソックス。チームの地元紙ボストン・グローブは7日、両者の話し合いが難航していると伝えた。

 同紙によると、松坂の代理人であるスコット・ボラス氏がレッドソックスに年俸1200万ドル(約13億8000万円)の6年契約という巨額を要求しているとのこと。これに対しテオ・エプスタインGMは正式なコメントを避けているものの不安を募らせており、もしボラス氏が不誠実な対応を進めるならば破談になる可能性もありうるという、関係者のコメントを紹介している。

ちょっとは予想してたけど、松坂自身はどう考えてるのかな?

これが破談なんかになったら結局日本に残留するしかないんだよね?

まずはメジャーリーガーになるのが先決だと思うんだけど。

お金ならいくらでも後から付いてくるんじゃないの?

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

きょうの残留?

4日に始まったウインターミーティングはこの日閉幕。毎年恒例となっているマニー・ラミレス外野手(レッドソックス)の移籍問題は、いつも通り残留という形で決着しそうだ。

 テオ・エプスタインGMはラミレスのトレード期限を6日の24時と決めていた。これで移籍の可能性が完全に消えたわけではないが、「もともと主力は残すという前提で動いている。今いる才能豊かな選手たちを中心に、チームを組み立てていくのがいいと思う」とトレードをあきらめたような口ぶりだった。

 ラミレスの移籍先候補にはロサンゼルス・ドジャースも挙がっていた。だが2002、2003年にレッドソックスの指揮を執ったドジャースのグレイディ・リトル監督は、かつての教え子を獲得できるとは考えていなかったようだ。「ウインターミーティングの風物詩みたいなものだ。違う結末になるなんて思っていないよ」

ほんとうに風物詩になってるね。

でもやっぱり彼には残ってもらわないと、ボストンとヤッテル気がしないからね。

でもホントに残留だよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの実物

“あのヒンジ”に込めた思い──「W44S」はなぜあのようなデザインなのか

きょう実際に実物を見て、まずは「でかいなー」。

そしてあの”ヒンジ”。

やっぱり引っかかる存在だよね。

普通の携帯ケースには納まらない出っ張りであり、どうしても違和感は否めない。

でも他のワンセグ携帯と比べて確かに大きい3インチ画面はやっぱり大きい。

画面もフルで表示で、これでPCでのネット視聴もできるし、デジタルラジオも聞ける。

携帯電話だと思うとちょっと大き過ぎって感じだけど、携帯テレビだと思えば小さい?

実売3万円ていうことで、まだちょっと手が出ない?

1万5千円くらいになったら考えてみようかな?

でもある意味夢の端末っていう気もするけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのトレード

捕手として歴代1位の396本塁打(通算は419本)を誇るフリーエージェント(FA)のマイク・ピアザ(パドレス)が、オークランド・アスレチックスと1年契約で合意したようだ。年俸は800万~900万ドル(約9億2000万~10億3000万円)になると報じられている。

 アスレチックスのビリー・ビーンGMは正式決定ではないとしながらも、「今週中にまとまるめどはついている」と明言。入団が正式に決まった場合、指名打者(DH)フランク・トーマス(現ブルージェイズ)の抜けた穴を埋めることになりそうだ。「キャッチャーミットを持つ癖は抜けないと思うが、99・9%の時間はDHをやってもらうつもりだ」

 アスレチックスはこの日、同じくパドレスからFAとなっていた救援左腕アラン・エンブリー投手を獲得。AP通信によると、2年550万ドル(約6億3000万円)で、2009年は球団側が選択権を持つオプションとなっているという。メジャー13年目のエンブリーは今季、自己最多の73試合に登板し、4勝3敗、防御率3・27の成績を残している。

 オレゴン州の自宅から取材に応えたエンブリーは、「地元に近く強いチームなので入団を決めた」とコメント。またボブ・ゲレン監督は、「右打者にも効果的な上、抑え、中継ぎ、ロングリリーフとどこでも任せられる。貴重な左腕だ」と36歳の新戦力に期待を寄せていた。

またまたアリーグに大物が。

ヤンキース戦でピアザが見られるってことだよね。

打って欲しくもあり、打たないでとも思うし。

でもきちんと仕事をして欲しいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/07

ことしの2敗目

トロント・ブルージェイズからフリーエージェントとなっていた先発左腕テッド・リリー投手(30)は、ニューヨーク・ヤンキースなど複数の球団からラブコールを受けていた。しかし、この日シカゴ・カブスと総額4000万ドル(約46億円)の4年契約に合意したことが分かった。

「テッド・リリーはカブスの一員となる」。これはリリーの代理人が、ウインターミーティングの会場となっているホテルで明言したもの。サウスポーは今季、ブルージェイズで32試合に先発登板し、4年連続2けた勝利となる15勝(13敗)、防御率4・31の成績を残している。

 リリーをめぐっては、最終的に古巣ヤンキースか、カブスが獲得するのではとうわさされていた。特に今季ナ・リーグ中地区最下位からの巻き返しを図るカブスは、ルー・ピネラ新監督が勧誘に乗り出すなど、積極的な姿勢を見せていた。リリーの代理人は、「テッドは、最下位の球団が1位を目指そうという姿勢に感銘を受けていた」と語った。

かつての加藤初みたいな投手だったってことかな?

でも加藤初も結局巨人に来たんだよね。

いずれはヤンキースに来ることになるんじゃないの?

まあ井川は一安心かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのやり直し

ニフティのブログサービス「ココログ」で、53時間と異例の長時間にわたるメンテナンスが行われたが、メンテナンス中に起きた現象を解決できず、結局メンテナンス前の状態に戻して12月7日午後3時にサービスを再開した。

 2日以上にわたるメンテナンス中、ユーザーは閲覧はできるが更新などができない状態に。有料ユーザーからは「何のために待たされたのか」と不満の声が上がっている。

 ココログは今年、レスポンスが悪化する問題が頻発。今回の不手際にもユーザーから批判が集まりそうだ。

 メンテナンスは12月5日午前10時から7日午後3時まで、53時間にわたって実施。@nifty会員向けのココログベーシック/プラス/プロのバージョンアップやデータベース分散化などが目的だった。

 「ココログレスポンス問題お知らせブログ」によると、6日夜に実施した負荷テストで、高負荷になってレスポンスが悪化する現象が発生。当初は改善可能な問題として修正・検証作業をしたが、7日になっても原因の特定ができなかった。

 このため、「問題の解決にはさらに長時間を要することが予想される」として一旦メンテナンス前の状態に戻し、サービスを再開した。

 データの消失といった影響はないとしているが、ブログ記事では「長時間お待ちいただいたにもかかわらずこのような状況となってしまいましたこと、お詫び申し上げます」と謝罪。メンテナンスで当初予定していた改善項目は、今回見つかった問題点について対策を講じた上で、改めてスケジュールなどを報告するとしている。

いつもみてるおなじみさんの更新がないから変だなと思っていたら、

恒例のココログメンテ。しかも53時間。しかもやり直し。

とうとうyahooのトップニュース欄にも載る始末。

これで大々的にココログの実態が世間の常識になっちゃったかな?

それにしても企業としてありえない失態。

「今回のメンテナンスで予定されていた改善項目につきましては、今回の問題点について対策を講じた上で、改めてスケジュール等をご報告させていただきます。今後とも、ココログをよろしくお願い申し上げます。」

だって。またやるんだ。今後ともよろしくってよく言えたもんだね。

次は100時間とか懸ける気かね?

それにしてもいつまでこんな状態が続くのかな?

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2006/12/06

きょうの読了「手紙」

手紙

映画化されて「タイヨウのうた」と同じキャストだったので

ちょっと被った印象があったんだけど、勿論別物でした。

ちょっと「白夜行」の雰囲気もあったけど、そこから何とか抜け出して、

必死で「普通の」生活を送ろうとする主人公を見舞う幸福と絶望。

もし友達の兄貴が殺人犯になったら、自分はその友達とどう接するのか。

自分の娘が、殺人犯の兄を持つ男の娘と遊んでいたら。

会社の同僚だったら。メジャーデビューを目指すバンドのメンバーだったら。

自分の母親を殺した犯人の弟に会ったら。

引ったくり犯の両親が訪ねてきたら。

自分には関係ないと思っていても、もしかしたら明日どれかの立場になる可能性も

0%とは言い切れない。

「差別はね、当然なんだよ」

自分に不利益だと感じる人間を避ける。

動物としての防衛本能。

社会という秩序を守る為の方便。

被害者と加害者。そして被害者の家族と加害者の家族。

この作品の中では加害者の家族を追っているけど、

被害者の家族もまた別の不幸を背負いながら生活している。

場合によっては加害者がどういう罰を受け、どういう生活をし、

いつ出所し、いま何をしているのかも分からない、という状況も多いと聞く。

この作品が犯罪を犯そうとしている人間に一歩前で踏みとどまらせる

「枷」になってくれるのを願います。

そして一人でも直貴のような人間を作らないことを。

(それにしても映画はお笑い芸人を目指してたの?)

(由美子はもっとブスなイメージだったんだけど、まあそういうキャストでいく訳には

いかないよね。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの吃驚

米大リーグ、ドジャースと来季の契約で合意した斎藤隆投手(36)が6日、川崎市内のトレーニング施設で記者会見し「ドジャースのユニホームをまた着られてほっとしている。来年は世界一を目指す」と決意を語った。
 契約年数は自らが望んだという1年で、年俸100万ドル(約1億1500万円)と30万ドルの出来高払いに加え、10球団以外へのトレードを拒否できる条項も付いた。年俸が今季の約3倍になった右腕は「びっくりした。1年でこれだけ上がるのは、日本では考えられない」と喜んだ。
 今年2月にドジャースとマイナー契約を結んだ斎藤は、開幕直後にメジャー昇格。72試合に登板して6勝2敗24セーブ、防御率2・07の好成績を残し、チームのプレーオフ進出に貢献した。

きのうの記事では32万ドルの倍増って話だったけど、3倍増以上。

でもこれが正当な評価って奴だよね。

これでまだまだ日本には帰れないかな?

(松坂もまずは一年やってからお金の話をしたらどうかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうのお知らせ

あまりにも過去ログへのスパムトラバ&コメントが多いので、

トラバとコメントをチェック後表示とさせていただきます。

ほんとうはこんなのは面倒だと思ってますが、結局嫌なもので占領された姿を

お見せしたくないので。

よろしくお願いします。

正当な?トラバ&コメントは大歓迎です。

なるべく早くチェック&アップしたいと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/05

きょうの続報

先日、一部でボストン・レッドソックスのマニー・ラミレス外野手とのトレード話が報じられた、テキサス・レンジャーズの大塚晶則投手。しかしジョン・ダニエルズGMは、チームの守護神を他球団に渡さない考えを示した。

 ニューヨーク・メッツとフィラデルフィア・フィリーズが興味を持っているとされるレンジャーズ救援陣。中でも、大塚と左腕C.J.ウィルソンの両投手が挙がっているが、ダニエルズGMはいずれもトレード要員にするつもりはない。「大塚は制球力があるし、いい成績を残したので、他球団から打診は受けている。しかし、トレードに出すつもりはないと返答した」と、今季32セーブを挙げたクローザーについて語っている。

まあそうだろうね。

でも松坂→岡島→大塚リレーみたかったな。。。

でもラミレスはやっぱり。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの残留

38歳のベテラン田中幸内野手が5日、4000万円減の2000万円で更改した。2000本安打まであと33本として今季を迎えたが、58試合出場で15安打にとどまった。来年でプロ22年目。減額制限を大幅に超えるダウンにも、「2000本安打がなかったら、辞めていたかもしれない。現役でやれるだけありがたい」と話した。金額は推定。 

新庄みたいなケースもあるけどこういうパターンもあるよね。

たしか一緒に胴上げされてたから一緒に辞めるのかと思ってたけど。

まああと33本なら辞められないか?

ガッツもいなくなって真のミスターファイターズとして最後まで頑張って欲しいね。

そして、

米大リーグ、ドジャースの斎藤隆投手(36)の残留が決定的になったことが5日、分かった。今季年俸は32万ドル(約3700万円)前後とされるが、ほぼ倍増の提示があったとみられる。6日に記者会見を開く予定。

 斎藤は2月にマイナー契約を結び、招待選手としてキャンプに参加。開幕はマイナーで迎えたが、4月初めにメジャー昇格を果たすと、安定感抜群の投球を披露し、5月には抑えを任された。今季の登板数は横浜時代の自己最多50試合を大きく上回る72試合で、6勝2敗24セーブ、防御率2・07の好成績を残した。

倍増でも億にいかないんだね。。。

あれだけ活躍してもこれでまだ活躍して無い選手に60億って、

やっぱり変だよね。。。

そんななか、

オリックスの清原和博内野手は5日、現状維持の2億5000万円で来季の契約を更改した。今季、プロ野球記録を更新する通算12本目のサヨナラ本塁打を放つなど存在感を示したが、左ひざの故障など満身創痍(そうい)の状態で出場は67試合にとどまった。来季は「1年間グラウンドに立ち続けることが大事。立てるようコンディションを整えたい」と話した。
 記者会見では満面に笑みを浮かべ、自ら2年契約であったことも明かした。「パ・リーグの投手にも慣れたし、来年は結果を残したい」。8月で40歳。「プロに入る時、40歳までは…と思っていた。咲きそうでつぼみのまま終わってしまった。もう一花咲かせたい」と、来季への意気込みを語った。金額は推定。

もう一花もくそも無い気が。。。

オリックスもお金持ちだね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの動き

米大リーグの球団首脳や選手代理人らが一堂に会し交渉を行うウインターミーティングが4日(現地時間)からフロリダ州のオーランドで行われているが、当地では2人のスラッガーの去就が注目を集めている。

 ボストンの地元紙『ボストン・ヘラルド』は4日、トレードのうわさが絶えないヤンキースの主砲アレックス・ロドリゲスについて、ホワイトソックスが正三塁手のジョー・クレディと左腕マーク・バーリー、あるいはクレディと右腕フレディ・ガルシアという2選手を交換要員に獲得に乗り出す意思があると報じた。しかしこのうわさについては、ヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMとロドリゲスの代理人スコット・ボラス氏の双方がトレードの可能性を否定している。

 また同紙は、移籍が取りざたされているレッドソックスの大砲、マミー・ラミレスについては、ドジャース、パドレス、マリナーズ、レンジャーズ、エンゼルスの5球団が興味を示していると伝えた。

 例年大物選手の移籍が見られるウインターミーティング。2人の大物の移籍は実現するのか、今後の動向が注目される。

まあまだ牽制ってことだと思うけど、とうとうショボの名前が出てきたね。

しっかり吟味して決めて欲しいですね。行くにしても行かないにしても。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの?(怒り)

来季からセ、パ両リーグで統一されるポストシーズンゲーム「クライマックスシリーズ」がセ、パそれぞれ独自で開催される可能性が出てきた。プロ野球実行委員会が4日、東京・内幸町のコミッショナー事務局で開かれ、リーグ優勝チームに与えられるアドバンテージはセ、パで意見がまとまらない中、冠スポンサーはリーグ別々につけることが決まった。

 セ・リーグはこの日の理事会で「アドバンテージをつけないことで合意した」(中日・伊藤代表)ものの、パ・リーグは「何らかのアドバンテージをつけたいという方針」(ロッテ・瀬戸山球団社長)で、昨年までのような5ゲーム差で1勝などの案も出た。また、「セと同時に開催しなくてもいいのではないか」と日程も別にするという意見もあった。

 アドバンテージについては21日に開かれる12球団代表者会議で正式決定するが、パが譲歩しない限りは、両リーグ初の統一開催となる「クライマックスシリーズ」は、冠スポンサーだけでなく、試合形式もそれぞれ独自路線を歩むことになる。

全くなにを考えてるのか。

あんたたちは現状が判ってるのか?

セだとかパだとか関係ないだろう。

NPBとしての見解はないのか?コミッショナーは何をしているのか?

こんなことやってるからファンから見放されるんだってことが判ってない。

もうお前らに期待しない。

有望選手はどんどんメジャーに行っちゃえばいいんだ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/04

今後のヤンキース

4日からフロリダ州オーランドで始まるウインターミーティングを前に、ニューヨーク・ヤンキースの地元紙ニューヨーク・ポスト(電子版)は3日、ミーティング期間中の注目点を5つ挙げた。

 同紙はまず、先日にクリスマスまでには引退か現役続行を決めるとしたアンディ・ペティット投手(アストロズ)について、後者なら恐らくアストロズ残留だろうが、ヤンキースもかつてのエース左腕を取り戻したいと思っていると指摘。また、Dトレインことダントレル・ウィリス投手(マーリンズ)についても、今季ブレークしたメルキー・カブレラ外野手を交換相手に入れてでもトレードで獲得する可能性があるとした。

 さらに同紙は、移籍1年目は3勝6敗6セーブ、防御率4・36と振るわなかったにもかかわらず、2年1075万ドル(約12億4000万円)の契約を残すリリーフ右腕カイル・ファーンズワース投手の放出の可能性を示唆。同投手が務めていたセットアッパー役はスコット・プロクター投手で埋められるとし、懸案だった右打ちの一塁手はシェイ・ヒレンブランド内野手(ジャイアンツ)の獲得が濃厚だと伝えた。

 そして最後に同紙は、6年9000万ドル(約104億円)の大型契約を狙っているとされるフリーエージェント市場の目玉、バリー・ジト投手と代理人のスコット・ボラス氏に言及。昨オフにボラス氏が代理人を務めて7年契約を要求していたジョニー・デーモン外野手と最終的に4年5200万ドル(約60億円)で契約したように、ジトおよびボラス氏が要求内容を下げれば、獲得実現もあり得ると分析している。

簡単にミルキーやファンズを出す、みたいに言ってるけど、ちょっと待ってって感じ。

確かにミルキーのポジションは微妙だけど、

松井もきっちり一年出られる補償はないし、

アブちゃんもデーモンも故障持ちではあるんだし。

今年のバーニーみたいに居てくれてよかった、って場合もあるし。

ファンズのあの速球は勿体無いし、プロクも簡単にスタータになれるとは限らないし。

ペティットやジトも欲しいけど、きちんと計算できる人じゃないとね。

パバーノの例もあるし。

って、動かないと何で、って言ってて、動き出すと文句いいたくなっちゃうんだよね。

まあどうなるかは分からないけど、来年こそは結果を出さないとだからね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのデーモン?

Oga01

これは誰でしょう?

まさかこれがガッツとは。。。

ある意味デーモン超えって感じ。

巨人は4日、日本ハムからフリーエージェント(FA)宣言した小笠原道大内野手(33)の入団を発表した。4年契約で、来季は年俸3億8000万円に出来高が付く。背番号は本人の希望で日本ハム時代と同じ「2」に決まった。

 同内野手はこの日の入団会見に備え、巨人では好ましくないとされるひげをそった。トレードマークをなくすことで新天地に懸ける決意を示し「ゼロからのスタート。男のけじめとしてきれいにした。最後まであきらめない、最高のプレーをお見せしたい」と話した。

 原監督は、正三塁手に据え、中軸を任せると明言。「言葉は多くないが、プレーに息遣いを感じる選手。先頭に立って戦ってくれると信じている」と期待を寄せた。

今季、背番号2の小坂は6に変更となった。

ていうか小坂が6番?でレギュラーなの?どーでもいいけどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2006/12/03

きょうの続編「SAW2」

ソウ2 DTSエディション

続編ものは失敗が多いってよくいうけど、

この作品は始めから連作にしようと思ってたとしか思えない繋がりと構成。

ここまで答えを最初に提示してるのにそのまま受け取れないっていうのは

人間不信が広まってるってことなのかな?

でもこういった作品って結局謎が謎のままで終るパターンが多いけど、

ここまで納得のいく?答えが用意されている作品も珍しいんじゃないかな?

確かに残虐なシーンは多いけど、それ以上に謎とその謎解きの方に興味が引かれて

レンタルで借りてまでみてしまいましたが、やっぱり見て良かった。

思いっきり続編を意識したラストだったけど、

確かに続きも早くみたい。

でも映画館で見るのはちょっとね。

周りでビクつかれるのもあんまり気分よくないし。

レンタルまで待てるかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

今年の早明戦

前半二人のシンビンによる一時退場がでたけど、なんとか守りきって、

3つのトライを奪って17-0で前半を終了。

早い展開からの幅を使った攻撃でのトライと、早稲田らしい展開ラグビーでリードして、

ここまではいい感じ。

でもやっぱり早明戦は人気があるね。国立がほぼ満員になるんだからね。

それにひきかえ社会人は秩父宮も埋まりきらないんだからね。。。

過去10年で最初の4年が明治でそれ以降6連勝の早稲田と、すっかり立場が逆転

した両者だけど、なんとか明治も頑張ってきょう勝てば対抗戦優勝ということだけど、

きょうもやっぱり早稲田のペースだね。

後半も早々に早い展開で最後は五郎丸のトライで22-0。

強いね。

後半8分間一人足りなかったことなんか忘れるくらいの猛攻。

そんな中どうも様子がおかしい曽我部のミスからインターセプトからの独走トライで

とうとう初トライを与えて22-7。

それでもすぐに早い球出しからの縦への連続攻撃でトライを奪い返して

ゴールも決まって29-7。

そしてマイボールを6回繋いでのトライとゴールでさらに7点追加して36-7。

気持ちいいくらいの繋がりで、やりたい放題って感じ。

あまりの早さに明治の守備陣が戻りきれずに余裕をもっての攻撃で五郎丸も交代。

最後はちょっと気が抜けたのか2トライを返されるけど43-21で、

今年も全勝で対抗戦優勝。これで6連覇を飾る。

でも得点差以上にやっぱり早明戦らしい試合になったかな?

明治ももうちょっとエンジンのかかりが早ければもっと競ってたかと思うけど、

それをやらせなかったのが早稲田のうまさってことなんだろうね。

大学選手権もこの調子をさらに上げてもらって、さらなる連覇を目指して欲しいです。

とりあえずおめでとうございます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

来年の撤退

経営再建中の三洋電機は1日、プロ野球オールスターゲームの冠スポンサー契約を終了すると発表した。同日、広告代理店を通じて日本野球機構に正式に申し入れ、了承を受けた。88年から19年間、「サンヨーオールスターゲーム」として協賛してきたが、経費削減を図る。経費削減効果は、計数億円に上るとみられる。

まあ話しに聞くところではこんなところにお金を出してる余裕はなさそうだったけど、

この冠の引き受け先はあるのかな。

このままオールスターゲームも撤退なんてことはないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの予想通り

携帯電話業界3位のソフトバンクモバイル(東京)は2日までに、新料金プランが景品表示法で禁止されている「不当な二重価格表示」に当たるのではないかと指摘されていることを受け、月額基本料を7割引きとした“キャンペーン料金”を来年1月16日以降は継続しない方針を固めた。KDDIからの申告を受けて、公正取引委員会が調査に乗り出しており、正規料金に戻すことが適当と判断した。最大の呼び水だったキャンペーンの終了で、競争力強化に向けた新たな施策が求められる。

 10月24日に始まった、携帯電話会社を変更しても番号を継続できる「番号ポータビリティー」(番号継続制度)に合わせ、ソフトバンクモバイルは「通話料0円、メール代0円」を前面に打ち出した新料金プラン「ゴールドプラン(予想外割)」を導入した。このプランへの加入者を増やすために同社は、来年1月15日までに加入すれば、「永久的に月額基本料が通常の7割引の2880円となる」とするキャンペーンを実施。大きな話題を呼んだ。

 しかし、来年1月16日以降もこのキャンペーン料金を続けた場合、9600円という料金が適用される契約者は存在しないことになるため、通常価格自体が架空で、「7割引」という表示は実態を伴わない宣伝文句になる。このため、不当な二重価格表示となる疑いが指摘されていた。

 孫正義社長は当初、16日以降の対応については「分からない」と述べ、キャンペーンの継続については否定していなかった。しかし、公取委が調査に乗り出したことで、ソフトバンクは継続は難しいと判断。16日以降は、正規料金としている9600円の月額基本料に戻す方針を固めた。15日までの加入者には廃止後も2880円の月額基本料が適用される。

 この新料金プランをめぐっては「通話料0円、メール代0円」とした広告表示についても公取委が、0円を強調する一方、自社間同士限定や時間帯制限などの契約条件が小さく書かれており、他社と比べてソフトバンクの方が、実態以上に有利だと消費者に誤認させる恐れがあると指摘。わずか1週間余りで広告修正に追い込まれている。

 キャンペーンが打ち切られた場合、駆け込み需要が期待される一方、長期的には新規顧客の獲得の低迷につながる可能性は否めず、これまでの広告内容の修正に比べると影響は大きそうだ。

 ソフトバンクの正規基本料と同等水準の料金プランをみると、NTTドコモとKDDI(au)は、月間無料通話分がそれぞれ300分、262分と十分な時間を設定しているうえ、他社への通話料はソフトバンクのそれよりも割安だ。競争力低下が避けられないソフトバンクは今後、来春の最大商戦期に向けて、新たな料金施策やサービスの立案が急務となる。

やっぱりこういう結果に。

ほんとにこの男のやることは毎回毎回。

だからソフトバンクは嫌いなんだよね。

この前スピリッツの「気まぐれコンセプト」でも

ソフトバンクを持ってる人は「広告にのせられやすいおっちょこちょい」

って書いてたけど、わたしはボーダフォンユーザであってソフトバンクユーザではない!

まさに「やり逃げ」「やったもん勝ち」の精神。

文句を言われるまで強引にやりきって、「市場破壊」とか言ってるけど意味が違う。

今年中には絶対にauに切り替えます。

(でもソフトバンクに移ってきた人は本当にバカだね)

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

2006/12/02

きょうの。。。

西武は2日、来季から本拠地の西武ドームと2軍の新たな命名権(ネーミングライツ)契約を結び、球場名を「グッドウィルドーム」、2軍のチーム名を「グッドウィル」と変更すると発表した。契約期間は来年から5年。契約額は明らかにしていないが、球場と2軍と合わせて5年間で約25億円とみられる。
 契約を結んだ「グッドウィル・グループ」(折口雅博会長、本社・東京都港区)は人材派遣、介護サービスなどが主な事業内容の株式会社。折口会長は記者会見で「グループの知名度を上げ、顧客の信用アップや、人材の採用につなげたい」と話した。
 西武は一昨年のシーズン終了後、情報通信サービス業のインボイス社に初めて命名権を売却。2年間の球場命名権契約が今季で終了していた。

どうもこのネーミングライツってのは馴染めない。

渋谷公会堂が渋谷C.C.Lemonホールっていうのが一番気に入らないネーミングだけど、

この「グッドウイル」っていう会社もなんか「ライブドア」臭がして怪しいイメージなんだよね。

インボイスもイマイチな感じだったけど、ちゃんと5年間存在するのかな、って感じ。

ちなみにマリナーズのセーフコ・フィールドのセーフコは保険会社名。

今年の「トヨタカップ」はなぜか日産スタジアムで行われて、その際の名前は

元の横浜国際総合競技場でやるんだって。

それにしても公共の施設については何か制約がないと、って思うんですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの圧巻&独占

Mao01

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦、NHK杯第3日は2日、長野市のビッグハットで行われ、女子は浅田真央(愛知・中京大中京高)が合計199・52点の世界歴代最高点で初優勝し、2連覇が懸かるGPファイナルの出場権を手にした。浅田真はファイナルを含め、GPシリーズ3勝目。
 ショートプログラム(SP)1位の浅田真はフリーも1位で圧勝。179・31点で2位の
村主章枝(avex)もファイナルの出場権を獲得。中野友加里(早大)が3位で続いた。

最初のトリプルアクセルが着地が危なかった以外、ほぼ完璧な演技で、

199.52点というパーソナルベストでの優勝。

確かにスピード感が若干遅い感じはしたけど、ジャンプの切れは凄いし

スピンも完璧で、2位と20点差の堂々の優勝。

最後は感極まってた感じだったけど、着実に成長していることが実感できる演技だった。

村主も観客を魅了する演技だったけど、やっぱり採点的に難しい面もあるので、

2位はしょうがないかと。

中野もジャンプの失敗はあったけど、得意のスピンでアピールできて、

とうとう3人の日本人選手が表彰台を独占するという快挙もできて、

さらに歴代最高得点も獲得と、ますます今後に期待がかかる展開になってきましたね。

トロフィーが重そうでちょっと可愛かった。

それにしてもどこまでいっちゃうのかな。お姉ちゃんがちょっと可哀想なくらいの活躍。

グランプリファイナルが本当に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

初の完全制覇

Reds01

万年最下位っていう印象しかなかったあの浦和レッズが、

ついに6万人のホームサポータの前で優勝を決めた。

埼玉県人としてとりあえず結果だけでも気にしていたけどまたきょうも負けか、

っていうことだけを確認して終っていた毎日。

それがついに悲願の初優勝を迎えることになるとは。

メンバーはそこそこ揃っていると思っても、どうしても優勝できなかったのが、

去年の雪辱をようやく晴らしての優勝。

一時期よりは見なくなったJリーグだけど、見てる人は見てるんだろうね。

友達の熱心なサポータはきょう現地にいたみたいだけど、

「泣けました・・・」というメールが届き、ほんとうに長かったな、っていう思いが

伝わってきました。

ブッフバルト監督の「レッズファンはイチバンでーす!」のフレーズには

ちょっと笑いましたが、ホントに外国人監督がいろんなところで活躍してますね。

いまのキャプテンにはあんまり馴染みはなかったんですが、

岡野、小野、三都主、坪井、闘莉王と、やっぱり面子が揃っていての結果なのかな。

初期のチームでの最後の優勝なのかと思ってるんだけど間違ってない?

とにかく、浦和レッドダイアモンズ、優勝おめでとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうの逆輸入

米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は1日、米大リーグのヤンキースが、ソフトバンクから自由契約となったフリオ・ズレータ内野手の獲得に乗り出す可能性があると報じた。
 ズレータの代理人が、宿敵レッドソックスへの入団が確実となっている西武・松坂大輔投手に対し、同選手が日本で相性が良かったと攻勢をかけているもよう。「彼は松坂をよく見てきたし、プレーオフの大舞台でも打ち崩している」との談話も掲載した。 

かつては「あのメジャー選手が日本へ!」みたいな感じだったのが、

最近は「あの日本人選手をメジャーが獲得」っていう状況になって、

売り買いの立場が逆転してるよね。

それにしても松坂対策で獲るっていうのも凄い理由だよね。

でも獲ったとしてどこを守らせるの?

野球は9人しか守れないんだけどね。。。

松坂専用選手って訳にはいかないだろうし。

ところで最近メジャー選手の日本上陸って聞かなくなったよね。

やっぱりNPBでやる魅力は無いってことなのかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2006/12/01

きょうの読了「亡国のイージス」(ネタばれ)

亡国のイージス 上  講談社文庫 亡国のイージス 下  講談社文庫

原作小説とその映画化、ドラマ化。

原作漫画とそのアニメ化、実写化。

先日のテレビ放送された映画化作品「亡国のイージス」。

見たときはそれなりに感動もし、実際の艦船を使った映像も凄いと思ったけど、

原作を読み終わっての感想は、原作の一割も描けてない作品だったんだと感じて、

やっぱり大作小説の映画化はありえないな、と実感してしまいました。

行と仙石、宮津と竹中、渥美と宮津夫人、ヨンファとジョンヒ、安藤と宗像。

特に最後の行と仙石の再会の場面までカットして、一体何を表現したかったのか。

無理なものは無理と諦めて、今後は映画化なんて馬鹿なことは考えないで欲しいと。

かつては「ホワイトアウト」を読んで感動し、当時は好きだった織田雄二がぜひ

自分が主人公で映画を作って欲しい、といって作った映画を映画館で見て、

あまりの酷さにそれ以来織田雄二も嫌いになったことがあり、

本作も先に原作を読んでいたら絶対ブチギレテたであろうと思って先に見て良かったと。

今まで唯一原作を厳密に追ってさらに映像として面白みを増した作品としては

「羊たちの沈黙」だけだと思っていますが、

これ以上の成功作品にはまだ出会ってません。

でも映画を先に見て良かったと思って原作を見てガッカリってことはないので、

良い作品に出会うきっかけ作りという意味では存在価値があるのかな。

「サトラレ」はやっぱりテレビで映画を見て、すぐに原作を読んでさらに感動し、

ドラマ化作品に怒りを覚えと、結構振り回されましたが。

今は「DEATH NOTE」と「のだめカンタービレ」をアニメとドラマで見てますが、

まだ原作を読んでません。

どちらもなかなか面白いと思ってますが、漫画の場合絵の感じが思ってたのと違うと

また別物になったりするので、難しくもありますが。

とりあえずそれぞれ終ってから原作を読もうと思ってます。

でも展開を知って読むのはなあ。。。とも思ってるんですが。

きょうは早速福井氏の処女作とその続編としての作品を買いました。

これも楽しみです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

来年の継投

「我々は常にいろいろな場所で才能ある選手を探している。今年は特に日本人選手が豊作だった。(スカウト陣は)最高の仕事をしてくれた」と話すのは、ボストン・レッドソックスのテオ・エプスタインGM。そのレッドソックスから松坂大輔投手(西武)とともに白羽の矢を立てられたのが、北海道日本ハムファイターズの日本一に貢献した岡島秀樹投手だ。

 クレイグ・シプリー国際スカウト部長は岡島について、「何年も彼を見てきたが、高い位置から投げ込むカーブと制球力が素晴らしい。速球もコーナーに決められるし、2種類のスプリットを持っている」と絶賛。さらに名門チームの読売巨人軍で11年間プレーした実績を買い、「日本では重要な試合をいくつも経験し、先発や抑えを含めてさまざまな場面で投げている。ワンポイントで出てくる左腕とはわけが違う」と期待を口にした。

 この日の入団会見では、現在チームと交渉中の松坂大輔投手(西武)にも話が及んだが、岡島は通訳を介し「(松坂とは)面識はあるが個人的に親しいわけじゃないし、自分にとっていいタイミングだったから入団を決めた」と松坂の影響は否定。エプスタインGMも「日本人投手が2人になれば(環境に)なじむのも楽だと思う」と言いながらも、「(今回の契約は)岡島が実力で勝ち取ったものだ」と断言した。

やっぱりこれがFAとポスティングとの差なのかな?

値段が違うっていうのもあるけど、まずは契約を獲るのが先決だからね。

それにしても岡島がレッドソックスにねえ。

かつては巨人の抑えを任され、それを奪われ、そしていつの間にか日ハムで

日本一になっていて、それが今度はレッドソックスに。

人生は分からないねえ。

あんなに行きたがってる上原があんな状態で、一度は解雇された岡島が

先にメジャーに行くなんて。

それも松坂より先に。

まあ契約は獲れたんだから今度は結果を出さないと。

でも松井とも当然対決するんだろうね。

そして、

複数のメディアにより、連日のようにトレード話がささやかれているボストン・レッドソックスのマニー・ラミレス外野手。チームの地元紙ボストン・ヘラルド(電子版)は29日、通算470本塁打を誇る強打者の交換相手候補としてテキサス・レンジャーズのクローザー、大塚晶則投手の名前が挙がっている可能性を示唆した。

 同紙は、レッドソックスがラミレスに関する話を複数の球団と行っていると報道。その中のひとつであるレンジャーズが大塚を交換要員として考えているかもしれないと伝えている。

もしこのトレードが実現したらレッドソックスに3人の日本人投手が揃うの?

松坂スタータ、岡島セットアップ、大塚クローザ、なんて継投があったりするのかな?

それにしてもどうしたのレッドソックス?

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »