« 初の完全制覇 | トップページ | きょうの。。。 »

2006/12/02

きょうの圧巻&独占

Mao01

フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ最終第6戦、NHK杯第3日は2日、長野市のビッグハットで行われ、女子は浅田真央(愛知・中京大中京高)が合計199・52点の世界歴代最高点で初優勝し、2連覇が懸かるGPファイナルの出場権を手にした。浅田真はファイナルを含め、GPシリーズ3勝目。
 ショートプログラム(SP)1位の浅田真はフリーも1位で圧勝。179・31点で2位の
村主章枝(avex)もファイナルの出場権を獲得。中野友加里(早大)が3位で続いた。

最初のトリプルアクセルが着地が危なかった以外、ほぼ完璧な演技で、

199.52点というパーソナルベストでの優勝。

確かにスピード感が若干遅い感じはしたけど、ジャンプの切れは凄いし

スピンも完璧で、2位と20点差の堂々の優勝。

最後は感極まってた感じだったけど、着実に成長していることが実感できる演技だった。

村主も観客を魅了する演技だったけど、やっぱり採点的に難しい面もあるので、

2位はしょうがないかと。

中野もジャンプの失敗はあったけど、得意のスピンでアピールできて、

とうとう3人の日本人選手が表彰台を独占するという快挙もできて、

さらに歴代最高得点も獲得と、ますます今後に期待がかかる展開になってきましたね。

トロフィーが重そうでちょっと可愛かった。

それにしてもどこまでいっちゃうのかな。お姉ちゃんがちょっと可哀想なくらいの活躍。

グランプリファイナルが本当に楽しみです。

|
|

« 初の完全制覇 | トップページ | きょうの。。。 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/4401013

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの圧巻&独占:

« 初の完全制覇 | トップページ | きょうの。。。 »