« きょうの現状 | トップページ | きょうの懸念 »

2006/12/10

きょうの一本「ラストサムライ」

ラスト サムライ 特別版 〈2枚組〉

なんでこうまで「KEN WATANABE」って言われてるのかイマイチ実感がなかったけど

きょうようやくこの映画を見て、「なるほど!」と思った次第。

でも戦場でしか生きられない運命って何なんだろうね。

なんで同じ肌の人間同士で殺しあわなければならないのか。

ここまで殺らないと間違いに気が付かないのか。

人間は馬鹿なのか利口なのか。

結局勝元は何が守りたかったのか。

武士の意志?家族?村?仲間?

彼がもうちょっと考えればあんなにも無駄死にを出さなくて済んだのに。

あの戦いは何を目的にしていたの?

何を持ってして勝ちとしたの?敵の大将は誰?

自害するのに仲間を道連れにしたとしか思えない結果。

あの村は男がいなくなってあの後どうなったのか?

トムのハーレムにでもなったの?

結局この映画は何が言いたかったのか。

疑問だけが残った気がします。

(それにしてもこの村ってもののけ姫の村じゃない?)

(絶賛記事の嵐ですが、みんななんで疑問に思わないのかな?

確かにKENさんの演技は見事でしたが、戦う理由が分からない。。。)

|
|

« きょうの現状 | トップページ | きょうの懸念 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/4498488

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの一本「ラストサムライ」:

« きょうの現状 | トップページ | きょうの懸念 »