« きょうのウワテ | トップページ | きょうの合意 »

2006/12/16

きょうの記憶「私の頭の中の消しゴム」

Photo_2

もう既にDVD化されてるのかと思ったらまだだったんだね。

(と思ったらアマゾンにないだけ?どういうこと?)

それにしてもこの病気は本当に残酷だね。

そこにまだちゃんと生きているのに生きていない。

両親の祖母も殆どボケとは無縁だったので、なかなか実感は沸かないけど、

全ての記憶が無くなるってどういうことなのか。

記憶喪失は部分的な記憶がなくなるけど基本的な生活はできる、見たいなイメージが

あるけど実際はどうなのか。

全てのことを覚えているわけにはいかないけど、

好きな人のことまで忘れてしまうっていうのはあまりにも。

家族性アルツハイマー病(Familial AD; FAD)
アルツハイマー型痴呆の中でもごく少数を占める。
常染色体優性のメンデル型遺伝パターンを示し、30~60歳代で発症するもの。 

冒頭に記したように、常染色体優性の遺伝をする、ごくまれな「家族性アルツハイマー病」(FAD)と、そうでないタイプがある。

FADは、常染色体優性遺伝、つまり片方の親がFADであれば子供は性別に関係なく2分の1の確率でFADに罹患するというものである。そうでない大部分のアルツハイマー型痴呆にも、遺伝的要因は少し影響する。ある調査では、80歳になると15%の人が何らかの痴呆性疾患に罹患するという。そのうちの何割かがアルツハイマー型痴呆であるとすると、80歳では数%の人が罹患することになる。親族にアルツハイマー型痴呆の患者がいる場合、多少罹患のリスクが上昇すると言われている。

忘れたくても忘れられない。それでも全てを忘れてしまうよりはどんなにいいか。

人は記憶によって成長し、記憶に慰められ、記憶に励まされ、記憶に嫉妬する。

自分が自分であることを忘れたら人は存在しないことになってしまうのか。

映画のラストは一時の再会で終っていたけど、実際にはどういう結末になるのか。

考えたくないけど考えてしまう。

(それにしても韓国の男は「男」してますね。正に韓国の福山雅治だね)

<追記>

Pure Soul ~君が僕を忘れても~

これがこの映画の元だったのね。そういう展開もあるんだね?

|
|

« きょうのウワテ | トップページ | きょうの合意 »

「映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/4572750

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの記憶「私の頭の中の消しゴム」:

« きょうのウワテ | トップページ | きょうの合意 »