« きょうの実物(その2) | トップページ | きょうの一本「ラストサムライ」 »

2006/12/10

きょうの現状

大相撲の元十両で、九州場所を最後に引退した五剣山(33)=本名五藤博之、香川県出身、貴乃花部屋=が10日、東京都内のホテルで断髪式を行い、師匠の貴乃花親方(元横綱貴乃花)ら約100人がはさみを入れた。五剣山は1989年春場所初土俵で、十両には通算11場所在位。

 これで貴乃花部屋の力士は7人となり、関取経験者もいなくなった。貴乃花親方は「ゼロからのスタート。3年先のけいこという思いで、弟子の育成にあたっていく」。

あの二子山全盛時代に比べて今は関取なしなんて誰が想像しただろう。。。

まああの親方の姿を見て任せようっていう親もいないだろうしね。

そもそも弟子自体どれくらいいるのかな?

曙といい横綱の権威ってどうなっちゃたのかな。。。

|
|

« きょうの実物(その2) | トップページ | きょうの一本「ラストサムライ」 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/4495458

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの現状:

« きょうの実物(その2) | トップページ | きょうの一本「ラストサムライ」 »