« きょうの表明 | トップページ | きょうの不都合 »

2006/12/19

きょうの読了「川の深さは」

川の深さは

「亡国のイージス」読了後、古本屋にて福井作品を探していたところ、

「トゥエルブY.O.」を見つけ、その巻末解説を読み、これはこちらを先に読まねばと、

近くの本屋にこちらを捜し求めて手に取った次第。

でも探した甲斐がありました。

大沢在昌氏が惚れ込むだけのことはあると思い、そしてこれがデビュー作だと

いうことを忘れさせるほどの完成度、そして「亡国のイージス」へと続く基礎になった

作品ということで、改めて凄い作家だということを遅まきながら認識しました。

行と仙石を思い出す保と桃山の関係性、北の脅威と秘密組織の暗躍、

危機感の欠片も無い日本国民。

すべてがここから始まったことを知り、ますます今後の展開が楽しみになりました。

野沢尚著の「破線のマリス」に惜しくも江戸川乱歩賞を奪われるも

吉川英二新人賞を獲るのも納得。

明日からは「トゥエルブY.O.」を読む予定。

そのあとはローレライか。ちょっと他の人の作品も読まないとかな?

|
|

« きょうの表明 | トップページ | きょうの不都合 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/4607004

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの読了「川の深さは」:

« きょうの表明 | トップページ | きょうの不都合 »