« きょうの合意 | トップページ | 最後の代表監督 »

2007/01/06

ことしの公約?

ヤンキースの松井秀喜外野手(32)が5日、石川県能美市の根上総合文化会館で行われた「松井秀喜選手と新春市民の集い」に参加した。例年、この行事では地元市民に結婚を“迫られる”のは恒例。松井自身は自身の結婚について明言を避けたが、同市では市を挙げての「嫁取りプロジェクト」が浮上。将来の生涯の伴侶を公募するプランまで飛び出した。

 質問コーナーで元気よく手を挙げた小4男子が大声で松井に問いかけた。「イチロー選手や松坂選手は結婚していますが松井選手はしないんですか。するならいつですか」。結婚に関する質問は能美市民にとって、もはや“お約束”。「これがないと年を越した感じがしない」と話す松井は余裕の受け答えだ。「今のところ予定はありません。いつ(結婚)するかも分かりません」。司会者が結婚についての鋭い質問を連発するが「いいご縁があれば」「電撃婚?あるかもしれませんね~」と、のらりくらりとかわし続けた。

  能美市議会の荒田正信議長(60)は「それ(公募)は面白い。もの凄い数が集まると思いますよ。松井君は野球だけの人間じゃない。みんな娘がいたら(嫁に)やりたいはず」と、松井の結婚相手を市民から募集する前代未聞のプランを明かした。荒田議長は集いの最後のあいさつで(1)全試合出場(2)ワールドシリーズ制覇(3)来年の集いに夫人との同伴出席――を依頼。松井には「2つは頑張ります」と返されたが、夫人との同伴出席が実現した際には、恒例の集いを“市民への結婚披露会”にする考えだ。

  ≪世界一なら能美市&大洗町で合同パレードも≫ヤンキースがワールドシリーズを制覇した場合、松井の故郷と井川の故郷が合同パレードを実施する可能性が浮上した。能美市の酒井悌次郎市長が「協力したら面白い。成り行き次第ではあるかもしれないですね。(合同パレードも)いいですよね」と話した。これまでも松井が世界一に輝いた場合は市内でのイベントやパレードの開催を示唆してきたが、今季からヤ軍に井川が加入。井川の故郷である茨城・大洗町も人口約2万人と少なく、約5万人の能美市など小さな自治体にとって協力関係はPR面で互いに効果は大きい。市民の集いであいさつに立った酒井市長は、松井に「ワールドチャンピオンに輝いていただきたい」と訴えていた。

こればっかりは公約とはいかないみたいだけど、まさか幼馴染とかと電撃婚とかは?

キャプテン共々候補にはことかかないとは思うけど、どっちが先に行くのかな?

どうせなら石川から茨城までパレードしちゃうってのはどう?

でも質問のレベルはマスコミより小学生の方が鋭かったりして。

でもことしは例年以上にファンサービスが凄い感じが。

やっぱり試合で見せられなかったからっていうのもあるのかな?

でも今年こそは(1)はともかく(2)は決めてもらわないと。

万全の状態で確実に勝利に貢献するためにも休むべきときには休む、っていうのも

去年の怪我のオカゲで選択肢としてできたと思うので、

なによりもワールドチャンピオンという最終目標に向かって、

全神経をそこに集中してもらいたいです。

|
|

« きょうの合意 | トップページ | 最後の代表監督 »

「松井秀喜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/4817237

この記事へのトラックバック一覧です: ことしの公約?:

» ジーターと姫のお正月 [青いblog]
JETER AND BELLE BIEL New York Post Online ジーターとジェシカ・ビールの浜辺の休暇。 ジェシカ、スタイルいい~~!!!q(°o°)p しかしジーター [続きを読む]

受信: 2007/01/08 00:30

« きょうの合意 | トップページ | 最後の代表監督 »