« きょうの契約延長 | トップページ | きょうの結果 »

2007/02/12

きょうの読了「DEATH NOTE」

DEATH NOTE (12)

ひょんなことから読み始めて、結局三連休で読了となったけど、

あっという間ってことになるのかな。

世間の評判では後半は訳が分からなくなったって感じだったけどそうでもないと

思ったんだけど世間の感覚と違うのかな?

確かにLが死んでキラ対Lの構図が崩れて面白みがなくなった、みたいなことを

言ってる人もいたけど、私的には結構ミサミサとモッチー、

松田と伊出の掛け合いとかに面白さを感じていたので、それなりに楽しめたカナと。

108話に拘るのならどうせなら13巻にしても良かったと思うけど、

13巻は暴露本みたいにしたかったのかな?

本末転倒だけど、もし「L」がいなかったらどんな世の中になっていたのか。

「キラ」が神として君臨して平和な世界が訪れたのか。

「L」が「キラ」の邪魔をしたからおかしな展開になったけど、それがなければ

順調に「削除」がなされて、「悪人」はこの世からいなくなったのかも。

ミツバの作業は確かに私利私欲に塗れたものだったけど、

テルの判断も途中までは間違っていないと思うし、

それを修正した「キラ」の指摘も間違っていないと思うし。

ていうか「L」がいなければそもそもミツバやテルには縁がなかったと思うし。

もし「キラ」が本当に誰の目から見ても「悪人」しか殺さなかったとしたら。

そのとき彼を裁けるものがいたのか。

で、ミサミサのその後は。ライトのことは知らされたのか。知ってどう行動したのか。

ラストシーンの女の子はミサミサなのか。

結構モッチーと結婚してたりして。

でもやっぱりライトの顛末がああいう結果なのは正直辛かった。

ライトには最後まで「キラ」でいて欲しかったし。

あれじゃあ火口と変わらない。

まだ映画の後半は見てないけどあの感じだとやっぱり

「キラ」対「L」で完結させるんだろうね。

そっちはもう少し我慢してテレビ放送を待とうかな。

アニメの方はどこまでやるのかな。

本線とは違うけど結局ライトにとって本当に好きになった女性っていたのかな?

付き合った数は相当数だと思うけど、ミサも高田もそれ以外の女の子も

ある意味「装飾」「道具」でしかなかったのかと思えるし。

読了してちょっと「金の卵を産む鶏」の腹を割いちゃった感じだけど、

アニメと映画をもうちょっと引き伸ばして楽しみたいと思います。

読んで無い人も読んで損はないと思います。

(それにしても漫画って安過ぎだね。。。確かに映画化、アニメ化で儲かるとは思うけど

漫画単体じゃ労力に対しての対価として割に合わないと思うのは私だけ?)

|
|

« きょうの契約延長 | トップページ | きょうの結果 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/5313607

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの読了「DEATH NOTE」:

« きょうの契約延長 | トップページ | きょうの結果 »