« あっという間の一年 | トップページ | きょうの読了「ηなのに夢のよう」 »

2007/02/05

きょうの撤退

フジテレビ系「発掘!あるある大事典2」の捏造(ねつぞう)問題で、制作した関西テレビが、番組を放送していた日曜午後9時台の全国放送枠の番組制作をやめることが、5日分かった。

 代わりにフジテレビが4月から新番組を制作する。この時間帯は長年、関西テレビが全国放送する番組の看板放送枠として定着。広告収入の大きな源だったが、不祥事の社会的責任を重視し、大幅な減収覚悟の厳しい決断となった。

 関西テレビがこの枠で放送してきた全国ネット番組には、1979~90年の花王1社提供による「花王名人劇場」などがあり、その後も花王がスポンサーを続けてきた。

 ビデオリサーチによると、96年に始まった「発掘!あるある大事典」の平均視聴率は、関東地区14・8%、関西地区16・9%。2004年からの「発掘!あるある大事典2」は関東15・1%、関西15・8%で、激しい視聴率競争が繰り広げられる日曜夜のこの時間帯で健闘してきた。全国ネット番組は、ローカル番組より格段にCM料金が高く、売上高に大きく貢献する。関西テレビの2006年度上期の全国ネット売上高は85億円で、同期CM売り上げの27・7%を占めている。このうち「あるある」は「30億円程度を占める」(関係者)と言われ、3分の1近い減収となりそうだ。

とうとう金の卵を産む鶏の腹を割いちゃったってことだね。

まあこういう事情が今回の捏造を産んだってことかもしれないけど、

やっていいこととわるいことがあるからね。。。

でも昨日のTBSドラマの提供に「花王」があったのは昨日から?

そんなに変わり身早くできるものなのかな?

|
|

« あっという間の一年 | トップページ | きょうの読了「ηなのに夢のよう」 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/5222608

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの撤退:

« あっという間の一年 | トップページ | きょうの読了「ηなのに夢のよう」 »