« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月

2007/03/31

ことしの25人(確定?)

   

PS NO NAME DL
1 ST 40 Chien-Ming Wang 1
2   35 Mike Mussina  
3   46 Andy Pettitte  
4   45 Carl Pavano  
5   29 Kei Igawa  
6   58 Jeff Karstens 1
7   61 Darrell Rasner  
8 CZ 42 Mariano Rivera  
9 SU 43 Scott Proctor  
10   48 Kyle Farnsworth  
11   36 Mike Myers  
12   33 Brian Bruney  
13   62 Sean Henn  
14   77 Humberto Sanchez 1
15 60 Jose Veras 1
16   39 Luis Vizcaino  
17 C 20 Jorge Posada  
18   26 Wil Nieves  
19 1B 25 Jason Giambi  
20   11 Doug Mientkiewicz  
21   31 Josh Phelps  
22 2B 24 Robinson Cano  
23   41 Miguel Cairo  
24 3B 13 Alex Rodriguez  
25 SS 2 Derek Jeter  
26 LF 55 Hideki Matsui  
27 CF 18 Johnny Damon  
28 RF 53 Bobby Abreu  
29   28 Melky Cabrera

 

Yk01_2 

4人がDLでスタートとなりそうですが、とにかくこのメンバーでどこまでいくのか?

ミルキーがどういう使われ方をするのか、松井はどれくらい休むのか、

アブちゃんの具合はどうか、兄貴はDHに専念できるのか、

民系とフェルプスはどうなのか、5人目のスタータは誰なのか、

プロクはスタータにはならないのか、王とカースはいつ戻ってくるのか。

気になることはいっぱいだけど、もうこれでいくんだから、

みんなが自分の100%の力を出してくれさえすれば、必ずマンハッタンパレードが

出来るはずなんだから、まずは一勝から。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの読了「不動心」

不動心 Hm32_2

「人間万事塞翁が馬」

「努力できることが才能である」

「心が変われば行動が変わる 行動が変われば習慣が変わる

習慣が変われば人格が変わる 人格が変われば運命が変わる」

「無知の知」

「常に100%の力を出し、それを続ける為の備えをする」

「信念は嘘よりも危険な真理の敵である」

松井秀喜ファンとして、聞いたことのある言葉ではありましたが、

松井選手自身の言葉で説明がされていて改めてその意味を実感しました。

この「不動心」というタイトル。

勿論松井選手自身が決めたタイトルだと思いますが、本文中には一度も出てきません。

でも全文を読む中でこれが「不動心」というものか、

というのがじわじわと染み入ってきます。

「チャンスに強い」のではなく、常に100%(決して120%ではない)の力で

望む姿勢が結果としてそういう状態になっている。

そして常に最高の状態であるように「準備」をしている。

動かないのではなく常に「微動」しながら幹だけはぶらさずに物事を進める。

そういった考え方が「不動心」に繋がっていくのだと思いました。

怪我をした時の長嶋氏からの電話の場面ではその情景が浮かんできて

思わず涙が出てきてしまいました。

怪我の直後に病院でヤンキースのユニフォームをハサミで切られる際の気持ち。

痛くてしょうがない中での「ヤンキース魂」の発見。

そんな中でも新たな発見ができることが松井秀喜の強みなのかもしれません。

ちょうどやっていた大阪桐蔭vs常葉菊川の試合を見ながら一気に読み進めて、

試合終了と共に読了しました。

どうしても中田投手のバッティングに目がいきましたが、常葉菊川のユニフォームにも。

「とこはきくがわ」のTとKをもじって見たことのある縦じまのユニフォーム。

左胸の位置に大きくTとKがクロスして、ついつい応援してしまい、結局両校の

堅実な守備の中、中田を強気の攻めで攻略した常葉菊川が勝利。

なにかの暗示でもあるのかな?

野球の話をしながらも常にそれを野球以外の例にも置き換えて説明されていて、

大人にも子供にも読んで意味がある読み物になっていると思います。

小学校時代に王選手が書いた本を読んだ事を思い出しました。

この本を読んだ小学生がいつの日か大リーグの舞台に立っている、というのも

きっとあるのでしょうね。

それが「人間・松井秀喜」の影響力だと思います。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

ことしの開幕(ヤンキース)

Jt05

米大リーグ、ヤンキースのトーリ監督は30日、井川慶投手が本拠地ヤンキースタジアムで4月6日に行われる今季開幕4戦目のオリオールズ戦に先発すると発表した。
 4月2日から始まるデビルレイズとの開幕シリーズは初戦がパバーノで、2戦目はペティット、3戦目はムシーナが先発する。 

だそうです。ようやく確定みたい。もう怪我はしないでね。

イガーは土曜の朝に全国披露ってことで、まあよかったのかな?

ムースは3戦目なのね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007/03/30

きょうの開幕(セリーグ)

Yt01_1

高橋由伸開幕初球ホームランで幕を開けたこの試合。

谷もダブルで続いてイケイケか、と思ったけど、小笠原のセカンドゴロで3塁に進んで

李の強烈なライナーをファーストの吉村に捕られたのが運のつきか、

続くゴンザレスのレフトフライで結局1点止まり。。。

そして横浜の1番は仁志。巨人の先発は上原ではなく内海。

力が入ってフルカウントからのフォアボールも、後続の石井、金城を抑えて、

このままいくかと思ったら、村田を歩かせて鈴木尚に初球をセンター前に

弾き返されてあっさり同点。。。

3回裏ツーアウトから吉村にバットを折りながらセンター前に運ばれて

1-2になったと思ったら、

続く4回李の逆風を衝く左中間への一発、ゴンザレスも続いて左翼ギリギリの追撃で

あっという間に3-2と逆転!

阿部も続いて3塁までいったんだけど、結局また内海で終わり。

でも鈴木の内野ゴロはセーフでしょう。。。で結局ホームランの3点って、

あんまり今までと変わってない?

それにしても相変わらずCMの長いこと。いつの間にツーアウトになってるんだよ!

5回ツーアウト2塁で李が敬遠気味のフォアボールで注目のゴンザレス。

と思ったら左の手の甲に直撃で退場。。。と思ったらテーピングをして復帰。

実際どうなの?続く阿部はファーストゴロで満塁で残塁。

とここで松井とkomatsuの新作CM。この会社のCMはなかなかかっこいいよね。

どこかの新聞社と違ってセンスと真の信頼感が感じられる。

(最後のスイングは左中間への当たりかな?)

5回裏は内海三者三振で切って獲って、とりあえず勝利投手の権利を。

三浦は結局6回のチャンスの場面に種田が代打で出て降板。

結局6度目の開幕も勝ち投手にはなれず。相性っていうのもあるのかな?

で、ゴンザレスに代打かと思ったら李に代打って、こっちも何かあったの?

とここで1980年の大洋vs巨人のスタメンが。

柴田、高田、中畑、王、ホワイト、シピン、河埜、山倉、江川。

長崎、山下、基、高木、松原、ジェームス、田代、福島、平松。

「ナーツカシーデスネ」って思わずとんねるずの二人がハモリそうなメンバー。

ところで大洋の3番は何て読むのかな?

8回からは内海から林にスイッチ。吉村にもう一歩というセンターライナーで

ちょっとヒヤッとさせられたけど。

でなぜか9回表で「take me to the ballpark」って何故に?

由伸は結局最初の打席だけだったけど、自分的にはどうだったのかな?

最終回は豊田がマウンドへ。

最初はフォークで三振に取り、代打佐伯はフルカウントからこちらもフォークで、

最後は代打古木をこちらもフォークで三者三振で内海開幕初勝利!!

(ちょっと最後の球は低い気がしたけど。。。)

豊田はストレートがきちっと低めに決まってたのがフォークに繋がった感じで、

これが一年続いてくれればいいんだけど。

ヒーローインタビューは時間切れって、開幕くらいはもうちょっと延長できないのかな。。。

とりあえず一勝であと17勝。

(5000勝予想は5月5日で応募。当たるかな?)

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2007/03/29

きょうの「残念!」

たまたま見ていたミリオネア。

干菓子子配る知事の1000万円挑戦問題。

チーム干菓子にテレフォンするも、間違った答えを教えちゃって、それをそのまま

答える知事。

試しにwikipediaで検索したら、

エジソンの後半生は死者と交信する為の電信装置(Spirit Phone)を研究していた、

とのこと。

これの検索時間およそ15秒。

もうちょっと部下を疑わないと。。。それと部下も部下。情報収集能力を疑っちゃうよ?

いろんな意味で「残念!」でした。

その後、

宮崎県の東国原(ひがしこくばる)英夫知事は28日夜、体の不調を訴え宮崎市内の病院に入院した。29日朝、インフルエンザ検査で陽性反応が確認された。2~3日は静養する予定。
 県によると、知事は28日午後9時ごろ、自宅で「体の節々が痛い」と訴え、市内の病院で診療を受けた。熱が下がらず、そのまま入院した。39度前後の発熱があるが、容体は安定しているという。

まさかミリオネアショックじゃないよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうのおかんむり

Gs01

ニューヨーク・ヤンキースの松井秀喜外野手は28日、ヒューストン・アストロズとのオープン戦に「6番・左翼」で先発出場。2打数1安打、2四球をマークしたが、守備ではオープン戦初となるエラーを記録した。試合は2-12でヤンキースが大敗。

 ヤンキースは先発陣の故障続出で急きょ開幕ローテーション入りが見込まれているダレル・ラズナー投手が大誤算。4回2/3を投げて9安打、2四球、2奪三振で7失点と打ち込まれた。また、開幕へ向けてベストメンバーを組んだ打線も計6安打に抑えられ、完敗を喫した。

よりによってこんな試合を見ちゃったの?

Dr01

せっかくのチャンスもこの調子では。。。でもそのまた後釜っていってもねえ。

まだ始まってもいないのにこんなに苦労するなんて。

とりあえず、パバーノ、ムース、ペティット、イガーの順で回して

後は野となれ山となれ?

打撃陣もさっぱりだったみたいだけど、こっちはどうなの?

デーモン、キャプテン、アブちゃん、Aロッド、兄貴、松井、ポサダ、ロビン、民系の順は

本番も確定なのかな?

民系を除けば名前だけなら錚々たるメンバーだけどね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの共感

静かなるスタート

「僕はただ単にヒットやホームランを打つことを目標に野球をやらない。そういう気持ちで打席に立っても、経験的にいい結果が出ないというのもある。むしろチームが勝つために打席に立つという意識の方が自分のパフォーマンスにプラスになってきた。だから個々の対決でどっちが勝ったとか、どっちが負けたという視点は入り込む余地はないんです」

「だから松坂くんがレッドソックスに入ったことも、他の(日本人)選手のことも、僕にはあまり刺激にはならないですね。彼(松坂)が力を出し切ったらレッドソックスにとっては、素晴らしい戦力になると思います。でも、彼に対してはレッドソックスのシリングやベケットと同じ視点でしか見ることはない。過去の対戦ですか? 僕が対戦したのは大昔のことだから、やっぱり新しい松坂君の姿をみて、色々と考えていくことになると思います。ただ、その見方は他の投手と同じだと思う」

「日々なんですよ。だから極端に言ったら1球、1球なんです。その中で色んな感覚をつかんでいって、それでレベルアップしていけばいいかなという感じですよね。そういう意味では、今はバッティングというものを、全体像としてはとらえていない」

こういう気持ちを持っている選手は稀なのかもしれない。人間としても。

誰しも自分の活躍で、というのが先に来るのが当たり前だと思う。

でもなによりもまず「チームの勝利」を最優先に考えられる。

進塁打でのアウト、犠牲フライ、ランナーをホームに行かせる為の走塁死。

そういった個人成績には残らないところでの、「一点」へのこだわり。

それが「松井秀喜」の持ち味であり、魅力なんだなと。

勿論松井の一発での勝利が一番の喜びではあるけど、

5年目の松井がヤンキースの勝利に少しでも貢献できることだけを

望んで今シーズンを見守りたいと思います。


| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

今後の憂鬱

フジテレビは27日、4月21、22日(日本時間)に行われる米大リーグ、ヤンキース-レッドソックス戦の放送権を獲得したと発表した。同試合は松井秀喜外野手と松坂大輔投手の初対決になると予想されている。フジテレビでは同試合を21日午前8時から、22日午前4時45分から生中継することを決定。ほかにも「日本人選手の出場が見込まれる試合をピックアップして中継していく」(矢延隆生プロデューサー)としている。

恐れていた事が現実に。。。

また不治の日本人偏重、お祭り騒ぎの中継が増えていくなんて。。。

てことはその中継はNHKではやらないってことだよね?

誰が実況、解説するの?不治にメジャー通の解説者なんていたっけ?

ホントに憂鬱です。。。

(松坂vsイチローの中継はどこでやる?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/03/28

きょうの?

nanaco

なぜセブンイレブンには電子マネーの決済端末が無いのかなと思っていたら

こういうことだったのね。

それにしてもどれだけ電子マネーの種類を増やせば気が済むの?

今持ってる携帯でも既に、

「モバイルスイカ」、「Edy」、「smart plus」、「VISA TOUCH」。

コンビニのレジにもいろんな端末が目白押しって感じで、決済の度にそれぞれの

端末を起動してと、こういうのこそ国で統一する、っていう考えは起こらないのかな?

でもセブンイレブンは一番使ってるコンビニだから、結局ダウンロードしちゃうんだろうな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きのうの怒り

2007.03.07

ココログフリーメンテナンスのお知らせ

 ココログをご利用いただきありがとうございます。

 ココログフリーにつきまして、バージョンアップを目的としたメンテナンスを実施いたします。

 詳細は以下のとおりです。

========================================================
 詳細情報
========================================================

◇メンテナンス日時

 2007年3月27日(火)15:00~2007年3月28日(水)15:00の約24時間

◇メンテナンス目的

 ココログフリーのバージョンアップ

◇ご利用いただけなくなるサービス

 ・ココログフリー
  -管理画面へのアクセス
  -管理画面上の各種操作(記事投稿など)※1
  -トラックバック/コメントの受けつけ
  -モブログからの投稿
  -ココログの新規登録/解除
  -ココログデザイン
  -公開日時指定機能 ※2

・ココログベーシック・プラス・プロ
  -ココログデザイン

※1 XML-RPC/ATOM API経由での記事投稿も出来ません。

※2 メンテナンス時間中に公開するよう設定していた場合は、メンテナンス終了後に公開処理されます。メンテナンス中は公開処理されません。

※ ココログの閲覧はメンテナンス時間中も可能です。

--------------------------------------------------------

 バージョンアップの詳細については、後日、本ブログにてご報告いたします。

 今後ともココログをよろしくお願いいたします。

今日になってようやくこれを発見。

3月7日に告知してそれからなにも報告なしで、当日もトップページにも全く表示無し。

これがまさに「個個櫓愚の常識」。

個個櫓愚的には予定通り終って「どんなもんだ」くらいに思ってるのかも知れないけど、

ホントにいつになったら「常識的な」対応ができるのか。

相変わらず迷惑トラバはきてるし、何がどうなったのか。

メンテナンス後、一部の機能や広告表示などを除きましてココログベーシックとほぼ同様の機能をココログフリーでもご利用いただくことが可能となります。

ってこんなことをするために24時間も機能停止してたの?

他にやることあるんじゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/03/26

きょうの追い打ち

Jk4

先日、昨季19勝を挙げた王建民投手が右足を痛めて開幕を故障者リストで迎えることが確実になったニューヨーク・ヤンキース。今度は、その王建民の代役として先発ローテーション入りすると見られていた24歳右腕ジェフ・カーステンス投手までが右ひじを痛めた。

 カーステンスはこの日のデトロイト・タイガースとのオープン戦に先発。2回までに6点を失うと、捕手に右ひじに張りを訴えて降板した。大役をつかむ寸前でアクシデントに見舞われたカーステンスは「もし100%の状態でなければ、チームの役に立つことはできない」と落胆しつつも、状況を理解する努力を見せている。

 1週間のうちに先発投手2人を故障で欠くことになったジョー・トーリ監督は、今後の対策を26日の会議で決めるとコメント。現時点では、オープン戦で12イニングを投げて防御率1・50と好投している26歳右腕ダレル・ラズナー投手の抜てきが有力だ。

 またトーリ監督は、故障者続出を受けて次のように語っている。「チームのことも大事だが、選手たちは体を気遣う必要がある。特に(カーステンスのような)輝かしい未来がある若手たちは。彼のけがが大事でないことを願っている」

なんでこの一週間でスタータ不足の状態になっちゃうの?

ラズナーって去年もいたっけ?

Darrell Rasner 61 | P ってナショナルズにいたの。なんか顔が不敵。

これがスタータ候補?

もうペティットに頼んで暮れメンス呼ぶしかない?・・・

王もカースも長丁場だから焦らないできっちり治して欲しいけど、

カースはホントにチャンスだっただけに残念過ぎ・・・

そんななか、

ニューヨーク・ヤンキースの指名打者ジェーソン・ジアンビは、ヤンキース移籍後に2シーズン続けて故障に悩まされている同僚のカール・パバーノ投手に共感を覚えている。なぜなら、彼自身もヤンキース1年目の2004年に相次ぐ故障に見舞われつつピンストライプに順応しようとした経験があるからだ。

 今、パバーノは1年半ぶりのメジャー復帰を開幕投手として果たそうとしている。ジアンビは「パバーノがこの機会を生かせることを願っている。これは彼にとって、みんなに自分がどれほどの投手か知らしめるチャンスだ」とエールを送った。

 2月のキャンプ開始時点では開幕投手はおろか、先発ローテーション入りも確実ではなかったパバーノは、自分が開幕戦に先発することになりそうな事態について「不幸なこと」という。昨季のア・リーグ最多勝右腕、王建民投手の故障で回ってきた機会だからだ。だが気持ちを前向きに切り替えたというパバーノは、次のように語った。「(開幕戦は)162試合の1つとはいえ、重要なゲーム。だけど、自分にとってはどの先発試合も大事なんだ」

確かに兄貴の言いたいことはわかるけど、このチームは結果が全てだからね。

で、イガーの開幕はいつ?

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

きょうの怒り

不治テレビはどこまでふたりを引きずり回せば気が済むのか。

きのうのスタメンでもボロボロの進行だった渡邊カス穴がけさの目覚ましでもって

それだけでも頭にきたのに、又又きのうに引き続き

安藤選手には「なぜ4回転をやらなかったのか」

浅尾選手には「なぜショートでジャンプを失敗したのか」

という答えたくない質問を繰り返して、

それに対してもううんざりっていう感じで答えた二人。

この場面だけを見た人には、「二人とも愛想がないなあ」と思ったかも知れないけど、

きのう遅くにどうでもいい質問に答えさせられて、夜も多分寝られなかったところに

あさ5時起きをさせられてのこの出演に、相当嫌気がさしてたんだと思って、

どこまで人の感情を無視すればマスゴミは気が済むのかと。

よく「視聴者が知りたいから聞くんだ」とか言ってるけど、

そんなことは誰も聞きたくなんかない。

それよりも競技者を尊重して休ませてあげて欲しいと思うのはいけないことなのか。

これほどマスゴミという存在が憎らしく思ったことは無い。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/03/25

きょうの失望

Oh11

Wang to start season on disabled list

ちらっと聞いてた王の不調が深刻なものになってたなんて。。。

右のハムストリングが第一級の緊張状態で少なくとも開幕3週間は故障者リスト入り

とのことで、勿論開幕投手も無し。。。

金曜のランニング中に"pop" 感を感じてMRI検査でこの状態が確認されたようで、

王自身"I want to come back 100 percent," とのことできっちり直してからの復帰を

期待したいけどそれにしてもこの時期でよかったのかどうか。

きょうのムースもいきなりスリーランで、ムース自身王が開幕投手に、って言ってたから

結局開幕投手は誰なの?

カースも「自分がメジャーに残るのと、王が健康でいるのとどちらを選ぶかといったら

後者を選ぶ」と言ってるし、まさにヤンクスの一員としての実感だろうね。

トーリもロングリリーフもスポットスタータもできる、と言ってるし、結局ひょんな形で

ムース、ペティット、パバーノ、イガー、カースの5人に固まったってことになるのかな。

元々4月は変則ローテになるってトーリも言ってたから、イガーまではきっちり回して

スポットでカースが投げて王を待つって感じになるのかな。

で結局開幕は誰?ムースもちょっと危なっかしいし、ペティットもいきなり過ぎるし、

パバーノは問題外だし、意外とイガーが開幕投手に!なんてことはないよね。。。

それにしてもなんで始まる前からこんなことになるの?・・・

そんななか、

昨季にア・リーグ最多の19勝を挙げた王建民投手が右足を痛めて開幕を故障者リストで迎えることが確実となったニューヨーク・ヤンキース。開幕投手の筆頭候補と見られていた台湾人右腕の離脱で、開幕投手に井川慶投手の名前が上がる可能性も出てきた。

 ヤンキースは、すでにアンディ・ペティット、マイク・ムシーナの両ベテランが登板日に合わせて調整を始めているため、4月2日のタンパベイ・デビルレイズとの開幕戦には登板させづらい状況。そのため、井川とカール・パバーノ、ジェフ・カーステンスの3投手のいずれかが開幕投手を務めることになる。

 その中で最有力なのは、相次ぐ故障で1年半を棒に振ったものの、最もメジャー経験の豊富な31歳のパバーノ。井川はメジャー挑戦1年目で、24歳のカーステンスも昨季に8試合を投げたのみだからだ。ただしパバーノも開幕投手の経験はなく、ジョー・トーリ監督はヤンキー・スタジアムでの開幕戦は独特の雰囲気があると懸念している。

やっぱりこの男はなにかを持ってるのかも?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/03/24

きょうの涙

Aaa

16歳の少女にどれだけの重圧が掛かっていたのか。

出来としては全日本選手権には及ばなかったと思うけど、

最初のトリプルアクセルが決まって、最後の3・2・2のコンビネーションが決まった後の

ガッツポーズと笑顔が演技終了直後に涙に変わって、キス&クライでは更なる涙に。

その後のインタビューでも昨日の5位という結果が相当なプレッシャになっていたことが

感じられ、それを振り切るためにきょうの演技がどれほど壮絶だったかを

詰まる言葉の中に滲ませて、まるで負けた選手のような悲壮感さえ感じられた。

ライバルのキム・ヨナはスタートこそきのうの勢いをそのままに、これで優勝も決まりか

と思っていたのにその後2回のジャンプ失敗という結果に、まさかとは思ったけど。

そしてラストを飾るミキティの演技。

試合前は4回転を、といういつもの台詞だったけど、こういう状況になるとやっぱり

順位のことを考えてしまったのか、トリプルに切り替えて、でもノーミスをして、

後は結果待ちということに。でもイマイチ笑顔が出なかったのが。。。

そして結果は、

順位
名前
得点
SP
FS
点線
1
安藤美姫
日本
195.09
2
2
点線
2
浅田真央
日本
194.45
5
1
点線
3
金妍児
韓国
186.14
1
4

わずか0.64点差って。。。

それにしてもアジア勢での表彰台独占というのも10年前では考えられない事。

レベルの高い中でのこの結果は本当に誇りに思います。

真央ちゃんもホントに残念だと思うけど、まだまだ先はあるからね。

(書いてる途中では真央ちゃん優勝ってことで書いてたんだけど、逆転につぐ逆転で

ホントにドラマみたいな展開だったね)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

きょうの?

26日のフィラデルフィア・フィリーズ戦に登板する予定となっているニューヨーク・ヤンキースの井川慶投手が、この日予定されていたプルペンでの投球練習を回避した。

 これは井川自身が希望したもので、翌24日にプルペン入りする見込み。ジョー・トーリ監督は、調整法を模索する左腕について「彼はプランを持ってやっている。騒ぎ立てず、ほっておいてやってくれ」と気遣った。

という記事の見出しが

「井川のプルペン入り延期に「ほっとけ」とトーリ監督」                   
ってどういう要約の仕方なの?
どう考えても見出しだけを見ると「井川なんかどうでもいいから放っておけ」ていう感じに
読めるけど、実際の記事はそうじゃないし。
どういう意図でこういう書き方をするのか分からないけど、これが.jpのやり方って
いうことなのかな?
(いろんな方々の評判っていうのは嘘じゃないんですね。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの再認識

Ki06

BShiで改めてイガーのいままでを振り返ってたんだけど、実際知らなかったことばかり

だったことを再認識。

野村監督、八木沢投手コーチ、そして星野監督との出会い、阪神での苦労と栄光。

コントロール難は今に始まったことではないということを知り、まだまだ進化の過程に

いるんだなと。

そんな中で野球に対する思いというものは伝わってきました。

酒もタバコも女も?炭酸もやらない、野球以外のことには全く興味が無い

(将棋の話はでてこなかったけど)。

写真の右足が地面に着いているのがフォーム改造の終着点っていうことなのかな?

広島戦でのノーヒッター決定の時の顔はまさに「鬼の形相」って感じで、

絶対に打たれない、っていう気概が感じられました。

イガーのいままでの流れからして開幕から勝ちまくり、とは行かないかも知れないけど

結果的には胴上げ投手になってるかも知れない、

と思わせる何かを持っている気がします。

まずは1勝目指して、黙々と走り続けて欲しいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/03/23

ことしの抑え(ことしも?)

Jp4

オフからの懸案となっていたボストン・レッドソックスのクローザーがついに決定。昨季35セーブを挙げた3年目右腕ジョナサン・パペルボン投手が、再び抑え役を務めることになった。

 パペルボンは「春季キャンプが始まってから、あまり眠れなくなった。心の底にクローザーをしたいという気持ちがあったのだと思う」と胸中を告白。「先発(転向)のことはもう忘れ、引退まで(抑えを)続けたい。(ニューヨーク・ヤンキースの守護神マリアノ・)リベラが成し遂げたようなことを、僕もレッドソックスでできると思う」と並々ならぬ覚悟を口にした。

 そもそもパペルボンに先発転向の話が出たのは、昨年9月に痛めた肩への負担を減らすためだった。しかしパペルボンは予想を上回る早さで回復し、「肩の力は完全に復活した」とテリー・フランコナ監督のお墨付きをもらった。

去年は結局活躍の場面は見てなくてどれくらい凄いのかイマイチ分からなかったけど

やっぱり抑えの代役が見つからなかった、っていうことなのかな?

また途中でリタイアってことにはならないで欲しいけど。

でボストンの投手陣は結局どうなんだろう?あんまりよすぎても困るし

かといってボロボロでも面白くないし。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの二発

Ar34

Ba8

ニューヨーク・ヤンキースのボビー・アブレイユ外野手とAロッドことアレックス・ロドリゲス三塁手が、シンシナティ・レッズ戦でそれぞれオープン戦初ホームランを放った。

「3番・右翼」で先発出場したアブレイユは3回、レッズの先発カイル・ローシュ投手からライトへ3ラン。そして「4番・三塁」でスタメン出場したロドリゲスは5回、同じくローシュにソロアーチを浴びせた。

この二人だとアベック弾っていう感じじゃないけど、どちらも初ってちょっと遅すぎ?

で余裕で勝ちかと思いきや、

中軸コンビの活躍などで7回表までに7-3と試合を優位に進めたヤンキースだが、投手陣が終盤の3イニングに計5点を奪われ、7-8の逆転負けを喫している。

先発のパバーノはきょうもピリッとしなかったみたいで、4回1/3で8安打3失点、

防御率5.84ってこれでホントにローテ入りなの?でも記事は全く無い。

He pitched four and a third innings, allowing three runs on eight hits, with two walks. But most of the hits were grounders, and Pavano showed a competitive streak that has been in doubt in the 21 months since he last pitched for the Yankees.

ニューヨークタイムズの記事を訳そうと思って検索したら、

ニューヨークのためのばねの彼の第4開始を完了して、Pavanoは彼の防衛が特に有用でなかったけれども、イニング4 1/3のの3つの操業そして8つの衝突を割り当てた。

どういう翻訳機を使ったらこういう訳になるのか、っていう言葉の羅列。

思わず笑っちゃいました。ところで「competitive streak」って何て訳すの?

結局パバーノはこれで合格点なのかな?

Numbers Only Tell Part of the Story for Pavano

そんななか、

ヤンキースのトーリ監督はいつ決断を下すのか。「最後の1週間になるまで分からないこともある。何がチームにとって、あるいは各選手にとってベストか」。井川慶投手が開幕からの先発ローテーション入りを争っている。
 好成績を残した者が単純に生き残るわけではない。そこが難しい。王建民、ペティット、ムシーナの3投手は実力から開幕ローテーション入りが確約されている。故障がちなパバーノは4番手が確実。試合の少ない4月に救援もこなす場合もある5番手の候補が、カーステンズと井川となる。
 5番手を決めるトーリ監督の基準は-。「投手がベストの状態に達していなければ、マイナーで中4日の登板を続けた方が本人のためになる」。20日に5回無失点の好投を見せた井川をトーリ監督は「毎試合何かが良くなる」と評価する。だが、それだけに5番手で間隔をあけさせるよりも、マイナーで起用し続けてさらに状態を上げる選択肢を捨てきれない。
 井川の登板は次回26日のフィリーズ戦を含め、あと2試合。「自分の投球をすれば、結果はついてくる」と繰り返す。ヤンキースタジアムでの開幕を確実なものにできるか。

いつの間にかこんなことになってるの?

まあ最終目標に向けていかに10月の時点で最高の状態に揃えるっていうのが

トーリの仕事でもあるので、こういう選択肢もあるってことなのかな?

目先の話題性には目もくれないっていう姿勢は認めたいと思ってます。

その点松坂とは意味合いが違うんだろうね。

(でもやっぱり開幕ローテも捨てがたいね。。。)

ってそんな心配どこへやら。。。

ナインに将棋漫画おススメ

| | コメント (2) | トラックバック (2)
|

2007/03/22

きょうの訃報

落日燃ゆ

経済小説のパイオニアで「落日燃ゆ」「男子の本懐」など、近代日本の指導者像を描いた作家の城山三郎(しろやま・さぶろう=本名・杉浦英一=すぎうら・えいいち)氏が22日午前6時50分、間質性肺炎のため、神奈川県茅ヶ崎市の病院で死去した。79歳。

 告別式は親族のみで行い後日、お別れの会を開く予定。喪主は長男、杉浦有一(ゆういち)氏。

 名古屋市生まれ。愛知学芸大(現・愛知教育大)講師の傍ら小説を書き始め、1959年「総会屋錦城」で直木賞を受賞。「官僚たちの夏」「小説日本銀行」など組織と個人の生き方を問う経済小説を開拓し、歴史小説「黄金の日日」や本紙連載「毎日が日曜日」などのサラリーマンものが次々にドラマ化され、流行語にもなった。吉川英治文学賞、菊池寛賞などを受賞。

大学の新入生歓迎講義で出会った教授が薦めていた作家で、最初に出会った作品は

「総会屋錦城」。

その後既刊を次々に読破していって大学を卒業するころには

全て読み終わってしまった。

彼の作品の主人公は全て恐ろしいほどに人間性に溢れていて、

歴史小説はあまり好きではないわたしがどんどん引き込まれて、

近代日本史は彼の作品で学んだといってもいいほど。

広田弘毅、渋沢栄一、 ロイヤルホスト創業者江頭匡一ダイエー創業者中内功

田中正造、浜口雄幸井上準之助本田宗一郎といった実在の人物から、

通産官僚、日本銀行局員、相場師、サラリーマンといった

フィクションでありながら実在したかのようなその取材力と表現力。

後年はなかなか作品が出てこなくて暫く読む機会がなかったけど、

今でも読み返してもまた違った面がでてきて、何度でも読み込める作品ばかりで。

いまの時代の官僚、政治家にこそ読んで欲しい作品ばかりだけど、

書きたくなるような「人物」が今の日本にいないのも

作品が生まれなくなった原因なのかな?

今後彼が書きたくなるような政治家はもう現れないんだろうな。。。

本当に残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (3)
|

きょうの3連覇

Dd

誰もが無理だと言っているなかで、ついに圧巻の3連覇を達成。

3回連続の芸術点オール10点はならなかったけど、技術点がオール9.9点で

トータル99.5点ってイシェンコがこれ以上どう頑張っても追い抜くのは無理だった。

◇ソロ・フリールーティン決勝
 1年のブランクを経て今大会限定で復帰したビルジニー・ドデュ(28=フランス)が99・500点で優勝した。黒い水着に身を包み、伝説のオペラ歌手マリア・カラスの激動の人生を熱演。ソロ種目で史上初の3大会連続金メダルを獲得した。優勝が決まった瞬間は観客席まで走り、元フランス代表野球選手だった恋人と歓喜の抱擁。涙で赤く染まった目で「ここまで来るのは、決して簡単ではなかった。今はとても幸せ」と声を震わせた。
 日本の原田早穂(24=ミキハウス)は、初出場のソロ種目ながら96・667点で堂々の4位。「今持っている力は出し切れた」と満足げだった。
 昨年のW杯女王イーシェンコ(ロシア)が98・500点で2位、メングアル(スペイン)が98・000点で3位だった。

それにしても優勝が決まって会場の反対側まで走っていって抱き合った相手は誰?

それと「ドデユ」って何?テレ朝では「デデユウ」っていってたと思うけど。

スペルは「Dedieu」だから「ド」ではないよね?

前回大会でのイシェンコの優勝に刺激されてその相手を破っての優勝で

これで思い残すことなく本当に「引退」できるのかな?

(解説と修造五月蠅すぎ!少しは黙ってろ!)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/03/21

きょうの3枚

Ki05

オープン戦4度目の先発でフィラデルフィア・フィリーズを5回無失点に抑えたニューヨーク・ヤンキースの井川慶投手。「低めに投げることができたのが今日の収穫」と手応えを感じていたようだが、ジョー・トーリ監督は先発ローテーション入りをまだ確約はしていない。

 この日の井川は5回を投げて2安打、3四球、3奪三振。65球のうち、ストライクは38球だった。トーリ監督は井川の投球について、「前回はコントロールが悪かったがスライダーは素晴らしかった。今日は全てがよくなっていたが、まだ(オープン戦は)終わっていない」とコメント。若手有望株のジェフ・カーステンス投手が防御率2・70、13回1/3を投げて無四球、11奪三振と好結果を残していることもあり、井川は6イニング、85球がめどの次回登板で先発ローテーション入りをしっかりとアピールする必要があるようだ。

まずまずの結果ではあるけど、そういう時こそもう一度気を引き締めないと。

そういう意味のトーリの発言、だと思っておきます。

それより今はパバーノの取り扱いだと思うけど。あさっては結果がでるか?

そして、

Ba7

ようやくアブちゃん復帰!まずはDHからだからミルキーもでてたけど、

きょうはノーヒットスタート。ミルキーは3打数2安打で猛烈アピール?

そして、

Hm49

こちらは打ち損じたかに思えた当たりがセンター一歩届かずヒットになった場面。

結構ギリギリヒットが多いこのオープン戦だけど、変なところで運を使わないで

欲しいとも思うけど、まあいいよね?

その後きっちり捉えてダブルも打って、もう早く開幕してって感じだけど。

21日は完全休養日。22日も遠征から外れてタンパで練習するみたいで、

もう一度再確認ってことかな。

休み明けは10連戦でその後はいよいよ開幕!待ちきれないね!

| | コメント (3) | トラックバック (0)
|

2007/03/20

きょうの恥ずかし

Cb01

先発ローテーション入りを目指すニューヨーク・ヤンキースの井川慶投手に、2年目右腕ジェフ・カーステンス投手(24)という強力なライバルが現れた。

 メジャー1年目の昨季、8試合に登板(うち先発6試合)して2勝1敗、防御率3・80の成績を残したカーステンス。この日のトロント・ブルージェイズ戦で4失点を喫したものの、オープン戦4試合の登板(うち先発3試合)で3勝1敗、防御率2・70、11奪三振、無四球と安定している。一方、井川は3試合の登板で防御率5・14。計7イニングで12個の三振を奪っているものの、7四球が目立つ。

 それでも、ジョー・トーリ監督はオープン戦の結果だけでローテーションを決めるつもりはないと話しており、日本での実績がある井川の有利は変わらないようだ。「イガワには先発をやってほしい。課題が多すぎる場合は別だが。彼が日本で成し遂げてきたことこそが彼の実力だ。我々はスカウトの目を信じている」

ようやくカースの記事が!でもヤンキースのフォトライブラリにはいい写真がない。

ちなみに上の写真はChris Britton。スリーラン後の場面。

でもカースのライバルはパバーノじゃないの?

きょうはツーランの後どうなったのかイマイチ分からないんだけど、

まあとりあえず合格点は取れたんじゃないかな?

一方の大家は、

トロント・ブルージェイズの大家友和投手は19日、ニューヨーク・ヤンキースとのオープン戦に先発。5回1失点の好投で、実戦4試合目にして初勝利を挙げている。なおヤンキースの松井秀喜外野手が欠場したため、日本人対決は実現しなかった。試合はブルージェイズが9-1で勝利。

 オープン戦4試合目の登板(先発は3試合目)となった大家は、強力なヤンキース打線を相手に見事なピッチング。5回を3安打、1四球、2奪三振、1失点の内容で、先発ローテーション入りへ大きくアピールした。防御率は3・21となっている。

と、こちらもなかなかの出来。松井の休みは意図的なものなのかな?

トロントとは試合数多いからこれからいくらでも当たるからね。

であしたは、

観客が考えているより、ずっと多くのことがフィールドで試されている。新しいリーグ、新しい調整法、新しい捕手に新しい相手。ヤンキースの井川が20日、4度目のマウンドに上がる。

 前回登板は連続四球で始まった。だがその四球が思わぬ収穫を生んだ。「自分で組み立てを考えた」という無死二、三塁以降を3連続三振で切り抜けた。速球の制球が悪いと見ると、その速球を見せ球に使い、スライダーで勝負する投球パターンへ。不調が逆にキャリアを印象付けた。

「1試合だけで自分がどんな投手か分かってもらえるわけではない。こういうことを1年間続けて分かってもらえるものです」と言う。だが投手コーチや捕手に考えの一端を実践してみせる機会にはなった。

「チェンジアップを中心に投げてみたい。フォロースルーをしっかり取ることで自然といくはず」と技術的課題を挙げる20日も、結果を度外視するわけにはいかない。「アウトが取れなくなったらスライダーとかでいくかも…」。場面によっては勝負重視で投球を組み立てる。

 調整を進めながら、結果を残す。確かな投球術がルーキーのオープン戦を支えている。

トーリはああ言ってるけど、今後の内容如何によってはどうなるか分からないからね!

でもまだ放送がない。。。開幕するまで生で見られないのかな・・・

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2007/03/19

きょうの?

パスモ モバイルスイカ

携帯を変えてモバイルスイカにして、昨日からはパスモも使えるようになるってことで

いよいよ一本化できるかと思ったら、今の通勤路線は地下鉄一本なので

スイカは使う機会が無い。。。

かといってパスモはまた購入する際に手数料がかかるから結局今は

地下鉄の磁気定期券を使ってます。

HPではやたらとポイントやオートチャージのことばかりで、

実際にJRと地下鉄を乗り換える際の注意点とかについては殆ど載ってなくて、

例えば定期がある渋谷の先の表参道で降りる時は定期を入れて携帯をタッチすれば

いいのかなと思うんだけど、逆に帰りは携帯で入って出るときはどうしたらいいか

分からない。。。

前は定期とパスネットを2枚重ねて改札に入れてたんだけど、今度は行きと同じで

定期を入れて携帯をタッチすればいいのかな。

ってなことをいろいろ考えなきゃいけないから却って不便なんじゃないかと思って。

今までは必ずJRを経由していたんだけど、なぜかこのタイミングで地下鉄オンリーって

どういうことなんだろう。。。

まだまだ一本化は先になりそうです。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの推薦

Mm11

ニューヨーク・ヤンキースのマイク・ムシーナ投手が、ピッツバーグ・パイレーツ相手のオープン戦で5回を3安打零封。シーズンへ向けて順調な仕上がりぶりを見せたが、当の本人は開幕投手にこだわってはいないようだ。

 ムシーナは「自分としては、(開幕投手は)あの2人のどちらかだと思っている」とコメント。あの2人とは、昨季ア・リーグ最多タイの19勝を挙げた、王建民投手と、4年ぶりにチームに復帰したベテラン左腕アンディ・ペティット投手のこと。さらにムシーナは「王建民が開幕投手にふさわしいかな。彼は昨シーズン、それだけの成績を残した」とメジャー3年目の台湾人右腕を推薦した。

 なお今季のヤンキースは、4月2日に岩村明憲三塁手が加入したタンパベイ・デビルレイズと開幕戦を行う予定。

結構ムースは開幕投手で勝ててないイメージがあるから、

そういうのも影響してるのかな?

でも王はそれだけの実績を残してるし、文句なく推薦できるんじゃないかな。

あとはイガー、パバーノ、カースのマッチレースか。。。

<明日はカースvs大家だって!見たいなあ。。。>

ていうかきょうの試合録画放送するんだった。

とりあえず4回まで見ようかな!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの訃報

ひょうひょうとした演技で親しまれた俳優の船越英二(ふなこし・えいじ、本名・栄二郎=えいじろう)さんが、17日午後10時57分、脳梗塞(こうそく)のため亡くなった。84歳だった。葬儀は近親者のみで行う。連絡先は、長男で俳優の船越英一郎さんが所属する、東京都目黒区下目黒1の2の5のホリプロ。

 1947年に大映と専属契約を結び、京マチ子さんや若尾文子さんらの相手役を務めた。その後、吉村公三郎監督「夜の蝶」(57年)、市川崑監督「満員電車」(同)などで線の細い二枚目から性格俳優に転身。59年の市川監督「野火」では、キネマ旬報男優賞などを受賞した。

 71年の大映倒産後は、「時間ですよ」「熱中時代」などのテレビドラマで、穏やかな好人物を演じた。89年に紫綬褒章、95年に勲四等旭日小綬章を受章。

昔は船越といえば英二のイメージだったんだけど

今ではすっかり英一郎を思い出すようになってて、

一瞬勘違いをして英一郎さんが亡くなったのかと思って吃驚したんだけど。

私の中では熱中時代の校長先生のイメージが強いかな。

紳士的なお爺様って最近あまり見かけなくなったね。

ご冥福をお祈りします。

| | コメント (1) | トラックバック (3)
|

2007/03/18

きょうの最終回

血液型が違う、っていうオチは原作もなの?

みんなが思い込んでたの?ここまで壮大な勘違いってある?

なんか棺おけからムクっと起き上がってあの看板もって「大成功」っていいそうな感じ。

どこら辺が「華麗なる」一族だったのか。。。

結局なにが伝えたかったのか。「夢を持て」?「家族を大切に」?

さっそく原作を制覇しないと納得できない。

きのうのスマステの他局番宣もどういう意図だったのか。

視聴率はいいんだろうけど、見た人はどういう決着をしたのか。

疑問だけが残ります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

きょうの一枚

Ttg

3月17日(土)の夜、アイルランドの国民的祝日であるセント・パトリックス・デイにちなんで、東京タワーがグリーンにライトアップされました。

今回のライトアップは、アイルランド大使館がアイルランドと日本の外交関係樹立50周年を記念して、
日本中で行う様々なイベントの幕開けとして実施されたものです。アイルランドの豊かな自然の象徴であるグリーンは、
アイルランドのシンボルカラーであり、セント・パトリックス・デイのお祝いに伝統的に世界中で身につけられています。

3月17日当日は空気も澄んでいて、東京の夜空を、「希望」「自然」を意味するグリーンが包みこみました。
日本を象徴する「東京タワー」。アイルランドとエコロジーを象徴する「グリーン」。

両国の未来に向けて、幻想的に浮かび上がった緑のタワー。

※1957年3月、アイルランドと日本は外交関係を樹立しました。以来、島国である両国は年々友好関係や絆を深めています。

ホントに色んな顔を持っているタワーなんですね。新タワーが出来たらどうなるのかな?

(まるこ姫頂きました(*´∀`*)ゞ )

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

きょうの?

Ykp Wsp Rsp

uniqlo mix mlb

きょう川崎にパソコンを見にいってついでに寄ったユニクロで目に付いて

イージーパンツを買ったんだけど、

ヤンキースのカラーがホワイトメインでシルバーライン、レッドソックスは勿論レッド、

ドジャースはブルー、ホワイトソックスがブラック、アスレチックスがグリーン。

でもヤンキースはダークブルーのが欲しかったんだけど。

マリナーズのがなかったので結局ホワイトソックスのを買ったんだけど、

ヤンキースのチームカラーってホワイトなのかな?それなら縦じまも入れて欲しかった。

ドジャーブルーがちょっと水色過ぎてイマイチ好きになれない。。。

アスレチックスはなかなかイメージどおりだったけど。

メッツのオレンジもなかなか鮮やかでグッド!

(ところで「ボストンバッグ」って言葉のとおりボストンのバッグってことなのかな?)

ボストンバッグ(Boston bag) 
旅行用として多く用いられる手提げの革製鞄。底が長方形。ボストン大学の学生達に愛用されていた事からこの名がある。日本では大正末から製造されるが、昭和初期からファスナー式が中心となる。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/03/17

きょうのルイージ

Cf01 Cf02

昼間スターバックスの紹介番組を見て、スーパーにいって上の商品が100円で

売っていて思わず購入して今飲んでみてなかなか美味しいなあと思って、

よくよくラベルを見てみたら「MT.RAINIER」って書いてあって裏をみたら「森永乳業」。

味にも値段にも全然満足してたから文句はないんだけど、やっぱり

「騙された」感は否めない。。。

普段素田場のコーヒーを飲んでないっていうのもあるかもしれないけど、

明らかに「意図」を感じるデザイン。

店頭でそこまでじっくり商品を見ることもないし、だいたいの「イメージ」ていうもので

商品を選択するのが普通だと思うし、そういう意味でやっぱりこれはないんじゃないかと。

きょうの番組でいろいろな戦略で商品を考案、販売、競争している様子を見たんだけど

その企業のトータルイメージを創るのは並大抵のことではないと思い、

こういったことはそれをあっさり「奪い取る」行為だと思います。

(っていろいろ書いたけど、やっぱり「ヤラレタ」悔しさの憂さ晴らしでしかないかな?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの読了「終戦のローレライ」

終戦のローレライ〈1〉 終戦のローレライ〈2〉 終戦のローレライ〈3〉 終戦のローレライ〈4〉

3冊目まではなんとか順調に読み進んでこれたんだけど、

その間に転職をし勤務先が変わって、本来の読書環境「電車内」の

時間的・環境的制約が大きくて一気に進まなくなっていたんだけど、

最後はあまりやらない「自室」での読了となりました。

「第二次大戦と潜水艦と女」

この3つを使って映画の原作を書いてくれ、といった映画監督の思い以上の作品を

書き上げた福井晴敏。

その出来が良過ぎた為に逆に映画が陳腐化せざるを得なくなる、という現象を

産んでしまったけど、そんなことは全然関係ないと感じさせる内容。

「椰子の実」「リンゴの唄」「東京ブギウギ」「月がとっても青いから」「川の流れのように」

その時代を生きたわけではないけど、知らず知らずで聞き覚えのある歌。

ローレライという語は、古ドイツ語の"luen"(見る、あるいは潜むの意味)と"ley"(岩の意味)に由来している。

ローレライというのは、この岩山を表すと同時に、この岩の妖精、あるいはセイレーンの一種でもあり、ドイツの伝承に由来する、多くの伝説群にしばしば結びつけられる。ハインリッヒ・ハイネIch weiss nicht was soll es bedeuten(「何がそうさせるのかはわからないが」という意味)で始まる詩が一番有名であるが、伝わっている物語にはいくつかの形がある。多くの話に共通するモチーフとしては、ローレライとは不実な恋人に絶望してライン川に身を投げた乙女であり、水の精となった彼女の声は漁師を誘惑し、破滅へと導くというものである。

この作品での一つのテーマ足りえる「歌」の存在。

時代を映す鏡とも言われるその存在を経て、語り継がれた「思い」。

とうとうこれで文庫版作品は読み終わってしまったけれど、

暫く冷却期間を経て文庫化を待ちたいと思います。

(書きたいことは山ほどある、ともいえるし、こんな長大作品を簡単には語れない、

とも思えて。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/03/16

きょうの例外

花より男子2

日曜の朝にやっていたアニメが最初でその後原作を読了して、この実写ドラマを見て、

っていう順番は今までの流れではダメパターンなんだけど、

唯一の例外になったのかな?

その作品がもつ「世界観」をどれだけ繋げて考えられるか。

それが成功するか否かのキーになると、この作品を見て改めて感じました。

これでもかの豪華なシチュエーション、「ありえない」状況を突破する二人の思い、

そしてある意味読者がみんな望んでいたエンディング。

原作は原作として、原作がなせなかったことをやってのけた、例外的な作品に

なりえたのかと思える数少ない一本に。

このエンディングではもう3はないだろうけど、

その後ということでスペシャルはできるかな?

サイドストーリーもいくらでも作れそうだし。

とりあえず最高のハッピーエンドに感謝!

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの?

Ki04

課題も収穫もはっきりと見せ、何とか結果も出した。ヤンキースの井川は「悪いなりに収まったので良かった」。毎回の4四球を出し、それでも5三振を奪い、結局は無失点で切り抜けた。起伏のあった3回だった。
 2連続四球で試合は始まった。速球が抜けて抑えがきかない。米国に来てやや狭くなっていたプレートからの踏み出し幅を、日本時代の幅に戻して試合に臨んだのだという。「歩幅を広めてコントロールがばらついた」。打者2人にストライクは1球しかなかった。
 だが、これで終わらなかった。阪神のエースとして活躍した経験がある。「悪いと分かったので、真っすぐを見せ球に使い、スライダー、チェンジアップでストライクを取りにいった」。5三振の決め球はすべて変化球。速球のばらつきがうそのように、変化球が決まった。
 「フォアボールが続いたので、このままいったら(1回に失点した5日の)タイガース戦と同じになってしまうと思った。抑えにいきましたよ、そこからは」。勝負への強い思いが出た。

と思いきや、

15日のアトランタ・ブレーブスとのオープン戦で3回4四球ながら、5三振を奪うなど1安打無失点に抑えた井川慶投手。しかしAP通信は、井川の起用法について、4月は先発だけでなくロングリリーフでの起用もあり得ると伝えた。

 同通信社によると、ジョー・トーリ監督は井川と、故障からの復帰を目指すカール・パバーノ投手の2人が先発ローテーションの4、5番手と考えているとのこと。ただし同通信社は、4月は試合のない日が多いため先発投手は5人も必要なく、井川とパバーノは先発機会をとばされる可能性があると分析している。

 なお今季のヤンキースは王建民、マイク・ムシーナ、アンディ・ペティットが3本柱となることが濃厚。ただしトーリ監督はローテーションはまだ固まっていないと語っており、井川もうかうかしていられない状況だ。

って相変わらず4,5番手も確定してるみたいに言ってるけど、カースは全く

考慮外なのかな?

それに4月のスケジュール見ても8連戦、3連戦、13連戦って、どこが休みが多いの?

実質的な休みはたったの3日だよ?

それに昼夜交互にってどういうスケジュールなのかね?

何試合見られるか分からないけど、現地時間4月2日の午後1時って日本時間で

何時になるんだっけ?

向こうが昼ってことはこちらは夜中ってことだよね。

まあオープニングゲームだけでも生で見たいよね!

イガーはあと何試合なげるのかな?

(ちょっとこの写真は寸詰まりなのはなぜ?)

Hm48

(舌打ちが聞こえてきそうな一枚。珍しい光景だよね?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/03/15

次の1億ドルプレーヤー

Is6

イチローは今オフ、1億ドルの男に大変身! マリナーズは14日、オープン戦はなく、完全オフ。その一方で、米国で大きな話題を集めているのがイチローが今オフに取得するFA権をどうするのか、ということだ。今季からセンターに正式コンバートされ、評価がさらに上昇するのは間違いなく、早くも6年1億ドル(約120億円以上)の声が…。

 米スポーツ専門局のESPNは、「守備位置が変わった注目選手」にイチローを取り上げ、「センターは決してはじめての経験ではないが、イチローがセンターにまわり、肩のいい右翼手が加われば、一塁走者が右中間へのヒットで一気に三塁を陥れようという試みをあきらめるだろう」とイチローのレーザービームを評価した。

 また、今季センターで結果が出れば、「センターとライトを守れる強肩外野手として、市場価値は大きく跳ね上がるだろう」と解説する。

 ニューヨークの「ニューズデー」紙のコラムニスト、ケン・デービッドオフ記者も「あくまでセンターでイチローが成功したことが前提だが、FAするしないにかかわらず、新しい契約では6年、1億ドル(120億円、年俸20億円)以上の価値が生まれる」と解説した。

 イチローはキャンプイン直前、今オフにFA権を行使することをにおわせているが、チームの補強は遅々として進まない。とにかく、投手陣がピリッとせず、アリゾナ地区で行われているカクタス・リーグでは、4勝10敗で12チーム中最下位という惨状だ。

 野球はチーム競技でありながら、今シーズンも孤高の戦いを強いられそうなイチロー。1億ドルの男は、今シーズンも忍耐が求められている。

こちらの一億ドルプレーヤーは正に実績で獲得した金額だからね?

それにしても初めて自分で行きたい球団を選べる立場になる今回、

どんな決断を下すのか。

ってまだ今シーズンは始まってないのにもうそういう目で見られるっていうのは

ちょっと気が早すぎとも思えるけど、争奪戦はもう始まってるのかな?

これからいろいろアンケートとかもされるんだろうけど、やっぱり一番の決め手は

「優勝に絡める球団」っていうキーワードになるのかな?

でもこればっかりは一番難しいポイントだからね。。。

シーズンの行方ともども楽しみです!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

きょうの気になる!

Jk3

松井やAロッドの記事は出てるんだけど、スタータ候補5人以外の投手陣の話が

全く伝わってこないんだけど、いつの間にか3勝してるピッチャーが。

http://mlb.mlb.com/news/boxscore.jsp?gid=2007_03_14_minmlb_nyamlb_1

去年から気になっていたカーステンズ。

きょうも4回をヒット1本の4三振で、防御率も0.00って凄くない?

ツインズ打線はきょう3本しかヒットがなかったみたいだけど、

マウアー、ハンターとノーヒットに抑えてるってことはなかなかの出来ってことだよね?

パバーノ、井川は実際どこまで評価されてて、カースはどうなんだろう。

去年の実績と今年の調子から見ても全然4番手は確定してもいいくらいなんじゃない?

(あごが無いのが玉に瑕?)

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

2007/03/14

きょうの宣言

Aar34

通算464本塁打を誇るニューヨーク・ヤンキースのAロッドことアレックス・ロドリゲス三塁手が、現役引退までヤンキースでプレーしたい意向を明言した。AP通信が13日付で伝えている。

 2004年からヤンキースでプレーしているロドリゲスは、テキサス・レンジャーズ時代に結んだ10年2億5200万ドル(約292億3000万円)の契約が2010年まで残っているが、今季終了後にフリーエージェントとなることが契約上可能になるため、一部でヤンキース退団もうわさされている。

 しかし同通信社によると、13日の試合前にラジオ局のインタビューに答えたロドリゲスは、100%ヤンキースに残りたいと明言。ヤンキースで現役を終えたいと語ったという。

まあ言うのは勝手だけど今年の内容によっては放出っていう可能性もなくはないし、

まずは結果を出さないと。っていっても「記録」じゃなくて「記憶」に残る場面での

活躍が必須だからね!

今年こそ「ショボ」と呼ばせないで!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

きょうの完結?

DEATH NOTE デスノート / DEATH NOTE デスノート the Last name complete set

最初がアニメでそのあと映画の前編をテレビで見て、

その後漫画を読破して、きょう映画の後編をさっそくレンタルして見てるんだけど、

この違和感はなに?

アニメは8割がた原作通りだからそこまで違和感はなかったんだけど、

映画は半分原作半分創作って感じで、その創作部分というか演出に馴染めなくて

もう見たことを後悔しだしてる。。。

いきなり「第二の」キラっていってるし、ミサのライト発見の過程もむりやりすぎるし、

出目川も目立ちすぎだし、モッチーも死んじゃったし、

エルの喋り方も何故か耳障りだし、ミサの弾けっぷりもイマイチだし。

やっぱり二回に分けても詰め込みきれないか。。。

ってそういう問題じゃないか。

いっそアメリカの監督が撮ったほうがよかったのかな?

エルもミサもキラもなんだか馬鹿っぽく見えるのはなんで。。。

あまりにも簡単に「無実」の人間を殺しすぎだし、それをあっさり容認し過ぎ。

八神局長も融通利きすぎって粗捜しはもういいか。。。

確かに最後のエルの仕掛けには驚かされたけど、結局エルが死んじゃっったら

「勝ち」とは言えないんじゃないの?

でミサは無罪放免っていうのもちょっと論理的じゃない気が。

最後がお涙頂戴ってこれが本当にラストなの?・・・

映画館で見た人はどう思ったのかな?

やっぱり原作読了後の映画は見ない方がいい、って今回で確信しました。

(ローレライは見ません・・・)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/03/13

きょうの変身(変心?)

Is5

マリナーズのイチロー外野手(33)が、11日の練習に謎の“丸刈り”で登場し、周囲をアッと驚かせた。

 まるで高校球児のようだ。午前9時半開始の全体練習にイチローがやってくると、そのヘアスタイルに誰もが注目した。プロ入り後は目にしたことのないほど、短く刈り込まれていた。帽子を深々とかぶるが、前日までとの違いは明らかだ。「ブラッド・ピットみたいでカッコイイよ」とイバネス外野手。他の選手からも「ミステリアスだ」と評判は上々だった。

 そして午前11時55分。一度は練習が終わったが、イチローは突然、一人で外に飛び出してきた。今キャンプ初の出来事に周囲は驚いた。午後1時開始のオープン戦を控え、ナインがクラブハウスで昼食中、誰もいないグラウンドにやってきた。すると、かぶっていた帽子を右手でポーンと大きく投げ捨てると、“丸刈りヘア”で約10分間ランニングとストレッチ。「(散髪を)したよ」とクールな表情のイチロー。くしくもこの日、散髪をしてきたばかりだった城島健司捕手(30)も「同じタイミングやったけん、ビックリしたわ」と驚いた様子だった。

写真を見つけてたんだけど、これしか。。。

それにしても「失恋」でもしたのか?

ブラピはちょっといいすぎだけど、似合ってないこともないかな?

でも真意は?(黒木瞳と賭けでもして負けたとか。)

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

きょうの再会

Hm47

この日行われた、今オープン戦では唯一のボストン・レッドソックス対ニューヨーク・ヤンキース戦。レッドソックスの松坂大輔、岡島秀樹両投手とヤンキースの松井秀喜外野手が、試合前の球場で顔を合わせた。

 3人は会釈と握手であいさつ。伝統のライバル対決が国際化を果たした瞬間、数え切れないほどカメラのシャッターが切られた。ライバル対決を何度も経験している松井は「レッドソックス対ヤンキース戦には独特の雰囲気がある。そのうち楽しめるようになるだろう」と、2人の日本人ルーキーにメッセージを送った。

 この日はオープン戦にもかかわらず、約180人もの報道陣が球場に詰めかけた。一挙手一投足が注目されている松坂について、ヤンキースのジョー・トーリ監督は「何か特別なものがなければ、これほど注目を集めるはずがない。しかも聞くところによれば、対応にも苦労していないようだ。松井も(最初は)行く先々で人だかりだったが、全く気にしていなかった」と、松井に匹敵する大物であることを認めていた。

時差計算が出来てなかったていうのもあるけど、もう終ってたのね。。。

これから放送がある、って録画だったなんて。どうせ深夜なら生でやればいいのに。

別にゴールデンにやれとはいわないけどせめて10時くらいからやれば

ゆっくり見られるのに!

バットを手にクラブハウスに向かったのは、第4打席を終えた8回だった。攻守に公式戦並みの動きを見せたヤンキースの松井秀は「まだ3週間ある。徐々に気持ちも体もいい状態にしていきたい」と話した。
 1回1死一、二塁の好機で打席が回ってきた。レッドソックスのウェークフィールドのナックルボールを中前に落とし満塁に。2死後にはフェルプスの二塁内野安打で二塁から一気に生還した。「コーチが止めなかったので行った」。ダイビング捕球の二塁手が一塁へ緩い返球をする間に本塁を駆け抜けた。
 5回には追い込まれながら、ドネリーの沈む速球を中前にはじき返した。「あれはシーズン中でもいい打撃。崩されながらしんでとらえた」。自然と手応えを口にした。守備でも5度打球を処理し、左翼線寄りの打球にいい反応を見せた。
 「2打席終わって、あと2回行きますと言った。せっかく遠くまで来たので、あまり早く帰るのももったいない」。「疲れは?」と問われ「往復のバスに比べたら楽でしょう」と答えた。約200キロの復路に向け、球場を後にした。

結果も良かったみたいだし、松井以外の選手も確認したいし。

で岡嶋は投げなかったのかな?そういえばイガーは?

<追記>

ロビンはまた大きくなった?肩周りと腕が一回り太くなった感じで、パワーヒッターの

仲間入りって感じかな。兄貴は逆にちょっと痩せたのかな?

松井は結局ウェイクと一球しか対戦しなかった形に。でも結果が良かったからね。

走塁も抜け目なかったし。

パバーノ上半身でか!おしりもでっぷりしててユニフォームダボダボって感じ。

でやっぱり録画ってことで2回表の攻撃は飛ばし。

魔ニーなんか顔の印象が違う。赤いヘッドキャップが盛り上がり過ぎてヘルメットが

コックさんみたいになってるから?

ツーアウトランナーなしから3連打で2点ってちょっと。。。ライトの守備もちょっと

だったけど、こっちは「調整登板」とはいかないからね。

松井二打席目も同じような球をこんどは引っ掛けてセンターフライ。

なかなか簡単には打てないね。

パバーノはいまいちどこがいいのかが分からない。

昔は速球派だったのかな。でも今はチェンジアップが決め手になるのかな?

イガーもそうだけどもうちょっとストライク先行でいかないと使う側としては

ちょっと心配。

きょうはこの辺で寝ることに。もうちょっとヤンクスの主力選手が見たかった。。。

<さらに追記>

NHKのエンディングテーマ、変わってなくてよかった!

2006/11/18

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/03/12

最初の対決

Hm46

12日、当地にて今オープン戦で唯一のボストン・レッドソックス対ニューヨーク・ヤンキースの伝統の一戦が行われる。ヤンキースの松井秀喜外野手も出場予定だが、この日登板した松坂大輔投手との勝負は実現しない見通しだ。

 4年前の松井同様、一挙手一投足が注目されている松坂は、松井について「僕らが親友だということは言うべきじゃないんだろうけど、グラウンドで見かけたらあいさつすると思う」と語っている。

 ただし、レッドソックスのテリー・フランコナ監督は、注目の一戦とはいえ、現在はあくまでもシーズン開幕までの準備期間とコメント。「ジョー(・トーリ、ヤンキース監督)も3月12日に行われるレッドソックス戦なんて、さほど気にしていないだろう。お互い、シーズンに向けて準備するだけだ」と語っている。実際、ヤンキースはデレク・ジーター遊撃手とアレックス・ロドリゲス三塁手を遠征に帯同させない予定だ。

 それに対し、ホームゲームであるレッドソックスはジェーソン・バリテック捕手を除くレギュラー陣がスタメン出場する予定。なお先発投手はレッドソックスがナックルボーラーのティム・ウェークフィールド、ヤンキースが故障から1年半ぶりの復帰を目指すカール・パバーノ投手となっている。

NHKでも初のヤンクス戦ということでできれば生で見ようと思ってるけど、

キャプテンとAロッドはお休みか。。。

先発はペティットかと思ったらパバーノってことで初めて見ることになりそう。

相手はウェークか。松井は最初にガツンとやっとけばいいけどね。

それにしても半分くらいきてようやく見られるのは嬉しい事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ひさびさの再会

桑田&松井が3年ぶり再会

ヒロミさん情報で見つけた記事ですが、興味深かったので。

桑田「でも僕は、松井がけがをしてホッとしたね。いい休養になったと思う。復帰した時のお客さんの歓声、あれ、たまらんな。選手冥利(みょうり)に尽きる。けがは経験しておくべき」

 松井「桑田さん同様、僕も野球の神様はいると思いますけど、(桑田が右ひじの手術から復帰した試合で、登板前にプレートにひじを付けたように)感謝を形にできなかった。僕がやっても、誰も見てくれないですしね(笑)」

桑田はあの怪我は本当にプラスだったのかは私的には疑問だけど、

松井は今年の結果如何で答えがでるのかな?

バッターの場合はバットにキスをするくらいかな?でも松井には似合わない。

でもあれ以上の歓迎はないよね。

桑田「5年目ともなれば、英語はもうペラペラか」

松井「全然、ですよ。基礎があったら伸びるかもしれないですけど、基礎がないんだから。桑田さんを見習って、外国人の女性とお付き合いすればよかったですけど、そこだけは見習うことができなかった(笑い)。やっぱり、ジャパニーズが良くて」

桑田「何言ってんだよ。まあ、ちょこっと一緒に遊んだことあるもんな。遊び方、伝授したな」

松井「遊びは桑田さんに学びましたから。でも18、19歳のころでしたけど、遊んだ日の翌日、頭にデッドボールが当たって『もうダメだ』って思いましたけどね(笑い)」

松井が桑田に「遊び」を教わっていたとは!

桑田「見かけとかお金とか人気じゃなく、本当に松井秀喜を愛してくれる人を探さないとな。1人の女性を愛せない男は、複数の女性を愛せない…」

松井「名言ですね(笑い)。僕はいつも1人の女性だけ、ですよ。これからも何かあったら、連絡してきてください」

なかなか純粋に松井自身を愛してくれる人って普通の人より難しいよね?

サッチーもノムさんのことを野球選手と知らなかったっていう話だけど、

松井が野球選手だってことを知らずに知り合いになる確率はそうとう低そうだけど。

松井と槙原がなかいいのはテレビで知ってたけど、斉藤とはどうなのかな?

松井と桑田が対決する日は来るのか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/03/11

きょうの?(華麗なる一族)

いままでの流れと裁判が始まってからの展開の強引さについていけないというか、

別の脚本家が書いたの?っていう感じで、きょうは特に急ぎすぎというか

そんなことで銭高常務の心が変わっちゃうの?って感じで全く納得できない。

キムタクの台詞もなんだか全く感情がこもってなくて棒読みって感じで、

錢高常務が裁判所に入ってくる場面の傍聴席のエキストラ的な驚きの表情を見たら

一気に興ざめ。。。

やっぱり11回では納まらない内容なんだろうね。

その点「白い巨塔」は全21話でそれでも全部は追いきれてないっていうことは

元々の意気込みが不治とTBSの違いだったのかな?

(不治テレビは開局45周年記念でTBSは開局55周年記念なんだけどね)

あとエンディングでの予告はちょっと次回の展開がそのまま読めちゃう感じで

見る気がなくなっちゃうんだよね(まあ見ないわけはないんだけど)。

今までが良かっただけに最終回前後編で失速しちゃうのは見たくない。

(こうなると原作を読むのは必須になってきました)

視聴率争いも「花より男子2」に負けてるし、それも必然だったのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (2)
|

きょうの読了「のだめカンタービレ#5-9」

のだめカンタービレ (5) のだめカンタービレ (6) のだめカンタービレ (7) のだめカンタービレ (8) のだめカンタービレ (9)

きのうきょうで5巻一気読みでようやくドラマ版に追いつきました。

それにしても改めてドラマのキャストが原作とぴったりなのに驚きました。

千秋とのだめはいうに及ばず、峰<瑛太>と清良<水川あさみ>(Vn)のコンビ、

黒木<福士誠治>(Ob)、菊池<向井理>(チェロってどう略すっけ?)、

そしてハリセン<豊原功補>とその奥さん<白石美帆>と、

ここまでイメージ通りってなかなかないと思います。

ドラマで音を聴いているので演奏シーンではまさに「音」が聴こえてきて、

絵の迫力と見えない「音」の迫力に圧倒されて思わず体が後ろに持っていかれる

感覚を覚えて、本当にコンサートホールにいる気分になりました。

ドラマではなかった「三善家」(千秋の母の兄の家)のエピソード(6巻掲載)も

新たな「発見」っていう感じで楽しかったし(千秋の音楽の原点を見た気が)。

10巻からはいよいよ新シリーズ(パリ編)がスタート、ということで

この先もホントに楽しみです。

(これからはもうちょっとゆっくり目で読んでいこうと思ってますが、思いとどまれるか)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの再認識

Kki03 

ニューヨーク・ヤンキースの井川慶投手は、ピッツバーグ・パイレーツ戦でオープン戦2度目の先発。3イニングを投げて4三振を奪ったが、2ランを含む5安打を浴びて2点を失った。試合は5-3でヤンキースが勝利。なおヤンキースの松井秀喜外野手、パイレーツの桑田真澄投手は出場しなかった。

 初回に3点の援護をもらった井川は、2回まで無失点に抑える好投。3回にロニー・ポーリノ捕手に2ランを浴びてこの回でマウンドを降りたが、3回を5安打、無四球、4奪三振、2失点でリードを守った。

 ヤンキースは初回にロビンソン・カノ二塁手の適時打などで3点を先制。その後同点に追いつかれたものの、9回に代打エリク・ダンカンの2ランで決勝点を奪って試合を決めた。

相変わらず放送なしで結果のみって感じで実際のところはどうなのか分からないけど

この前よりはよかったのかな?

ところでダンカンって誰?今の時期はお試し期間だろうけど誰が生き残るのか。

オープン戦だから勝敗は関係ないとは思うけど、ここまで8勝1敗1引き分けって

ちょっと良過ぎ?

ことしのNHKでのヤンキース戦は最初のボストン戦ってことだけど、

オープン戦のスケジュールって毎日違うチームとの対戦なんだね。

3月頭から始まって21日に一日休みがあるだけでびっしりスケジュールが詰まってて

一日休んだらもう開幕って、どういう日程なの?

ワールドシリーズまで考えたら実質8ヶ月の長丁場。

ホントに体力勝負な仕事場だっていうことを改めて思い知らされました。

ってイガーの話がなくなっちゃってるけど。

ところでサングラス掛けたままで投球するのってこの時期だけのこと?

イチロー×黒木瞳 ~rendez-vous【ランデヴー】~)こちらも見てね。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2007/03/10

さいきんのお気に

ダノンビオ

離婚情報でお騒がせ中?のヒッキーオススメのヨーグルト。

いいともで言ってたとおり、蓋の裏側に付いたヨーグルトを舐めてから

ふちにちょっと固まってついてる部分をこそげとってようやく本体に、ていうスタイルで

もう3週目に突入。

ヨーグルトはいろいろ試してきて、いままではノーマルなダノンヨーグルトを

食べてたんだけど、最近はこちらにハマッテます。

ってこういうことを書くとなんか「ダミーサイト」の文章みたいに思えてくるのは

考えすぎかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/03/09

こんどのサクサク(ver.3.0)

saku saku Ver.3.0 新たなる望み saku saku Ver.3.0 新たなる望み

販売元:アミューズソフトエンタテインメント
発売日:2007/03/09
Amazon.co.jpで詳細を確認する

アマゾンの発送が遅れて一日遅れになっちゃいましたがようやく手元に。

それにしても女の子はどんどん見た目が変わってくね。

今回の特典はなんといっても「横浜18区アンソロジー」。

一時期黒幕氏が瀕死寸前にまで追い込まれながら仕上げた、

「気合入りすぎ、やりすぎ」、全曲リニューアルのメドレー。

かなりハードロックバージョンで、総時間44分の超力作のオンパレード!

「ア・バオアクー」こと青葉区、「緑レンジャー」緑区、「屈辱の風」港北区、

「ガスタンク!」西区、そして「We are the one!」中区までの18曲ぶっとおしで

聞いちゃいました。

これだけでも十分満足ですが、まだ本編を見てません。

続きはあしたということで。

それにしても「ヴィンセント&THE暗黒MEN」お疲れ様です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/03/08

きょうの上げ下げ

米大リーグ、マーリンズとのオープン戦に先発登板し、3回を無失点に抑える好投を見せたレッドソックスの松坂大輔。メジャーリーガー相手としては初の実戦登板となったが、この投球内容にニューヨークのメディアも敏感に反応した。

 ニューヨーク地元紙『ニューヨーク・ポスト』は7日(現地時間)、マーリンズ打線に対して好投を見せた松坂が自身の状態について、「40~50パーセント」と発言したことに注目。このコメントが本当であれば、ヤンキースを含めたアメリカンリーグ東地区のチームにとっては大きな問題であると報じた。

 また同紙は、松坂の緩急の使い方を絶賛するとともに、マーリンズのダン・アギラの「松坂はタイミングを合わせにくい投球フォーム」というコメントを紹介。さらに、ワインドアップの際、グラブを高く挙げていったん静止し、再び投球モーションに入る松坂の投球フォームの特徴を伝え、トルネード投法の野茂英雄と似ている部分があると報じた。

 まだオープン戦が始まったばかりのこの時期に、最速151キロをマークするなど怪物ぶりを見せ付けた松坂。辛口で知られるニューヨークメディアから早くも称賛の声が上がるとは、さすがとしか言いようがない。

かたや、

10日のパイレーツ戦に先発予定のヤンキース・井川慶投手は7日、ブルペンには入らず、ネットピッチングなどで入念な調整を行った。

 5日のタイガース戦では押し出し四球などで2失点。翌日のニューヨークのメディアは一斉に厳しい論評を掲げた。

 それでも井川はどこ吹く風。「自分、英語読めないんでね。わからないっすわ。まだ、オープン戦だし、しっかりと収穫があればいいと思います。収穫のないピッチングが一番よくない。投げたからには、何かしらつかめるように、そう思ってやっています」と余裕たっぷり。

まだまだ全然気にすることはないと思うけど、メディアもホントのところは

どっちも「分かってない」んだろうね。

松坂の「40~50%」っていうのもちょっと言い過ぎだと思うけど、

ジャイロボールのことといい、振り回されすぎだよね。

井川もいい意味で「ノー天気」だから?心配はしてないし。

それにしてもホントの開幕が待ち遠しいね。

あと一ヶ月もすればとりあえずの「答え」が出てくるのかな?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/03/07

きょうの欲しい!!

Dn

異例の前後編映画が大ヒットし、アニメ版や映画のスピンアウト企画などまだまだ人気の続く『デスノート』に、オリジナルデザインのノートパソコンが登場。その名も「デスノートパソコン」です。

全世界完全限定の30台で、もちろんシリアルナンバー入り。死神リュークの大好物であるリンゴをモチーフにしたUSBメモリもついてくると、かなり凝ったつくりです。

OSもWindows Vistaを搭載し、Felicaポートも内蔵するなど機能も十分。「我こそはデスノートファン」という人は、ぜひケースに入れず見せびらかしながら持ち歩いて下さい。

でも、一番最初にセットアップするとき、自分の名前を入力するのはちょっと怖いですよね……。

だそうです。値段は20万ってそんなに高くない?

画面側の絵が見たいけど何処製のパソコンなのかな?

でも30台って少なすぎない?

て思ったらもうsold out。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの「初」登板

Dm04

なんとなくWBCの日本代表のユニフォームに似た感じの色合いでちょっと

オーバーラップしちゃったけど、出来としてはどうだったのかな?

速球は結構決まってたけど右打者のインコースへのコントロールが

なかなか決まらなかったみたいで。

でもピッチャーライナーを捕った時の表情はなかなかよかったね。

やっぱり松坂は9回投げてっていう感じだから3回じゃ自分自身でも物足りない

感じなのかな?

マウンドが高くて重心が低くできない、っていうことみたいだけど

本番になるまでに調整ができるのか。

でボストン打線なんだけど、オルティスとラミレスがいないとホントにボストンなの?

って感じでちょっと物足りない、と思ってたら9回に一挙8点で14-6って

よく分からないね。。。

それにしても松坂が降板してからの放送はどうなの?

ずっと松坂を追って実際の試合中継は全くしないのって

ちょっと視聴者を馬鹿にしてない?

| | コメント (6) | トラックバック (1)
|

2007/03/06

きょうのちょい苦?

Ki03

制限の40球はあっという間にきてしまった。2回、先頭打者に安打を許したところで、ギドリー投手コーチがマウンドに歩み寄った。井川の初登板はアウト3個で終わった。

 1回に押し出しを含む3四球を出した。「ストライクゾーンは何となくですけど、確認できた。現段階ではあんなものでしょう」。右打者の内角を再三攻め、ほとんどがボールとコールされた。高めに浮いたことは「今の段階では普通に投げたら高めにいく」。現状を素直に受け止めている。

 武器のチェンジアップを多用したのはこの日が初めてだった。「チェンジアップをもう少し精度良く投げられたら違う。日本でもこの時期はこんなものだった」。ブルペンでの投げ込みの少ない米国では、試合でどう感覚をつかんでいくかが今後の課題となる。

 トーリ監督は「いつものスムーズさがなかった。でもそれが初登板というもの。投げ方自体に問題があるわけではない」と心配していない。井川もあくまで前向きだ。「やっとスタートラインに立てた。新たなスタート。頑張っていきたい」

まあそうは問屋が卸さないってことかな?

でも始めからうまくいかないところが井川らしいとも言えるし。

井川自身も前向きな発言だし心配はないね。

そして、

Hm45_1

井川がマウンドを下りた後、松井のバットが火を噴いた。「甘い球でしたけど、しっかり打てたし、いいホームランだった」。昨季のア・リーグ新人王のジャスティン・バーランダーから、ライトに弾丸ライナーでオープン戦初本塁打。松井はゲーム前には昨季までの同僚ゲリー・シェフィールドと抱き合って「元気か、という感じで、左手首は大丈夫かって言われました」と再会を喜んでいた。シェフィールドはデレク・ジーターやアレックス・ロドリゲスともあいさつを交わしていたが、物議をかもしているジョー・トーリ監督とはなんの接触もなかった。

 松井はここまで4試合に先発して、3試合で安打を放ち、打率3割3分3厘をマーク。「現時点では悪くはない。結果は別として、凡打になっている打席も決して悪くないし、いいほうなんじゃないですか」と順調な調整ぶりだ。

まあまだまだオープン戦だけど気持ちがいいのは確か。

シェフにも会って刺激になったのかな?

 松井が笑顔で言う。「(井川が)完ぺきに抑えて、(僕が)打つのがいいですね」

そうなるのを願ってます!

Dj37

シェフも調子はいいみたい?頑張って欲しいね。

| | コメント (2) | トラックバック (2)
|

2007/03/05

きょうあすの登板

Cp01 

たび重なる故障のため1シーズン半もメジャーのマウンドから遠ざかっているニューヨーク・ヤンキースのカール・パバーノ投手が、フィラデルフィア・フィリーズ戦でオープン戦初登板。2回を投げて2安打、2四球、1失点と不安定だったものの、完全復活へ大きな一歩を踏み出した。

 この日のパバーノは33球のうちストライクは半分以下の16球と制球に苦しみ、味方の好守に助けられるシーンも。それでも「いい感触だった」と本人は手応えを感じたようで、受けたウィル・ニエベス捕手もパバーノのスライダーを褒め「とてもいい感じに見えた」と語った。

 またジョー・トーリ監督も「パバーノは先発ローテーションの1人」と明言。「もう特別な練習は必要ない。なんの制限もなく投げさせる」とパバーノの復調に太鼓判を押している。

ようやく「投球」できたみたいですね。

まあまだ本調子ではないみたいだけど、給料分は働いてモラワナイト。。。

そして、

Ki01_1

日々課題を問われると、その時ごとに即答してきた。全体の展望があるからできることだろう。ヤンキースの井川慶投手がフロリダ州タンパに入って1カ月が過ぎた。5日午後(日本時間6日未明)、万全を期してオープン戦のマウンドに立つ。

 先発入りが確実視される。だが結果が出なければ代わりがいくらでもいるのも事実だ。それでも落ち着き払って言う。「(結果が)出ないよりは出た方がいい。ただ自分の投球ができれば、結果はついてくる。アピールというのはあまり意識しない。自分の投球がどれくらいできるか」

 初登板の課題も具体的だ。各球種の投球に、ストライクゾーンの確認。ゾーンに関しては「外は(目安となる)ホームベースがある。高めを確かめたい」とベースを基準に投球練習でも意識できる内外角より、実戦でしか確かめられない高低を念頭に置く。

「まずまず、短いイニングなら投げられると思う」。気負いのない言葉に自信がのぞく。

松坂は放送したのに桑田も井川もまったくなしって、どうなってるの?

まあまだ「メジャー初登板」ではないけどね。。。

メジャーリーグ・完全データ選手名鑑 2007 (2007) メジャーリーグ・完全データ選手名鑑 2007 (2007)

販売元:廣済堂出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

ヒロミさん、こちらにリンクしときました。

| | コメント (5) | トラックバック (0)
|

2007/03/04

きょうのもう一歩

<女子ゴルフ:ダイキンオーキッド>◇最終日◇4日◇沖縄・琉球GC(6409ヤード、パー72)◇賞金総額8000万円(優勝1440万円)
 首位に5打差の17位スタートの宮里藍(21=サントリー)は、追撃及ばず通算3アンダーの4位に終わった。11番までに3個のバーディーを決め、1打差2位に。しかし、13番をボギーとして後退すると、その後はスコアを伸ばせなかった。
 米山みどり(30)が、通算6アンダーで並んだプロ5年目の辻村明須香(24)とのプレーオフを制し、ツアー通算7勝目を挙げた。
 横峯さくら(21)は、通算イーブンパーで14位。2日目まで首位タイだった不動裕理(30)は、79と崩れて通算1オーバー18位。大山志保(29)は、通算4オーバーの39位に終わった。

やっぱり初優勝っていうプレッシャーは相当なものなんだろうね。

でも米山選手の17番のパーパットが全てだったんだろうね。

あそこできっちり決めたのが最終的な結果に結びついたのかも。

でも辻村選手の最後のパットは自分でも気持ちが決まる前に「パッと」打っちゃった

感じで案の定切れてしまって。。。

あそこが経験の差ってことなのかな。

でも最後のインタビューは藍ちゃんって。。。

一言くらいコメントあってもよかったんじゃない?

ていうことで

asuming channel

それにしても女の人って場面場面で全く顔の印象が違う。。。

きょうはちょっと鈴木さりなみたいだったけど、どれが本当の顔?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの?2

海辺のWeblog

あした元気になーあれ

My Weblog

三日坊主の徒然

どう見ても違うブログなんだけど、記事が全く一緒。ってどういうこと?

最後に出てくるレコード関連商品を売りたいってこと?

架空トラバやコメントは知ってたけど架空ブログまであるってこと?

現存するブログで機械的に作られたブログってどれくらいあるのかな?

それにしてもそんなことまでして「売りたい」のかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの?

Rh1_1

昨季、本塁打と打点の2冠を手にし、ナ・リーグMVPにも輝いたライアン・ハワード一塁手(フィリーズ)が、今シーズンは90万ドル(約1億円)という格安の年俸でプレーすることになった。

 メジャー4年目のハワードはこのオフ、年俸調停の権利を得ておらず、フリーエージェントになるのは2011年シーズン終了後。2年目に新人王、3年目にMVPというスピード出世に、メジャーリーグの労使契約による年俸規定が追いついていない格好だ。

 この日は、年俸調停の権利を持っておらず、球団と未契約の選手が契約を完了できる初日。ハワードの契約については、単年か複数年か、また報酬の内容などで球団側とハワードの代理人が条件を出し合ったがかみ合わず、結局リーグ規定上、最高額の1年90万ドルという内容で決着したもの。「(交渉では)双方が対立するもの。球団は終始適切な対応をしていると思う」とルーベン・アマロGM補佐は語っている。

 とはいえ4年目でのこの年俸は、アルバート・プホルス一塁手(カージナルス)が年俸調停権を手にする前に契約した過去最高額に匹敵するもの。「90万ドルはただの数字に過ぎない。大事なスター選手にはずっと(フィリーズの)赤いピンストライプを着続けてもらいたいし、そのために今後も努力は惜しまない。今季については合意に至らなかったが、話し合いは続けていく」とアマロGM補佐は続けた。

 この契約内容に納得かと聞かれたハワードは、「確かに互いの相違点はあったが、自分では変えられないこともある。そういうものだと思って納得するしかない」と大人の対応。「自分には年俸調停権がないし、球団側に全てのカードが委ねられている状況では合意に至るはずもない。ここから改めてスタートだと自分を奮い立たせる道具に使うよ。もう全て終わったことだ」と語っている。

ルールっていうのは過去に対する対応でしかなくて、

破られる存在が出てきたときには足枷でしかないんだね。

それにしてもフィリーズ側もこれだけの選手を手放さなければならない状況になったら

最悪の損失になるのは分かってると思うだろうし、

もうちょっとなんとかならなかったのかな?

ハワードにしても金額云々よりフィリーズ側の「誠意」っていうものが

感じられたかどうか。

でもあの選手が1億円って、やっぱり「ありえないっつーの!」

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/03/03

きょうの?

<DVDレコーダー>普及進まず 操作の難しさなどで敬遠か

わたしはこれまで4台購入していて、まさになくてはならない存在。

これのオカゲでますますテレビっ子?になりました。

確かにいろいろ機能があるけど、そこまで難しいとは思わないんだけど、

「一般消費者」にはまだまだ難しいイメージなのかな?

わたしの場合今は殆どDVDレコーダというよりHDレコーダになってます。

最初の頃はHDは40GBしかなく、DVDに書き込まないとすぐに容量が一杯になって

録画できなくなっちゃってたんだけど、今は2台が稼動していてそれぞれ

320GBと500GBだから全然書き出す必要がない。

はやくブルーレイとHD-DVDのどちらかがきっちり普及して値段も安くなって、

と思ってたんだけど、この勢いだと普及そのものが難しいのかな。。。

メーカーもせっかくの技術が認められないのは可哀想だね。

結局高いお金を出さざるを得ないのかな。。。

どっちにしても次世代DVDの形式ははやくはっきり決まって欲しい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの吃驚2

飯島愛 体調不良で芸能界引退へ

一時休んでたのは知ってたけど、そんなに酷かったのかな?

こちらのブログも見たけどなんだか変な感じ。。。

それにしてもやっぱり芸能界っていうのは大変なのかな?

それだけ「自分」を切り刻んでるってことなのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうの吃驚

大事なお知らせ

まあアーティスト同士の結婚が長続きしないのは世の常ではあるけど、

やっぱりむりやり「結婚」という形式に拘らなくてもよかったじゃないかな?

最近は共演はしてなかったと思うし。

二人の共演作品は好きだったので、別れてもまた作品を創って欲しいです。

最近はブログやHPでの発表が当たり前になってきたね。

まあ一番自分の気持ちが正直に伝えられるっていうのはあるからね。

(お互い甘え下手だったってことなのかな。。。)

ていってたら、

宇多田の両親、宇多田照實氏と藤圭子も離婚していたことが分かった。

 スポニチ本紙の取材では、昨年春ごろに離婚。夫妻は81年6月に結婚後、86年に離婚し、そのわずか2週間後に復縁するなど、離婚と再婚を何度か繰り返してきた。今回の離婚は通算6、7回目とみられる。

 結婚時から娘夫婦をバックアップしてきた照實氏はこの日、所属レコード会社のホームページ上で「2人から事前の相談は受けていたが、僕自身も同じ女性と結婚・離婚を繰り返し、この件に限り、立派なアドバイスや意見をする立場にないことは理解していました」と説明。

 離婚に至った理由を「2人とも仕事に対する姿勢は異常なほどの繊細さと集中力にあふれ、黙々と作業に没頭する。似すぎた2人の中にプライベートで意見のすれ違いや会話が不足していったことは想像がつきます」と明かした。

この親にしてこの子あり、ってこと?

それにしても6,7回目ってどういうこと?

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/03/02

ことしのプレー

Hm44

逆シングルでグラブを出す。芝が途切れたところで足から滑り込む。球をつかみ、左翼ファウルラインを越え、両足の裏でフェンスを受け止めた。3回2死一、三塁、ヤンキースの松井秀がスライディング捕球で球場を沸かせた。
 滑り込んでの捕球が左手首を骨折した昨年5月のプレーを思い起こさせるからだろう。拍手は松井秀がベンチに戻るまで続いた。だが「フェンスに近かったのでスライディングせざるを得なかった。逆にスライディングしないと危なかった」と本人に感慨はない。
 真価が問われるのは、けがをしたときと同じ左翼への浅い飛球が接戦で飛んだときだろう。あの日と同じように飛び込むのか、それとも…。
 「あのプレーを完成させたい気持ちもあるけど、立ったまま手を伸ばして捕れるのが一番いい。ただ確実にいきたいという意識からスライディングになる。その辺の判断でしょう」と昨年のプレーの分析は済んでいる。
 似た状況で判断を迫られることが、これから何度かあるだろう。ヤンキースタジアムの左翼で打球の入ったグラブを差し上げ、歓声に包まれる。感慨を口にするのは、その時か。

不思議と心配にはならなかったのはなぜなんだろう。

それだけ信じられてるのか。どこかでもうあんなことは起きないと思ってるのか。

その危機意識があるなかで尚、あのプレーが今の時期にできるってことは

それだけ自信があるっていうことなんじゃないのか。

まあまだオープン戦初戦だけどそれが見られただけで、ますます先が楽しみに。

そんななか、

ボストンカレッジvsボストンレッドソックスの試合が明日の朝7:30からBS1で。

どんな結末が。

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »