« きょうの3連覇 | トップページ | きょうの二発 »

2007/03/22

きょうの訃報

落日燃ゆ

経済小説のパイオニアで「落日燃ゆ」「男子の本懐」など、近代日本の指導者像を描いた作家の城山三郎(しろやま・さぶろう=本名・杉浦英一=すぎうら・えいいち)氏が22日午前6時50分、間質性肺炎のため、神奈川県茅ヶ崎市の病院で死去した。79歳。

 告別式は親族のみで行い後日、お別れの会を開く予定。喪主は長男、杉浦有一(ゆういち)氏。

 名古屋市生まれ。愛知学芸大(現・愛知教育大)講師の傍ら小説を書き始め、1959年「総会屋錦城」で直木賞を受賞。「官僚たちの夏」「小説日本銀行」など組織と個人の生き方を問う経済小説を開拓し、歴史小説「黄金の日日」や本紙連載「毎日が日曜日」などのサラリーマンものが次々にドラマ化され、流行語にもなった。吉川英治文学賞、菊池寛賞などを受賞。

大学の新入生歓迎講義で出会った教授が薦めていた作家で、最初に出会った作品は

「総会屋錦城」。

その後既刊を次々に読破していって大学を卒業するころには

全て読み終わってしまった。

彼の作品の主人公は全て恐ろしいほどに人間性に溢れていて、

歴史小説はあまり好きではないわたしがどんどん引き込まれて、

近代日本史は彼の作品で学んだといってもいいほど。

広田弘毅、渋沢栄一、 ロイヤルホスト創業者江頭匡一ダイエー創業者中内功

田中正造、浜口雄幸井上準之助本田宗一郎といった実在の人物から、

通産官僚、日本銀行局員、相場師、サラリーマンといった

フィクションでありながら実在したかのようなその取材力と表現力。

後年はなかなか作品が出てこなくて暫く読む機会がなかったけど、

今でも読み返してもまた違った面がでてきて、何度でも読み込める作品ばかりで。

いまの時代の官僚、政治家にこそ読んで欲しい作品ばかりだけど、

書きたくなるような「人物」が今の日本にいないのも

作品が生まれなくなった原因なのかな?

今後彼が書きたくなるような政治家はもう現れないんだろうな。。。

本当に残念です。

ご冥福をお祈りいたします。

|
|

« きょうの3連覇 | トップページ | きょうの二発 »

「ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/5783312

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの訃報:

» 城山三郎さん、死去 [いいかげん社長の日記]
またも訃報です。 作家の城山三郎さんが亡くなりました。 好きな作家の1人でした。 経済小説といっても、人物に焦点をあてて、その人物を通して自分の思いを伝えていたような感じがします。 その登場人物の魅力に惹かれて、ぐんぐん引き込まれていく小説が多かったよう... [続きを読む]

受信: 2007/03/23 08:00

» 訃報:城山三郎さん [Y's WebSite : Blog 〜日々是好日〜]
経済小説の第一人者で、「落日燃ゆ」など、政治や経済の近代日本の指導者像を描いた作家の城山三郎氏が3月22日、間質性肺炎のため、神奈川県茅ヶ崎市の病院で逝去されました。 享年79歳。... [続きを読む]

受信: 2007/03/24 00:42

» 城山三郎氏、逝く [しっとう?岩田亜矢那]
本棚を眺めてみると 『男子の本懐』 『官僚たちの夏』 『黄金の日日』 『価格破壊』 『鼠 -- 鈴木商店焼き討ち事件』 『雄気堂々』 『総会屋錦城』 等々 今頃気がついた 私は城山三郎さんのファンだったのだ・・・ 一番印象に残っているのは『男子の本懐』であろうか? 金解禁に至るライオン宰相浜口幸雄と井上準之助を描いた作品である。 元来より高橋是清を支持する筆者としては、 その正反対の政策の両者に対して常々批判的な立場であったが この小説を読�... [続きを読む]

受信: 2007/03/24 21:09

« きょうの3連覇 | トップページ | きょうの二発 »