« きょうの? | トップページ | きょうの失望 »

2007/03/24

きょうの涙

Aaa

16歳の少女にどれだけの重圧が掛かっていたのか。

出来としては全日本選手権には及ばなかったと思うけど、

最初のトリプルアクセルが決まって、最後の3・2・2のコンビネーションが決まった後の

ガッツポーズと笑顔が演技終了直後に涙に変わって、キス&クライでは更なる涙に。

その後のインタビューでも昨日の5位という結果が相当なプレッシャになっていたことが

感じられ、それを振り切るためにきょうの演技がどれほど壮絶だったかを

詰まる言葉の中に滲ませて、まるで負けた選手のような悲壮感さえ感じられた。

ライバルのキム・ヨナはスタートこそきのうの勢いをそのままに、これで優勝も決まりか

と思っていたのにその後2回のジャンプ失敗という結果に、まさかとは思ったけど。

そしてラストを飾るミキティの演技。

試合前は4回転を、といういつもの台詞だったけど、こういう状況になるとやっぱり

順位のことを考えてしまったのか、トリプルに切り替えて、でもノーミスをして、

後は結果待ちということに。でもイマイチ笑顔が出なかったのが。。。

そして結果は、

順位
名前
得点
SP
FS
点線
1
安藤美姫
日本
195.09
2
2
点線
2
浅田真央
日本
194.45
5
1
点線
3
金妍児
韓国
186.14
1
4

わずか0.64点差って。。。

それにしてもアジア勢での表彰台独占というのも10年前では考えられない事。

レベルの高い中でのこの結果は本当に誇りに思います。

真央ちゃんもホントに残念だと思うけど、まだまだ先はあるからね。

(書いてる途中では真央ちゃん優勝ってことで書いてたんだけど、逆転につぐ逆転で

ホントにドラマみたいな展開だったね)

|
|

« きょうの? | トップページ | きょうの失望 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

いい写真ですね☆

私もおもわず泣いちゃいました!。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。
個人的には真央ちゃんが好きだけど
ミキティの満面の笑顔も良かったです~♪

>Re:樹里亜

ツーショットもありましたがこちらを選びました。

わたしも真央ちゃんの記事を書いているつもりだったんですが。

でもキムが万全だったらどうなってましたかね?

これが世界大会の恐さなんですかね。

投稿: ヒロミ⇔樹里亜 | 2007/03/26 00:00

お二人とも
以前はもっと楽しく滑っていた印象が強いのですが
周囲の期待が高まるにつれ、最近では
顔がこわばって観えますよね~!
ミスが致命傷になる競技ではプレッシャーが
凡人には計り知れないかもしれませんね。

>Re:樹里亜

スタメンでも言ってましたが、スピードがなくて守りに入っていたと。

二人とも生まれ変わったらもう一度スケーターにはなりたくないとも。

やっぱりトップレベルになると単純に楽しむだけの存在には
ならないんでしょうね。

キム選手がダントツの成績だったら4回転やってましたかね?

真央ちゃんもあの悔しさが次に必ず繋がると思います。

(それにしても阿川は最終回だったからか失礼な態度連発。
頭に来ました。)

投稿: ヒロミ⇔樹里亜 | 2007/03/26 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/5804828

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの涙:

« きょうの? | トップページ | きょうの失望 »