« きょうの離脱 | トップページ | きょうの横取り »

2007/04/12

今後のお楽しみ

Jr42

黒人初のメジャーリーガー、ジャッキー・ロビンソン(元ドジャース)のデビュー60周年にあたる15日。ニューヨーク・ヤンキースではジョー・トーリ監督、主将のデレク・ジーター遊撃手、ロビンソン・カノ二塁手が、ロビンソンが付けていた永久欠番「42」を背負うことになった。

 ロビンソンの家族と交流を持つジーターは「一緒にプレーしたり話したい選手を1人選ぶとしたら、ジャッキー・ロビンソンだ。(42番を着ることで)ジャッキーが野球のため社会のために行ってきたことに注目が集まると思う」と語る。

 カノの名前ロビンソンは、1989年に1シーズンだけメジャーで投げた父のホセ・カノ氏(元アストロズ)が、偉大な黒人選手にちなんで付けたものだ。それもあって、日ごろからロビンソンを意識しているカノは「彼は有色人種で初めてのメジャーリーガーというだけでなく、新人賞やMVPに輝き、素晴らしい成績を残している。(15日には)多くの人が(42番を)着るんじゃないかな」と言う。

 トーリ監督はニューヨーク(現サンフランシスコ)・ジャイアンツのファンだったこともあり、ライバルチーム、ドジャースの主力であるロビンソンを当然のように嫌っていた。だがメジャー選手になってから引退後のロビンソンと顔を合わせる機会があり、それから考えが180度変わったという。

 ヤンキースでは守護神マリアノ・リベラ投手が42番を付けているが、「ロビンソンをたたえるのなら、メジャーリーガー全員が(42番を)着るべきだ。特別な選手のための特別な日なのだから、飛び切り特別にすればいい」と15日の「ジャッキー・ロビンソン・デー」を歓迎していた。

カノーの名前がジャッキーからきてるとは知らなかった。

一チームで4人同じ背番号って面白いね。でも二遊間で同じって紛らわしいかも。

トーリがマウンドにいってマリアーノが出てくる場面があるのかな?

アスレチックスは誰が付けるのかな。

(長嶋が死んだらそういう記念日ができそうだけど、今の子供たちには何番が

人気なのかな?)

|
|

« きょうの離脱 | トップページ | きょうの横取り »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/6071501

この記事へのトラックバック一覧です: 今後のお楽しみ:

« きょうの離脱 | トップページ | きょうの横取り »