« きょうのおすすめ | トップページ | きょうのイメージ »

2007/05/31

一筋の光明(大いなる暗雲)

いつもどおり9時前に会社について祈る思いで携帯チェック。

三回終わって6-0とかだったらいいなあと思ってボタンを押したら5-0!

思ってみるもんだと詳細チェックしたら一回に5点。

でもクリッパードだからどうなるかわからない、と思ってたら案の定な展開で

もう頻繁にはチェックせず、終わってみたら10-5。

まあきょうは勝てればそれでいい、って感じでようやく通しで録画が見れると思ったら、

きょうは松坂デーということで再生してみたらフェンウェイの緑が目の前に。。。

なんとなく予想はしてたけど、なんできょうなの!

土曜は野暮用で朝から見られないので、日曜も録画だし、いつになったら勝ち試合が

見られるの?

そしてこんなこともあったみたい。

ニューヨーク・ヤンキースが連敗を5で止めた30日のトロント・ブルージェイズ戦。しかしAロッドことアレックス・ロドリゲス三塁手の9回の言動が物議を醸している。

 ヤンキースが2点リードで迎えた9回2死一、二塁の場面。ホルヘ・ポサダ捕手が三遊間にフライを打ち上げ、ヤンキースの攻撃は終了かと思われた。ところが、捕球の体勢に入っていたハウィ・クラーク三塁手が土壇場でジョン・マクドナルド遊撃手に守備を譲る。結果、ボールは地面に落ち、ヤンキースに決定的ともいえる2点が追加された。

 このとき、一塁走者のロドリゲスがダイヤモンドを周りながらクラークの背後で何かを叫んだという。「打球の真下にいたら、『俺が取る』という声が聞こえてきたから、とっさに取らなかった。でもジョニー・マック(マクドナルドの愛称)の声ではなかった」とクラークは説明。「マイナーも含めて今季が16シーズン目だけど、こんなプレーは今まで一度もなかった」と語った。

 この行為に普段は穏やかなマクドナルドもロドリゲスに怒鳴りかけるなど、ブルージェイズの選手たちからは「前代未聞」と非難の声。マクドナルドは「何も言うことはない。ビデオを見れば一目瞭然だろう」と語り、トロイ・グラース三塁手は「まるで(映画の)『メジャーリーグ2』みたいだ」と嘆息。ジョン・ギボンズ監督も試合後、「ヤンキースがあれだけ尊敬されているのは、行いが正しいからだ。彼らは誇りと気品を持ち、真剣に戦っている。だが今日のヤンキースには誇りがなかった」とロドリゲスの言動を戒めた。

 ちなみに当のAロッドは「勝つために、俺たちは必死なんだ」とコメント。ジョー・トーリ監督は「これも野球だ。Aロッドは何事か叫んではいたが、『俺が取る』とは言っていない」とロドリゲスを擁護している。

いくら勝つためとはいえやっていいことと悪いことが。。。

せっかくの勝利が台無しって感じ?

ホントにどこまで「ショボ」なのか。。。

Ar40

頭冷やして考え直して!!

|
|

« きょうのおすすめ | トップページ | きょうのイメージ »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆

どんな形であれ、ヤンクスが勝って良かったですね~^^
ヤンクスが強くないとやっぱMLB全体が盛り上がらないような気がしますから。

A-ROD・・・
いろいろと世間をお騒がせしてますね~・・・
精神的に不安定さを感じさせる行動や言動が多いような気がするな・・・
NYは彼には重荷なのかもしれませんね。。。

>Re:樹里亜

なんか「フライデー」もされたみたいで。。。
天才と○○は紙一重とかいいますが、野球と私生活は
両立しないってことなんですかね。

それにしてもホントに「お騒がせ男」ですね。

そっちじゃなくて野球でファンを「騒がせて」欲しいです。

きょうの勝ちの「価値」はいか程?

投稿: ヒロミ⇔樹里亜 | 2007/05/31 23:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/6617272

この記事へのトラックバック一覧です: 一筋の光明(大いなる暗雲):

« きょうのおすすめ | トップページ | きょうのイメージ »