« きょうの逆戻り | トップページ | きょうの「実力」 »

2007/05/14

きのうの奇跡

Ts3

自動車レースのF1世界選手権シリーズ第4戦、スペイン・グランプリの決勝が13日行われ、スーパーアグリ・ホンダの佐藤琢磨が8位に入賞、同チームに初のポイントをもたらした。参戦から22戦目、純国産チームの成長を実感させた。
 「運にも助けられた」。佐藤は素直に心境を明かした。終盤まで、ポイント獲得圏にあと一歩の9位。ところが、1つ前のルノーのフィジケラが燃料トラブルで残り6周でピット作業。その間隙(かんげき)を突いて8位に浮上した。
 完走したのも22台中の14台。だが、その「恩恵」にあずかれる位置に、車を押し上げていたからこその結果でもある。13番手のスタートから堅実に周回を重ね、1回の給油で周回を伸ばす作戦も当たり、最高6位を走行。「ポイントに届く力があるか分からないが、きちっとレースをすればチャンスはあると思っていた」と鈴木亜久里代表。
 1週間前の合同テストで走り込み、空力面での改善に手応えも見せて臨んだレースだった。参戦1年目の昨季は予選では1次予選(Q1)突破ができず、決勝の最高成績も10位。メーカー系チームに比べ、予算的な苦しさは変わらないが、課題をマシンの戦闘能力アップにつなげるチーム全体の底力も身に付いてきた。「全員の努力の結晶。優勝と同じ価値」と佐藤。さらなる飛躍の、大きな通過点となった。

皇帝の訪問と「浜ちゃん」の訪問が重なって、何か起きるかなとは思ってたけど

まさかこういう結果が待ってるとは。

その前の訪問時には「ホンダがワークスとして39年ぶりの優勝」と、

まさに「奇跡の訪問」となったね?

まあ試合結果としては最高のものになったけど、「不治テレビ」にはホントに呆れる。

途中までは見てたんだけどあまりにCM中断が多くて途中で録画に切り替えて

寝てしまって、一日立ってからの観戦となってしまい、快挙も遅れて知ることに。

3分中継して2分CMの繰り返し。ホントにこれでスポーツ中継してるつもりなのかな?

まあそれが嫌ならスカパー見ろってことなんだろうけど、やり方が汚すぎる。

F1自体もコースバトルがほとんどなく、ポールツーウインが多すぎて見ててもあんまり

面白みがなくてあんまり今年は見てなかったんだけど、今度はモナコだから

これだけは毎年見てるんだけど、またツマラナイ試合にならないことを祈りますが。。。

とりあえず琢磨選手と亜久里監督、入賞おめでとうございます。

(ジャンクが楽しみ)

|
|

« きょうの逆戻り | トップページ | きょうの「実力」 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/6419001

この記事へのトラックバック一覧です: きのうの奇跡:

« きょうの逆戻り | トップページ | きょうの「実力」 »