« きょうの一言 | トップページ | きょうの完敗 »

2007/05/11

きょうの読了「ハンニバルライジング」

ハンニバル・ライジング 上巻 ハンニバル・ライジング 下巻

「羊たちの沈黙」「レッドドラゴン」「ハンニバル」と読んできて、

エピソード1に戻ったこの作品。

順番的には3,2,4,1っていうことになるのかな?

こうなると1.5バージョンが知りたくなるね。でも今作品はちょっとイマイチな感じ。

確かにハンニバルの少年期を描いてはいたけど、あの「狂気」の根源が結局

分からず仕舞いな感じ。元々の「血筋」なのか、あの「事件」の影響なのか?

そもそもの育ちの良さの源は分かったけど、なぜ「人食い」になったのか?

そこらへんは敢えて書かなかったのかな?

今作では一応逮捕されたけど釈放されて、これから精神科医の道を歩んで、

さらに「殺人鬼」となって一度逮捕監禁されることになるんだろうけど、

その部分は今後のお楽しみってことになるのかな?それがないと完結しないし。

でもやっぱりホプキンスのイメージがあるから、ちょっと小太りな少年を

イメージしてたんだけど、結構細みな感じのキャスティングに映画はなってるみたいだね。

映画はDVDレンタルまで待つつもり。また「エグイ」映像があるだろうけど、

やっぱりあれだけ「日本」を取り上げていて日本人がキャスティングされてないってのは

どうなんだろうね。まあ誰が「紫婦人」をやるべきかはわからないけど。

で結局日本には来てないの?

|
|

« きょうの一言 | トップページ | きょうの完敗 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/6383665

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの読了「ハンニバルライジング」:

» 「ハンニバル・ライジング」 [青いblog]
公式サイト:http://www.hannibal-rising.jp/ おなじみハンニバル・レクター博士の若かりし頃のお話。 天才で人を食べる嗜好のある彼がどういう経緯でモン [続きを読む]

受信: 2007/05/12 08:41

» ハンニバル・ライジング [映画・DVD・映画館レビュー]
今回紹介する映画は現在公開中のハンニバル・レクターの原点を描いた映画でシリーズ第四弾のこれです。 ハンニバル・ライジング 観て来ました、ハンニバル・ライジング 今までのハンニバル・レクターシリーズとは少し毛色の違う映画でしたが、中々楽しめました。 ハンニバル・レクターの少年時代に起きた事件から物語は始まり、そして青年になったハンニバル・レクターが復讐を行う過程で、少年時代に起きた事件のトラウマから連続人食殺人鬼になって行くまでが描かれた映画です。 まだまだ冷酷な残忍さは足りませ... [続きを読む]

受信: 2007/05/17 10:51

« きょうの一言 | トップページ | きょうの完敗 »