« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年6月

2007/06/30

久々の「観戦」&「勝利」

Ys17

「あの場面」を思い出させるようなシーン。

レフト前に落ちそうな当たりを走りこんで左手を地面スレスレに出して

そのグラブが裏返る。

違ったのはすぐさまボールを拾ってセカンドへ投げて結果「レフトゴロ」になる。

その後ちょっと左手を振る場面があったけど本当に何もなかった?

ムースがいつ崩れてもおかしくない状況だけに「なんとかしたい」という気持ちだけで

自然となされたプレイだとは思うけど、やっぱり怖いね。。。

(後でスローVTRを見たら地面寸前でちょっと手首を外側に反らして、地面に流されない

準備をしていたみたいで、流石に「学習」してるよね?)

七回はこの前の記事で書いた状況「ノーアウト1,3塁」で、ダブルプレー体勢で

深めに守った内野陣でピッチャーの足に当たってセカンドへ流れたゴロで

4-6-3のダブルプレー。サードランナーは返ったけどツーアウトランナーなしになって

後続もセンターフライで1失点でチェンジ。

こういう結果になると1失点よりも大量失点の可能性を少なくする守備というのは

理にかなってるのかな?

松井の第四打席ももう一歩のライトフライで、左手の影響はなかったかな?

でも行って欲しかったね。。。

でムースは七回84球で降板で八回はファンズ。

きょうは球数というより内容的にしょうがないかな。

でファンズは1アウトから連打で1,2塁。スイッシャーを変化球で三振を取った場面で

モー様にスイッチ。一回を一人の投手に任せられないかな。。。

4番のカストをフルカウントからの空振り三振で、まずは最初の「試練」を克服。

そして裏の攻撃はもう一歩でホームランの「シングル」ヒットのAロッド、

ポサダいい当たりのセンターフライで、アブちゃんセンター前をセカンドに止められるも

内野安打で途中からファーストに入った懐炉の打席。

フルカウントからセンターフライじゃランナー進めないよ!

きょうは好調なロビンもセカンドゴロで得点なし。。。初回の2点だけってどういうこと?

九回チャベスをファーストゴロ、エリスを内角見逃し三振、ジョンソンの腕に掠っての

HBPは余計だったけど、最後はクロスビーを外角の球で空振り三振で久々の

「勇姿」が見られたかな?

打撃陣は初回の2点が入ったところでいい感じで点が取れそうかと思ったら

相変わらずのタイムリー欠乏症で、ギリギリの点差での勝利だったけど

ムースに勝ち星が付いてとりあえずホッ。

そして明日はデーゲームで「最後の」登板にならないことを祈る井川。

明日もいい朝を迎えられるかな。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2007/06/29

きょうのおあずけ

Dj49

午後11時28分、球審から試合の打ち切りが宣告された。28日のオリオールズ-ヤンキースはサスペンデッドゲームとなった。試合は7月27日午後7時5分、8回表2死二塁で再開される。打者は松井秀だ。

 「最初は知らなかった。監督から説明を受けて分かった」という。無理もない。日本のプロ野球では同様のケースでサスペンデッドゲームを適用せず、7回終了時の得点でコールドゲームとする。プロ15年目で初めて仕切り直しに臨む。

 3都市を回る遠征の最終戦だった。27日まで1勝7敗と無残な結果。この日も7回終了で2点リードを許していた。だが雨中の攻撃で逆転した。

 トーリ監督は「ラインアップ表を取っておなかきゃな。勝利という結果にはまだつながっていないが、いい試合だ」。試合後に笑顔を見せたのは久しぶりだ。

 1カ月後の“次打者”松井秀は言う。「準備する時間はたっぷりあるので、対策を考えておきたい。次のバッターで追加点が入ればいいですね。それがけっこうポイントになるんじゃないですか」

王まで打たれてホントに今年も終わりかと思ったら次の回に逆転して、

なお追加点の場面で松井、というところで画面が止まって、

雨天中断からサスペンデッドゲームへ。

どうしてコールドゲームにならないのかがイマイチ分からないけど、

一ヶ月先までお預けって長いねえ。。。

でもジャイアンツ戦じゃなかったのは幸いだったのかな。

松井の次の打席の結果はどうなる?

(ってなこと言ってる場合じゃないけどね。。。あしたは井川じゃないの?

次の登板はないってこと?)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/06/28

きょうの一言

「試練」:心の強さや力の程度を試す苦難。

ヤンキースはシーズン序盤を除けば1995年9月以来となる借金生活に入り、現在3ゲーム負け越している。

96年からチームを率いるトーリ監督は「これまでで一番の試練だ。がけから落ちるように急降下するから困ってしまう」と本音を漏らす。

言葉の使い方「も」間違っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/06/27

きょうの読了「パ・リーグ審判、メジャーに挑戦す」

パ・リーグ審判、メジャーに挑戦す

「number」で紹介されていて購入することに。

メジャーには7軍まであって、審判もそれに伴って最下層から這い上がって

最終的にほんの一握りがメジャーの審判になれる、とのこと。

しかもメジャーとその下の3Aでも相当の格差があるみたいで、

3Aの審判はそれだけでは食べていけないって凄いね。。。

日米での審判の立場、ファンの立場、監督の立場、選手の立場といったものが

わかりやすく解説されていて、改めてMLBとNPBが違うものだと認識しました。

「ノーアウト1,3塁でサードゴロ、ホームに投げるかセカンドに投げるか?」

一点もやりたくないからホームへ投げる日本の野球、

大量失点につなげたくないからセカンドへ投げてゲッツーを狙うメジャー。

この例は非常にわかりやすかったです。

あの「ボブ」の真実も興味深かったです。

表面的なことだけで判断してはいけない、という認識を改めて実感しました。

一日でも早くメジャーの審判になれることをお祈りします。

http://old-rookie.seesaa.net/

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/06/26

きょうの「一服」

Jo1

久々にNHKで、与田っちと長谷っちのコンビでとりあえず「野球解説」が見られたかな?

いつものシアトルの裏ネタも面白かったし、ただ単に褒めるでもなく、おかしいことは

おかしいという「当たり前」の解説を聞いて、ボストンvsシアトル、田場レスvsウィーバー

ということで、単純にシアトルを応援できてちょっと気分転換が出来たかな?

aoiさんがシアトルにいるということで、きょうはしっかり

「ボストンファン」を主張できてるかな?

(ケングリフィージュニアは盛大な歓迎を受けてたけど、Aロッドは盛大な「ブー」を

受けてたのを思い出したんだけど、その差は何ナノかな?)

シアトルとヤンクスのセカンドは似てるのか、エラーの後のヒットも全然気負いがない。

それがいいときと悪いときがあるのが野球の難しいところなんだろうけど。

(ひとつ気になったのが、「タラララッタラーーーーー、オーーーーーーーーーーー」ていう

応援の「オー」のところに「汽笛」音が重なってたんだけど、あれはタマタマなのか

意図的なのか。スッゴイ気になるんですけど。。。)

ジョーとベルトレーの連続弾は気持ちよかったねえ!

イチさんの当たりは捉えたと思ったけど。

結局9-4でシアトル勝利で、aoiさん的にはどんな感じだったのかな?

あしたの「キング」にも期待します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/06/25

最悪の月曜の朝

Bb2

王も駄目、ムースも駄目、暮メンスも駄目、松井も駄目、キャプテンも駄目、

ミルキーも駄目、アブちゃんも駄目、不安ズも駄目、二江弁須も駄目、ポサダも駄目。

ショボがマトモに見えてるようじゃ駄目ってことなのかなこのチームは。

八回の守備が全てを象徴してました。

あの9連勝はなんだったんでしょう。

きょうのボンズの様な気合が足りないってことだと思うんですけど、違いますか?

井川と同じでもう次のチャンスはないです。

とりあえずオールスターまで13連勝する気概を持って「闘って」欲しいです。

(ボルチモア戦は完全に中継無しみたいだけど、それが「悔しい」と思える結果を

残して欲しい)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/06/24

きのうの?

最終回3時間スペシャルってどこが?

2時間近く今までの再現にちょびっと「黒幕」の存在をチラつかせて、

進展は実質1時間もないじゃん。

まあ「ライアーゲーム」だから、ってことなの?

今録画を飛ばしながら見てるけど、正直に「生」で見てたら相当

「騙された」感満載だったでしょうね。。。

せっかくの「金の卵を産む鶏」をこんな形で殺してしまって、

流石不治テレビってことですかね。。。

今までがそれなりに引き込まれていただけに残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの。。。(痛すぎる)

Mk5

きょうは8時に起きて追っかけ再生。

一元中継だし、副音声は場内音声のみだし、CMはすっ飛ばせるから

きのうよりは快適に見られそうかな。

女子アナもとりあえず野球を知ってる子だし。。。

ただ単に「ゲーム」を単純に「中継」してくれるだけでいいのに

どうしてあんな「惨状」にできるのかな。。。

三回の攻撃で3点が入って、裏に突然崩れた王が失点を1で食い止めて

盆図の前で切り上げられたのが大きかったかな?

(そこが王と井川の差ってことになるのかな?)

四回も盆図にヒットが出るも、松井への伸びるレフトフライ(一瞬危なかった。。。)、

そしてショートゴロダブルプレーでいつもの状態に。

松井も三打席目にようやくタイムリー(左へチョコンと持っていった当たり)が出て

ちょっと安心。(でもインコースにはこないねえ。。。)

盆図にも同じようなタイムリーが出て、こちらもなかなかホームランが打てるボールは

こないよね。。。

王は七回フェリスに一発を打たれて4-3の一点差。

続く打者にもセンター前に持ってかれたところでトーリの「登板」。。。

もう一点取っておきたかったね。。。

左の代打が出てきたところで「お決まりの」マイヤーズ。

ファーストゴロに仕留めて嫌なロバーツに打順が回る。(かつてのボストン仲間対決)

結局歩かせて2アウト1,2塁でブルーニーの登板に。キツイネ。。。

ウインにセンター前タイムリーが出て王の勝ちがなくなる。。。

ダーラムをフルカウントから歩かせて満塁で盆図。。。

1-2から低めの変化球を落として次は高めの速球で三振かと思ったら

もう一球「低め」の速球で、結局最後は「高め」を見送られて押し出しって。

その配球はないだろ、ポサダ。

で鼻ローンに交代って終わったね。。。

フルカウントからサードファールフライになんとか打ち取って首の皮が繋がった。。。

八回は代打デーモンセカンドゴロ、ミルキーセンター前、キャプテンフルカウントから

三振もミルキー走ってキャッチャー悪送球で一気に(途中転んでたけど)三塁へ。

しかしアブちゃん三振で一点が取れない。。。

裏はファンズでいきなりセンター前だけど、その後ライトフライ、レフトフライ、

最後は三球三振で九回に繋がるか。(ジャイアンツの選手、カタカナ表示しずらい。。。)

Aロッドに特大のバックスクリーンへの同点ホームランが出て5-5。

理想的なバッティング!!繋がった!

ポサダの当たりはちょっと伸びすぎてセンターライナー、松井も痛烈な一塁線が

ファーストに取られてロビンセカンドゴロでとりあえず同点で裏は誰?

えっ?痒ーノ?マジで?

ロバーツセンターフライ、ウイン空振り三振、ダーラムライトフライって機能してるね。

延長十回、懐炉ショートゴロ、代打フィリップス見逃し三振、ミルキー空振り三振。。。

そして裏も痒ーノって打順は誰のところ?

セカンドフライ、キャッチャーフライ、レフトフライって球に力があるってこと?

いつの間にかキャプテンからトンプソンに代わってたみたいだけど

足の具合がよくないのかな?

でもヒットで出ていよいよモー様スタンバイ。

アブちゃんバントも決まらずちょっときょうはブレーキ。

Aロッドは強烈な3塁線へのダブルでポサダ敬遠で満塁で松井。シビレル。

中途半端なスイングで三球三振。。。最低限の仕事も出来ず。。。

ロビンもファーストゴロで得点ならず。ガックリ。。。

モー様登板ならずプロクまでも登板という結果に。

と思ったらいきなり画面が切り替わって次の録画番組が。。。

時間切れってこと?意味がわからない。信号が切れちゃったのかな。。。

仕方が無いから結果を見たら、

迎えた13回、プロクターが2死一、三塁からセンター前にタイムリーを打たれてサヨナラ負け。

とのこと。。。

まああの場面で点が取れなかった時点で終わってはいたけど。。。

そして、

途中交代した主将のデレク・ジーター遊撃手が左でん部に張りを訴えていることが明らかになった。

 これはチームの広報が発表したもの。ジーターは初回に違和感を覚えたもののそのままプレーを続け、4打数2安打、1打点をマークして連続試合安打を17に延長。しかしプレー続行に支障があるのが明らかになっていったため、8回の打席で三振した後、その裏の守備からベンチに下がった。

キャプテンが離脱なんてことになったら、デーモンや兄貴の比じゃないからね。。。

まあ松井のあの打撃も相当ショックだけど、最後のシーンを見なくて済んだのは

レコーダの配慮だったのかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/06/23

きょうの二元中継(最悪)

Hm73

ムース、アンディ、暮メンスでの3連敗後の久々のメジャー登板となる井川。

憧れの魔ダック巣との対決となる松坂。

どうしてこれが土曜の同じ時間帯に始まるの?

まだ平日なら録画で見るしか選択枝がないんだけど、きょうは土曜日だし

NHKも急遽シアトル戦からボストン戦に切り替えてくるし、ヤンクス戦は不本意ながら

BS不治で中継ということで、一応いまのところはヤンクス戦を生で見てボストン戦は

録画しておいてヤンクス戦の後に見ようとは思ってるんだけど、

そうなると一日終わっちゃうんだよね。。。どうして一時間でもずれなかったのかな。。。

きょうも8時前に目が覚めて11時まであるねえ。。。

でいざ始まったと思ったら不治の方が勝手に二元中継ってありなの?

なんか雰囲気的には松坂メインみたいだし。。。そっちはNHKに任せとけよ!

結局ボストン戦の「合間」にヤンクス戦を「おこぼれで」やる感じで、

初回は1アウト3塁からパピマニが凡退で終わったらCMタイム。

で当たり前のように松坂の登板を引き続き中継。全然二元中継じゃないじゃん!

でちょびっと小さなニ画面になったと思ったら直ぐにボストンに逆戻り。

ヤンクス戦始まったよ!!そっちに切り替えろよ!

で松坂いきなり2四球で、はやく降板してボストン中継終わらせてよ。

結局mlbモバイルでチェックって。。。簡単に3人で終わって井川の登板だよ!

松坂はまたも歩かせてノーアウト満塁。で井川はまずは1アウトってこっちにしろよ!

パドレスの4番はマイクキャメロン?ここにいたの?でもファールフライで状況変わらず。

そして5番に3遊間へのタイムリーでまずは1点。と思ったらもう井川は投げ終わってる。

そして一瞬のVTRってどういうこと?

6番三振のところでAロッドにダブルがでた「みたい」だけど、ポサダが送って

松井の打席でようやく画面が切り替わるって。。。

ちょっと打ち損じっぽかったけど犠牲フライとなって1点先制。

松坂もライトフライに打ち取っちゃって、まだ投げそうだね。。。1点だけかよ。。。

そしてようやくヤンクス戦に。この後はどうするの不治テレビ?

ロビンのポテンヒットが盆図の前に落ちて懐炉のファールを観客が取り損ねて

結局歩かせる形になって、登板より打席を先にみることになる井川。

ジャイアンツの「18番」も制球が定まらず、井川まで歩かせて2アウト満塁でミルキー。

こちらも3遊間にタイムリーでこちらは2点が入って3-0!

キャプテンは痛烈なショートゴロでチェンジ。であっさり又ボストン戦に切り替わる。

井川の登板シーンはやらない気?

投手松坂vs打者魔ダック巣は惜しいセンターフライ。

でようやく井川の登板に切り替わる。相手は盆図。

高めのカーブ?でセカンドゴロ。

また「なんでストレート勝負しないんだ!」なんて言わないよね?

モリーナにセンター前、後続をレフトフライ、セカンドゴロで点を取った後を抑えて、

まずまずの立ち上がり。そしてCM。

疲れる中継。。。どうでもいい繋ぎ解説はいりません。

三回表のヤンクスは三者凡退で今度は松坂の三回裏の登板に。

一人打ち取ったら今度は井川の番ってどうしたいの?ひとつに決めろよ!

ツーアウトからジャイアンツの1番ロバーツにバントヒットを決められて、

続くウインもどっかで見た顔。真ん中で三振を取ってなかなかいい感じ。

とりあえず優先順位としては松井>松坂>井川って感じなのかな。。。

松井は2-2からショートフライでその間に松坂もピンチをシノイデ、

ロビンセンター前、懐炉レフト前でまたもチャンスで井川の打席。

で映像が乱れてってどういうこと?そっちのミスじゃないの?早く復旧しろよ!

井川は「どうやら」送ったみたいで2,3塁でミルキー「らしい」。。。

で映像はボストンへってわけがわからない。

ミルキーはショートゴロで0点「らしい」。。。お前らのせいだぞ不治!!!

で今度はボストンの映像も止まっちゃってって。。。

二元中継どころか一元もマトモニできて無いじゃん!!

で四回の井川、いきなり盆図の前を歩かせて、二球変化球で最後は高めのボール球で

三球三振!これなら文句ない?後続もライトフライ、センターフライと打ち取って、

と思ったらボストン逆転してるし。。。

でもルーゴを三振に取ってガッツポーズの魔ダック巣。たしかにいい球。

で今度は五回のキャプテンの打席。こちらも歩いて何個目の四球?

アブちゃん大きなセンターオーバーでもう一歩のダブル。キャプテン返って4-0。

Aロッドにもセンター前へのタイムリーがでて5-0。きょうの井川には十分?

Aロッドが再三スタートを切る中ポサダはレフトフライでお疲れ様。

松井の三打席目、ワイルドピッチでなんなく2塁に。セカンドゴロで3塁に「進めて」

でもロビンはセカンドゴロでチェンジ。

ですんなり井川の登板にはいかずに松坂の方へ。

きょうは井川のピッチングが一番見たかったんだけど。。。

でその間にツーベースを打たれた「みたい」で切り替えろよ。。。

レフト前タイムリーで1点献上「らしい」。。。(VTR再生じゃなくてLIVEでやれよ)

松坂もピンチでこのまま。でもセカンドライナーで0点。

そして井川は2アウト2,3塁。。。ワイルドピッチもランナー返れずアブナイアブナイ。

でもフルカウントから歩かせて満塁で盆図。どうなっちゃうの?

粘ったけど最後は高めに外れて押し出し。まあ逃げてはいなかったからね。

であと一人ってところで降板。。。あと3点あるんだから任せられないかな。。。

痒ーノに代えるくらいなら続投とはいかないのかな。。。

松井のスーパーキャッチでなんとか抑えたけど簡単に画面が切り替わる。。。

余韻もなしかよ。(このままいったら痒ーノが勝ち投手だったりするの?)

松坂の投球数が多くて中継占有率が高すぎ。。。

その間にミルキーの打席で「injury delay」って何。誰か怪我でもしたの?

でもトリプル打った「みたい」でミルキーは大丈夫?

キャプテンにもタイムリーが出た「みたい」で6-2。ホントに井川勿体無い。。。

で松坂は1、3塁の場面で三振。もう一点はやらない。。。でもこれで降板?

六回裏、痒ーノの投球。1アウトからストレートの四球。。。後続をセカンドゴロで

ダブルプレーは取れずまたもや「左対左」でマイヤーズ?

で魔ダック巣は六回で降板したんだからもうこっちの中継はいいでしょ。。。

で今度はCMかよ。。。

どうやらきょうは「仕事」をした「らしい」マイヤーズ。ようやく六回終了。

松坂の奪三振ショーなんかどうでもいいからきっちりヤンクス戦を中継しろよ!!

七回は1アウトからAロッドレフト前、ポサダショートゴロで松井の第四打席。

またもやワイルドピッチで2塁において、結局歩かされる。

ロビンファーストゴロでまたもや点が入らず。

で副音声は球場の音だけだったんど、ここからいらない実況が。。。黙ってろよ。。。

で松坂が降りたと思ったら今度はオカジーかよ。。。

まったくヤンクス戦はどうでもよくなった雰囲気。。。

NHKで中継してること忘れてない?

でオカジーは簡単に三者凡退って。。。

盆図の打席だからということで解説はお構いなしにすっ飛ばし。

ていうかさっさと切り替えろよ!

八回、いつの間にかプロクに代わってて、流石にストレート一辺倒じゃ無理だったのか

左中間への一発で6-3。まあ先頭バッターだしいいか。これで749号。

で1アウト後にヒット、そして牽制を何球かしてるうちにモー様に交代ってなんで?

そんなことしてるから画面が切り替わってパペ登板。。。

モー様もう投げてるよ!!せめてニ画面にしろよ!

ヒットを打たれながらもなんとか抑えた「みたい」でって、こっちも危ない場面なんだけど

問答無用のこの選択って。

パペもツーアウトからヒットってもう抑えて終わらせろよ!

さよならツーランなら尚良しだけど。(でここはフェンウェイじゃないよね?)

結局三振でゲームセット。。。さっさと切り替えろよ!

九回1アウトでキャプテンがサードに。状況がワカラナイ。

Aロッドにライト前が出てキャプテン生還。7-3。これでモー様にセーブは付かない?

ようやく落ち着いて見られるよ。。。

ポサダわき腹へのHBPで1,2塁で松井。

フルカウントからセカンドダブルプレーって、すっきりさせてよ。。。

点差が何点あろうと、

盆図に回してホームランが見たい、なんて実況が言うことかよ!!

なんでそれで盛り上がるんだよ。

モー様は盆図には回さず三人で締めてようやく「最低の」中継が終了。

毎回毎回よくもここまで視聴者を「怒らせる」中継ができるもんだね。

呆れを通り越して笑えてくる。

「イチテン」ってなんだよ。もう穴辞めろ!最後まで疲れさせる奴らだよ。

明日も5時前からの放送だけどどうしよう。。。

日曜の朝からまた「怒りモード」にされるのはもう沢山。

Ki12

次の登板はあるのか?勿体無いねえ。。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/06/22

きょうの脱帽

Is11

「まあ、参りました」

「どのボールにも意図がある」

「昔の自分じゃないことを受け入れられている感じがしますよね。それは、なかなかできることじゃない。ボール球で勝負することを、受け入れているよね」

「こっち(米国)ではなかなか見れない動き」

「走攻守見てても、力みがないでしょ。さらっと水のように、しなやかだけど、力が伝わってる」

「すごく力が抜けている感じがいい」

「求めてるものは同じかも分かんない」

Mk4

「完ぺきというのは人間、不可能ですから。今日は結果がよかったですし、自分らしいピッチングができました」と笑みを浮かべた。
 クライマックスは2イニング目に入った七回。打席には先頭打者のイチロー。97年のオールスター戦(神宮)以来、10年ぶりの対決。「どんなふうに攻めようか、配球を頭の中で考えてマウンドに上がった」と言う。
 初球、予定通りの内角高め137キロ直球のボール球で相手の目線を上げる。2球目は外角チェンジアップでストライク。3球目、イチローが自信をもっている内角低めスライダーで空振りを奪いカウント2-1と追い込むと、最後は外角低め、地面を叩いた112キロの“宝刀”カーブで16試合連続安打中の“打ち出の小づち”に空を切らせた。
 これで3試合連続無失点。「1回1回が勝負。呼ばれた時に精いっぱい、自分らしいピッチングをしていきたいなと思います」。

どっかのチームがスイープされて、録画をこちらに切り替えたら予想以上の場面が。

それにしてもヤンキースタジアムの次がセーフコって巡りあわせとはいっても凄いね。

松井との勝負は別として、きょうの対決はどちらも真剣勝負でこの結果。

最後のピッチャーゴロの処理も今までどおりの危なげなさ。

でもあの怪我のときは終わったと思ったけどやっぱり野球の神様は見てたのかな?

次の登板は天使軍団。先発の機会はあるかな?

(あしたは連敗中で久々の井川。でも松坂vs魔ダック巣も。どちらを優先させるか?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/06/21

元の木阿弥

Jt18

ドーシテコーナルノ?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/06/20

きょうの再会?

水曜日は定時退社日だった筈なんだけど、昼間の時点で残業が確定してしまって。。。

きょうは久しぶりに携帯チェックをしないで録画を見ようと思ってたんだけど

しょうがないから、ということでチェックして見たら1-3の負けって。。。

コロラドの5番手投手に松井の内野ゴロ間の1点だけってどうなってるの?

ムースも六回3失点で微妙な内容だけどもうちょっと打たないとね。。。

きょうの中継はNHKじゃなくてbs-iということで、わたしの嫌いな自称メジャー通の

話し方が大げさなおじさんがイニング毎に出てきて。。。

画面も4:3で16:9じゃないから見ずらいこと。。。

二回のノーアウト2,3塁からの松井のショートゴロはまあしょうがない結果なのかな?

その後のロビンのショートゴロは前進守備でポサダが返れず、これが大きかった。

結局得点はこの一点ってヒット7本打ってそれはないんじゃない?

きょうはポサダがファーストでその後デーモンも守りについて、こちらはとりあえず

機能したのかな。

カズの方はヒット、盗塁、タイムリーで生還と仕事をしたみたいで。

(きょうは特に挨拶とかはなかったのかな?)

それにしても負けとわかってる試合を見るのは辛いね。。。

八回のツーアウト満塁でのポサダ。繋いでくれてれば松井が打ってたのにね。。。

それにしても大ファールも惜しかったしその後の当たりももうちょっと上がってれば

入ってたのに。。。

まあここまで攻めながら点が入らずに負け、っていうのをジリジリしながら見るよりは

結果を知ってみるのも、どっちも気分悪いのは確か。。。

あしたは携帯チェックしようか、しまいか。。。

Mk3

こちらはあと一歩で対戦を免れた?

イチローが感慨深げに桑田を語った。「すごく力が抜けている。がむしゃらな感じがない。そういう気持ちを殺している感じが僕は好きです」

 8回のピンチにブルペンから小走りに出てきた桑田を見て、不思議な気持ちになったという。「僕らが勝つためにはあそこで桑田さんを打たなくてはいけなかったんですが、ちょっと抑えてほしい気持ちもあった」と正直に言った。

 試合前にグラウンドで会話を交わしたことについては「けがをしないのは何か特別なことをしているの、と聞かれた。それで“特別なことをしないことが特別”と生意気な答えをしてしまいました」とイチローは話した。

今回はその気持ち分かります。

(本来はこちらの試合を録画しようと思ってたんですが、失敗した。。。)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/06/19

きょうの2勝目

Ks

試合が終わってヒーローインタビューの準備ができてもなかなかインタビューが

始まらない。

本来ヒーローになる筈の男が、自分自身に納得できずにお立ち台を拒否したみたいで

しばらく経ってようやく女房役が戸惑いながらも登場。

せっかく10連敗を免れてようやく2勝目を上げたんだから、すっきり終わらせなきゃ。

それにしてもいままでの対戦がロッテの13勝、巨人の1勝って酷すぎだね。

巨人・原辰徳監督(48)は19日からの天敵ロッテとの2連戦(東京ドーム)で打撃不振の二岡智宏内野手(31)を先発から外し、李スンヨプ内野手(30)を4番から降格させる「大手術」を決断した。

 原監督の二岡と李への我慢も限界に達した。「悪い時が長過ぎる。何度も言っているけど4番やレギュラーが、チーム打率を下げているようじゃダメだ」。李は9日楽天戦(東京ドーム)でも4番から6番に降格したが、阿部の故障で即4番に復帰。だが、指揮官が直接指導する二岡ともども一向に上昇の気配はない。対ロッテは05年から9連敗中で「何としても黒星をつけたい」とリベンジに燃える中、李に代わる4番は再び阿部、二岡の代役は今季ロッテ戦で8打数4安打と相性のいい脇谷を抜てきする。「今の状態を見て監督が脇谷に(遊撃の)準備をさせている」と篠塚打撃コーチ。昨年13勝23敗と失速した交流戦は現在、貯金5の3位タイをキープ。2位ロッテに連勝すれば逆転初優勝の望みも出てくるだけに、大手術の成功に期待が高まる。

こんなことまでやってでも勝ちたかったんだね。

巨人打線が4本のホームランを浴びせてロッテ投手陣を圧倒。“天敵”に2年ぶりに土をつけ、連敗を「9」でストップした。
先発は巨人が木佐貫、ロッテは小野。
巨人は初回、高橋由の先頭打者ホームランで先制。2回には木村拓のタイムリーで1点を追加した。
3回にも一死一、二塁の好機を迎えたが、走者が2度続けて本塁目前でタッチアウトになり、追加点を奪えず。その後の2イニングは走者を出すことができなかった。
流れを変えたのは、クリーンナップの長打力。6回、4番の阿部と5番のホリンズが連続ホームランを放ち、リードをさらに広げた。

 一方、先発の木佐貫は、威力のあるストレートと落差の大きいフォークボールを織り交ぜてロッテ打線を翻ろうし、6回まで二塁を踏ませないピッチング。7回、根元に2ランを浴びてマウンドを降りたが、林が後続を断った。
その裏、谷のソロホームランで再び突き放すと、終盤は豊田~上原のリレーで反撃をしのいだ。
ロッテの中軸打線はノーヒット。前の試合まで7打数7安打8打点の大当たりだったサブローは2三振を含む4打席凡退に終わった。

(それにしてもキサはもうちょっと大人にならないと。。。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの衝撃

Sby

ドーン。高級住宅街にごう音が響いた-。19日、東京都渋谷区の松濤温泉シエスパ別棟で起きた爆発事故。飛び散る破片、地響き、黒煙。がれきの下敷きになった人も見えた。「雷か」「地震だ」。目を覆うような惨状に、周辺住民は言葉を失った。
 近所の男性会社役員(61)は「ドーンと地響きがした」と驚いた表情で振り返る。音がした方向に走ると、黒い煙が立ち上るのが見え、白い灰が降ってきた。
 電線が地面に垂れ下がり、がれきの下敷きになった2、3人が見えた。顔は血だらけで、一人は放心状態でふらついていた。同役員は「解体作業中に何かが爆発したのかと思った」と語った。
 近くに住む男性会社員(57)は「鼓膜が破れるかと思うほど、ものすごい音だった」と話した。近所で働く男性会社員(33)は「雷でも落ちたようなものすごい音がした」。鼻につくようなにおいもしたといい、「焼けただれて真っ赤になった男性が、建物からはい出してきた。別の女性が首を押さえているのも見た」と述べ、恐怖の表情を浮かべた。近くの診療所の女性看護師(30)は勤務中だった。「ドーン」という大きな音とともに、強い振動が下から突き上げた。「大地震なのか、何が起きたのか、分からず不安だった」と話す。同僚4、5人がいたが、顔を見合わせ、恐怖のあまり抱き合った。
 看護師が現場に近づくと、壁が落ち、めちゃくちゃに壊れた建物が見え、コンクリートなどの破片が散らばっていた。
 約50メートル離れた事務所で勤務する男性によると、「ドーン」というごう音が突然響き、建物が激しく揺れてズシーンという振動が体のしんまで響いた。「爆弾が破裂したかと思い、びっくりした。建物が壊れるかと思った」と興奮して話した。

職場での仕事中にいきなり「ドーン」という音と揺れを感じて、でも地震じゃないのは

なんとなくわかって、その後救急車やヘリの飛ぶ音が聞こえて

なにかの爆発じゃないかと思ったんだけど、窓から外を見ても特に何も見えなくて

しばらく経った後に携帯でニュースをチェックしたら上の記事で吃驚。

地図で見てみたら1kmも離れてない場所。

東急百貨店のそばっていってたからはじめは駅前の裏かと思ったんだけど、

本店の方だったのね。

原因はわからないけど仕事場の近くでこういうことが起こるとちょっと怖いね。。。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2007/06/18

きょうの見納め(30日まで)

Oh17

王の先発の初回にAロッドにツーランが出ればゆったりと試合を見られるよね。

でもこれからのNHKBSのメジャー中継はマリナーズ主体になって、

次のヤンクス中継は30日のアスレチックス戦までなし。。。

コロラドとのW松井も、ジャイアンツ戦での井川復帰も、同リーグのボルチモア戦も

ホントにマッタクやらないの?まさか民放BSがやるとも思えないし。。。

で松井の第一打席は3-1から強く叩いたセカンド横を鋭く抜けるヒットで、

ツーアウトから懐炉がフルカウントからレフトフェンス前へのダブルで3-0。

きょうもシブトイ。

そしてデーモンにも1,2塁間へのタイムリーがでて4-0。決まったかな?

王は又又ノーヒッターペースで三回を終わって、アブちゃんのエラーがらみのトリプルに

Aロッドの余裕のセンター犠牲フライで5-0。

どうして1試合目で一点も取れなかったかな。。。

ノーヒッターはあっさりレイエスに潰されたけど、今回はウエストしてセカンドで刺して

ポサダもようやく面目が立ったかな?

五回にはデーモンにも一発が出て、好調アブちゃんの左肩にHBPでそれはなしでしょ。

Aロッドはストレートで歩かせて、ポサダ三振、松井の打席でヘルナンデス降板。

かつてはヤンキースでワールドシリーズ3連覇もした投手だけどヤンクス戦には

勝ち星なしって難しいね。

代わったショエンワイスに三球三振で相性悪いみたいね。。。

王は六回ツーアウトからライト三振に取るもポサダボールが取れずに振り逃げになり

続くデルガドにタイムリーダブルが出て初失点。。。もったいないねえ。

八回終わって104球10三振で九回はどうするのかな?

そしてAロッド左中間へのダブル、

ここまでノーヒットのポサダのダメ押しのツーランで8-1。しっかり一本は打つね。

松井は最初のヒットだけで、最後のレフトフライももう一歩力が伝わらなかったのかな。

そして九回のマウンドに向かう王。

いきなりレフトフェンスをワンバウンドで越えたダブルで、ベルトランにタイムリーが出て

珍しく動かないトーリ。いつもなら一人目のダブルで交代しそうだけどね。

ライトはショートゴロダブルプレーであと一人。

でここで交代ってなんで?

スタオベを受けさせる為っていうのは理由にならないと思うけど。。。

またもやいつもの「左対左」ってやつ?時間の無駄でしょ。

マイヤーズが三球三振に取ったけどやっぱり不可解だね。

「ニューヨーク・ニューヨーク」もしばらく聞けないのは寂しいね。。。

でもこれでサブウェイシリーズ3勝3敗の五分に戻して10月に再戦はあるかな?

Rc15

今度のコロラド戦では打席にも立つかな?でも見られない。。。

<追記>

そんな美味しい試合をやらないわけがない?

コロラド戦はbs-iで、ジャイアンツ戦はbs-不治がやるみたい。

できればスタジアムの音声だけでお送りしてくれると嬉しいんだけどね。。。

まあ見られるだけいいか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/06/17

きょうの二元中継(時間差)

Hm72

2時からの生中継を録画して、その後のボストン戦も録画して、

でも最初のサブウェイが終わってからボストン戦が録画される設定になってて、

なんとなく目が覚めたのが6時過ぎで4時間過ぎてるってことは

もう最初の試合は終わってると思ったらまだ続いてるみたいで

へんな時間に起きちゃったな。。。

一回の攻撃が終わったところで現在のボストン戦を見てみたら、

ノーアウト1,2塁でボンズの打席でこれは見ないと、ということで

録画再生を一旦中断して見ていたら、ボンズをショートゴロ(セカンドの位置で)、

そして、ショートライナー、フルカウントからの三振に抑えちゃった松坂。。。

見なけりゃ良かった。。。

で又サブウェイに戻って見たらよりによってゴメスにホームランって

昨日の二の舞になってるジャン。。。

クリパドもきょうが最後のメジャー登板かな。。。

きょうの松井の最初の打席は高めを引っ張ってライト前で「きっかけ」になるか。

ロビン歩いてきょうは8番センターのミルキー。きっちり送って2,3塁で懐炉おじさん。

ショートゴロでとりあえず松井返って1-2。まあ「最低限」の仕事は果たす。

そしてきょうは先発DHのデーモン、レフト前でなんとか落ちてロビン返って2-2。

これは大きい1点になったね。

そしてボストン戦を見てみたらオカジーがマウンドにいる。七回まで松坂0点に抑えての

交代みたい。1-0かあ。シビレル場面でのリレーだね。

クリパドはレイエスに2打席連続四球って終わってるね。

オカジーも歩かせてる。変なシンクロ状態。

でレイエスは2個目の盗塁を決めてってまたきょうも?

オカジーレフト前ヒットを打たれて又又ノーアウト1,2塁でボンズ。

ライトはライトフライでアブちゃんレーザービームで

なんとかレイエスをサードに留める、と思ったらクリパドボークって。。。

オカジー0-2からカーブ、ストレート、ストレートでボンズを見逃し三振!凄い!

って喜んでる場合じゃない?もうなんで松坂もオカジーもボストンのメンバーなの?

モリーナをライトフライに打ち取ってツーアウト。

打たれて欲しくもあり、抑えて欲しくもあり。。。

ショートゴロに打ち取って0点に抑える。よく投げたねえ。。。

しょうがないからパペから打ってよジャイアンツ!

でサブウェイに戻るとトーリの抗議も実らず。

主審がきっちり打者のタイムを見てなかったからじゃないの?

デルガードは打てないからってそんな手はないだろう。。。

三回の攻撃はアブちゃんレフト前でAロッドに逆転の26号が出て4-3!

又又デカイ一発だねえ。

松井はちょっと芯が外れたのかもう一歩のセンターフライ。

でファンウェイはパペが三人で抑えて1-0でボストン。勝っちゃったね。。。

これでようやくサブウェイに集中できる。。。

クリパドは又制球が定まらなくて1アウトから四球の後に一発って。。。

その後も右中間への当たりをミルキーなんとか抑えてシングルに留めるも

ファーストへのボテボテの当たりが内野安打になったところで降板。

もうこのマウンドに帰ってくることはないかな。。。

そしてそのマウンドには痒ーノが。。。どうなっちゃうの?

レイエスはなんとかレフトフライに打ち取って(松井眩しい中での捕球)、

ポサダの懸命のファールフライキャッチで追加点はなし。よく追ってったね。

そして今度はキャプテンに逆転ツーランってグラビンも駄目だね。。。

とりあえず4時間は超えるんだろうけど、どこまでいくのかな。

五回は3,4番を抑えていい感じかと思ったらライト線へのダブルで敬遠ってあり?

タマタマが決まって三振に終わったけどホントにタマタマだね。。。

ポサダにダブルを打たれたところで遂にグラビン降板。お疲れ様。

松井は外角をうまくライトへもっていくもナイスキャッチで、でもロビンにライト前が出て

ポサダ返って7-5。ようやく2点のリードが出来た。

懐炉もバットを折りながらライト前に運んでロビンが返って8-5。シブトイネ!

そしていきなりのスコールの中懐炉走って、でもデーモンは三振。

ようやく五回が終了。

で六回からはプロク。でも一人歩かせて二人目2-1の場面で雨で中断。

これで時間が掛かったわけね?

そして40分の中断後再開でプロクは立ち直れるの?

ゴメスを三振にとるも又も走られて1アウト2塁。

レイエスは粘られながらもセンターフライでベルトランはレフトフライでチェンジ。

雨の恵みはプロクにってことかな?

キャプテンのヒット、アブちゃんボテボテゴロで二塁、そして三盗を決め、

Aロッド歩いてすかさず二盗、ポサダは三振も松井二遊間に運ぶ2点タイムリーで

二回以降2点づつの10点目で決まったかな?まあまだ三回あるけどね。

で七回もプロクだけど1アウトから連打でどうなるかと思ったけどセンターフライに

空振りの三振でこういう球を投げててくれれば問題ないんだけどね。。。

でこの回は三者凡退かと思ったらデーモンを歩かせてキャプテン4安打目のヒット、

でもアブちゃん三振で久々の0点。

八回は不安ズがいきなりの大暴投で歩かせてって、どうしてこういうスタートになるの?

そしてゴメスにセンター前で1,3塁でレイエス。終わらない。。。

そしてモー様も準備を始めちゃうことに。まあしばらく投げてないから3点差までOK?

なんて言える訳が無い。そしてレイエスセンターフライでランナー返って10-6。

ベルトランは158kmで三振ってこれが最初から行かないのかな。。。

ゴメス盗塁できょうも5個目ってもうどうでもいい。

ライトはスライダーで三振で5点差あるから出せるけど1点差ではとても出せないね。。。

ロビンのタイムリーダブルで1点加えて11-6でようやく九回。

そして又又セーブ機会じゃないところでモー様。もう簡単に締めてね。

不振のデルガードにレフト前に運ばれて、ロデゥーカにもライト前って終わらない。

松井がレフトフライを取った後に投げようとしてボールを落としてちょっとヒヤッとしたけど

またもやレフト前で満塁。後続は三振もゴメスにピッチャー強襲ヒットが出て

久々の失点。。。足に当たったのは大丈夫かな?

右打席のレイエスに又又粘られながらセンター前で11-8。どこまでいくの?

最後はようやくキャッチャーフライに打ち取って長すぎる最終回。。。

6時から見始めて今の時間は10:45。ホントに長かったけど勝ててよかった、

ていうか全然勝った気がしないのはやっぱり投手陣のせいだよね。。。

勝ち投手は痒ーノみたいだけどプロクでもいいんじゃないの?

ボストンも勝ってるからゲーム差も8.5のままで、

クリパドの今後の処遇と井川の復帰はどうなるのかな?

もう疲れました。。。でももう眠れないよね。。。

明日はもうちょっとすっきり勝てないかな。

Dj48

それにしてもよく打つね。トリプルは無理だったけど。。。

<追記>

米大リーグ、ヤンキースのジョー・トーリ監督は16日、同日のメッツ戦に先発したタイラー・クリッパード投手をマイナーリーグへ降格させることを明らかにした。これにより傘下3Aスクラントンで調整している井川慶投手が23日(日本時間24日)のジャイアンツ戦で大リーグ復帰することが濃厚となった。

 トーリ監督は井川の起用について明言はしなかったが、質問に対して「そうなりそうだ」と答えた。

 井川はヤンキースでは6試合で2勝1敗、防御率7・63。5月4日のマリナーズ戦を最後に大リーグで登板していない。3Aでは4試合で2勝2敗、2・88。

まあそうなるよね。井川も最後のチャンスだと思って頑張ってよね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/06/16

きょうの完敗(完封)

Jr1

いきなりの2連打でどうなるかと思ったけど、3,4,5をサードゴロ、三振、ショートゴロと

ランナーを出しても慌てずに抑えるところが、「エースの力」っていうことなのかな?

(ロドゥーカの2本のファールはちょっと冷っとしたけど)

キャプテンは両親観戦の中三遊間のヒット、パスボールですかさず2塁へ。

アブちゃんは2球スライダーを空振りして三振、Aロッドはストレートを三振と、

ペレスも上々の立ち上がり。傍目からは「いい試合」になりそうだけど、

ファンからしたら「厳しい試合」になりそうだね。

二回はファーストゴロ、三振、そして44歳対48歳対決は大きなライトフライで

44歳の勝ち。(きょうの主審はちょっと辛目のボール判定だね。。。)

ヤンクスの攻撃はポサダセンター前、松井ボテボテのピッチャーゴロでセカンドアウト、

ロビン1,2塁間のヒット、DHのフェルプスは三振、懐炉の止めたバットの当たりが

サードの前に転がって投げられずに満塁でミルキー。三球三振で三残塁。。。

三回はゴメスのセーフティバントと盗塁でいきなりノーアウト2塁でレイエス。

センター前にシブトク転がしてまずはメッツが先制。。。

そしてせっかくウエストしたのにポサダ高めに外して楽々盗塁成功って。。。

それでもベルトランを見送り三振に取ってまたもや通算2位タイに復帰。

でもレイエスに三盗まで決められてライトを歩かせるも、デルガートをまたもや三振に。

これで又又通算単独2位に。ロデゥーカもショートゴロに抑えてここも1失点で抑える。

崩れないねえ。ちょっと球数が心配だけど。。。

キャプテン凡退アブちゃん歩いて、Aロッド、いい角度かと思ったけど

もう一歩のセンターフライ。。。

ポサダの打席でアブちゃん走って、でも見逃し三振で。。。

四回は朝飯の準備中に終わったみたいで、その裏、松井の「きっかけ」の四球、

ロビンもストレートで歩いてフェルプスの打席。フルカウントからライトフライで松井は

三塁を狙うもレーザービームで足止め。。。そして懐炉のもう一歩のレフトフライで

松井が殆どサード近辺まで来ていてセカンドに返れずダブルプレー。。。

五回はレイエスに甘いカーブをアッパーデッキにまで運ばれて一発で2-0。

ホントに嫌な1番バッターだね。。。

ライトも完璧なスプリットをセンターに運んで盗塁も決めて、嫌なチームだ。。。

デルガードが4番なのが救いかな。。。

で、Vistaにしてからなぜか原因不明でIEが勝手に強制終了することがあって、

書きかけの記事がなかったことに。。。

とりあえず頻繁に下書き保存してるんだけど。。。

ロジャーは七回1アウト取ってゴメスの内野安打が出て、108球で痒ーノに繋いで

どこまで試合が壊れるかと思ったけどなんとか0点に抑えて、でもレイエスには

何個盗塁決められるのって感じ。

打線も五回六回七回を続けて三者凡退でこのまま完封?

で八回は1アウト取っていつもの「左対左」の「方程式」通りマイヤーズに交代。

珍しく良さげな痒ーノをあっさり代えるところもトーリ流。。。

不振のデルガードは三振に取ったけどそのまま右のロドゥーカもファーストゴロで

投手陣は「采配」が当たって?試合を作ってる。

八回ミルキーはファールフライをギリギリで取られるもキャプテンライト線にダブルで

ようやくヤンキースタジアムも盛り上がってくる。

そしてようやくペレスを降ろしてこれがどう転ぶか。

左のフェリシアーノ、28試合で防御率1.96。なかなかの数字ではあるけど。

アブちゃん又又もう一歩のセンターフライでキャプテンサードに。

きょうはこういう当たりが多いねえ。。。一本でも抜けてくれればって感じだけど。

そして今度は右のアンダースローのスミス。31試合で2.51。こちらはどう?

徹底したインコース攻めでAロッドサードゴロで終了。一点欲しい場面でキツイねえ。。。

九回はツーアウト取ってからブルーニーにって、大島としては「先手をうった采配」

らしいけど、どうなのかな。。。出す投手が完璧に信頼があればいいけど、

投げてみないとわからないブルペン陣だと思ってないのかなトーリは。

八回まで痒ーノ、九回マイヤーズでよかったと思うけどねえ。。。

そんなに右左って意味があるのかな?

で結局フルカウントから歩かせて、嫌なゴメスに回して、モー様でも出すの?

フランコ盗塁死という形で終わりはしたけどよくわからないねえ。。。

きょうは盗塁成功5、失敗2でよく走られたもんだねえ。

そしてメッツはクローザのワグナー登板。

ポサダセンターフライ、松井三球三振、ロビンも空振り三振でゲームセット。

9連勝対5連敗は完璧に5連敗チームの勝ち。

これであしたはクリッパードとグラビンでしょう?今度こそスイープされちゃうの?

ボストンは田場レスでジトに勝ちってどうなってるの?

またもや8.5差に逆戻りでホントに打線は水物だね。。。

あしたは何点取れるのか。松井に一発は出るのか。流石に生観戦は出来ないので

録画して朝見ます。(きのう生で見ておいてよかった。)

Op1

まさに手玉に取られた。。。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

2007/06/15

きょうの贅沢

Dj45

最近は結果を知っての録画観戦だったので、一日も早く「生」で勝ち試合を見たかった。

ということで久々に時差就寝で11時に寝て2時に起きての生観戦。

「勝ち運」に恵まれないアンディだけど、流石にきょうは大丈夫だったね。

松井も満塁でのボテボテセカンドゴロも、泳ぎながらのライト線のダブルも、

センターへのポテンヒットも、何れも打点が付いて、キガツケバ3割台に。

アンディも八回を投げきって、打線も点を7点も取って、最後はプロクが締めて、

キガツケバ9連勝。

さらにボストンは負け知らずのベケットにも負けが付いて、

キガツケバ7.5差。

まあ冷静に考えれば、まだ貯金2で、7.5差もある、とも言えるけど、

今までの状況を考えればこんなにも早くこんな状況になるとは、

ことしは流石に思えなかったんだけど、ホントにわからないもんだねえ。

で、安心して見られるようになると、今度はもうちょっと刺激的な試合が見たくなる。

で、あしたは折り返しのサブウェイシリーズなんだけど、メッツは好調かと思ったら、

ここ5試合勝ってない。ていうか6月は2勝10敗って。

でもまだ2ゲーム差の首位なんだから凄いよね。

で、あしたはロジャー対ペレス。これに勝てばいよいよ日ハムの背も見えてくる?

鬼門はその次のクリッパードだけど、そろそろ井川と交代しないかな?

これでクリッパードがいい結果だと、そのうちヒューズも出てきてホントに今年は

出番が無くなりそうだし。。。

とりあえず昨日は、

傘下3Aスクラントンのシャーロット戦で先発登板し、6回を投げて4安打1失点で3A2勝目(2敗)を挙げた。   奪三振は4、与四球は2だった。
井川は6回二死からソロ本塁打で1点を失った。チームは9-3で勝った。

っていうことだけど、どういう評価なのかな?

まあ10月にいきなり再デビューっていう手もあるけど。

これが最後の「贅沢」かな?

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/06/14

きょうの一日遅れ

Hm71

(イマイチ元の写真のサイズが小さめで画像が粗め。。。キャプテンのはいつも大きめ

なんだけど。。。)

きのうの記事を「松井秀喜」カテゴリに入れたかったんだけど、

あんまり活躍できなかったので一日遅れではありますが久々の松井カテということに。

最初の打席は大きく開いた二遊間に運んで、その後懐炉とのヒットエンドランを

空振りセカンドタッチアウトという結果で、その後懐炉ダブルとうまくいかなかったけど、

第二打席、フルカウントからきっちり歩いて満塁までいったけど得点ならず。

(それにしてもAロッドのあの当たりは何?まさに「別格」の一発)

そして第三打席、ツーアウト1、2塁の場面、追い込まれてから高めの球を

「完璧」に弾き返すダメ押しのスリーランホームラン!!

Aロッドの当たりには負けるけど、こちらも打った瞬間の一撃。

キャプテンの「いいこいいこ」タッチも受けてこれで四回終わって7-1。

ボヤッキー武田曰く「松井を舐めた投球で痛い目に合った」らしい。

確かに追い込むまではマッタク打てそうに無い球を投げてたのにあの一球だけは

甘く入ってしまって、それを逃さず打った松井の勝ちってことかな?

それにしてもいつもいい球投げられる機会が多いだけに、こういう打撃は

後々の対戦にも影響するよね。(まあさらに警戒される、とも考えられるけど。。。)

なぜか他の打者に甘い球を投げてても、松井の打席になるといい球が来る、

っていう場面を何度もみてるので。

まあ打てる球さえくれば打つってことなんだろうね。

で、最終打席はいい球が外角に決まって3球であっさり三振。

ていうかどれも打てないよ!そんなのあり?って感じ。。。

で、あとはムースが何回まで投げるかってことだけ。

六回ツーアウトからジャクソンに一発を浴びるもきょうは失点2。

結局101球、七回2/3、6安打7三振無四球でインターリーグ単独トップの20勝目。

ムースコールの中手を上げての帰還。

マウンド上でのトーリの笑顔って今年初じゃない?

ブルーニーで最後まで、と思ったら九回ノーアウト1,2塁で結局モー様がスタンバイって、

又又意味無い継投。。。でまた「左対左」のマイヤーズ。

ボヤッキーのボヤキ炸裂の場面。直接モー様を出せと。

結局きょうはなんとか機能して、2人を締めてこれで8連勝!貯金も出来た!

(まあなかなかボヤッキーを納得させる継投はできないけどね。。。)

ボストンは松坂に続いてシリングでも負けて8.5差に。後はベケット?

あしたはデーゲームでNBA中継の関係で2時の生中継。

久々に分割睡眠で見ちゃおうかな?

Mm15

きょう「も」文句なしの投球だったよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/06/13

きょうの誕生日

Ys16

(すっかり晴れ上がった、今のヤンクスを象徴してる?)

1時間ほど雨で開始が遅れて、その間にAロッドのホームランショーがあって(VTR)、

改めてその打球の勢いと美しさに魅了されました。

続けて24本見るとホントに圧巻ですね。

なんであんなに簡単にボールが遠くまで「運ばれる」んですかね?

まさに「ホームランアーティスト」ですね。(まあ私生活は置いといて)

初回の王はいきなり1アウト1,3塁となるも、キャッチャーフライ、セカンドゴロと

落ち着いて後続を抑えてまずまずの立ち上がり。

アリゾナの先発ウェブもここのところ3連勝ということで、誰が打つのかな?

デーモンがセカンドの送球エラー、キャプテンのショートゴロはデーモン走って

ショートがセカンドカバーへ行ったがために抜かれたヒットでこちらはノーアウト1,3塁。

そして「好調」アブちゃんの大きな一発がライトスタンドに飛び込んでいきなり3-0。

もう絶対に手放せない存在になったね。(いままでがなんだったのか、っていう好調さ)

そして現地時間できょうが誕生日の松井。(33歳かあ。まだまだイケルヨネ?)

それはないよという外角の球を見送っての三振。キビシー。

(たしかキャプテンは26日だったよね。。どういう結果になるか)

でもここからしばらく点が入らないんだよね。。。まあ今の王には十分な点だけどね。

懐炉おじさんの好プレーもあって、着々と回を重ねる。

ウェブもこちらもゴロマスターって感じで初回だけだったね。点が取れてて良かった。。。

王はトレーシーに打たれた一発だけで、七回をなんなく投げきる。

その後はファンズ、モー様と一回ずつで理想的な勝ち方。

これで破竹の7連勝でようやく5割に戻す、って長かったのか短かったのか。

松井はきょうは打撃より守備機会がべらぼうに多かった感じ。

2打数1安打(セカンドナイスプレーの内野安打)の1四球1得点できょうを終える。

Hm70

きょうぐらい甘い球なげてよ。。。

昨年は左手首骨折で治療中だった。その前年はちょうど右足首をねんざした日だった。「そういう意味では久しぶりにいい誕生日でした」。松井秀は7連勝でチームが勝率を5割に戻した33歳の誕生日を笑顔で振り返った。「良かった。僕の誕生日に連勝が止まったら嫌な感じだった」

そうだよね。きっちり出場できてることが一番のお祝いかもね。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2007/06/12

きょうのいまさら

松田翔太

花男の西門総次郎役、ライアーゲームの秋山深一役で、

散々見てきた子だったんだけど、

松田龍平が松田優作の子供だとは知ってたんだけど、彼もその次男だったことを、

さっき見てた「みなさんのおかげでした」の来週の食わず嫌いの

ゲスト紹介で初めて知ることに。

優作氏には長女がいたみたいだけどこちらは1歳で亡くなったみたい。

それにしてもなんでいままで気が付かなかったのかな?

あまりにも龍平しか子供と認識してなかったからなのかも知れないけど、

さっき知ったときはまさに「アハ」体験。

思い込みって怖いね。でもすごいすっきりした気分。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/06/11

きょうの「はじめの一歩」

Mk2

久しぶりに松井の左に「引っ張る」打撃が見られてその前の守備機会も軽快だったので

きのうのちょっと暗い雰囲気はなくなったかな?

アブちゃんも綺麗なフォームから綺麗な打球が飛んでいって、完全復活かな。

走塁も決まって、後は守備だけ。と思ったら松井の打球が落ちるのを見杉で

結局タイムリーにならずってマダマダだね。。。

三回終わって5-2で、きょうはある程度投げさせてくれるかと思ったクリッパード、

四回1アウトから四球、ヒット、四球、ダブルで2点が入って5-4。

さらにダブル(途中でタッチアウト)が出て5-6の逆転で、流石にこれでは交代かあ。

トーリもきょうはもうちょっと我慢しようかとも思ったんだろうけどこれじゃねえ。

これで5人目のスタータに生き残れるかな。。。

いままでならズルズルと負けにまっしぐらって感じだけど、なにかが「突き抜けた」のか

キャプテンしぶとく三遊間、アブちゃん固め打ちの三安打目のヒットで1,3塁で

茶痕降板。お疲れ様です。で桑田はいつになったら「18番」を見せてくれるの?

キャンプでの「3番」長嶋の出し惜しみの再現でもしてるのかな。

代わった「切れなし」クン(SHARPLESSって凄い名前)から

Aロッドの逆転スリーランであっという間にひっくり返す辺り、本物かな?

与田っちの予想通りの展開になって、ようやく桑田もブルペンで投げ始める。

ちょっと下目に大きい「18」だけど、嬉しそうだね。

代わったヘンもヒットに四球で相変わらず締まらないねえ。

1アウトとってまた四球で、ど真ん中で三球三振、セカンドゴロでなんとか0点に抑えて

いよいよ桑田がヤンキースタジアムのマウンドへ。

まさかヤンキースタジアムでメジャーデビューできるなんてね。

まずはミルキーをセンターフライ、懐炉をサードゴロ、二江弁須はショートの

ファインプレーで三者凡退。この回だけはヤンキースファンを離れた気がした。

思わずアウトで手を叩く自分がいました。

最速は141kmだったけど120km台の変化球を織り交ぜて、らしいピッチングは

相変わらずだね。とりあえず満足の投球だろうね。

六回のヘンは開き直っていい感じかと思ったらフルカウントからHBPでここで交代。

でもこれで勝ち投手の権利って、ムースかアンディにあげたい気分。

そしてまだいる痒ーノ。

桑田は2イニング目のマウンドへ。

デーモンライトフライ、キャプテンショートライナー(またもファインプレイ)、

アブちゃんには最速143km、でも見られてフォアボールでAロッド。

初球のスライダーを簡単にライトスタンドへ運ばれて、これが「メジャー」なんだね。

思わず天晴れな当たりを、これも桑田目線で見た感じ。

カーテンコールの中始まった松井との対戦。やっぱりどちらも気まずい感じで

結局歩かせることに。まあこうなるのもしょうがないかな。

(ヤンキースのベンチの中でこの二人の対決の意味がわかる人はいないだろうね)

ロビンを「ショート」フライに打ちとってマウンドを降りる。

やっぱりアブちゃんを歩かせたのが敗因かな。。。でもオカジーのケースもあるし、

次からはもうあそこへは投げないよね。

(でもキャプテンへのあのカーブでの空振りは忘れないだろうね)

きょうは本来はAロッド、アブちゃんの日ではあったんだろうけど、

やっぱりきょうは「桑田の日」だろうね。

試合結果は13-6での大勝で、6連勝、あとひとつで勝率が5割に。

プロク二回、マイヤーズ一回を投げてあしたはお休み。

松坂vs乱爺は乱爺の粘り勝ちでボストンとの差もようやく9.5となって、

6月中に追いつきたいね。って欲張りすぎか。

それにしてもこういう日が来るもんなんだね。

どこまで日ハムに迫れるか。(あと8勝!)

Ba9_1

こんどはちゃんとホームに走ってよ!(打点1つちょうだい)

| | コメント (3) | トラックバック (3)
|

2007/06/10

きょうの復活(もう一人は間に合わず)

Rc13

きのう深夜の速報も半信半疑だったんだけど、きょうの中継始まりでいまニューヨークに

向かっているということで本当の話だったみたい、桑田のメジャー昇格。

ロジャー再デビューの日に当ててくるなんて、トレーシーもなかなか粋な演出だね。

ロジャーも初回に点を取られながらも打撃陣がすかさず逆転して、これが「雰囲気」って

いうやつなのかな?

今朝は雷が鳴っていてアンテナの調子がイマイチなのか時折画像が乱れて

きょうだけは頑張ってって感じ。。。

毎回先頭バッターを出してけっこうボールを見ていく戦略なのか、

球数は多くなってきてるけど、すかさずダブルプレーで落ち着いて見てられるね。

三回で56球。

四回はツーアウトからフォアボールを出してちょっと球が上ずってきた感じで

アブちゃんの球の追い方も悪くてツーランダブルになって同点。

後続はファーストゴロで追加点はやらなかったけど五回はどうかな?

打撃陣も初回だけでなかなか打ちあぐねてる感じだし。

五回は三人で終わって96球。ベンチ裏ではどのような会談が。

そしてキャプテンが選んでアブちゃんバントの構えを見せつつレフト前へ。

Aロッドも歩いてノーアウト満塁でポサダ。

ライトへちょっと浅めの犠牲フライ、キャプテンちょっともたつくも生還で4-3。

でもアブちゃんは2塁止まり。ちょっとボーンヘッド?

松井は追い込まれてからショートゴロハンブルでセカンドアウトだけで済んだけど

ロビンはセンターフライで1点止まり。

そして六回もロジャーはマウンドへ。

球数云々より自分の中の「自信」を「確信」に変える何かを見つけて降りたい、

と考えてるのかな?

4611個目の三振を取って、108球でスタンディングオベーションの中、堂々の降板。

鳴り止まない歓声。これが「スタータ」の責任っていうことなのかな?

投手自身もメンバーもスタッフもファンも納得の「降板」を久々に見た気がする。

後は誰が繋ぐのか、締めるのか、そしてあと何点追加するのか?

ピッツバーグのマホームはミルキーを歩かせた場面で降板。

こちらもなかなかの好投だったけど、日が悪かったかな。。。

で桑田はいつ到着するのかな?

デーモンのショートゴロがショートセカンドバックアップで逆方向に向かったせいで取れず

1,2塁でキャプテン。ミルキーデーモンのダブルスチール後に歩いて満塁。

綺麗なライト前がアブちゃんに出てまず1点。

Aロッドはライト犠牲フライで2点目。

又又ダブルスチールが決まってポサダは敬遠。

松井はバットを折って詰まったセカンドゴロでチェンジ。ここは決めて欲しかった、

って何回書いてるんだろう。。。

まあ3点リードで後はブルペンだね。

そしてまずはブルーニー。

ミルキー背走でフェンスにぶつかりながらのジャンピングキャッチ!いいねえ!

お次は前に走りこんでと大忙しのミルキー。

でもツーアウトから四球、盗塁、四球ときて、スライダー二球投げて簡単に三振って、

なんでこれを使わなかったの??

でここで雨が強くなってきて「降雨対応放送」に切り替わってカクカク画面に。。。

民放BSはきっちり写ってるのになぜNHKだけが。。。

ロビンミルキーの好走塁で2点追加でもう大丈夫かな?

そして八回はファンズ。きょうは不安ズにならないでよね。

モッチーはファンズをセットアッパーに押してるけどいつも四球を出すからね。

きょうはとりあえず不安ズにはならなかったみたいだけど、きょうだけじゃないよね?

で今12:10で12:45まで放送するみたいだけど、ちょっと長くない?

もう一波乱あるの?

松井はきょうもノーヒットだけど最後に犠牲フライで打点が稼げてラッキーかな。

そして最終回まさかの「痒ーノ」登板って。。。

これも「ロジャー効果」なのか二人はなんとか抑えるも、やっぱりヒットが出て、

でも最後は三振で初めてまともなピッチングを見た?

みんなが笑顔の中、早々にベンチに引き上げた松井がちょっと心配だけど、

これで5連勝。そろそろ信じだしてもいいのかな?

まさかここまで影響力があるとは思わなかったけど、

かつてのヤンキースを思い出させる試合内容で、現金男もホッとしてるかな?

これであしたのクリッパードが決まるとホントに井川の帰る場所がなくなるね。。。

まあ来年を目標に頑張ってもらうしかないかな。

Mk1_1

あしたこそ桑田の「18番」が見られるかな?

8回の中犠飛で5試合連続の打点を挙げた松井秀だったが、大勢の決した後の1点とあって「最後はおまけ」と素っ気なかった。

 この日は全5打席で得点圏に走者を置いていた。「いいところで打席に立てた。前の打者に感謝している」。好調なポサダの後を打つようになって、打点が増え始めた。

 かつてのチームメート、桑田の大リーグ昇格には「一緒に戦った選手はやりにくいもの。対戦のないことを祈っています」。

まさか対戦するなんてお互い夢にも思ってなかったと思うけど、

正直オカジー以上にやりにくいのかな。。。きょうはそれが気になってたのかな。

難しいところだね。

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの昇格

うれしい知らせが突然舞い込んだ。米大リーグ、パイレーツ傘下の3Aインディアナポリスに所属する桑田真澄投手が9日、ついに念願のメジャー昇格を果たした。チームに合流して1週間余り。「ちょっと慣れてきた」と話していた矢先のことだった。
 置かれていた状況は厳しかった。パイレーツとはマイナー契約。「ベンチ入りの25人」はおろか、昇格の前提となる「40人枠」にも入っていなかった。
 PL学園高では清原和博選手(現オリックス)とともに1年生の時から甲子園で大活躍。巨人ではエースとして、通算173勝を挙げた。一昨年は勝ち星がなく、昨年はわずか1勝で21年間在籍した巨人を退団した。
 新たなプレーの場を米国に求めたものの、オープン戦で球審と激突し、右足首をねんざ。何とも不運な出来事だったが、リハビリをへての復活はまさに不屈の精神と言っていい。
 1日からベンチ入りして3試合に中継ぎで投げ、すべて無失点。「他人をけ落としてまでという気持ちが昔からない。持てる力を発揮すればいい」という考えが桑田投手にはあるが、ベストを尽くした結果が首脳陣の目に留まった。
 39歳になっても向上心は衰えていない。「精神的にも肉体的にもきついけど、いい勉強をさせてもらっている」。相手打者を観察し「タイプに分けてあてはめる」という作業も、日本ではほとんど経験のなかった中継ぎ投手の調整も、黙々とこなした。「2カ月前に歩けなかったことを考えれば、どんな場面でも投げたい」と8日の試合後に語っていたベテラン。夢のマウンドについに上がる時が来た。

ついちょっと前の記事に、

最後に。気になる桑田真澄について、パイレーツのジム・トレーシー監督は「(3Aで)ストライクを多く投げて、アウトを取るための質の高い投球をしたようだ。ブルペンで使うとしたら、彼にもっと時間を与えなければならない。何試合か実際に投げる機会が必要になるから、彼にもっと時間を与えなければならない」とコメント。早期昇格のないことを示唆した。

とか言ってたのはうそだったの?

まあそんなことはどうでもよくて、ていうことはきょうのヤンキース戦のベンチにいるの?

ていうか今どこにいるの?

ロジャーメジャー復活の日に桑田まで付いてくるのかな?

とりあえず、じゃなくて「おめでとうございます」

(でもヤンキース戦で出てきたら打ちますけどね?)

それにしても「日本語公式ライセンシーサイト」に今現在この情報がないのは何故?

昇格自体も吃驚だけど、

故障した選手の代わりの昇格で背番号は「18」。

だって!これで二人目の「18」だね。ホントにおめでたい話。

(きょうは4月1日じゃないよね?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/06/09

きょうの再認識

ヤンクスの試合が「予定通り」終わってくれて、1時から現地で物件拝見。

きのうメールで送ってもらった物件一覧から3つ選んで実際の部屋へ。

一つ目はワンフロア1部屋で10階立てのアパートの最上階で、

二方向が窓で眺めはなかなか。

逆方向が窓だったら下に公園の森が見えていい感じだったんだけど。。。

ちょっと部屋がナナメってるのがイマイチだったけどバスとトイレがおなじくらいの広さで

もうちょっとトイレが小さくていいんじゃないかと。

次はそこから5分くらいのところで、正方形の11畳の広さでこちらは3階建ての3階。

ちょっとキッチンが狭くて1口コンロがちょっと。

広さ的には文句なしなんだけどちょっと屋根が低いかな。

それとこちらはお値段が。。。とりあえずの候補ではあるけど即決はできない。

最後は又又5分ほどのところで、行く前に一番気になってたところだったんだけど、

見取り図以上にナナメってて、狭くて、前の住民が出たばかりで床とかも薄汚れてて

もうそれだけでアウト!こちらは今年の1月にできたばかりで

外見は凄くよさそうだったのに中に入ったら。。。

9階立ての2階でこちらも2方向が窓だったんだけど、

開けたらすぐ下に交差点が丸見えでさらに目の前に建設途中の広場が。

直ぐに大きなマンションが建ちそうでこれはないかな。。。

駅には一番近いけど、考える余地はない。

いままで3回部屋探しをしてきたんだけど、その際はその日に行って、見て、決めて、

っていう感じだったんだけど、今回はちょっと決まるまで時間が掛かりそう。。。

そして改めて今済んでる部屋のよさが見えてきました。

造りもしっかりしてるし、レイアウトもいいし、収納も広いし、キッチンもしっかりしてるし。

なんか探しまくって結局今のところで満足、っていうことになる可能性も。。。

まあそれはそれでいいんだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)
|

きょうのサヨナラ

Hm69

ムース同様勝ち「運」に恵まれないアンディ、

初回ノーアウト1,2塁から点が取れなかった後、先頭バッターにホームランを打たれて

先制され、またもや嫌な展開。

きょうの相手はきっちり見るのは初めてかもしれないピッツバーグ。

案の定知ってる選手がイナイ。桑田はまだマイナーだからホントにイナイ。

ナリーグ中部地区でこちらも26-34の4位と、きのうまでのシカゴ、そしてヤンキースと

同じような位置。

五回アンディは6,7,8番に三連打で追加点を奪われ、ツーアウト2,3塁で

キャプテンが2度ハンブルしながらショートバウンドを懐炉がきっちり取って

ギリギリセーフ。あれがフェルプスだったら絶対落としてそう。。。

そして「ハゲキ」の願いが届いたのか、松井の3打席目、

ポサダを置いて初球をライトへライナーで同点となるツーランホーマー!!

まあ「豪快」とまではいかないけど、「らしい」当たりではあったね。

ところが今度はツーアウトからセンターへの「空中イレギュラー」のライナーを

ミルキーが目測を誤って?後逸してそのままランニングホームランに。。。

ホントにアンディは勝ち運がないね。。。

でも裏の攻撃で懐炉がダブルで出て、デーモンゴロでサードに進めて、

キャプテンきっちりタイムリーで3-4の一点差!ホントにきっちり仕事をするね!

これでようやくゴーゼラーニーを引きずりおろす。

そしてアブちゃんも流し打ちのヒットでキャプテンサードまで行って1,3塁でAロッド。

「ロッキーのテーマ」が流れてピッチャー交代。

とおもったらいきなりのHBPで大ブーイングのヤンキースタジアム。

ポサダにもタイムリーが出て同点、満塁の場面で松井の登場。

一番いい球が最後に決まって見逃し三振。。。ウーーーーーーン。

ロビンもフルカウントからセンターフライで逆転ならず。。。

もう一本が出ないところが又又アンディ登板だから?

でもヒットの後のAロッドのナイスキャッチ&スロー&懐炉のナイスタッチ、

敬遠後のダブルプレーで0点に抑えてもうアンディの仕事はここまでで

後は打撃陣でしょ。

でもミルキー懐炉と凡退でデーモンセンター前でキャプテンはサードゴロで得点なしで

アンディはきょうも勝ち星が付かない好投。。。

で同点の場面で連夜のモー様登板。

いきなりライト前でブルペンに「痒ーノと鼻ローン」のノックアウトコンビってどういうこと?

絶対にこの二人を出す展開にだけはしちゃダメ!!

後続は三振、四球、三振、キャッチャーゴロでなんとか0点に。

でも延長になったらあの二人が待ってるんだよね。。。

点が入ったらサヨナラ、入らなくてもサヨナラになりそう。。。

松井の当たりも角度は良かったけど伸びずに延長へ。。。決めて欲しかったねえ。。。

10回もモー様続投であしたはないってことだよね。ロジャーはいきなり完投ってこと?

またもやライト前で始まって、三振、ピッチャーゴロダブルプレーで御役御免。

ロビンのもう一歩のダブルでもう決めてよね!それにしても惜しい当たり。

ミルキーきっちりバントを決めて1アウト3塁で懐炉ボテボテのサードゴロを

ファーストに投げられずに1,3塁。ロビンの頭脳的な見せ掛け走塁も利いて、

デーモン決めてくれ!!

懐炉がセカンドに走ったせい?でデーモン敬遠で満塁でキャプテン。

またもやボテボテのゴロがセカンドに転がって、どこにも投げられずに

ロビンが帰ってサヨナラ勝ち!!なんでもいいから勝てばよし!

まあある意味ヤンキース「らしい」勝ちで、あしたのロジャー登板に勢いが付いたね。

これで4連勝でロジャーが勝ってくれれば日ハム連勝も夢じゃない?

ホントは松井に決めて欲しかったけど、いまは勝てればなんでもあり。

なによりあの二人に投げさせる場面にならなくてホントに良かった。。。

(日ハムは14連勝でストップしたみたいで、まずはそれを目標に?)

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

2007/06/08

きょうの長丁場(1日で別のゲーム?)

Ar42

久々のbshiでの中継で、逆にちょっと目が痛い感じがするけどやっぱりいいね!

(キャプテンの「兄貴」はちょっと太りすぎじゃない?)

アブちゃんはダイとのトレード話が出た途端に打ち出してきたのは気のせいかな?

それに引き換え松井はノーアウト1,3塁でむりやり引っ張ってのセカンドゴロって

チーム打撃と言えなくも無いけどちょっとねえ。。。

(きょうはやたら女性客のショットがあったけどその度に無口になるボヤッキー武田)

それにしてもまたもや?な継投。六回まで71球で2安打無失点だったムース、

七回トーミのボテボテの「ショートゴロ」が内野安打になって

コネルコのレフトフェンス直撃のヒットでこれで交代?79球であっさり。

ボヤッキーもボヤキまくり。でもそれも分かる「いつものトーリ」采配。

そして「左対左」のマイヤーズが簡単にライト前タイムリーでムースの勝ちが消滅。

そりゃあこれじゃ勝ちが2つってのも納得だね。

勝てる試合で「勝たせて」くれないんだから。。。六回までの投球はなんだったのか?

後続のプロクが三振、大きなセンターフライでランナータッチアップせず、

最後はセカンドゴロで追加点はやらなかった形になったけど、それなら最初から

プロクでよかったんじゃない?いい加減マイヤーズ機能してないのがわからないかな?

そしてコントレラスも七回まで1点で抑えていたのが

八回に代打キャプテンを「初めての」ストレートのフォアボールで歩かせて

デーモンは三振もワイルドピッチにミルキーにショート内野安打で1,3塁。

そしてアブちゃんの場面でこちらは99球で交代は仕方ない?

好投の両投手に勝ち星が付かないってスタータは辛いね。。。

代わったソーントンからアブちゃん右中間へのタイムリーダブルで3-1。

これでもう「トレード」はないよね?ていうか出せる訳がない!

Aロッド敬遠で松井勝負ということになったけど、結局松井も歩かせて満塁でロビン。

ボテボテのショートゴロでセカンドアウトだけで4-1。ラッキー?

代打のポサダもショートゴロでチェンジ。

このまま試合は4-1で、とならないのが今年のヤンキース。

八回のマウンドは不安ズで、レフトフライに打ち取った後、

ライト前ヒット、けん制エラー、井口のタイムリーダブルで掟破りのモー様登板。。。

六回までと七回からで、マッタク別の試合のよう。。。

トーミサードゴロもコネルコにショート内野安打で4-3の一点差。

ピアジンスキーは高めのボール球を振っての三振で初球のストライクが

我慢できなかったのか球審に文句をいってあっさり退場。

でもやっぱりこちらも危なっかしいモー様。。。

ところが九回の攻撃はどうなってるのって感じで、

1アウトからキャプテンライト前に落ちるヒット、デーモン三振でこのままかとおもいきや、

ミルキーレフト前、アブちゃん選んで2アウト満塁でAロッド。

あの「サヨナラ」の映像が出た後だけにどうなるかと思ったけど、

二球続けて真ん中に投げちゃだめでしょ。久々のグランドスラムで8-3。

これで「世界の山崎」に並ぶ22号!(と思ったら夜には23号が出て世界2位に。。。)

で松井の打席でファンの乱入があった模様で、迷惑な話。。。

そんななかでもフォアボールを選んで、悪いながらも塁に出る。

それがロビンのトリプルに繋がって松井は一気にホームに駆け込んで、9-3。

ポサダのショートゴロを一塁送球エラーでさらに一点、10-3。

ホワイトソックスのオーナー観戦試合だっただけに、目も当てられないね。。。

懐炉の1イニングツーアウトのおまけつきで、ツーアウトからの6点って。

まあこれで楽々九回を締めたモー様。7点差でもセーブが付くって美味しいね。

なんだかんだあったけどこれで3連勝でトーリは通算2000勝とのことで、

おめでたくはあるけど采配は褒められないよね。。。

ボストンがシリングのノーヒッター逃しの1-0勝利で連敗が止まって、

ヤンキースは日ハムを目標にできるかな?

それにしても長い試合でした。。。

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2007/06/07

きょうの?

auのvista対応

そういえばどうなってるのかと思い出してauのHPを見てみたら、

相変わらずmusic portのVista対応は未確定みたい。。。

でitunesは既に対応済で早速ダウンロード。

残しておいた楽曲も簡単に認識されて、XP環境と同様に使える。

appleのあのCMは好きになれないけどこの対応の早さは感心できる。

とともにauの対応の遅さも。。。

でいつになったら対応してくれるの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの観戦

Tm

4月に当地で心臓移植手術を受けた松本拓也君(13)=埼玉県熊谷市在住=が6日、井口資仁内野手の招きでホワイトソックス―ヤンキース戦を観戦した。
 手術直前の4月初旬、井口が病室をサプライズで訪問。拓也君の母、三紀子さん(48)は「パワーをもらった」と振り返る。拓也君はこの日が13歳の誕生日。試合前のダッグアウトでは、ヤンキースの松井秀喜外野手も交えて記念撮影をした。
 球場で野球を観戦するのは初めてという拓也君は「日本に帰ったら、野球部に入ってファーストを守りたい」と明るく話した。夏ごろには帰国できるという。井口は「約束通りに球場へ招待できてよかった。早く元気になって、日本へ帰って野球ができるようになればいい」と話した。

井口と松井はともに「活躍」はできなかったけど、このスリーショットは羨ましいね。

それにしてもナイスなタイミングだったね。

野球部に入れたらいいね!

(なんで井口だけカメラ目線?) 

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

きょうの「ガッカリ」

職場が変わって思いの他給料が上がったと思ってたら、

ポストに市民税の支払通知書が。

でよくよく給与明細を見たら市民税の欄は0円。

結局手取り的には変わってませんでした。。。

これって給料天引きじゃなかったのかな?

引越しを考えてただけにイマサラな金額。。。

払わないとダメなのかな、ってダメだよね。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

きょうの「退屈な試合」

Oh16

きょうも「当たり前の」守備をこなして、ヒット、盗塁、ホームインと9番からのチャンスを

作った懐炉オジサン。

デーモン、キャプテン、アブちゃん歩いて、Aロッドヒットもセカンドでタッチアウト

(危うく退場になりそうだったけど、明らかにセーフだよね!

まあ一塁までゆっくり歩いてたけど)、ポサダ歩いて松井。

当てただけのセンターフライだったけどアブちゃん帰ってでもポサダはセカンドで

タッチアウトってこれもセーフじゃないの?

4点入ってその裏に1点取られることになったけど、結局最後までいっちゃった王。

5安打4三振1四球1失点の104球。

「ペース配分ができるようになった。去年は100球でガクッと来た。今年は違う」と言う。150キロ台の速球に、190センチを超える長身からねじ込むように投げる140キロ台後半のシンカーが武器。それに加えて今季はチェンジアップ、スライダーを使った軟投も覚えた。

こうなったらなったでハラハラ感がなくて見続けられない、なんて思っちゃうんだけど

本来はこういう試合を淡々とこなしていくのが「強いチーム」なんだよね。

ハラハラドキドキも楽しみつつ、でもきっちり勝つ、っていうわけにはいかないよね?

(まあ単にチャンスが凡打で終わってイライラさせられたっていうことなんだけどね。。。)

井口のセンター前をミルキーがレーザービームでホームタッチアウト!

センターの捕殺っていつ以来?デーモンでは考えられないプレー。。。

(でもポサダといいミルキーといい牽制死が多すぎ!!

競った試合だったらどうなったことか。。。)

そして、

通算348勝右腕ロジャー・クレメンス投手がいよいよ9日のピッツバーグ・パイレーツ戦で4年ぶりにニューヨーク・ヤンキースに戻ってくる。チームは5日時点でア・リーグ東地区で首位に立つ宿敵ボストン・レッドソックスから11・5ゲーム差。はたしてクレメンスはチームの救世主となるか。

 ジョー・トーリ監督は「期待は当然大きくなると思うが、彼の場合はいつもそうだった」とあくまで冷静。ただし「大誤算があっては困る」とも話しており、すでに先発ローテーションの重要な一角として計算していることがうかがえる。

 選手たちもあまり口には出さないものの、将来の殿堂入り投手がチームに戻ってくることを喜んでいるのは確かだ。ジョニー・デーモン外野手は「間違いなく、彼の存在はチームのプラスになる」と大投手の復帰を心待ちにしていた。

9日の試合はデーゲームでこちらでは日曜の早朝で放送は朝からの録画中継。

まあ平日じゃないだけよかったかな?

ヤンキースタジアムのヤンキー達はどんな反応を見せるのかな?

Rc11_1

今度こそちゃんと「登板」してよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

2007/06/06

きょうの忘れ者

Hm68

「なんでもないような守備が、ポイントだったと思う♪」ということで

そういえば懐炉がイタジャン!

初回のきのうとおなじようなファーストゴロを当たり前にダブルプレーで抑えて

流れがついたのかな?

いきなりのセーフティと追い込まれてからの2アウトからの同点タイムリーで

2安打1打点で打撃でも貢献して、当分この布陣で問題ないよね?

(牽制死は余計だったけど)

ていうかなんで今まで当たり前のようにフェルプス使ってたのかな?

クリッパードも五回で降りたのが?ではあるけどこれで3勝目。

5安打3四球1失点でまずまずの結果。

確かに危なっかしい投球だったけど、せっかく六回に4点取ってリードしたのに

89球で簡単に交代って相変わらず意味不明な継投。。。

1番から4番がマルチヒットで松井も1安打ながら1打点で、エラーもなく

こういう試合が続いてくれればいいんだけど。

(キャプテンの2併殺はイタダケナイケド。。。)

ボストンも完封で3連敗で、ようやくいい流れになってきたかな?

これからゆっくり録画を見たいと思います。

(あしたの王は七回まで投げて欲しいね。)

Dj44

調子が悪いと思ったらすかさずバントヒットを狙うあたりが只者じゃないね!

| | コメント (1) | トラックバック (1)
|

2007/06/05

きょうの元の木阿弥

Jt17

一回のAロッドの振り逃げの判定が流れを変えてしまったのか。

一回は何とか二人のランナーを出しながらも0点に抑えたものの、

二回につかまって1アウトしか取れずに降板して又又マイナー落ちした出去る簿。。。

横殴りの雨も影響したのかもしれないけど、ヒット、ワンバウンドのHBP、ヒット、

三塁ゴロでダブルプレーが取れず1点、ファーストゴロをフェルプスがセカンドに暴投で

2点目が入って1,2塁。どっちもフェルプスが絡んでる。最後は井口がセンター前で

3-1でビローンに交代ってちょっと早すぎない?井口のヒットは改心の当たりだけど

あとはアウトになる打球じゃない?

只でさえブルペンがいないのにどうしてせっかく上げた若手の投手に

こういう待遇をするの?これじゃ二度と上がってこられないよ。。。

2度目のメジャー昇格を果たしたばかりのデサルボだったが、試合後にはジョー・トーリ監督からマイナー行きを告げられることに。「我々は彼に無理な要求をしていたようだ。(メジャーで)投げるときは当然、期待も大きくなる」と、指揮官は厳しい評価を下した。

一体どんな要求を出したの?ホントにロジャーの代役を望んでたとでも言うの?

確かにヤンキースは初回に1点を先制しながらも、その後は5点ビハインドの9回に2点差まで追い上げるのが精いっぱい。その間に3度も併殺でチャンスをふいにしている。

全部投手陣のせいにするのもねえ。。。

またボストン戦後の連敗街道まっしぐらってことになっちゃうの?

あしたのクリッパードもだめなら即マイナー行き?

(民系が守ってれば出去る簿もこんな結果には。。。)

で、とうとうこんな記事が。

米大リーグは開幕から2カ月が経過し、ヤンキースとホワイトソックスの間で大型トレードの可能性が浮上した。

 シカゴ地元紙『シカゴ・サンタイムズ』は4日(現地時間)、関係者の話として、ホワイトソックスがジャーメイン・ダイをヤンキースに放出し、ヤンキースからボビー・アブレイユを獲得するというトレード話が再燃していると報じた。今オフにフリーエージェントとなるダイ放出のうわさは2週間前にも浮上していたが、このときはオジー・ギーエン監督が主力選手のトレードの可能性を否定していた。

 また同紙によると、ホワイトソックスがアブレイユ獲得に興味を示す理由として、アブレイユとギーエン監督が友人同士であること、さらにはチーム関係者がもともとスロースターターのアブレイユの復活が近いと踏んでいることを挙げている。

 ヤンキースのアブレイユは打率2割4分6厘、2本塁打と大不振。一方、昨季44本塁打を放ったホワイトソックスのダイも、ここまで打率2割2分8厘、10本塁打と期待外れの内容だ。アメリカンリーグ中地区4位のホワイトソックスと同東地区最下位のヤンキースが、プレーオフ進出のためにトレードに動くことは濃厚。不振を極める主砲同士のトレードは現状打破のきっかけとなるのか、今後の動向に注目が集まる。

ダイかー。守備の方はどんな感じだったっけ?どっちが「化ける」かな。

アブちゃんも徐々に調子は上がってる感じはあるんだけどね。

去年も途中からでの活躍だから放出した途端に活躍するっていうのもありそう。。。

まあそろそろ本格的にいじりださないと埒があかなそうだしね。。。

| | コメント (4) | トラックバック (0)
|

2007/06/04

きょうのシーソーゲーム(ギッタンバッコン)

Ar41

4-0からアンディが打たれて逆転されて、痒ーノが出てきた時点で「終わった」と

思ったんだけど、パペからAロッドが逆転ソロを打ってモー様がなんとか抑えて

「最悪の」2勝1敗という結果に。

オカジーからようやく松井にヒットが出てロビンがトリプル打って、

そのまま逆転ってところであと一本が出ず、ブルーニーも満塁まで行って

アブちゃんのギリギリキャッチがなければ終わりってところだったけど、

よく持ってくれたね。

なんとか首の皮一枚残った感じだけど、この試合が「あの時負けてたら」ってことには

ならないよね。。。

アブちゃんは守備も打撃も良い悪いの差が激しすぎだけど、

やっぱり松井が6番くらいに収まる打線の方が機能しそうだし。

まあホントはアンディがちゃんと抑えて七回まで投げて5-2くらいで

終わってる筈だけど、きょうはとにかく「勝てれば」御の字だからね。。。

「きょう」のシカゴ戦のことも気にはなるけど。

そしたら、

ヤンキースは4日(日本時間5日)のホワイトソックス戦の先発に、登板回避したクレメンスに代わってデサルボを起用することを決めた。

 デサルボは1日に3Aスクラントンへ降格したばかり。しかし、故障者リスト入りするミンケイビッツと交代で昇格するため、規定日数を待たずに昇格が認められる。

 3Aスクラントンで調整中の井川は、この日は7回3失点。トーリ監督は「次回も(3Aで)投げさせたいとの報告が来ている」と話した。

米大リーグ、ヤンキース傘下の3Aスクラントンで調整中の井川慶投手は3日、ロチェスター戦に先発し、7回6安打3失点だった。

 103球を投げ、9三振2四球。先頭打者に本塁打され、4回に押し出し四球を与えた。

とのこと。

ここでもチャンスを逃した感が。。。

またボストンで戦力使い果たして連敗街道突き進むってことにならないと

いいけどね。。。

Ap8

泣いてる場合じゃないよ!!

(ところで「シーソー」のことを「ギッタンバッコン」って言ってました?)

| | コメント (1) | トラックバック (0)
|

2007/06/03

きょうの長丁場(立ち直れない)

Dm2

キャプテンの2222安打目のダブルで始まったこの試合、

ヤンクスは一番アブちゃん、ポサダがDH、ボストンは二番にペドロア、五番にユークって

キツイ打線になっちゃったね。。。ドリューが五番だから助かってたのに。

兄貴がDLに入ってDHの使い方にバリエーションが増えたのは確かだけど、

いい方に働いてくれるかな?

昨日の流れでちょっとした内角攻めに審判がピリピリきてて、お前らが煽ってどうする。

結局その注意がきっかけでペドと黒豚君に連打されてどうなるかと思ったら

キャプテンがお手玉寸前で持ちこたえてダブルプレーを決めて事なきを得る。

それにしてもキャプテンよく堪えたね。ここがロビンとの違い?

ミルキーの巻き込んで入ったソロホーマーで先制は大きいねえ!

民系にもヒットが出て、しばらく民系ファーストでいっていいんじゃないの?

フェルプスのあの守備を見ちゃうとねえ。。。

きょうはいくつダブルプレーショーが見られるのか。ロビンも軽快に捌いてキャプテンとの

コンビもホントに様になってきたね!

と思ったら今度はキャプテンが取られる番に。アブちゃんが出てこれからってところで

痛いね。。。

松井は最初は初球打ちで二度目は簡単に追い込まれてからの三振で

ちょっと覇気が感じられない。もうちょっと打ち気を見せて欲しいね。

唯一の穴かと思ったモーペーニャにグリーンモンスターダブルって。。。

ココに簡単に送られてルーゴのショートゴロで一点って簡単だね。。。

ヒット一本からの点の取り方を知ってるよね。それも下位打線から。

でBSニュースを挟んだらイキナリ四回裏に。そんなに長い試合になったのかな。。。

ってことはこの回点が入るって事?で現地は予想通りにスコールになってるみたいで

かず坊氏は屋根の下かな?

ノーアウト2,3塁の場面で中断でシートが掛けられて、この後どうなるの?

30分の中断後に再開って録画でよかった?現地はどんな感じで待ってたのかな?

ユークはホントにボールを振らないねえ。選んで満塁でローエル。

Aロッドの横を抜ける当たりでやっぱり一点献上。

張テックのセカンドゴロで1,2塁間でロビンがローエルに「頭突き」されながらも

ファーストに投げてダブルプレーを完成させて、でももう一点。

で「穴」のモーは三振でなんとか二点で抑えたかな?

で今度は六回表?どうなってるの?

松井のライト前で始まってそれはいいんだけど、NHKも手抜きだねえ。。。

Aロッドが粘って選んでDHのポサダがライトへ待ってましたの逆転スリーラン!!!

シリングノックアウト!!!気持ちいい!!!

相当ガックリきてるねえ。まあそんな心配はしてられないけどね。

ミルキーダブル、民系タイムリーでさらに一点!!機能してるじゃん!

と思ったら今度はローエル、張に連続ホームランでムースノックアウト。。。

どうなっちゃうのこの試合。。。まあ途中を飛ばすのもしょうがない展開かな。。。

プロクが何事も無く登板してるけどお咎めなしだったのかな?

でこれからも点が入ったイニングだけ放送するの?もうスキップなし?

キャプテンもモンスター越えのソロで再逆転。松井も続け!

って落ちる球に三振。続けない。。。

Aロッドはそれを見送ってフォアボールでオカジーの登板。凄い歓声。

ポサダとどめの一発をお願い!

右打席が災いしたのかもう一歩届かずまたもオカジーを打てず。。。

そしてまたBSニュース。明けたら今度は何回?

すんなり七回裏だけど点は入らないよね?

プロクがそのまま続投できょうはどこまでいくの?

黒豚君の当たりをアブちゃんの迷走でダブルにしちゃって、ボールを目で追いすぎ

なんじゃないの?打撃がちょっと戻ってきたと思ったら守備は相変わらず。。。

魔ニーを歩かせて、因縁のユークとの再戦。

ストライクが入らず気合で負けてる?ユークの顔真っ赤。

結局ストレートで歩かせてノーアウト満塁でローエル。

セカンドゴロでダブルプレーかと思ったらキャプテンのファーストへの送球が逸れて

民系の後頭部にローエルの膝が入ってそのまま退場でその間に二点が入って逆転。

せっかくいい感じになってた民系だったのにどうなっちゃうの。。。

キャプテンダブルプレーになるショートゴロをポロリしてって。。。

ココのセンターへの当たりが前に落ちてもう一点。6-8。

そして負けてる場面でブルーニー。もうどうでもいい感じ。

でロジャーも登板回避ってどういうこと?

ルーゴに簡単にセンターフライを打たれてさらに一点。6-9。終わった。

その後も二点が入って結局6-11。中継途中に結果を見ちゃいました。。。

オカジーがメジャー初勝利で初セーブもヤンクスからってヤンキーキラーってこと?

結局3時間39分ってそれ以上に長かった気が。。。

でロジャーが足の疲労でホワイトソックス戦を登板回避でその代わりに

井川がメジャーに戻るみたい。嬉しいのかなんなのか。。。

民系のその後の情報もないし。。。

かず坊氏のshinzo君もとっても心配です。。。

<追記>

故障者が続出しているニューヨーク・ヤンキースに、またもけが人が出た。ゴールドグラブ賞に輝いたこともあるダグ・ミンケイウィッツ一塁手が、この日のボストン・レッドソックス戦で守備の際に走者と激突して右手首を骨折。故障者リスト入りが確実となった。

 7回無死満塁の場面で、レッドソックスのマイク・ローウェル三塁手がセカンドゴロ。二塁手からのボールを受けたデレク・ジーター遊撃手の送球が逸れたため、捕球しようとしたミンケイウィッツとローウェルが衝突した。ミンケイウィッツはそのままグラウンドに倒れ込んで動けず、カートで退場して病院で診察を受けた結果、首のねんざと右手首骨折と診断された。

 このプレーについて、ヤンキースのジョー・トーリ監督は「(ミンケイウィッツが)捕球しようとしたところにマイクが走りこんできた。(ローウェルが)全て悪いとは思わないが…」とコメント。一方、レッドソックスのテリー・フランコナ監督は「あれは避けられない事態だった」と語り、当事者のローウェルは「ダグとは、オフシーズンによく出歩く仲で古馴染み。大事でないことを願っている」と友人の安否を気遣っていた。

これで何人目のDLなの?

まじでお祓いしないとシャレにならない。。。

であしたからはフェルプスなの?あしたもエラーで負けるの?

| | コメント (3) | トラックバック (2)
|

2007/06/02

きょうの激突(いろんな意味で)

Jt16

最近はオープニングアニメの後の球場の空模様がまず気になるんだけど、

きょうもちょっと微妙な感じでやっぱり雨が上がったばかりで30分遅れのスタート。

きょうは9時過ぎに出かける予定でただでさえ見る時間がないのに早くも30分の減。

一回の攻撃はあっさり終わって、守りはツーアウト満塁まで来てこれでもう

出かけなくちゃならなくなるかと思ったらローエルを抑えて二回の攻撃まで

見られることに。

そしてロビンのツーラン、デーモン押し出しでキャプテンの打席のところで時間切れ。

ここで一気にウェイクをノックアウトして欲しかったけど。

そして駅で一度だけ携帯チェックしたらもう二回の守りで3点止まりで1アウト1,3塁?

用事が終わってもう終わってるだろうと思ったらまだ八回。

そしていまから録画チェック。

キャプテンダブルプレーかあ。。。惜しいねえ。

そして二回の王。2点取られてツーアウト満塁でドリュー。

サードへのフライでなんとかチェンジ。5番がドリューでホントに良かった。

ここにもう一人打てるバッターがいたらもう手が付けられないからね。

まあドリューはそういう意味でとった筈だけど。。。

松井は見た目は甘めに見える球なんだけど、タイミングが合わないんだよね。。。

Aロッドもラミレスの守備にダマサレテセカンド悠々アウト。ホントにグリーンモンスターを

知り尽くしてる。。。

ポサダも二打席三振で、お前が打たないで誰が打つの?

嫌な流れの中三回の王はいきなりHBPで、ココはセカンドゴロでダブルプレーかと

思ったら投げられもせず一塁セーフ。早いねえ。そして初球いきなり盗塁って。

ミラベリにも三遊間を抜かれて流石にこれは返れないけど。

ゴロは打たせてるんだけどコースが。

ペドロアには三塁線で松井が三塁側のフェンスに激突しながら後ろにはそらさずに

1点で抑えたのが効いてくれたのか、ルーゴをサードゴロで飛び出した三塁ランナーを

挟んでツーアウト、ユークをフルカウントからショートゴロに抑えて

なんとか同点止まりに。

ここが肝だったのかな。松井の執念が王に伝わったかな。

でも三回で70球は多すぎだよね。。。ヒット7本も多すぎ。

ロビンは合っているのか簡単にセンター前へ。溜めが効いてる。

そしてパスボールでセカンドへ。流れが変わった?

アブちゃんフォアボールできょう何個目?

守備に目をつぶってるフェルプスなんだから打たないと意味無いよ!

とおもったら背中に当たってノーアウト満塁でミルキー。

さらに大きなワイルドピッチで1点とって4-3。

これがウェイクの最大の「ウェイクポイント」

ミルキー遠回りしながらセンター前に落として5-3。これがウェイクの打ち方かな?

さらにまたまたミラベリパスボールでフェルプス返って6-3。どこまでいっちゃうの?

デーモンはセカンドフライでようやく1アウト。

キャプテンも力んでショートゴロで2アウトで松井。

ここは無理せずよく見てフォアボールでここでウェイク降板。

きょうは「ダメ」な日だったのかな?四死球7は流石に多すぎだね。

代わったシュナイダーはAロッドに「痛い」HBPでポサダが左中間への打球で

トリプルダブル!9-3。この怒涛の攻撃がヤンクスの「強み」だよね!

四回の王、黒豚君には打たれたけどようやく魔ニーをダブルプレイに取って

ドリューも簡単に打ち取ってやっと波に乗れたかな?ここまで84球でどこまでいくか。

アブちゃんの打球にようやく「勢い」が見えてきてなにかきっかけが掴めたかな?

フェルプスは「打撃」だけで出てるんだから、バントくらい練習しとけよ!

でサードの誤審でまた流れが変わったのかこの後は点が入らなくなる。

あんな審判が責任審判なの?

そして投手交代の間に怒りがぶり返したのかトーリがまた審判に食って掛かって

結局退場に。そうとうお怒りでよく手が出なかったね。。。

ツーアウト満塁からの松井の当たり、もう一歩でグランドスラムだったけど

ちょっと先っぽだったのかな。。。まあ携帯チェックで八回9-3はわかってるので

これが入らないのはわかってたけど。。。やっぱりヤンクスを信じてチェックしなければ

よかった。でもそうそう負け試合に時間を取れないからねえ。。。

五回の王の投球時に「悪魔」の顔が。。。まさかこのあと痒ーノなんてことはないよね?

ていうかなんでまだここにいるの?王にはなんとか八回まで投げてもらわないと。

六回時点ではマイヤーズに変わっててちょっと安心。

でも結局五回2/3で降板。まあ立ち上がりの状態からよくここまで投げたかな。

10安打で3点なら御の字でしょう。で後続はマイヤーズ。

とりあえず奴でなくて良かった。

ようやく「左対左」の役割を果たして黒豚君を三振に。このまま投げ続けるのかな?

なんてことはなく七回からはブルーニー。もう八回までいって最後はモー様で決まり?

でロジャーの代わりは出去る簿みたいで痒ーノはまた残留?意味がわからない。

そんななかのキャプテンのヒットをアウトにするプレイ。どこまでカッコいいの?

でやっぱりブルーニーは七回だけで八回はファンズ。この細切れ継投は

ドンが監督でも変わらないのかな。。。

ファンズはきっちり三人でって、凄い久々な感じ。これが毎回ならいいんだけどね。。。

でこの状況で九回はプロク。どこまで贅沢なブルペン陣。。。

なんで珍しく調子のいいファンズでそのままいかないの?

連戦の緒戦な筈なのに、6点もリードしてるのに。

マッツーと田場のおしゃべりの最中、プロクのボールがユークの顔面付近に。

で即刻危険球で退場って。。。で誰が投げるの?ビローンかあ。。。

これで5人目のブルペンって、まだ緒戦だよ?あした誰が抑えるの?

で黒豚君にヒットが出てこれで負けても勢いはボストンだね。。。

ヤンキースは「勝ち方」を忘れちゃったのかな。

で結局モー様まで注ぎ込むの?信じられない。。。

これじゃ全然きょう勝った意味がないじゃん!あしたはお休みなの?

ブルーニーかファンズを二回投げさせてれば余計に3人も使わなくて

済んだんじゃないの?

もう勝とうが負けようがどうでも良くなった。。。

で魔ニーにあわやホームランのグリーンモンスター直撃の当たりで9-4。

ボストンのモーのピッチャーゴロをダブルプレーに出来ず9-5。

最後はヒンスキーをセカンドゴロに打ち取ったけど全然勝った気がしない。。。

そして現地は11時半前くらい?

かず坊氏のshinzo君はどうなったかな?

帰りの電車は確か只だったはずだけど足取り重そうだな。。。

きょうはゆっくり休んででもあしたはデーゲームだよね。

ていっても4時からだから少しは余裕があるかな?

きょうはフェンウェイのショップには行ったのかな?

興奮冷めやらない感じではあるけどお大事に。

Sp4

であしたは投げられるの?

| | コメント (2) | トラックバック (1)
|

2007/06/01

きょうのイメージ

「カリスマ主婦モデル」の黒田知永子(45)が離婚していたことが31日、分かった。所属事務所を通じてファクスで「5月末に16年間の結婚生活に終止符を打つことになりました」とコメント。今週初めに離婚届を提出したという。

 「夫婦の数だけそれぞれに形があり、それぞれにトラブルがあり、そしてそれぞれの選ぶ道があると思っています。そして選んだのがこの道です」としながらも真相については明かしていない。

 2歳年上の会社員男性の夫とは昨年から別居状態だった。関係者によると、慰謝料などはなく、今後も「黒田知永子」の名で活動する方針。

 黒田は短大在学中からモデルとして活躍。結婚した91年、長女を出産したのを機に仕事を休んでいた。95年、雑誌「VERY」(光文社)の創刊と同時に復帰。「チコ」の愛称で主婦層のカリスマとして君臨し、新しい“ミセスライフ”を次々と提案してきた。

 私生活では2世帯住宅で夫の両親と生活。順風満帆な家庭を築いていたかのように見られたが、昨年、黒田が長女を連れて家を出た。当時のインタビューで「主人はけっこう忙しいので、あんまり家事には協力的ではないです」などと話しており、夫や夫方の家族とのすれ違いが離婚の原因とみられている。

 長女の親権は黒田が持ち「これからも子供とより真摯(し)に向き合っていきたい、というのが今の思いです」としている。

この人はこうあるべきだ、ていうイメージが固まってる人がそれを打ち崩すことは

相当大変なんだろうね。

青田典子も負け犬キャラで売れてきたからって結婚してたことを言えなかったって

ちょっと可哀想だったし。

イチローの場合はあえてイメージを壊したパターンだけど、

ヤンクスは図らずも自ら「強い」というイメージを台無しに。。。

松井もそろそろかつての「ホームラン王」のイメージを取り戻して欲しいね。。。

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »