« きょうの復活(もう一人は間に合わず) | トップページ | きょうのいまさら »

2007/06/11

きょうの「はじめの一歩」

Mk2

久しぶりに松井の左に「引っ張る」打撃が見られてその前の守備機会も軽快だったので

きのうのちょっと暗い雰囲気はなくなったかな?

アブちゃんも綺麗なフォームから綺麗な打球が飛んでいって、完全復活かな。

走塁も決まって、後は守備だけ。と思ったら松井の打球が落ちるのを見杉で

結局タイムリーにならずってマダマダだね。。。

三回終わって5-2で、きょうはある程度投げさせてくれるかと思ったクリッパード、

四回1アウトから四球、ヒット、四球、ダブルで2点が入って5-4。

さらにダブル(途中でタッチアウト)が出て5-6の逆転で、流石にこれでは交代かあ。

トーリもきょうはもうちょっと我慢しようかとも思ったんだろうけどこれじゃねえ。

これで5人目のスタータに生き残れるかな。。。

いままでならズルズルと負けにまっしぐらって感じだけど、なにかが「突き抜けた」のか

キャプテンしぶとく三遊間、アブちゃん固め打ちの三安打目のヒットで1,3塁で

茶痕降板。お疲れ様です。で桑田はいつになったら「18番」を見せてくれるの?

キャンプでの「3番」長嶋の出し惜しみの再現でもしてるのかな。

代わった「切れなし」クン(SHARPLESSって凄い名前)から

Aロッドの逆転スリーランであっという間にひっくり返す辺り、本物かな?

与田っちの予想通りの展開になって、ようやく桑田もブルペンで投げ始める。

ちょっと下目に大きい「18」だけど、嬉しそうだね。

代わったヘンもヒットに四球で相変わらず締まらないねえ。

1アウトとってまた四球で、ど真ん中で三球三振、セカンドゴロでなんとか0点に抑えて

いよいよ桑田がヤンキースタジアムのマウンドへ。

まさかヤンキースタジアムでメジャーデビューできるなんてね。

まずはミルキーをセンターフライ、懐炉をサードゴロ、二江弁須はショートの

ファインプレーで三者凡退。この回だけはヤンキースファンを離れた気がした。

思わずアウトで手を叩く自分がいました。

最速は141kmだったけど120km台の変化球を織り交ぜて、らしいピッチングは

相変わらずだね。とりあえず満足の投球だろうね。

六回のヘンは開き直っていい感じかと思ったらフルカウントからHBPでここで交代。

でもこれで勝ち投手の権利って、ムースかアンディにあげたい気分。

そしてまだいる痒ーノ。

桑田は2イニング目のマウンドへ。

デーモンライトフライ、キャプテンショートライナー(またもファインプレイ)、

アブちゃんには最速143km、でも見られてフォアボールでAロッド。

初球のスライダーを簡単にライトスタンドへ運ばれて、これが「メジャー」なんだね。

思わず天晴れな当たりを、これも桑田目線で見た感じ。

カーテンコールの中始まった松井との対戦。やっぱりどちらも気まずい感じで

結局歩かせることに。まあこうなるのもしょうがないかな。

(ヤンキースのベンチの中でこの二人の対決の意味がわかる人はいないだろうね)

ロビンを「ショート」フライに打ちとってマウンドを降りる。

やっぱりアブちゃんを歩かせたのが敗因かな。。。でもオカジーのケースもあるし、

次からはもうあそこへは投げないよね。

(でもキャプテンへのあのカーブでの空振りは忘れないだろうね)

きょうは本来はAロッド、アブちゃんの日ではあったんだろうけど、

やっぱりきょうは「桑田の日」だろうね。

試合結果は13-6での大勝で、6連勝、あとひとつで勝率が5割に。

プロク二回、マイヤーズ一回を投げてあしたはお休み。

松坂vs乱爺は乱爺の粘り勝ちでボストンとの差もようやく9.5となって、

6月中に追いつきたいね。って欲張りすぎか。

それにしてもこういう日が来るもんなんだね。

どこまで日ハムに迫れるか。(あと8勝!)

Ba9_1

こんどはちゃんとホームに走ってよ!(打点1つちょうだい)

|
|

« きょうの復活(もう一人は間に合わず) | トップページ | きょうのいまさら »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

こんばんは☆

桑田さんの投げてる写真はカッコイイですね~♪
正直、こんなに早くメジャーデビューできるとは思ってませんでしたから。
桑田さんのインタビューを聞いてたら、こちらも、もらい泣きしちゃいました。
ホント、うれしいです。
今後の活躍に期待してますよ~

ヤンクスは流石ですね。
何時の間にか借金返済まで一つとは。
クリッパードより井川さんの方が良くないですかね??
左腕はBOSが苦手だし貴重だと思うんですが。。。

BOSの影が少しだけ見えてきたかな?^^

>Re:樹里亜

ホントにまたいきなりだったし、それがヤンキースタジアムって
夢にも思わなかったでしょうね。
松井にも回ってしまったのはやっぱり運命なんですかね。

それにしてもあの怪我からホントに凄まじい復活で
チーム事情もいい方に作用して、今までの不運を全て
取り戻した感じですかね。
(背番号が写ってる写真が欲しかったですが)

クリッパードが落ちたとしても次はヒューズですからね。
4人は確定で5人目も難しいでしょうね。
でも中継ぎっていうタイプでもないだろうし。

BOSと再戦するころには追いついてて欲しいですね。

投稿: ヒロミ⇔樹里亜 | 2007/06/12 00:18

>ヤンキースのベンチの中でこの二人の対決の意味がわかる人はいないだろうね

一応YESの放送では、この2人は10年間チームメイトだったと紹介してました。
少しは知っている人、いたんじゃないですか?

>Re:樹里亜

そういう事実ではなく、Aロッドが打席に立って、
ベンチのメンバーはみんな打ってくれと思う中、
打たないで終わってくれ、という松井の思いと、
あっという間に初球を打たれた桑田の思いと、
Aロッドを迎えるメンバーの思いと、
その喧騒の中で静かに迎えた対決と、
どちらも気まずい対戦の中、結局四球で終わらせた桑田の気持ち、
とりあえず終わった対決にホッとする松井の気持ち。

かつての「若乃花対貴乃花」の直接対決を見るような感じ。

そういったなんともいえない感覚をわかる人は
あのベンチにはいないだろうな、ということを言いたかったわけです。

日本人的であって外国人にはない感情カモシレマセンガ。

投稿: KMFIS⇔樹里亜 | 2007/06/13 02:20

失礼しました。

>Re:樹里亜

いえいえ。

「機微」ってやつですね。
英語にもあるんですね。「niceties」って使います?

投稿: KMFIS⇔樹里亜 | 2007/06/14 03:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/6750264

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの「はじめの一歩」:

» 桑田のメジャーデビュー GAME61 ヤンキース [青いblog]
13対6でヤンキース。 桑田が投げるところをちょうど映像で見たのだけど、5回裏のカブレラからの打順で三者凡退。 6回裏から1番に戻り、デーモン、ジーター [続きを読む]

受信: 2007/06/11 23:02

» ピッツバーグ3連戦・第1戦〜第3戦 [♪ち〜こっさんのいろいろ観戦記♪]
b  <第1戦>  Pittsburgh   0 1 0 0 1 0 2 0 0 0  4 11 0  NY Yankees  0 0 0 0 0 2 2 0 0 1  5 12 0  W: M. Rivera (2-3, 4.13); L: M. Capps (3-3, 2.86)  HR: PIT: X. Nady (10), C. Duffy (3). NYY: H. Matsui (6).  http..... [続きを読む]

受信: 2007/06/11 23:20

» 55 vs. 18 [取扱説明書]
ヤンキース戦の6回、投球するパイレーツの桑田。右は四球のヤンキース・松井秀喜。桑田と松井の大リーグ初対決は四球。試合は13―6でヤンキースが勝利(10日、ニューヨーク)【時事通信社】 本当にメジャーでこの2shotが見れるとは・・・( ;∀;) 「感度」の...... [続きを読む]

受信: 2007/06/12 09:41

« きょうの復活(もう一人は間に合わず) | トップページ | きょうのいまさら »