« きょうのダブルヘッダー? | トップページ | きょうの同感 »

2007/07/30

こんかいのれんせん(とりあえず終了)

米大リーグ、ヤンキースの松井秀喜が30日(日本時間)、敵地でのオリオールズ戦に「5番・DH」で先発出場し、3打点を挙げてチームの勝利に貢献した。

 松井は、第1打席で先制点となるライト犠牲フライを放つ。第2打席は空振り三振。第3打席はショートフライ。第4打席はセンター犠牲フライ。第5打席ではセカンドゴロの間に1打点をマーク。この日は3打数無安打3打点、打率は2割9分。

 ヤンキースは序盤に4点を取るも、中盤にオリオールズに反撃されて1点差に迫られた。しかし、7回に松井の犠牲フライで追加点を挙げたヤンキースは、8回にも5点を奪って粘るオリオールズを突き放した。最後は守護神リベラが締めて10-6で勝利。先発の王建民は6回3失点で12勝目(5敗)。ヤンキースは連敗を「3」で止めた。

この20連戦で14勝6敗はあと一歩って感じだったけどきょう勝てたのは大きいね。

それにしても3打数0安打で3打点って珍しい記録になるんじゃないかな?

あと一歩まで逆襲しただけに悔しさも増す。3連敗で19号が空砲となった松井秀は、試合後ニコリともしなかった。

 「喜びも半減? 全然。半減も何も悔しさだけですよ。もう1本のところまでいったけど、残念でした…」

トーリ監督は「無安打で3打点。すごくいい働きだ。打てる球を待ち、やるべきことをやっている」。3本塁打を打ったかのように絶賛する。

ホームランを打ってもチームが勝たなければ、ヒットが出なくてもチームが勝てば。

松井の喜びの「基準」はそれひとつしかない。

Ar55_2

きょうも3四球。どうせ打つんだからそんなに相手投手も神経質にならなくても。

早く「通過」したいよね?

|
|

« きょうのダブルヘッダー? | トップページ | きょうの同感 »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/7331793

この記事へのトラックバック一覧です: こんかいのれんせん(とりあえず終了):

« きょうのダブルヘッダー? | トップページ | きょうの同感 »