« 元の木阿弥2 | トップページ | きょうのMUST »

2007/09/02

きょうのルーキー

Ik05

なんか随分「こまわりくん」な感じだけど、ムース二世は一世を越えた?

デビュー戦で七回五安打3失点(自責1)で初勝利。

トーリの方程式痒ーノが「本領」を発揮して3失点で9-6まで追い詰められて、

マタマタ八回登板のモー様が4人を3三振とこちらも「本領」を発揮。

そんな中、

当地でのニューヨーク・ヤンキース対タンパベイ・デビルレイズ戦で、アレックス・ロドリゲス三塁手と岩村明憲三塁手が、それぞれ相手チームの抗議でバットを没収される騒ぎが続いた。

 最初の「犠牲者」となったのはデビルレイズの岩村。2回表、2死二塁での第2打席でヤンキースのジョー・トーリ監督が抗議し、没収となった。審判団チーフのダナ・デムース氏は「トーリ監督は、あんな平らに見えるバットを作る製造業者はいないと主張し、合法か非合法かはっきりさせたいと言っていた。我々は彼の要求を尊重する」とコメントした。

 第二幕が上がったのは、その1イニング後の3回裏。今度はデビルレイズのジョー・マドン監督が、ロドリゲスのバットにクレームをつけ、岩村同様にバットを没収されることになった。「マドン監督は、バットの内部に飛距離を伸ばす何かがあると抗議している。ルール上、抗議するのは認められているので、それを尊重した」と、デムースは語っている。

 この一連の騒動について、トーリ監督は「(双方の抗議は)微妙に趣旨が異なる。私はバットに疑問を抱いたが、彼(マドン監督)はアレックスを疑った」とコメント。当事者のロドリゲスは、バットについては何も心配することはないとし、「いっそ、グラブも持っていってほしかったね。かなり変な話だと思うよ。バットは返してほしいね。あれはお気に入りだったんだ」とジョークまじりで余裕を見せていた。

どっちもどっちって感じだけど、抗議するのも「権利」みたいだからね。アメリカだね。

そして、

Cb02

メジャー二戦目でのノーヒッター。流れが悪くなってるボストンに救世主?

|
|

« 元の木阿弥2 | トップページ | きょうのMUST »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/7774750

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのルーキー:

» バクホルツがノーヒットノーラン達成 [青いblog]
No-no a go for Buchholz http://mlb.mlb.com/news/wrap.jsp?ymd=20070901&content_id=2183887&vkey=wrapup2005&fext=.jsp&c_id=mlb  Buchholzがノーヒッ [続きを読む]

受信: 2007/09/03 20:07

« 元の木阿弥2 | トップページ | きょうのMUST »