« きょうの傍観 | トップページ | きょうのルーキー »

2007/09/01

元の木阿弥2

Ph07

あの肉離れした試合の投球には「プロスペクト」の片鱗が見えたけど、

DLから上がってきて以降、その1/4鱗も見てないんだけど。

記事も2試合出場停止のチェンバレンのことばかりだし、

あしたのケネディが好投しちゃったら、あっという間に置いてけぼりだよ?

そして、

ヤンキース傘下3Aスクラントンの井川慶投手(28)は31日(日本時間1日)、ポータケット戦に先発し、7回を5安打3失点だった。四回に2ランを浴びるなどしたが、課題の制球は安定。マイナーの公式戦登板はこれが今季最後で、今後はメジャーから声がかかるのを待ちながら、3Aのプレーオフ登板に合わせて調整する。
 試練の1年目が、ひとつの節目を迎えた。マイナーリーグでの公式戦ラスト先発で、井川が5勝目(4敗)を挙げた。チェンジアップが有効に決まり9奪三振。101球を投げて71球がストライクで四球は2つだけと、課題の制球にも進歩の跡をみせた。
 「ストライク先行で攻めのピッチングができました。チェンジアップが使えたことが、リズム良く投げられた要因だと思います」
 試合後の表情に、手応えがありありと感じられた。
 メジャーは1日に登録枠が拡大されるが、現状では井川に昇格する予定はない。今後は5日から始まる3Aのプレーオフの第2戦に先発する予定だ。
 「上(メジャー)で結果を出すのは今年はもう遅いですが、来年に生かせるようにやっていきたい」。昇格にせよ、プレーオフにせよ、来季を見据えた挑戦はまだ続く。

井川はもう諦めてるのかな。

まだまだ何があるかわからないからね。最後まで「信じて」いないと。

|
|

« きょうの傍観 | トップページ | きょうのルーキー »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/7765290

この記事へのトラックバック一覧です: 元の木阿弥2:

« きょうの傍観 | トップページ | きょうのルーキー »