« きょうの一枚 | トップページ | 最近の謎 »

2007/10/06

予想外の敵

Jc07

ミルキーの捕殺と先制弾の「2打点」で始まったALDS第二戦。

再三のピンチを3アウト目を三振で切ってとって思わずガッツポーズが飛び出すペティト。

でもその後の攻撃で、相手のカーモナもホントにいいピッチングで追加点が。。。

ていうか七回終わってミルキーのホームランにキャプテンのセンター前の二本だけだし。

相変わらずAロッドはプレーオフでヒットが出ないし、松井も同様。。。

七回裏、ペラルタの後30cm「右に」飛んでたら入っていた打球に助けられて、

とりあえず1アウト2塁となった場面。

当たっている炉布団と勝負せず、ここでトーリがブルペンへ。

92球、7安打、0失点での降板。でもこの後は8,9番だし、

ボヤッキーの言うとおりこの回は任せても良かった気も。

そしてクローザではなくセットアッパとしてチェンバレンが登板。

スライダー三つで三球三振。力を抜き気味でのこの投球。

そして161kmの速球がインコースに決まる。

最後はスライダーをライトフライに打ち取って、5球でこのピンチを抑える。

ホントにALDS初登板なの?

でもこの後の八回、九回をどう抑えるかが今年の課題だからね。。。

でカーモナは八回でも150kmのシンカーが低めに決まる。

どうしてあんな速い球が落ちていくの?

そして羽虫が舞う中、殺虫剤を振りまいてチェンが八回のマウンドへ。

羽虫の嵐に流石のチェンも集中できずストレートのフォアボールで、

どうしてマウンド上が一番酷い状態なのかな?

無風状態なのが原因のひとつかもしれないけど、首に群がってる。。。

そしてワイルドピッチでノーアウト2塁。ヤバイ。

バントでアウトひとつ貰って、物凄い当たりが民系にストライクの打球でツーアウト。

後一歩のところでまたもやワイルドピッチでとうとう同点。。。

そしてHBPまで出てまだマウンドから降りられない。

ガーコもフルカウントから歩かせてどうにかならないの?

なんとか最後は三振で抑えて地獄のマウンドから避難。

でも九回もカーモナが投げきって最後はAロッドからの三振。凄すぎる。

あの嵐の中でもまったく気にも留めない集中力。敵ながら天晴れ。

そして同点で九回のマウンドにモー様。

センターフライ、空振り三振、センターフライで、これで終わってる筈なんだけど。。。

延長の10回、ようやくカーモナから左のペレスに交代して打席は松井。

泳いでサードフライ。ポサダもライトフライで4,5,6に全くヒットが出ない。

ロビンもショートフライで終わったかな。。。

ヒヤヒヤの10回裏、満塁までいったけどなんとか三振に抑えて

ホントにインディアンスもタイムリーが出ないね。

で11回は誰が投げるの?ていうかまずは点を取らないと。

ここまできて最後は痒ーノで満塁から最後はストライクを取りに行っての

サヨナラヒット。

6時起きしてこの結果。これからなにしよう。。。

搾り出してようやく休みが取れたのに、なにもする気になれない。。。

ニューヨークに戻って変わる可能性はあるのかな。

Ar66

いつになったらOからAに戻るの?

5日、最も勝負強い選手に贈られる「クラッチ・パフォーマー・オブ・ザ・イヤー」の最終候補6人を発表。Aロッドことアレックス・ロドリゲス三塁手(ヤンキース)ら6人が選出された。最終的な受賞者は10月18日まで行われるファン投票によって決まり、24日に発表される。

 候補者は以下のとおり。

■アレックス・ロドリゲス三塁手(ヤンキース)
■J.J.プッツ投手(マリナーズ)
■マーク・テシェイラ一塁手(レンジャーズ→ブレーブス)
■ライアン・ハワード一塁手(フィリーズ)
■ジェイク・ピービ投手(パドレス)
■アラミス・ラミレス三塁手(カブス)

誰が投票する?

|
|

« きょうの一枚 | トップページ | 最近の謎 »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

背景が眩しく見えますけど、
今のヤンキースは全く眩しく見えない…(ーー;)
どうも何時も負けるパターンにハマりつつある感じもして来て、
やはりA-RODと松井さんが打てないと、
いくら先発陣が踏ん張っても無理の様な気がする。

ん~クレメンスが気迫を出して、頑張ってもらうしかないね。
あとどっちにしても打てないんだから、
守備を重視するためにも、ファーストはミンケイビッチを固定。
松井さんがリズムを掴むためにも多少無理してでもレフトの守備に就かせて、
キャッチャーはモリーナで行って欲しいですわね。

>Re:樹里亜

レフト松井、ファースト民系、キャッチャーモリーナ、DHダンカン。
これで駄目なら駄目でしょう。

それにしてもあの嵐は中断ていう手はなかったんですかね?

まあ始まる前からこうなる感じは予想してましたが、
全くサプライズはなかったですね。

やはり勝負は厳しいってことですね。
これで勝ったらやっぱり失礼だ、ってことでしょう。

クレメンスに最後の雄姿を見せて欲しいです。

投稿: ち~こっ⇔樹里亜 | 2007/10/07 00:11

ん~ダンカンね…^^;
さっき別の方のブログでも言いましたけど、
短期決戦でもあるプレーオフに、
基本的に穴のある選手を起用するのはちょっとコワい面もあると思います。
確かにこの手の選手を乗せると、ラッキーボーイ的な存在になるんで、
相手にしてみれば脅威に感じるんだけど、
守備がそれなりに上手いとか、チームバッティングをするとか、
今のところそう言う感じも見受けられないし、
とりあえず代打とかなら解るんですよね。
その他の方のブログでも言ってましたけど、DH兄貴っう策もあるんですけどね~^^;

>Re:樹里亜

2試合シーズンの打順でやってこの結果であれば、
もう今まで通りとはいかないでしょう。
ここまできたらラッキーボーイを「作らないと」。

兄貴もねえ。。。

投稿: ち~こっ⇔樹里亜 | 2007/10/07 00:55

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/8262537

この記事へのトラックバック一覧です: 予想外の敵:

» ディビジョナルシリーズ・クリーブランド第2戦 [♪ち〜こっさんのいろいろ観戦記♪]
b  NY Yankees  0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0  1 3 0  Cleveland    0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 1  2 9 1  W: R. Perez (1-0, 0.00); L: L. Vizcaino (0-1, 13.50)  HR: NYY: M. Cabrera (1).  http://mlb.mlb.com/mlb/ps/y2007/boxsco..... [続きを読む]

受信: 2007/10/07 00:00

« きょうの一枚 | トップページ | 最近の謎 »