« きょうの憶測 | トップページ | きょうの24(シーズンⅥ06:00~07:00) »

2007/11/29

ライバルとの最初の戦い

Js01

米大リーグ、ツインズからのトレードがうわさされるヨハン・サンタナを巡って、ヤンキースとレッドソックスとの間で壮絶な獲得競争が展開されている。

 ニューヨーク地元紙『ニューズデー』は28日(現地時間)、「ヤンキースはサンタナのレッドソックス入団を阻止すべき」と題する特集記事の中で、「仮にサンタナのレッドソックス入団が決まった場合、今後ヤンキースは長年アメリカンリーグ東地区の2位に終わることになるだろう」と主張。現在サンタナとの交換要員として挙がっているヤンキースの若手投手だけでなく、センターのミルキー・カブレラ外野手を放出してでも、サンタナのレッドソックス入りを阻止しなければならないと続けた。また、同記事の中には交換要員として松井秀喜の名前は挙がらなかった。

 サンタナの獲得にはヤンキースのほか、レッドソックスやメッツなど複数球団が関心を持っているとされている。ツインズとしては、主軸のトリー・ハンター外野手がエンゼルスに移籍したことからも、有力な外野手の補強が必要なのは事実。一方同紙は先日、トレード要員として松井も候補となる可能性を論じていたが、仮にカブレラの放出が実現すれば、松井のレギュラー定着にも大きく影響を与えることとなる。サイ・ヤング賞を2度獲得し、ことしも15勝挙げている有力左腕のトレードを巡って、アメリカ東海岸ではライバル球団同士の獲得競争が激化している。

ヤンクスが獲らなかったとしてもボストンに獲られるのだけはヒジョーにまずいよね。

で結局何人差し出せばいいの?

でもデビューから見ている選手がいなくなるのはやっぱり辛いよね。。。

さらに、

ニューヨーク・ヤンキースが球界屈指の左腕ヨハン・サンタナ投手の獲得に向けてミネソタ・ツインズとのトレード交渉に動いている中、同じニューヨークを本拠地とするメッツも交換要員に3年連続盗塁王のホセ・レイエス遊撃手を用意する可能性がある。28日、地元紙デーリー・ニューズ(電子版)が報じている。

 サイ・ヤング賞2回、奪三振王3回の実績を誇るサンタナを放出するだけに、ツインズ側は交換要員に大きな見返りを期待している。ヤンキースの場合、今季デビューしたジョバ・チェンバーレインら若手3投手が候補に挙がっており、決断が難しいところ。これに対し、同紙は関係者の話として、ワールドシリーズで勝つには投手陣の強化が必要と考えるメッツのオマー・ミナヤがサンタナの獲得に前向きと伝えた。さらに、ミナヤGMがその実現のためにあらゆる手段を検討するとし、レイエスの放出もあり得ると付け加えた。

 レイエスは今シーズン、打率2割8分、12本塁打、57打点、両リーグ最多の78盗塁、119得点をマーク。しかし、9月に打率2割5厘と不振に陥り、ナ・リーグ東地区で首位を走っていたメッツがフィラデルフィア・フィリーズに逆転優勝をさらわれる要因の1つを作っていた。

こうなってくるとよっぽどのことをしないと獲れないね。

こちらのライバルにも負けられない!

|
|

« きょうの憶測 | トップページ | きょうの24(シーズンⅥ06:00~07:00) »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

BOSとは場外でもライバルと言うか意地の張り合いですね。
エロークレメンスー松坂と相手に行かないように邪魔したり
面白いですよね。
サンタナは果たしてどうなるのか、今の所ヤンクスに傾いてる
感じがするが。
結末が楽しみです。

>Re:樹里亜

まあ今年は直接対決には勝ちましたが、
総合的に惨敗でしたから、もう同じ轍は踏めませんよね。
でも若手を持ってかれるのはやっぱり辛いですね。
でもかたやレイエスですからね。。。

でサンタナってそこまで凄い投手なんですか?

投稿: かず坊⇔樹里亜 | 2007/11/29 22:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/9170942

この記事へのトラックバック一覧です: ライバルとの最初の戦い:

» サンタナ争奪戦 [バックスクリーンの下で 〜For All of Baseball Supporters〜]
お世話になります。 当方、プロ野球関係のブログを書いています。 よろしければ、あなたのブログにTBを貼らせてください。 [続きを読む]

受信: 2007/12/04 20:33

« きょうの憶測 | トップページ | きょうの24(シーズンⅥ06:00~07:00) »