« きょうの納得 | トップページ | きょうの読了「キラレxキラレ」 »

2007/11/08

きょうのいったりきたり

米大リーグ、ヤンキースのキャッシュマン・ゼネラルマネジャー(GM)は7日、松井秀喜外野手が右ひざの内視鏡手術を受ける場所がニューヨーク市内の病院に決まったことを明らかにした。

 同GMは来季のチーム編成について、松井秀に代わって左翼を守る機会の多かったデーモンを「今季は左翼を守ったし、欠かせない選手」とし、松井秀は「左翼と指名打者の両方で出ることになるだろう」と話した。


そこで問題になるのが、本来はレフトが定位置の松井。同紙はヤンキースが松井をトレードする可能性にも触れているが、全球団に対するトレード拒否権を松井が持つことから実現は困難と分析し、最終的にはジアンビがファーストに入るか休養を取った際にDHで出場することになるだろうと報じている。このとおりになれば、松井は来シーズンを事実上の控え要員として過ごすことになりそうだ。

民系はどうするのか、デーモン、兄貴、そして松井の体調はどんな感じなのか。

勝手に控え要員なんていってるけど、

誰がどうなるかなんて今の時点で分かるわけがない。

とりあえず「仮定」の話はなしにして、決まったことだけ書いていこうと思ってます。

そして

今季フリーエージェント(FA)の権利を取得した中日の岩瀬仁紀投手(32)が8日、東京都内のホテルで伊藤一正球団代表と初交渉に臨み、単年と4年の条件提示を受け「できればこの球団でやれるのが一番いいと思っている」と、残留に前向きな姿勢を示した。

 今季年俸3億9000万円の岩瀬は記者会見で、単年の場合4億を超える金額を提示されたと明かし「自分なりに考えて結論を出したい」と態度は保留したが「熱意はすごく感じた」と穏やかな表情で話した。残留の場合は、FA権は行使しないという。米大リーグへの移籍については「今年に関しては考えづらい」と否定した。

やっぱり人それぞれだからね。でも残念。。。

さらに、

今オフも現役続行か引退かの去就が注目されているニューヨーク・ヤンキースの354右腕ロジャー・クレメンス投手(45)。現時点では引退を明言してはいないにもかかわらず、来季から古巣のひとつであるヒューストン・アストロズのコンサルタントに就任する意向を示した。

 クレメンスは2003年オフにアストロズと契約した際、引退後に若手の指導などに協力するという10年契約も交わした。代理人のランディ・ヘンドリクス氏は電子メールで、「アストロズとの契約を2008年1月1日から履行する」と明言。ただし、「ロジャーが来季もプレーするならば、その予定は1年、先送りされる。まだ彼は正式に引退していない」ともしている。

 これに対し、アストロズのドレイトン・マクレーン・オーナーは、クレメンスが正式に引退するまでコンサルタント契約は開始されないはずとコメント。「私が覚えている限り、彼は正式に引退する必要がある」と混乱した様子で、「数日中にロジャー本人か代理人と話をする」と述べた。また、エド・ウエードGMも「どこかのチームに雇われたまま、別のチームで仕事をするのはまずい」との見解を示している。

相変わらずはっきりしないねえ。。。

そろそろいいんじゃないの?

最後に、

ニューヨーク・ヤンキースの地元紙デーリー・ニューズ(電子版)は7日、ヤンキースがフリーエージェント(FA)で移籍が確実なアレックス・ロドリゲス三塁手の後釜として、フロリダ・マーリンズの主砲ミゲル・カブレラ三塁手の獲得を狙っていると伝えた。

 24歳のカブレラは今季、打率3割2分、34本塁打、119打点を挙げておりメジャー屈指のスラッガーとして評価されている。さらにワールドシリーズ制覇、オールスター出場も経験するなどすでにメジャーでの地位を築いている逸材だ。

 カブレラがFA権を取得するのは2009年のオフになるため、獲得するためにはトレードを選択するしかない。同紙によると、投手陣の再建が急務となっているヤンキースのブライアン・キャッシュマンGMは、フィリップ・ヒューズ、ジョバ・チェンバーレイン投手などの若手有望株の放出は避けたい意向。しかし、2006年にマーリンズの監督を務めていた当時、カブレラとプレーを指揮した経験のあるジョー・ジラルディ新監督は、若き主砲を高く評価しているとも同紙は伝えている。

二人目のカブレラってことになる?でも入れ替わりってこともある?

(って全然確定したニュースがないね。。。)

|
|

« きょうの納得 | トップページ | きょうの読了「キラレxキラレ」 »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

きりあさん...(しつこいですよね^^;)こんばんは☆

え????
ゴジ松さんが控えですか???
贅沢というか勿体無いですよーーー
新しい「意地悪ディー」かんとくは勝つためには手段を選ばない
クールで情とかはないんですかね?(勝手な憶測ですけど^^;)

しかしヤンクスのストーブリーグは毎日噂が絶えず賑やかですよね~
弱小球団をおーえんしてる身としては羨ましいな~!

>Re:きりあ

いえいえぜんぜん。

別に監督がいらない、って言ったわけでは全然ないので。
単なる記者の憶測です。

でもまだまだ、アブちゃんくらいしか決まってませんし。
で、デーモンは確定でいいのかな?
でも怪我の状態はどうなんですかね。きっちり一年
一番バッターで出られるのかな?

マリナーズはジョーが一年レンタルで王ホークスの最後を、
なんていう話もあるとかないとか。。。

投稿: ヒロミ⇔きりあ | 2007/11/08 22:16

デーモンと松井のレフト争いが話題になってるが論外だ。
樹里亜氏の言うとおり、今の時期に何の根拠で何の狙いでGMが
発言したのか理解できないし、デーモンに対してのリップサービス
としか思えない。

先日、スポーツデータ専門会社のエライアス・プレーヤーランキングが
発表した格付けのDH・一塁手・外野手部門でイチローが18位で松井は
19位でした。
アリーグの格付けは堂々のAランクでした。これは各ポジションの上位
20%が対象でFAなどの基準にも成るみたい。

当面のライバルでも有るデーモンとカブレラはAランクインしておらず
Bランクでした。

これを持っても又、日本での人気=BSなどの放映権料+球場広告料+グッズ関連の販売収入代、更にゴジラ応援ツアーによる航空会社やホテル等
のプラスアルファーはヤンキースにとってもNYにしても大きいはずだ。

いずれにしろゴジラ松井は控えは無論、トレードなんかとんでもない。
100歩譲って他の外野手と同じ成績としても、こんだけ付加価値を持っているのは、せいぜいイチローくらいでしょう。
キャシュマンとジラルディはもう少し頭を働かせてから判断してくれ。

クレメンスは今年助っ人マンとしては落第なんだから、せめて罪滅ぼしで
ノーギャラでコーチ兼リリーフでも買ってでてほしい。
カブレラを獲るには相当な出血をみないとダメでしょう。

我らが松井ガンバレ! 長文になり申し訳ない。

>Re:樹里亜

すっかり私なんか及びもしない「記事」で、
そのまま載せ代えたいくらいです。

デーモンもミルキーも大好きですが、
一年を通して考えたら、ねえ。
確かに今シーズンはいろいろありましたが、
あれだけの怪我をした翌年だ、ってことを忘れさせる
活躍をしたと思えば、何も悲観することはありません。

まあ実際にGMと監督がどう思ってるのかは分かりませんが、
普通に考えて松井を控えにする理由がありませんよね。

でもそろそろ「繋ぎ」じゃないパートをやってみても
いい時期かと思ってるんですが、どうなんでしょうね。
まあ何を言ってもまずは怪我をきっちり治してからですが。

投稿: かず坊⇔樹里亜 | 2007/11/09 19:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/8826396

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのいったりきたり:

» ロケットは安住の地へ? [バックスクリーンの下で 〜For All of Baseball Supporters〜]
お世話になります。 当方、プロ野球関係のブログを書いています。 よろしければ、あなたのブログにTBを貼らせてください。 [続きを読む]

受信: 2007/11/08 21:49

« きょうの納得 | トップページ | きょうの読了「キラレxキラレ」 »