« 来期のメジャー | トップページ | 最後の一年 »

2007/12/16

ふたつの銀

Mao04

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日は15日、当地で行われ、女子自由で前日のショートプログラム(SP)最下位6位だった浅田真央(愛知・中京大中京高)はトリプルアクセル(3回転半ジャンプ)を決めるなどほぼミスのない演技で1位となったが、合計191.59点で昨季に続き2位に終わった。メダル獲得は3季連続。
 SP1位の金妍児(韓国)がリードを守り、196.83点で前身のチャンピオンズシリーズ・ファイナルを通じ、女子で3人目の2連覇を達成した。SP4位の中野友加里(早大)は172.96点で5位。

フィギュアスケートのグランプリ(GP)ファイナル最終日は15日、当地で各種目の自由を行い、男子でショートプログラム(SP)首位の高橋大輔(関大)は自由で2位となり、合計238.94点で2季連続の2位にとどまり、日本男子初優勝はならなかった。ステファン・ランビエル(スイス)が自由1位となって、合計239.10点でSP2位から逆転。2季ぶり2度目の優勝を果たした。
 高橋は自由で4回転ジャンプも決めたが、単発気味で154.74点。155.30点をマークしたランビエルにかわされた。優勝は逃したものの、GPファイナルでは3季続けて表彰台に立った。

高橋は4回転は決めたけど、やっぱりステップの「質」は「王者」足りえなかったのは

事実。

でも当たり前のように「優勝争い」をしてること自体凄いことだと思います。

そして女子。

確かにあの状況でも最後まで優勝を狙える位置まで持っていったけど、

やっぱりキムが「実力」を発揮すれば5点の差は大きかったね。

それにしても毎回演技自体は素晴らしいと思える中野選手だけど、

終わってみれば5位。

完璧なトリプルアクセルを飛べるのは今年は彼女だけだったのに、

どうして「点数」がつかないのかな?元々の構成要素が悪いの?

そして、大柄なキャロリーナの後の小柄なキャロライン(洋子?)の「凄い」演技も。

先が怖い選手だね。

Jan

どういう体なの?

|
|

« 来期のメジャー | トップページ | 最後の一年 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/9431869

この記事へのトラックバック一覧です: ふたつの銀:

« 来期のメジャー | トップページ | 最後の一年 »