« ことしのお騒がせ男 | トップページ | きょうのシンクロ »

2007/12/23

きょうの由来

ふと「有馬記念」の「有馬」って何?と思って、

そういえば「高円宮記念」とかあるし、「有馬」って人の名前かなと思っていつものように

Wikipediaを検索。

そしたら案の定

当時の日本中央競馬会理事長であった有馬頼寧が、中山競馬場で大レースをと計画し、しかもそのアイデアとして、ファンがより親近感を持てるようにと、プロ野球のオールスターと同様に、ファン投票による出走馬の選定という当時前代未聞の画期的な選抜方法(他に推薦委員会による推薦馬選出方法)を用いた[2](のちに宝塚記念もファン投票方式と推薦委員会による推薦方式を採用)。第1回中山グランプリ1956年12月23日中山競馬場の芝外回り2600mで開催された[3]

しかし、第1回を盛況の内に終えて間もない翌1957年1月10日に提唱者の有馬が急逝したため、氏のこれまでの数々の功績を称えて、第2回以降は「有馬記念(グランプリ)」と名称が変更となった。期せずして、これは日本の公営競技等のレースで、レースの提唱者の名前がレース名となった最初の例ともなった(後に安田記念も同様の例となった)。

最初は「中山グランプリ」だったのね。まあ妥当ではあるけど。

でもこういうところで急逝しちゃうのも運命なのかな?

でついでに「高円宮記念」を検索したらそんなのなかった?

「高円宮杯」の方か。サッカー、ホッケー、弁論大会?

サッカーとスカッシュとフェンシングに造詣を持ち、日本サッカー協会日本スカッシュ協会日本フェンシング協会全日本軟式野球連盟日本学生協会基金などの名誉総裁を務めた。

競馬は「高松宮記念」でした。。。

1998年からは高松宮杯競輪において宮家に支払われていた謝礼金が皇室経済法違反との問題となった事により[要出典]、本年以降からは高松宮家から優勝杯が下賜されなくなった事から高松宮杯という名は使わない事になり、競輪と足並みを揃えるように、以前から競艇でも使用されていた「高松宮記念」へと名称を変更

こちらは競馬、競輪、競艇とフルラインナップ。

ついでなので、

安田記念(やすだきねん)とは日本中央競馬会(JRA)が東京競馬場1600mで施行する中央競馬重賞GI競走である。正式名称は農林水産省賞典安田記念(のうりんすいさんしょうしょうてんやすだきねん)、正賞は農林水産大臣賞・日本馬主協会連合会会長賞。競走名は日本中央競馬会初代理事長・安田伊左衛門の功績を称える事から付けられている。

宝塚記念(たからづかきねん)とは日本中央競馬会(JRA)が阪神競馬場2200mで施行する中央競馬重賞GI競走である。正賞は宝塚市長賞と日本馬主協会連合会会長賞。競走名は阪神競馬場がある宝塚市から取られている。

さて、ことしの「グランプリホース」は?

|
|

« ことしのお騒がせ男 | トップページ | きょうのシンクロ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/9532674

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの由来:

« ことしのお騒がせ男 | トップページ | きょうのシンクロ »