« いつものパターン | トップページ | きょうの「見てみて」 »

2007/12/06

今年最後の贅沢

ベートヴェン:交響曲第9番

来る2008年、ヘルベルト・フォン・カラヤン生誕100年を記念し、ユニバーサルでは数ある「カラヤンの第九」の中から名盤として長く親しまれてきた1962年ベルリン、イエス・キリスト教会で録音されたものを取り上げ、これをユニバーサルとしては初となる「ガラスCD」作品としてリリース。
昨年秋に技術発表された「ガラスCD」(正式にはEXTREME HARD GLASS CD《高品位ハード・ガラス製音楽CD》)はその音質におけるクオリティの高さがオーディオ・ファンをはじめとする音楽愛好家に驚きをもって迎え入れられ、現在最も期待されているメディアとして注目されている。この「ガラスCD」のクオリティを最大限活かすため、今回、スタッフはマスター音源が眠る独・ハノーヴァーへ出向き、オリジナル・アナログ・マスターテープからのリマスターを持ち帰ることに成功。これは実際に「ガラスCD」の音を聞いてリリースに関する全面的な協力を快諾してくれたレパートリー・オーナーであるドイツ・グラモフォンの社長、マイケル・ラング氏によるものに他ならない。ユニバーサルは今後もこの「ガラスCD」による名盤の限定完全復刻を「HERITAGE OF CLASSICS シリーズ」として継続していく予定。

ということでお値段なんと¥200,000!!

最近はCDプレーヤーで聞くよりもHDに取り込んだものを聞くほうが多くて、

CD自体もあまり買わなくなったんだけど、どうしたもんかね。

とりあえず一回聴いてみたいけど、どこか視聴できるところないかな?

で他のガラスCDはないのかな?

|
|

« いつものパターン | トップページ | きょうの「見てみて」 »

「音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/9281133

この記事へのトラックバック一覧です: 今年最後の贅沢:

« いつものパターン | トップページ | きょうの「見てみて」 »