« 今後の選択 | トップページ | きょうの日韓戦 »

2007/12/02

ことしの早明戦

71-7という、早明戦史上最多得点、最多得点差での圧勝。

最初のトライは明治だったけど、それ以降は全て早稲田のトライのみ。

それにしても最後まで容赦の無い攻撃で、トライ&ゴールキックでノーサイドという

最高の形での終わり方。

後半ギリギリまで攻められた場面もギリギリで押さえ込んで

7-0で対抗戦を完全優勝。

全国大学ラグビー選手権も、関東学院がいない中、

またも圧勝で勝ち進むことになるでしょう。

でもやっぱりラグビーっていうゲームは怖いね。

よく「流れ」という言葉がスポーツの世界では使われるけど、

これを掴むと一気に雌雄が決するという意味ではこれほど圧倒的なスポーツはないね。

明治も決して悪くはなかったし、出足の早稲田の攻撃を抑えて先にトライを取ったときは

今年はどうなるかと思ったけど、ひとつのトライから一気に

「いつもの」早稲田ラグビーが展開されて、

後半途中で五郎丸を「お疲れ交代」した後からさらにスパートがかかって

笑っちゃうほどのトライゲットで、明治が可哀想に成る程。

このままお正月まで一気に行ってもらいましょう!

|
|

« 今後の選択 | トップページ | きょうの日韓戦 »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/9215337

この記事へのトラックバック一覧です: ことしの早明戦:

« 今後の選択 | トップページ | きょうの日韓戦 »