« きょうのアリエネー | トップページ | きょうの誤解 »

2007/12/28

これからの予定

大統領特赦 上巻 (1) (新潮文庫 ク 23-21) 大統領特赦 下巻 (3) (新潮文庫 ク 23-22) 最後の陪審員 上巻 (1) (新潮文庫 ク 23-23) 最後の陪審員 下巻 (3) (新潮文庫 ク 23-24) 虚像の砦 (講談社文庫 ま 54-5)

それまでずっとグリシャム作品を読んでいて、ここしばらく作品が出版されてなくて

「もう引退しちゃったのかな?」と思ってたら『大統領特赦』が出て、

ようやく上巻が読み終わったと思ったらもう『最後の陪審員』が刊行って

どうなってるの?

で最後は『ハゲタカ』の真山仁。

それにしてもグリシャム作品に外れが無いのは何ナノかな?

訳がいいっていうのもあると思うんだけど、今年中にまずは下巻を読みきりたいけど。

『虚像の砦』には何時頃たどり着けるか。

来年はまた通勤時間が「短く」なるんで、休み中に進めていきたいけど。

まあ作品が作品なんであっという間かもしれないし。

でも必ず面白いと思ってる本が手元にあってまだ読んでないっていう状態が

一番「嬉しい」時間だよね。

|
|

« きょうのアリエネー | トップページ | きょうの誤解 »

「読了」カテゴリの記事

コメント

私も昔、サラリーマンしてた頃、通勤電車内が読書タイム
でした。
今は、移動時の新幹線内やトイレです。そこは第二の書斎化しているので、結構はかどります。

樹里亜さんは歴史ものは読まないのですか?
自分は2年後に大河ドラマに成る天と地の原本「天地人」上下を
読んでます。

本が無いと何か落ち着かないと言うか手持ちぶたさになりますね。
樹里亜さん良いお年を!来年もヨロシク!

>Re:樹里亜

長年の電車読書に慣れてしまって、家でゆっくり読む、
っていうスタイルが取れなくなってしまって。。。
通勤時間が短くなるのはうれしいことなんですが、
読書タイムとしては。

集中する時はこれでもかって感じで貯まってくるんですが、
なくなる時はあっという間ですからね。

歴史物はちょっと苦手なんですよね。
城山三郎はほとんど読みましたが彼は近現代史、
それも経済小説ですしね。

あと未だ三日あるのでまだまだ遊びに来てください!

投稿: かず坊⇔樹里亜 | 2007/12/28 18:13

樹里亜さんは本日が仕事納めですか?
当方は暫く留守にするもんで・・・・・・

追伸です。
城山三郎は私もほとんど読破しましたよ。
経済小説だが女性絡みがあり一時、ハマりました。
それから高杉良も愛読しましたね。

本てホントいいですねー。誰かの真似です(笑)

>Re:樹里亜

ようやく地獄から解放されました。。。
来年は新天地で再スタートです。

気に入った作家を見つけるとあっという間に読破してしまうので
次々新作を出してくれないと。
城山三郎も「書くべき」人物がいなくて残念だったでしょうね。

今の時代、政治屋経済屋はいても「人間」がいませんからね。。。

一年ホントにありがとうございました。
来年こそ笑いたいですね!

投稿: かず坊⇔樹里亜 | 2007/12/28 19:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/9608237

この記事へのトラックバック一覧です: これからの予定:

« きょうのアリエネー | トップページ | きょうの誤解 »