« 元の鞘 | トップページ | 今年最後の贅沢 »

2007/12/05

いつものパターン

3日(現地時間)から始まった米大リーグのウインター・ミーティングでは、ツインズの左腕投手ヨハン・サンタナのトレードが注目を集めているが、ここにきてレッドソックスが交換要員で大幅な譲歩を行ったとのうわさが浮上している。

 ニュージャージー地元紙『スター・レッジャー』は4日、アメリカンリーグ関係者の話として、レッドソックスが交換要員に、先発左腕ジョン・レスターと俊足ココ・クリスプ、プレイオフで大活躍したジェイコビー・エルスブリーにマイナー選手1名を挙げ、サンタナ獲得に本腰を入れたと報じた。同紙によると、ツインズはヤンキースとのトレード交渉で、フィル・ヒューズとメルキー・カブレラに加えて、イアン・ケネディを交換要員に要求するも、ヤンキースがケネディ放出に否定的な姿勢を示したことから、レッドソックスとの交渉を再開したとしている。

 これまで、サンタナ獲得で優勢と伝えられていたヤンキースだが、ハンク・スタインブレナー上級副社長が2日、AP通信に対して、3日中に話がまとまらなければ撤退すると宣言していた。

 もしサイヤング賞左腕のレッドソックス移籍が実現すれば、今季20勝をマークしたジョッシュ・ベケット、15勝の松坂大輔と強力な3本柱が誕生するだけに、今後のヤンキースの出方にも注目が集まりそうだ。

トレードでミネソタ・ツインズの左腕エース、ヨハン・サンタナ投手の獲得を目指していたニューヨーク・ヤンキース。しかし、ハンク・スタインブレナー上級副社長は、メジャー屈指のサウスポー獲得を断念したという。4日、ニュージャージー州の地方紙ニューアーク・スターレジャー(電子版)の報道で明らかになった。

 同紙がヤンキース関係者の話として伝えたところによると、交渉は不調に終わり、4日の朝までに結論を出したいと考えていたスタインブレナー副社長はサンタナ獲得をあきらめたもよう。

 サイ・ヤング賞2回選出の実力を持つサンタナを獲得するために、ヤンキースは将来性の高いフィリップ・ヒューズ投手、メルキー・カブレラ外野手のほかマイナー選手を交換要員に挙げていた。しかし、ツインズがボストン・レッドソックスとの交渉に前向きな姿勢を見せており、苦しい状況になったと見られる。さらに、ここに来てロサンゼルス・エンゼルスもツインズと接触している。

 サンタナ獲得を断念したことで、ヤンキースは今季19勝の王建民、前日に現役続行の意向が明らかにされたアンディ・ペティット、ともに来季2年目のジョバ・チェンバーレインとヒューズ、通算250勝のマイク・ムシーナの5投手で来季ローテーションを組むと予想される。

結局ボストン?天使軍団?どっちに取られてもダメダメじゃん。。。

暮れメンスがチェンバレンに代わっただけで、結局何も変わらない。。。

で、付け焼刃的に

ニューヨーク・ヤンキースはワシントン・ナショナルズとのトレードに合意。ヤンキースは若手右腕タイラー・クリッパード投手(21)を放出し、ナショナルズから救援右腕のジョナサン・アルバラデホ投手(25)を獲得する。ある関係者が明らかにしたもので、後日正式な発表があるもよう。

 今季ナショナルズでデビューしたアルバラデホは、14試合に登板し、1勝1敗、防御率1・88を記録し、与四球はわずか2個。ヤンキースではオフにフリーエージェントとなり、チームが再契約を試みているルイス・ビスカイーノ投手や、カイル・ファーンズワース投手がいる中継ぎ陣に加わる可能性がある。

で痒ーノと不安ズは残すの残さないの?

なんか一気にドーデモ良くなってきた。。。


|
|

« 元の鞘 | トップページ | 今年最後の贅沢 »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

ホント何も変化が無いですね。
不安ずワースは契約したと思いますが痒ーノは金額面で
交渉中だとか?
いずれにしろ大物がどんどん他球団に持っていかれますねー
ハンクとキャッシュマンの息が合わないのかな。

>Re:樹里亜

まあ不安ズや痒ーノはどうでもいいですが、
サンタナ残留にならないですかね?
来年お金で引き寄せるってことで。

ミルキー流出も微妙なところですが。。。

投稿: かず坊⇔樹里亜 | 2007/12/06 19:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/9267718

この記事へのトラックバック一覧です: いつものパターン:

« 元の鞘 | トップページ | 今年最後の贅沢 »