« きょうの鹿男 | トップページ | きょうの技あり »

2008/01/19

自然の法則(ではない?)

女子レスリングのアテネ五輪55キロ級金メダリストで北京五輪代表に決まっている吉田沙保里(25)=綜合警備保障=が19日、当地で行われた国別対抗戦の第8回ワールドカップ(W杯)1次リーグ、日本-米国戦でマルシー・バンデュセンに0-2の判定で敗れ、2001年から続いていた国内外での連勝記録が119で途切れた。1996年から負けていなかった国際大会での連勝記録も114で止まった。
 他競技の日本選手では、柔道男子の山下泰裕氏が77年から85年にかけて203連勝を記録した例がある。
by時事通信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080119-00000095-jij-soci

世の中絶対はないし、記録が途切れる日も来るってことですね。

でも山下は203連勝でしたか。相手は誰だったんですかね。

でマルシーって強いんですか?

でもオリンピック中じゃなくてよかったかな。

(追記)

なんか実力で負けたんじゃなくて、コーチに言わせれば「誤審じゃなくて陰謀」とのこと。

女王としては一時たりとも審判さえも敵だと思わないといけないのかな。

それにしても「判定」競技って難しいね。。。

|
|

« きょうの鹿男 | トップページ | きょうの技あり »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/9969663

この記事へのトラックバック一覧です: 自然の法則(ではない?):

» 吉田沙保里選手、女子レスリング王者、連勝記録が114 [世界のスター・芸能ニュースブログ]
世界トップ6が団体戦で世界一を争うレスリングの女子ワールドカップ(W杯)は19日、太原で第1日が行われ、日本の55キロ級代表、吉田沙保里(25)(綜合警備保障)が米国のマルシー・バンデュセンに0―2の判定で敗れ、2001年12月から続いていた国内外での連勝記録が119で止まった。1996年から続いていた国際大会での連勝記録も114でストップした。予選A組の日本はウクライナ、米国と対戦。�... [続きを読む]

受信: 2008/01/19 21:13

« きょうの鹿男 | トップページ | きょうの技あり »