« 最後?のSP | トップページ | 初めてのマラソン »

2008/01/27

今後の懸念

昨年11月に右ひざを手術し、日本で自主トレを行っているヤンキースの松井秀喜外野手(33)が、2月20日(日本時間21日)のキャンプ初日ではなく、同29日(同3月1日)のオープン戦初戦に調整の照準を変更したことが26日、わかった。右ひざの回復具合が計画より遅れていることで、当初の目標を修正。不安をぬぐい去って、オープン戦で外野のレギュラー獲りに挑む。

 みけんのしわが、松井秀の苦悩を表していた。2月20日のキャンプ初日に全力でプレーできるようにリハビリや練習を進めてきたが、軌道修正もやむを得ない現状について語った。

 「キャンプの最初から全力、というのは難しいかもしれません。オープン戦でしっかりと戦えるように体をつくっていこうと思います」。昨年11月に右ひざを手術。リハビリ開始当初から、キャンプ初日に合わせて調整してきた。だが、同29日の南フロリダ大とのオープン戦初戦まで約10日、目標を先に延ばした。

 右ひざの回復具合が思わしくないのが原因。連日、リハビリや練習を重ねているが「ベストを10とすれば、6か7くらいかな」と表情は暗い。例年より約10日早めて来月上旬には渡米し、暖かいタンパで調整するが、劇的な回復は見込めない。

 今季は左翼の定位置が確保されておらず、ジョニー・デーモン外野手(34)らと競争が待っている。ジョー・ジラールディ新監督(43)もこのところ「今季のマツイはDH」と発言している。今季は例年以上にオープン戦でのアピールが必要だ。必死に調整を急ぐ松井秀。ライバルだけではなく、時間との争いともなる。byサンスポ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080127-00000013-sanspo-spo

久々に出てきた記事がこれとは。。。

まあそう都合よくはいかないってことかな。

確かにレギュラー争いも大事だけど、最終目標はワールドチャンピオンなんだし

トータルで優勝に貢献できれば、って考えればそこまで深刻に考えなくても。

まあ開幕スタメンして欲しいのは当たり前だけど、

そこで無理して後半出られないっていうのは最悪だから。

ともかく一歩一歩行くしかないよね。

|
|

« 最後?のSP | トップページ | 初めてのマラソン »

「松井秀喜」カテゴリの記事

コメント

野球はシーズンが長いですからね。
最初から無理にガンガン飛ばして行っても
後半で前半で無理したツケが回ってきても困りますものね。
焦らずに一歩一歩やっていくしかないと思います。

>Re:樹里亜

ヤンキースは特に一年が長い(はず?)ですからね。
まずはきっちり治す事が大事ですし、
それがひいてはチームの為にもなりますし。

まあその辺は松井自身が一番分かってるでしょうし。

投稿: UCHICA⇔樹里亜 | 2008/01/28 07:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/10099151

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の懸念:

« 最後?のSP | トップページ | 初めてのマラソン »