« きょうの一報 | トップページ | きょうのお知らせ »

2008/02/13

今後の契約

2年連続で19勝を挙げるなど、いまやニューヨーク・ヤンキースのエースとなった台湾人右腕、王建民投手。本人は長くヤンキースでプレーしたいと願っており、それは球団も同様だが、この日行った契約に関する話し合いでは、両者の見解に大きな隔たりが見られた。

 長期契約を希望する王建民に対し、ヤンキース側は「その時期ではない」と否定的な見解。けがなく過ごすのが難しい投手との大型契約に二の足を踏んでいる。特に王建民の場合はフリーエージェントの権利を得るのが2011年シーズン終了後であるため、今後4シーズンは確実に手元に置いておけるヤンキースとしては長期契約をする意味がないという考えだ。

 王建民とヤンキースは13日に年俸調停の公聴会を予定。王建民側は460万ドル(約4億9000万円)を希望し、球団側は400万ドル(約4億3000万円)を提示しているが、いずれにしても昨季の年俸48万9500ドル(約5200万円)から大幅アップとなる。ちなみにこれまでの調停例では、金額の差が少ないほどチームの主張が認められることが多い。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=9806

まあ長期契約って難しいっていうのは選手側も球団側もあるだろうけど、

それより王の去年の年棒の方に驚き。

若くて年棒が安い時に活躍しちゃうと損した気分になるっていうのも分かるけど、

実力でよそへ行かせないように自分で持っていかないとね。

そういえば、

米大リーグ(MLB)のヤンキースは7日、ロビンソン・カノ内野手(25)と4年契約に合意したと発表した。
 球団の公式ウェブサイト(newyork.yankees.mlb.com)によれば、2011年シーズンまでの年俸総額は2800万ドル(約30億円)。その後の2年間は球団オプションとなり、球団がオプションを行使した場合の総額は5700万ドル近になる。
 カノは2005年にヤンキースでメジャーデビュー。昨季は160試合に出場し、打率3割6厘、通算最多の19本塁打、97打点を記録した。 by ロイター

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=9713

ってこともあったね。野手と投手は違うのかな?

|
|

« きょうの一報 | トップページ | きょうのお知らせ »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

投手と野手・・・冷酷なようですが、チームを運営する立場、運営する視点にたてば、差が出るのは自然なことで、やむを得ないと思います。なぜなら、野手に比べて投手は故障のリスクが大きいから。
投手の長期契約のリスク・・・パバーノの例を見れば分かると思います。

>Re:樹里亜

確かに前例が大杉ですからね。。。

でも実際問題王は絶対必要ですからね。

着実に実績をあげていくしかないですよね。
まあロビンが羨ましいのはわかりますが。

投稿: くらっちまん⇔樹里亜 | 2008/02/15 00:25

ブラウン・パバーノ・ライトとここ近年での投手獲得
3連敗が記憶に生なましく残ってる。

しかし、ワンは生え抜きであり今や押しも押されぬヤンキースの
エースなのです。

上のお三方と同じにしては可愛そうですよ。
何と言っても年も28とまだ若い5年くらいなら良いと思うけどね。

>Re:樹里亜

かぅ坊さん?ハジメマシテ。

王も前科持ち(病歴)なのがひとつのネックなのかも。。。

後は今すぐ長期契約する必要性が球団にないのも。

まあ選手側からすれば安心してやりたいっていうのも
あるとは思いますが、やっぱりプロとしては安心しちゃダメだし。

一年一年勝負しないと。

投稿: かぅ坊⇔樹里亜 | 2008/02/16 20:53

今日はです。
クレーム処理班の雪娘でございます。昨日のかぅ坊さんは、お気付きとは思いますがかず坊さんであります。
この場を借りて謝罪いたします・・・・

話は変わりますが、樹里亜さんはジャズもOKなんですか?
確かクラシックもイケますよね。私なんかはクラシックといえばボレロかチャイコフスキーのバレエ三部作くらいでした。
意外な所で韃靼人の踊りも耳に残りつつ、遅ればせながらのだめのお陰で毎日CD聴いています。いえ脳のどこかから想いだしているような状況でしょうか。
加えて昨日鹿男あをによしを読み終わりました・・ふんふん
次は何を読もうか考え中です。

またお邪魔しますね。

>Re:樹里亜

なんかわざわざ呼び寄せたみたいですいません。
でも一度は乗ってみないと気が済まないので。

高校のブラバンの指導者がジャズ好きで、
わざわざそれ用の練習をしていて、初めはビックバンドから、
それからトリオとかも聴くようになりました。

韃靼人も吹奏楽の定番でしたね。
金管部だったので初めは派手な曲が好きでしたが、
その後小品も手を付け出しました。

大学でオケに入ってそれからは交響楽。
弦も練習中に思い切り聴けましたし。

鹿男読了ですか。文庫になったら読むかも知れません。

今は森博嗣です。

投稿: かず坊 by 雪娘⇔樹里亜 | 2008/02/17 16:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/10488964

この記事へのトラックバック一覧です: 今後の契約:

« きょうの一報 | トップページ | きょうのお知らせ »