« きょうの気分 | トップページ | きょうのジレンマ »

2008/03/20

きょうの60点?

Mao07

世界選手権第2日(19日、スウェーデン・イエーテボリ)女子ショートプログラム(SP)を行い、昨季2位の浅田真央(17)=愛知・中京大中京高=は今季自己最高の64.10点で2位発進。20日のフリーで逆転優勝を目指す。2連覇を狙う安藤美姫(20)=トヨタ自動車=は59.21点で8位と出遅れた。中野友加里(22)=早大=は自己ベストの61.10点で3位。欧州選手権覇者のカロリナ・コストナー(21)=イタリア=が64.28点で首位に立ち、GPファイナル優勝の金妍児(17)=韓国=は59.85点で5位。

 昨季は連続ジャンプでミスを犯して5位と出遅れたSP。真央は、最初の2連続3回転ジャンプを鮮やかに決めて勢いに乗った。すべてのジャンプを成功し、情感のこもったステップでも観客を魅了。表現力を示す5項目の得点は、4項目で高得点の7点台を並べた。拍手喝采(かっさい)の滑りは「すごく調子がいい」との言葉通り。国際競技会で今季自己最高の64.10点をマークした。

 だが、本人は納得していない。「2連続3回転はよかったけれど、スピンなどで(狙った)レベルが取れずに悔しい。60、70点の出来」。その言葉通り、コストナーに首位を譲った。

 昨年末の全日本選手権終了後、ラファエル・アルトゥニアン・コーチのもとを離れ、拠点を米国から地元・名古屋に戻した。時折、日本スケート連盟関係者が状況を確認に訪れたが、コーチ不在で練習する日も少なくなかった。それでも、しっかり調子を上げて現地入り。「やっぱり日本の環境が合っているようだ」と日本スケート連盟の伊東秀仁強化部長は語る。 by サンケイスポーツ

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080320-00000010-sanspo-spo

あの演技で60点ってどこまで行く気なのって思ってたけど、上には上がいる?

コストナーが上にいくとはねえ。確かにあのスタイルと表現力は素晴らしいけど

ジャンプのミスがあってもあの得点って。

そして体調が不安視されていたキム。

トリプルトリプルを決めたところまでは良かったけどジャンプ転倒で。。。

トータルではきっちりまとめてきたけどもったいなかったねえ。

腰の影響はやっぱりあったのかな。

中野のシーズンベストもあっという間に忘れ去られて、ミキティはどう挽回するのか。

明日は何時に見られるかな。。。

(4位のキーラ、意外に強敵?)

|
|

« きょうの気分 | トップページ | きょうのジレンマ »

「スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/11571257

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの60点?:

« きょうの気分 | トップページ | きょうのジレンマ »