« きょうの追悼2 | トップページ | きょうの読了「虚像の砦」 »

2008/03/13

きょうの報復?

Tb01

この日行われたタンパベイ・レイズとニューヨーク・ヤンキースのオープン戦で、両チーム合わせて5人の退場者を出す乱闘がぼっ発。レイズの岩村明憲二塁手が流血する騒ぎとなった。

 2回、先頭で打席に立ったヤンキースのシェリー・ダンカン一塁手が、レフト線への打球を放つが、カール・クロフォード左翼手が二塁に好返球。完全にアウトのタイミングだったダンカンは、スパイクの底を見せながらスライディングし、ベースカバーに入っていた岩村に激突。岩村は右ひざから流血した。

 実は、両チームが8日に対戦した際、ヤンキースのフランシスコ・サーベリ捕手が本塁でのクロスプレーで右手首を骨折。そのため、両軍はこの日の試合前に審判から警告を受けていたが、初回にいきなりヤンキース先発のヒース・フィリップス投手が危険球で退場。そして2回のダンカンのプレーで緊張は頂点に達したのだった。

 両ベンチが空になる乱闘のきっかけを作ったダンカンは、「(あの場面では)回り込んでセーフを狙うか、グラブに突進するしかない。僕は後者を選んだだけだ」と危険なプレーでないことを強調。しかしレイズのジョー・マドン監督は「今日見たものは、汚いプレーのまさに見本だ。実に卑劣で、犯罪も同然だ。信じられない」と痛烈に批判した。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/japanese/headlines/?id=2211190&a=10636

オープン戦でここまでいっちゃうとは。。。

ダンカンも熱い男だからね。でもレイズとは試合数も多いし、

本番始まったらどうなっちゃうのかな。

Hm115

どこを見てるのか。最後の四球に意義がある。

|
|

« きょうの追悼2 | トップページ | きょうの読了「虚像の砦」 »

「yankees」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/11292448

この記事へのトラックバック一覧です: きょうの報復?:

« きょうの追悼2 | トップページ | きょうの読了「虚像の砦」 »