« きょうのお祭り | トップページ | きょうのお疲れ »

2008/04/18

きょうのボヤキ

Hm138

「もちろん毎日出るのが一番いいことだと思うが、自分は準備するだけ。あと出る、出ないは指示に従うだけです」

「8回の時点で9番まで回ったら行くと言われていた。自分の中では明らかにボールだった。ストライクゾーンは審判の個人的なものだからしょうがない」

「フォアボールでの出塁は投手との兼ね合いがあるけど、ボールの見極めという面ではできている。それよりも、タイミングを外す変化球に対応し、上手く打てているときの方が打撃のバロメーターにはなるね」と前置きしてから、「去年の7月(の好調)に比べたら、まだまだだと思うよ」と自己分析していた。 by MAJOR.JP

http://mlb.yahoo.co.jp/japanese/headlines/?id=2120500&a=11913

ヤンキースの松井秀喜外野手は17日、レッドソックス戦で4日ぶりの休養日となり先発オーダーから外れたが、5-7の9回裏2死で代打出場、レッドソックスの守護神パペルボンの速球に見送り三振で倒れて試合終了となった。

 試合は松井不在のヤンキース打線がレッドソックス先発右腕ベケットを捕らえきれず終始リードを許したまま最終回へ。8回から代打の準備をしていた松井は、カブレラの追撃弾などで2点差に迫った9回2死に今季初めて代打で出場。カウント2-1からの外角直球を自信を持って見送ったが、球審は手を挙げて試合終了となった。「自分の中では明らかなボールだったが、しかたがない」。松井は珍しく判定に不満そうな表情だった。

 ジラルディ監督はこの日、大リーグ屈指の右腕ベケットと松井の対戦成績が悪いことから休養日に指定。前回のベケット先発日にも松井を休養させており、2試合連続の対ベケット休養となった。松井は過去対戦成績は、14打数3安打、打率.214と確かに抑えられている。

 ジラルディ監督は試合前、「選手の起用はまず対戦成績。それから常に選手がフレッシュな状態で活躍できるようなスケジュール管理をしたい。とにかく一番大事なのは選手が健康でいられるようにすることだ」と、松井を休ませた理由を説明した。

 しかし、結果的にチーム首位打者の松井を外したことが大きく響いた。試合は松井の定位置5番に入ったジアンビが無安打。打線がつながらず、ヤンキースは連勝を3でストップ。打線の追い上げもあと一歩及ばなかった。

 捕手出身ということもあり、ジラルディ監督はデータを重視するタイプ。この日のオーダーは、同じくベケットに対戦成績は悪いものの、前日休日を与えてしまったため出場日となったデーモン左翼手を出場させ、ベケットを打ち込んでいるポサダ捕手をDHに組み込んだ。結果的に最も当たっている松井が休みになるというちぐはぐな采配となった。

 オーダー編成のうえで現在話をややこしくしているのが、ポサダ捕手が守備につけないこと。DH出場しかできないまま、いつ守備復帰できるか不明の状態。キャンプ中からの先発DH争いを制した松井だったが、新たにポサダがDHにはみ出してきたことが松井の出場の形式を複雑にしている。

 試合後、松井は「右足は100%ではないが問題はない。もちろん、試合に出るにこしたことはない。ただ、出場は自分が決めることではない」と話した。複雑な起用法は体調を維持するのが難しいこともあるだけに、火がついたバットに水をかけられる結果にはなってほしくないところ。新米監督のジラルディ采配との戦いも今季の松井の一つのテーマかもしれない。 by 夕刊フジ

http://mlb.yahoo.co.jp/headlines/?a=11921

過去の実績より今の状態を見て判断するのが監督の仕事じゃないの?

「健康」っていうのは体力面だけじゃなく精神面も影響するんだし、

ここまで好調で結果を残している選手を休ませる「意味」がわからない。

デーモンと比べても、ポサダと比べても、何も負けてる要素が「今現在は」ないと

思ってるのは私だけ?

松井レフト固定で、デーモンとポサダをDHでやりくりすればいい話じゃないの?

7月頭までボストン戦がないっていうのは分かってたのかな?

Mm22_2

でいつまでやるつもり?

<追記>

BS1での中継はこれで最後。次は29日のインディアンズ戦ってなんで?

|
|

« きょうのお祭り | トップページ | きょうのお疲れ »

「松井秀喜」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/84257/20359811

この記事へのトラックバック一覧です: きょうのボヤキ:

« きょうのお祭り | トップページ | きょうのお疲れ »